« ☆ネット利用者9000万人超…ブロードバンド利用73%(5日) | トップページ | ☆茨城・下妻市で携帯電話ショップが荒らされ、携帯電話30台・約250万円相当盗難(5日) »

2009年4月 5日 (日)

☆井の頭切断遺体:24日時効、解決願う元上司ら(5日)

Logo_mainichi1 東京都三鷹市と武蔵野市にまたがる井の頭公園で94年、建築士、川村誠一さん(当時35歳)が、殺害され切断された遺体で見つかった事件が、4月24日午前0時で時効を迎える。 川村さんは94年4月21日午後5時すぎに港区の勤務先を退社、以前勤めていた新宿区の設計事務所の元上司(70)らと酒を飲んだ後、行方が分からなくなった。2日後、自宅から約100メートル南にある井の頭公園内のごみ箱から切断された遺体が見つかった。川村さんが行方不明になった21日に一緒に酒を飲んだ元上司は、最近は会社でも事件の話をすることはほとんどなくなったという。「思い返すのがつらい悪夢。たまに社内旅行でハワイやサイパンに行った時のことを思い出すが、恨まれる男じゃないし、今でも信じられない」と話す。川村さんと同居していた父の誠蔵さんは事件の翌年、「心事の軌跡」と題した本を自費出版した。遺体発見から葬儀までの家族の様子や心情、川村さんが子供時代に一緒に行った釣りや親子げんかの思い出がつづられている。誠蔵さんは病死したが、元上司には「事件を風化させないようにしたい」と出版の理由を話していたという。【石丸整】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090405k0000m040119000c.html

« ☆ネット利用者9000万人超…ブロードバンド利用73%(5日) | トップページ | ☆茨城・下妻市で携帯電話ショップが荒らされ、携帯電話30台・約250万円相当盗難(5日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆井の頭切断遺体:24日時効、解決願う元上司ら(5日):

« ☆ネット利用者9000万人超…ブロードバンド利用73%(5日) | トップページ | ☆茨城・下妻市で携帯電話ショップが荒らされ、携帯電話30台・約250万円相当盗難(5日) »