« 2009年4月28日 | トップページ | 2009年4月30日 »

2009年4月29日

2009年4月29日 (水)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(30日
  (単位・レベル)

2  刑罰の強化が必要では?

【治安解説】今度は、2歳の我が子を熱湯の風呂に入れて火傷をさせたとして、19歳の母親とその友人が警視庁に逮捕された。理由は「こばんをこぼすのでハラがたった」ことに対するお仕置きだというが、「熱い食べ物を嫌がる長女のしぐさが、お笑い芸人に似ていた」ことから「熱湯に入れると反応が面白そう」と思い立ったという。こんなのは「人間」以下の屑でしかあり得ない。

 さらに、冷蔵庫に子供の遺体を隠したとして33歳の母親が兵庫県警に逮捕された。死因を調べないと事件の詳細は分からないが、これも親とは思えない。
 そう言えば大阪市西淀川区の小4年女児(9歳)の母親は、内縁の夫とともに、食事を与えないばかりか、ベランダに閉め出したまま、家族らで食事に出かけたり、夜もベランダに出されたまま、トイレにも行かせてもらえなかったという虐待を受けていた。これに至っては「鬼」でしかない。

 動物以下のこれら親の行為は、どうしたら防げるのか? 弁護士で元愛知県警警務部長の後藤啓二氏は「警察の進路」(東京法令出版)で、こう指摘している。
 「加害者に対する量刑は全般的に甘い」としたうえで「中でも子供に対する残酷な犯罪に対しても量刑が甘く、殺人や虐待で子供を死に至らしめた場合でも、あきれるほど軽い刑がすくなくない」と指摘している。

 自分の腹を痛めて生んだ、掛け替えのない宝物を、いとも簡単に殺害したり虐待する事件が目立っている。婚姻率が減少して離婚率が上昇するのに合わせて、児童虐待も増えている現代社会。「子は鎹(かすがい)」とする人間社会の絆を表現した言葉が消えるのは悲しいかぎりである。 いっそのこと「同じ行為で処罰する」という刑罰があればいいのだが…警視庁管内の体感治安は「レベル2(あお)」の現状維持とする。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは7件。

 

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国籍の男 不法残留で逮捕 ため池遺体の関与追及(29日)

 栃木県那須塩原市の牧場ため池で4月、中国籍のマッサージ業、戴根泉さん(30)=千葉県御宿町久保=の遺体が見つかった事件で、栃木県警は29日、出入国管理法違反の疑いで、中国籍で住所不定、無職、付佳男容疑者(25)を逮捕した。県警によると、付容疑者は事件のあった牧場に勤務していたが、昨年11月ごろに失踪。戴さんのマッサージ店で働いたこともあるといい、詳しい事情を聴いている。付容疑者の逮捕容疑は、在留期間を5年過ぎたにもかかわらず、更新せずに不法に日本に在留した疑い。

Banner_logo_051_10 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090429/crm0904292154018-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

病院の金庫破られ2000万円盗難 徳島(29日)

29日午前8時ごろ、徳島県美馬市美馬町の病院の事務所内に設置されていた金庫が倒されているのを出勤してきた職員が発見し、県警つるぎ署へ届け出た。同署によると、金庫の扉が工具類のようなもので破壊され、中にあった現金や小切手など総額約2000万円がなくなっており、同署で窃盗事件として捜査している。同署によると、この病院は28日午後5時ごろに職員が帰宅してからは無人だった。翌日に職員が出勤するまでの間に、何者かが施錠されていなかった事務所の窓から侵入したとみられるという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090429/crm0904292206020-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤で作詞家逮捕 草なぎ宅捜索と関係は?(29日)

