« 「うるさい」と上階の住人脅す 吹田で男逮捕(17日) | トップページ | 母は借金隠しで偽札作りバッグに→娘がこっそり使って検挙(17日) »

2009年4月17日 (金)

幸満ちゃん事件 勝木容疑者を起訴(17日)

Banner_logo_051_7 千葉県東金市で昨年9月、同市の保育園児、成田幸満ちゃん=当時(5)=が殺害された事件で、千葉地検は17日、殺人と死体遺棄、未成年者略取の罪で、同市東上宿、無職、勝木諒(りょう)容疑者(22)を起訴した。起訴状などによると、勝木被告は昨年9月21日昼ごろ、自宅マンション近くの路上で幸満ちゃんを連れ去り、自室の風呂の水に沈めて殺害。裸の遺体を約100メートル離れた路上に遺棄したとされる。勝木被告は昨年12月6日に死体遺棄容疑で逮捕、同26日に殺人容疑で再逮捕された。千葉地検は勝木被告の刑事責任能力の有無を調べるため、1月13日から今月15日まで鑑定留置した結果、責任能力があったとする鑑定結果が出たため起訴した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/243991/

 

幸満ちゃん事件 「苦しみ知り寄り添いたい」 母親が手記

Banner_logo_051_7千葉県東金市で昨年9月、同市の保育園児、成田幸満(ゆきまろ)ちゃん=当時(5)=が殺害された事件で、無職、勝木諒(りょう)容疑者(22)が殺人などの罪で起訴されたことを受け、幸満ちゃんの母、多恵子さん(38)が代理人の弁護士を通じて手記を公表した。「(娘を)助けてあげることが出来ませんでしたが、せめて少しでもその苦しみを知り、今からでもそれに寄り添いたい。それが、母親としてできること」と現在の心境をつづり、「(今後の公判で)被告人には、知りうる限りの事実を話して欲しい」と結んでいる。

 手記全文は次の通り。(原文のまま)

 ◇ 本日、起訴されたと聞きました。裁判が始まる訳です。

 あの日から季節は移り変わりましたが、私にとっては、季節の色のない空疎な日々の毎日でした。幸満が、私にとって如何に大きな存在であったか。私の生きる源であったかを改めて思い至りました。

 これからは裁判をしっかりと見据え、向き合いたい、と思っております。

 幸満が、どのような苦しみや辛さ、寂しさ、悲しさに直面し味わったのか。しかも、その中でも少しでも生き延びようと必死に努力したのではないか、と思えてなりません。加えて、それが適わなかったときの幸満本人の絶望感や悔しさは如何ばかりであったろうか、と思います。それを少しでも知りたいのです。

 助けてあげることが出来ませんでしたが、せめて少しでもその苦しみを知り、今からでもそれに寄り添いたいのです。それが、母親としてできることであり、してあげなければならないことだと思っております。

 誰とも知らない人に幸満がついて行くはずはない。どうして、こうなってしまったのか。それを知りたいのです。

 どのような厳しい刑罰を受けようとも、それで心が晴れるわけはありません。幸満が帰ってくるわけではないからです。

 ですから、被告人には、知りうる限りの事実を話して欲しい。そう願うばかりです。

 平成21年4月17日      成田多恵子http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/243975/

 

« 「うるさい」と上階の住人脅す 吹田で男逮捕(17日) | トップページ | 母は借金隠しで偽札作りバッグに→娘がこっそり使って検挙(17日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸満ちゃん事件 勝木容疑者を起訴(17日):

« 「うるさい」と上階の住人脅す 吹田で男逮捕(17日) | トップページ | 母は借金隠しで偽札作りバッグに→娘がこっそり使って検挙(17日) »