« ☆4日の早い時間帯に打ち上げ~北朝鮮消息筋(4日) | トップページ | ☆男が銃乱射、12~13人射殺後に自殺 米NY州(4日) »

2009年4月 4日 (土)

☆産経【主張】朝日襲撃事件 新潮社は説明責任果たせ(4日)

Msn_s1 週刊新潮に掲載された朝日新聞阪神支局襲撃事件(昭和62年)などの実行犯を名乗る男性の告白手記をめぐり、朝日新聞が「虚言」「虚報」と批判し、新潮社に訂正・謝罪を求めている。告白記事は「私は朝日新聞『阪神支局』を襲撃した」とのタイトルで、今年2月5日号から4回にわたって連載された。阪神支局事件に加え、名古屋本社寮銃撃(62年)、東京本社銃撃(同)、静岡支局爆破未遂(63年)を含めた一連の警察庁指定116号事件のほとんどを実行したとする衝撃的な内容だった。だが、朝日が2月23日付や4月1日付で掲載した検証記事などによると、実行犯を名乗る男性が言っている犯行時の身なりや「手帳を奪って逃げた」などの証言は、朝日がつかんでいる事実と著しく異なるという。他紙もこの問題を取り上げているが、告白記事に対する警察当局の反応はおおむね冷ややかだ。告白者の「右翼団体にいた」との証言も、当局は疑問視している。一連の事件では「赤報隊」を名乗る犯行声明文が報道機関に送りつけられた。言論に対する許しがたいテロである。特に、阪神支局の事件では、2人の記者が散弾銃で死傷した。いずれも公訴時効が成立しているが、真実が明らかにされるべき重大事件である。その意味で、同じ言論機関の週刊誌が事件を追跡する意義は十分にある。しかし、これだけ疑問点が指摘されている以上、新潮社は疑問に答える必要がある。週刊新潮は3月5日号で「『朝日検証記事』に反駁(はんばく)する」との反論記事を載せたが、読者への説明責任を十分に果たしたとはいえない。言論の自由が保障されてこそ民主主義社会は成立する。朝日へのテロ行為の事実解明はすべての言論機関の責務といえる。一方で近年、週刊誌に限らず、新聞やテレビに対する読者や視聴者の目が厳しくなっている。朝日も、安倍晋三、中川昭一両氏がNHK番組に圧力をかけたとする平成17年1月の記事が誤報だったにもかかわらず、訂正・謝罪していない。以前のような誤報に対する頬(ほお)かむりは許されないことを各メディアは自覚すべきだ。言論機関に対するテロとみられる事件も後を絶たない。この2月にも、NHKを標的にした爆発事件などが相次いだ。警察に改めて徹底捜査を求めたい。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090404/crm0904040329010-n1.htm

« ☆4日の早い時間帯に打ち上げ~北朝鮮消息筋(4日) | トップページ | ☆男が銃乱射、12~13人射殺後に自殺 米NY州(4日) »

マスコミ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44558730

この記事へのトラックバック一覧です: ☆産経【主張】朝日襲撃事件 新潮社は説明責任果たせ(4日):

« ☆4日の早い時間帯に打ち上げ~北朝鮮消息筋(4日) | トップページ | ☆男が銃乱射、12~13人射殺後に自殺 米NY州(4日) »