« 上野の社長殺害 不審な外国人数人浮上 捜査本部行方追う(24日) | トップページ | 草なぎ容疑者「3人で2軒はしご」 警視庁に供述(24日) »

2009年4月24日 (金)

千葉市長、入札情報漏洩を指示 ほかに数十万円も受領(24日)

千葉市発注の公共工事をめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された同市長の鶴岡啓一容疑者(68)が同工事の入札前、元建設局長ら市職員に対し、贈賄側の土木建築業「東起業」(東京都江東区)に入札参加業者名など非公開の情報を伝えるよう指示していたことが23日、捜査関係者の話で分かった。東起業はこれらの情報をもとに談合を仕切っており、鶴岡容疑者を頂点にした「官製談合」だったとみられる。警視庁捜査2課は、東起業が談合を主導しやすいよう鶴岡容疑者が便宜を図ったとみて捜査を進めている。市契約課によると、問題となった道路工事の指名競争入札は平成17年10月20日に実施され、東起業を含む10社が参加。東起業が落札率(予定価格に占める落札額の割合)96・65%の4270万円で落札した。

 捜査関係者によると、鶴岡容疑者は入札前、東起業からの依頼を受け、東起業が指名業者に入れるよう元建設局長に指示。さらに、元局長に東起業以外の入札参加業者9社の社名など非公開情報を東起業に伝えるよう指示した。元局長は市職員に同様の指示を与え、実際に入札参加業者名が東起業に伝えられた。東起業はこれらの情報をもとに各業者と連絡を取り、具体的な応札額を提示するなどして談合を主導した。市契約課によると、元局長は当時、5000万円以下の工事の指名競争入札業者を選定する「指名審査委員会」の委員長を務めていた。審査委は東起業を含めた10社を指名業者とする原案を入札6日前の10月14日に承認した。審査結果は通常、談合防止などの目的で、他の業者名は伏せて指名業者に通知される。捜査関係者によると、元局長ら市職員は捜査2課の事情聴取に対し、東起業に非公開情報を伝えるよう、鶴岡容疑者から指示を受けたことを認めている。

 一方、鶴岡容疑者が逮捕容疑の現金100万円以外に、東起業から現金数十万円を受け取っていたことも、捜査関係者の話で新たに判明した。受領時期は前回市長選直前の17年5月ごろだった。鶴岡容疑者は逮捕前、副市長に数十万円の受領を認め、「選挙資金として受け取った。工事の便宜を図ったことはない」と説明。しかし、数十万円は政治資金収支報告書に記載されていないという。逮捕容疑の100万円については捜査2課の調べに「現金を受け取ったことはない」と否認しているという。 ◇ 捜査2課は23日、収賄容疑で鶴岡容疑者を送検した。

Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/246374/

 

« 上野の社長殺害 不審な外国人数人浮上 捜査本部行方追う(24日) | トップページ | 草なぎ容疑者「3人で2軒はしご」 警視庁に供述(24日) »

贈収賄事件・横領等知能犯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44770822

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉市長、入札情報漏洩を指示 ほかに数十万円も受領(24日):

« 上野の社長殺害 不審な外国人数人浮上 捜査本部行方追う(24日) | トップページ | 草なぎ容疑者「3人で2軒はしご」 警視庁に供述(24日) »