SMAPBoAらの楽曲を手掛けた作詞家、園田凌士(りょうじ、本名・園田利隆)容疑者(33)が、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で警視庁麻布署に逮捕されていたことが28日、分かった。同署の調べによると、今月中旬から下旬の間、都内や周辺で覚せい剤を使用した疑い。尿検査で覚せい剤の陽性反応が出たため、27日に逮捕した。同容疑者は「使用したことは間違いありません」と認めている。同署では28日に都内の容疑者宅を家宅捜索したが、覚せい剤は見つからず、入手経路や使用の詳しい動機について調べている。園田容疑者は2002年に作詞活動を開始。東方神起が昨年大みそかのNHK「紅白歌合戦」で歌った「Purple Line」など、オリコン1位楽曲を数多く手掛けた売れっ子だ。奇しくも、麻布署と所轄管内が隣接する赤坂署が、23日未明に公然わいせつの現行犯でSMAP草なぎ剛(34)を逮捕した際、尿検査や家宅捜索を行ったが、薬物を疑ったのは明白。結局、押収品はなく尿検査でも薬物反応はなかった。担当弁護士は「身の潔白が証明されてかえって良かった」と語ったほどだ。園田容疑者が逮捕されたのは草なぎの家宅捜索後だが、同容疑者はSMAPに歌詞を提供しており、同容疑者の内偵捜査を以前から進めていたとするならば、音楽関係者としてのつながりをにらんで草なぎを捜査したとも考えられ、草なぎにとっては迷惑な話。この件について麻布署はサンケイスポーツの取材に「他の事件との関連性などお答えできない」としている。

Banner_logo_051_9 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/248388/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元同僚に爆発物送る 容疑の九州朝日放送元社員を逮捕(29日)

福岡県警は29日、手製爆弾入りの封筒を元同僚あてに投函(とうかん)したとして、火薬類取締法違反などの疑いで九州朝日放送(福岡市)の元社員、永井譲容疑者(44)を逮捕した。逮捕容疑は3月上旬、くぎと火薬が入った瓶と乾電池をリード線でつないだ爆発物を製造し、福岡市内に住んでいた元同僚の男性あてに送ったとしている。県警の鑑定の結果、爆発物には殺傷能力があることが判明した。元同僚は封筒に書かれた住所から既に引っ越しており、あて先不明として配達されなかった。

Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/248464/

爆発物を郵送した疑い 元KBCディレクターを逮捕

 福岡市早良区の郵便局で3月、爆発物のようなものが入った郵便物が見つかった事件で、県警は29日、KBC九州朝日放送(同市中央区)の元ディレクター永井譲容疑者(44)=同市西区愛宕3丁目=を、爆発物取締罰則違反や火薬類取締法違反などの疑いで逮捕し、発表した。県警によると、「(逮捕状の)内容についてはわからない」と容疑を否認しているという。永井容疑者は3月31日付で同社を退社していた。捜査1課と早良署によると、永井容疑者は3月、ガラス瓶の中に、自分がつくった黒色火薬やくぎなどを入れて爆弾を製造。手製の起爆装置を接続したうえで、知人の男性の氏名と住所を書いた封筒に入れて郵送した疑いが持たれている。 男性は同社の関係者で、5年以上前に永井容疑者をしかったことがあったという。県警によると、手製爆弾には殺傷能力があったといい、永井容疑者は男性に危害を加える狙いだったとみている。早良郵便局が3月10日、郵便物のあて先が不明だったことなどから、同署に通報。県警が調べると、火薬が入った瓶やコード、電池などがそれぞれつながって入っていることがわかった。男性は5年前に転居しており、永井容疑者が書いたあて先は旧住所だった。 KBC広報部によると、永井容疑者は体調不良のためここ8年間は入退院を繰り返し、昨年4月からは病欠中。広報部は「逮捕事実が在職中であったということを重く受け止めています」とのコメントを発表した。 KBCのホームページによると、同社は福岡県を拠点とするテレビ朝日系列の地方局で、1953年の設立。資本金3億8千万円、社員数は221人(08年4月現在)。

Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0429/SEB200904290009.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵庫に子供の遺体 遺棄容疑で33歳女を逮捕(29日)

