« ☆詐取手口はネットオークションで入手 3000円で落札(7日) | トップページ | ☆「300万円強奪」かばん無事だった、実害は35万円(7日) »

2009年4月 7日 (火)

☆舞鶴高1殺害容疑で逮捕へ 捜索受けた60歳 京都府警(7日)

Logo3_2 京都府舞鶴市で昨年5月、高校1年の小杉美穂さん(当時15)が殺害された事件で、府警舞鶴署捜査本部は6日、窃盗罪で有罪となり服役中の男(60)を殺人・死体遺棄容疑で7日にも逮捕する方針を固めた。捜査関係者によると、事件当夜、市内の防犯カメラに小杉さんとみられる女性とともに映っていた人物と男がよく似ており、男が当時周辺の飲食店に立ち寄っていたことなどから、事件に関与した疑いがあると判断した。男の犯行を直接裏付ける物証がない中で、捜査は新たな局面を迎えた。 小杉さんの遺体は昨年5月8日朝、舞鶴市朝来(あせく)中の朝来川沿いの雑木林で見つかった。捜査本部は、小杉さんの自宅から遺体発見現場までの約7キロの道沿いに設置された複数の防犯カメラの映像を分析。6日夜から翌7日未明にかけて、小杉さんが自宅から遺体発見現場の方向に向かって歩いていたことや、途中から、自転車を押す人物と連れだって歩いていたことを確認した。捜査本部が現場周辺の不審者をリストアップして捜査した結果、遺体発見現場近くの府営住宅に1人で暮らす男が、6日夜から市内の店2軒で飲食し、7日未明に家路についたことが判明。小杉さんが歩いていたのとほぼ同時刻に、同じ道を通った可能性があることがわかった。防犯カメラの映像の分析結果でも、男の体の特徴や、関係者が証言した男の事件当夜の服装が映像の人物とよく似ており、男が所持していた自転車の形状も映像と似ていたという。 一方で、小杉さんの知人の話や携帯電話の通話記録から、小杉さんが事件当夜、知り合いの誰かと待ち合わせをしたり、偶然会ったりした可能性は低く、交友関係のある人物が事件に関与した可能性は低いと判断した。 男の行動に捜査の焦点が絞られるなかで、府警は男を昨年11月15日、同年7月と8月に、女性の下着や神社のさい銭約2千円を盗んだ容疑で逮捕した。その後、男の弁護人の立ち会いのもと、殺人・死体遺棄容疑で男の自宅の捜索・検証に乗り出した。捜索は11月28日から6日間、計約40時間に及び、男の衣服や手袋、自転車など約2千点を押収したが、男と殺害事件とを結びつける直接的な物証は見つからなかったとみられる。 男は今年2月25日、京都地裁舞鶴支部で懲役1年の判決を受け、確定した。現在は京都刑務所(京都市山科区)で服役している。捜査本部は複数の状況証拠から、男が事件当夜、小杉さんと一緒に歩いていたことは確実視しているが、男は窃盗容疑で逮捕される前、朝日新聞記者の取材に対し、小杉さんとの面識について「全然、知らん」と否定し、事件当夜については「病気やから寝ていた」などと話していた。 http://www.asahi.com/national/update/0407/OSK200904060109_01.html

« ☆詐取手口はネットオークションで入手 3000円で落札(7日) | トップページ | ☆「300万円強奪」かばん無事だった、実害は35万円(7日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆舞鶴高1殺害容疑で逮捕へ 捜索受けた60歳 京都府警(7日):

« ☆詐取手口はネットオークションで入手 3000円で落札(7日) | トップページ | ☆「300万円強奪」かばん無事だった、実害は35万円(7日) »