« ☆道路規制速度の決め方 見直し 警察庁(3日) | トップページ | ☆警察学校ではねられ重傷 教習車両がコース外れる 愛知(3日) »

2009年4月 3日 (金)

☆ミサイル発射後の情報、10数分で公表へ(3日)

Banner_logo_051_3 政府は3日、北朝鮮が「人工衛星」と主張する長距離弾道ミサイルが日本上空を通過した場合、発射から10数分後に公表する方向で調整に入った。ミサイル防衛MD)システムでミサイルを迎撃したかどうかも、北朝鮮の発射後10数分以内に公表する。政府は当初、ミサイル落下に関する情報の公表は発射の30分~1時間後になるとしていたが、安全に関わる情報を早期に発表して国民の不安払拭に努めることにした。ミサイル発射の第一報は米国の早期警戒衛星の情報に基づき、発射5~10分後に首相官邸から自治体などに伝達される。ミサイルは発射から10分以内で日本上空を通過する見通しで、落下前でも自衛隊のレーダーなどで補足した情報を公表できると判断した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/238858

« ☆道路規制速度の決め方 見直し 警察庁(3日) | トップページ | ☆警察学校ではねられ重傷 教習車両がコース外れる 愛知(3日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆ミサイル発射後の情報、10数分で公表へ(3日):

« ☆道路規制速度の決め方 見直し 警察庁(3日) | トップページ | ☆警察学校ではねられ重傷 教習車両がコース外れる 愛知(3日) »