« 「臭い、出て行け」虐待情報届かず 大阪・女児死亡(25日) | トップページ | 「パチンコ必勝法」は詐欺…情報会社に130万円賠償命令(25日) »

2009年4月25日 (土)

全裸で警官に抵抗、改める意思見せず…草なぎさん逮捕は不可避(25日)

草なぎ剛容疑者が逮捕された23日、警視庁には深夜まで「逮捕は行き過ぎではないか」といった抗議の電話が続いた。(なぎは弓ヘンに「剪」) これについて同庁幹部は「一般の人でも同じようなケースでは『原則逮捕』となる。決して異例ではない」と説明する。公然わいせつ罪は不特定の人が認識できる状況で、わいせつと思わせる姿を見せた場合などに適用される。今回の現場には偶然、別の男性が居合わせたが、仮にだれ一人いない時でも逮捕に至る場合がある。今回のケースでは、現場は未明の人けの少ない公園であり、草なぎさんが警察官の到着後、速やかに服を着て指示に従っていたら、逮捕されなかった可能性が高い。しかし、実際には、駆けつけた警察官に「何が悪いんだ」と、全裸のまま抵抗した。他人にわいせつと思わせる状況を改める意思がなかったとみなされても仕方なく、逮捕は避けられなかった。東京区検は今後、刑事処分を決めるが、草なぎさんの行為が、社会人としての常識を逸脱していたことは間違いないだろう。

Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090425-OYT1T00066.htm

 

« 「臭い、出て行け」虐待情報届かず 大阪・女児死亡(25日) | トップページ | 「パチンコ必勝法」は詐欺…情報会社に130万円賠償命令(25日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44785898

この記事へのトラックバック一覧です: 全裸で警官に抵抗、改める意思見せず…草なぎさん逮捕は不可避(25日):

« 「臭い、出て行け」虐待情報届かず 大阪・女児死亡(25日) | トップページ | 「パチンコ必勝法」は詐欺…情報会社に130万円賠償命令(25日) »