« ★小説警視庁薬物特命捜査官(51) | トップページ | 82歳経営者殺される 自宅浴室、腹部に刺し傷(25日) »

2009年4月25日 (土)

「若者よ、我が道を行け」草なぎ3度も謎の叫(25日)

公然わいせつ容疑で送検後に釈放されたSMAP草なぎ剛(34)が、全裸で大騒動を起こす直前に「若者よ、我が道を行け」と謎のメッセージを残していたことが24日、サンケイスポーツの取材で分かった。草なぎは逮捕前に2軒で約6時間にわたりビールや焼酎を計10杯以上も痛飲。帰り間際に、スペイン料理店店員に思いを託した。一体どういう意味があったのか-。熱き心の叫びか。はたまた、自身の行動を暗示していたのか-。草なぎが逮捕直前、謎のメッセージを残していた。

 23日午前2時ごろだ。2軒目に立ち寄った赤坂のスペイン料理店「バル グランビア」で、草なぎは泥酔状態となっていた。「イケメンだね」と声をかけていた24歳の男性店員に歩み寄り、正面から両肩に手を置く。店員の帰り際、「若者よ、我が道を行け」と3回繰り返した。 草なぎは22日午後8時、なじみの日本料理店に1人で入店。23日午前1時ごろまで飲み続けた後、日本料理店の男性店長、女性従業員と、はす向かいの「バル-」へ移動した。同店の金子裕二店長(56)によると、初来店だった草なぎはハンチング帽をかぶっており、「フラフラしてたり、多少ろれつが回っていなかったけど、笑いながらすっごい楽しく飲んでた」という。3人はビールを1杯ずつと、スペインの定番料理「クロケッタ」(小さいクリームコロッケ、6個入り、850円)を注文。草なぎは食べた瞬間に「あ、うまい!」と絶賛し、ビール1杯を飲み干した。だが、2時ごろには2杯目を飲み干せないほど泥酔しており、店の判断でタクシーが呼ばれた。そのまま女性だけがタクシーに同乗し、公園の近くで別れたが、直後に一糸まとわぬ姿に変貌したようだ。2軒の店に滞在した約6時間で、飲酒量はビールのジョッキと焼酎のロックを計10杯以上とみられる。若者に進言した通り、自ら「我が道」を行った果て。取り返しのつかない事態を招いてしまった。

Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/246820/

 

« ★小説警視庁薬物特命捜査官(51) | トップページ | 82歳経営者殺される 自宅浴室、腹部に刺し傷(25日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44785638

この記事へのトラックバック一覧です: 「若者よ、我が道を行け」草なぎ3度も謎の叫(25日):

« ★小説警視庁薬物特命捜査官(51) | トップページ | 82歳経営者殺される 自宅浴室、腹部に刺し傷(25日) »