« ひったくり常習の男逮捕 板橋区などで約40件(20日) | トップページ | 17歳少女に入れ墨した疑いで彫り師逮捕 相模原(20日) »

2009年4月20日 (月)

【衝撃事件『未解決』の核心】被害者の父は仏壇で“会話”し号泣した…井の頭公園バラバラ殺人(中)(20日)

15年前の4月23日、井の頭公園のゴミ集積所で足首が見つかったことを警視庁に通報したのは、売店の男性だった。男性は4年前に亡くなったが、男性の妻が同じ場所で営業を続けている。むろん、遺体が捨てられたゴミ箱は撤去され、集積所の場所も移動しており、事件の面影は全くない。妻は、店のポリ袋を使って足首が入っていた様子などを再現してくれ、「当時は連日のように報道陣が押し掛け、売店の営業どころではなかった」とうんざりした表情を見せた。発生から2、3年の間は、花見の客足が遠のいたという。だが、それも一時的なものだった。15年という月日が過ぎた今、警視庁の捜査員の姿を見掛けることはなく、妻自身も時効が迫っていることを知らなかった。そして、「私の記憶だってどんどん薄れていくわよ」と何度も繰り返した。一方、被害者の川村誠一さん=当時(35)=のボーイスカウト仲間だった40代の男性は、15年間という時間の長さを複雑に受け止めている。 「自分の環境はあのころと大きく変わった。ほかの事件で時効を迎えたというニュースを見れば『もう15年か』と思う。ただ、関係者の1人になってみると、短く感じざるを得ない」 

捜査員が漏らした“焦り” 

 男性は平成9年に結婚し、8歳と6歳の2児の父親になった。スカウト仲間とはすっかり疎遠になったという。当時は社会人になったばかりで、会社の新人研修中だった。事件が発生した4月23日は土曜日で、自宅のニュースで切断遺体が見つかったことを知った。3日後に身元が川村さんだと分かると、仲間の間で事件に触れることはタブーになった。 男性は2度、警視庁に事情を聴かれている。1度目は発生直後のゴールデンウイーク中、場所は三鷹署だった。男性自身の事件前後のアリバイや川村さんの人柄、犯人の心当たりなど、ごく普通の質問を受け、「心当たりはない」と答えた。男性はその後、仕事で多忙になり、事件に気が回らなくなった。2、3カ月後、今度は捜査員が自宅を訪ねてきた。捜査員は「一度調べた人から改めて事情を聴いている。その後、何か思いだしたことはないか」と説明したが、捜査が行き詰まっている印象を強く抱いた。オウム真理教による地下鉄サリン事件で、1年足らずで捜査1課が手を引いたことは、初めて知った。ショックを受ける半面、「2度目の事情聴取で、捜査が進展していないことが分かっていたから」とあきらめに近い気持ちもある。 事件をずっとタブー視していたため、川村さんの遺族とも自然と距離を置いた。だが、「時効の成立で、犯人の罪が消えてしまうことは許せない」と訴え、殺人事件の遺族の多くが時効廃止を求めているのは当然だと考えている。 

母親は今も同じ家に…

 殺害された川村さんは当時、2世帯住宅で両親と身重の妻、長男の5人暮らしだった。父親は発生から約10カ月後の7年2月、他の遺族の反対を押し切って、事件のことをつづった著書「心事の軌跡」を出版した。そのために出版社まで立ち上げた。捜査が一向に進展しない焦りを「ちょうど帆船が凪に遭ったように、立ち往生」と表現し、最後は、通夜の日に仏壇の前で川村さんと“会話”を交わし、号泣する場面で締めくくっている。その「あとがき」にはこんな無念さが込められている。「解決のめどがついてから発刊するつもりでいましたが、捜査の方が長期化する様相を呈してきましたので、尻切れトンボのような形態のまま出版せざるを得ませんでした」。父親はすでに他界している。妻と長男、事件後に生まれた子供は引っ越したが、母親は今も同じ家に住んでいるという。今回、妻と母親の双方に取材を申し込んだが断られた。母親とみられる女性は消え入りそうな声でこう漏らした。 「まだ事件のことを思いだすとつらいんです」

◇ 井の頭公園バラバラ殺人事件 平成6年4月23日午前11時ごろ、東京都三鷹市井の頭公園のゴミ集積所で、清掃員がゴミ袋の中から左足首を発見。ほかのゴミ箱からも計27カ所の切断遺体が見つかった。遺体が入れられた袋は、穴が開いた水切り用の黒い袋と半透明のポリ袋の二重構造で、きつくしばられていた。被害者は21日午後11時半ごろ、JR新宿駅で元同僚と別れたのが最後の姿になった。今月23日午前0時で時効が成立する。情報提供は、警視庁三鷹署(電)0422・49・0110。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090419/crm0904191700019-n3.htm

 

« ひったくり常習の男逮捕 板橋区などで約40件(20日) | トップページ | 17歳少女に入れ墨した疑いで彫り師逮捕 相模原(20日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【衝撃事件『未解決』の核心】被害者の父は仏壇で“会話”し号泣した…井の頭公園バラバラ殺人(中)(20日):

« ひったくり常習の男逮捕 板橋区などで約40件(20日) | トップページ | 17歳少女に入れ墨した疑いで彫り師逮捕 相模原(20日) »