自宅の冷蔵庫に子供の遺体を隠していたとして、兵庫県警杜署は29日、死体遺棄容疑で同県小野市田園町の無職、大塚美由紀容疑者(33)を逮捕、同容疑で夫のトラック運転手、竜容疑者(34)の逮捕状を取った。調べに対し、美由紀容疑者は「平成19年7月ごろに4歳だった長男が死んだので冷蔵庫に入れた」などと供述。両容疑者は長男を死なせたこともほのめかしており、同署は遺体の身元の確認を進めるとともに、長男が死亡した経緯を調べている。逮捕容疑は19年7月ごろ、子供の遺体を自宅の冷蔵庫内に隠した疑い。同署によると同日午前10時25分ごろ、美由紀容疑者が近くの交番に「死んだ子供を冷蔵庫に置いている」と出頭。自宅を調べたところ、台所にあった冷蔵庫(高さ約1・6メートル)の一番下の野菜室から、かがんだ状態でポリ袋にくるまれた遺体が見つかった。目立った外傷はないが腐敗が進んでおり、30日に司法解剖して死因などを調べる。同署などによると、美由紀容疑者らは長男、小学2年の長女(7)の4人暮らしで、19年3月に県営住宅に入居した。

Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/248465/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

那覇のスーパーに刃物男、38歳男性刺す…殺人未遂容疑で逮捕(29日)

沖縄県警那覇署は29日、那覇市内のスーパーで男性(38)の胸をナイフで刺して殺そうとしたとして、那覇市牧志2、無職仲地豊造容疑者(48)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
 男性は病院に運ばれたが、命に別条はないという。発表によると、男は29日午前10時半頃、同市牧志のスーパー「マックスバリュ牧志店」の出入り口付近にいた同市内の無職男性の左胸を持っていた果物ナイフのような刃物で刺し、殺害しようとした疑い。 スーパーの従業員から「ナイフを持った男がけんかしている。相手は左胸をけがしている」と110番があり、駆けつけた同署員が男を取り押さえた。動機を追及している。 最終更新:4月29日13時48分http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000403-yom-soci

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

<水戸署の容疑者逃走>那珂市周辺に潜伏か ひたちなかなどで目撃情報(29日)

窃盗未遂容疑で逮捕された茨城県那珂市杉、無職、柘植(つげ)直人容疑者(24)が、取り調べの途中に水戸署から逃走した事件で、柘植容疑者に似た人物が26日朝、ひたちなか市内を歩いていたとの目撃情報が県警に届いた。茨城県警は柘植容疑者が、同市に隣接し自宅のある那珂市周辺に潜伏している可能性があるとみている。【原田啓之】

 県警によると、26日午前8時25分ごろ、ひたちなか市東大島4の路上で、柘植容疑者に似た男が、グレーの上下スエットにニット帽姿で歩いているのを、住民の女性が目撃し110番した。ひたちなか西署員らが駆け付けたが、男の姿はなかったという。
 ◇1900人態勢で検問も実施   ほかに那珂市内でも目撃情報があり、県警は同日、那珂市、ひたちなか市、水戸市などを中心に検問を実施した。1900人態勢で行方を追っている。水戸市水府町の水府橋近くの県道では水戸署員ら数人が、通る車を停止させ、柘植容疑者が隠れていないか調べた。柘植容疑者は24日午後、取り調べを担当していた同署刑事3課の巡査長が居眠りしたすきに、同署2階の取調室から逃げた。水戸市千波町のガソリンスタンドから、知人男性(21)=犯人隠避容疑で逮捕=の運転する車に乗り、同日午後6時ごろ、ひたちなか市新光町の複合商業施設駐車場に降りたことが確認されている。

Logo_mainichi1_2 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000048-maiall-soci

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗まれた散弾銃3丁見つかる さいたま市(29日)

さいたま市岩槻区で21日、自動車販売会社社長の男性(63)宅から散弾銃3丁などが盗まれた事件で、県警捜査3課などは28日、窃盗容疑で27日に逮捕した男の関係先を捜索したところ、散弾銃3丁と散弾109発を発見し、押収した。 捜査3課の調べでは、逮捕されたのは千葉県野田市東金野井の無職、小枝恭利容疑者(27)。小枝容疑者は平成19年12月25日、仲間の男2人と共謀し、八潮市の駐車場で乗用車1台(200万円相当)を盗んだ疑いが持たれている。捜査3課によると、家宅捜索の結果、小枝容疑者が出入りしていた千葉県野田市の貸倉庫から散弾銃が見つかり、岩槻区で盗まれた銃と製造番号が一致した。また、小枝容疑者の自宅から貴金属など数百点が見つかったという。

最終更新:4月29日http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000053-san-l11

産経新聞

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

バイクで連続ひったくり、女性12人が45万円被害…埼玉(29日)

27日午後から28日未明にかけて、埼玉県のさいたま市、川口市など7市2町で女性12人がひったくりの被害に遭い、約45万4000円を奪われた。いずれも犯人はバイクで、被害者にけがはなかった。埼玉県警は窃盗や窃盗未遂事件とみて調べている。発表によると、27日午後2時頃、同県草加市吉町の路上で、自転車のパート女性(29)がバイクの男に約4000円入りのバッグを奪われた。その後、28日午前0時40分までに11人の女性(21~73歳)が同様の被害にあった。

Yomiuri_koudoku1 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000434-yom-soci

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ありガネ出せ」高校生を殴り財布奪う バイク2人組(29日)

 28日午後7時50分ごろ、千葉県市原市藤井の市道で、自転車で帰宅途中の県立高校2年の男子生徒(16)が、バイクで近づいてきた白いマスク姿の2人組に「おまえ高校生か?」「ありガネを出せ」などと因縁をつけられた上、顔を殴られた。2人組は現金約2000円入りの財布を奪って逃走。男子生徒は肋骨(ろっこつ)骨折の疑いがあり、病院に収容された。市原署は強盗致傷事件として2人組の行方を追っている。同署の調べによると、2人組はいずれも小型バイクに乗り、黒い半キャップ型のヘルメットをかぶっていた。1人は白のパーカーとズボン、もう1人は黒の上下姿だったという。

Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/248334/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【イチから分かる】消費者庁 トラブル解決の「司令塔」(29日)

消費者行政を一元化する消費者庁設置関連法案は参院での審議が始まり、年内にも消費者庁が発足する見通しとなった。「産業重視」とされた日本の行政にあって、消費者の視点に立った初めての行政機関となる。偽装表示、悪質商法、製品事故…トラブル解決の「司令塔」としての役割が期待される。

◇日本の省庁は「殖産興業」を掲げた明治期以来、生産者側の目線で施策を展開してきた。しかし近年、食品偽装、悪徳商法、欠陥商品といった消費者を巻き込む重大な問題が起きるたび、行政の対応は後手後手に回った。 一例が、昭和60~平成17年に21人が死亡したパロマ工業製の瞬間湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故だ。経済産業省内で都市ガスとプロパンガスなど所管する課が分かれていて情報が共有されず、積極的な対策が打てなかった。遺族からは「業者を守るために消費者をないがしろにした」という声も漏れた。

 そうした反省から、消費者保護のため、各省庁にまたがる法律や権限を一元化する省庁が消費者庁だ。

 所管する法律は29本。食品表示にかかわるJAS法▽悪質な訪問販売を取り締まる特定商取引法▽対マルチ商法の武器となる出資法▽不当表示などを規制する景品表示法-など生活に密着する法律がずらりと並ぶ。内閣府を筆頭に、農林水産省経済産業省などから約200人の職員が集まる見込みで、業者の不正などに対応できるよう警察OBらを非常勤職員として雇用する。事案に対して対応が不十分な場合は、各省庁に改善を求める勧告をするほか、重大事案は直接業者に立ち入り調査する。「より悪質と判断した場合は捜査当局への刑事告発も辞さない」(内閣府

 窒息事故で平成7年以降17人の犠牲者を出している「こんにゃく入りゼリー」のように、規制する法令がない「すき間事案」についても、積極的に立ち入り調査などを行う。消費者への直接のメリットもある。全国共通の電話番号が設置され、不満などを感じた消費者が掛けると、最寄りの消費生活センターに転送される。窓口が一つになることで、「たらい回し」にされることもなくなる。こうした一連の新しい消費者行政は、有識者の独立組織「消費者委員会」で監視する。関係省庁との協議を進めていた内閣府は「縦割りだった消費者行政の大きな受け皿となる。これまでの視点と百八十度変わる省庁ができる意義は大きい」と自信をのぞかせている。

 ■課題は… 被害者の救済 相談態勢の充実

 課題も多く残されている。悪徳商法で業者が得た不当利益を没収し、被害者に還元する「救済制度」は導入が見送られ、法施行3年後をめどに検討することになった。消費者問題に詳しい紀藤正樹弁護士は「業務停止や勧告も重要だが、お金を取り戻すことが消費者救済に直結する」と早期の法整備を訴える。また、野田聖子消費者行政担当相が「インパクトのある船長を選びたい」と強調する長官人事も注目だ。「これまでの霞が関にない役所なだけに行政運営の際、各省庁からの抵抗も予想される。能力のあるトップでないと動きが鈍くなる」(紀藤弁護士)急務なのが相談態勢の充実だ。全国の消費生活センターは586カ所(20年4月現在)。都市部に偏在し、地方には相談員が1人だけという窓口も多い。センター業務自体は地方自治体の管轄なだけに、首長の“やる気”が問われる。73の消費者団体で作る「消費者主役の新行政組織実現全国会議」の原早苗代表幹事は「消費者庁ができても、窓口が薄いのではどうしようもない」と拡充を呼びかけている。

Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/248329

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

『面白そう』熱湯に2歳娘 19歳母と友人、傷害容疑(29日)

長女(2つ)を熱湯で虐待したとして、警視庁少年事件課と綾瀬署は二十八日、傷害の疑いで、東京都足立区の無職の母親(19)と友人の無職の少女(19)を逮捕したと発表した。 逮捕容疑は、三月十二日午後五時ごろ、母親の自宅マンションで、長女を深さ八センチの熱湯を張ったベビーバスに入れて、両足に二カ月の熱傷を負わせた、とされる。少年事件課によると、二人は容疑を認め、母親は「ごはんをこぼすので腹が立った」と供述している。二人は熱い食べ物を嫌がる長女のしぐさが、お笑い芸人に似ていたことから「熱湯に入れると反応が面白そう」と思い立った。ベビーバスに長女を押さえつけ、熱がる様子を笑って見ていたという。同課の調べでは、母親は搬送先の病院で「ポットの湯がかかってやけどした」とうそを言っていた。病院から通告を受けた足立区の児童相談所が警察に届けて発覚。九カ月の長男も二月に頭のけがで入院しており、少年事件課は虐待の疑いがあるとみている。

Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009042902000072.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(29日)7件

振り込め詐欺:電子マネーで 21歳、67万円被害 /和歌山

 和歌山西署は27日、和歌山市の男性会社員(21)が計67万円の振り込め詐欺に遭ったと発表した。男性は電子マネーで支払いをし、同署は「最近の若者らしい珍しい支払い方法」と話している。同署によると、今月3日、出会い系サイト業者を語る相手から「サイト登録料で2万円を支払って」と携帯電話にメールで受信。サイトを使ったと思い込んだ男性はコンビニエンスストアで2万円分の電子マネーを購入し、相手にマネーを使える16けたの暗証番号を送信した。同様のやり方で男性は8日までに計4回にわたり67万円分を使えるよう暗証番号を送信した。相手が使ったどうかは調べ中だが、男性に67万円が戻ることはないという。【藤顕一郎】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090428ddlk30040417000c.html

振り込め詐欺:容疑の組員逮捕 清水の事務所捜索 /静岡

 息子を装い現金200万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は27日、住所不定の指定暴力団山口組系組員、小玉しげる容疑者(28)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。同課によると、小玉容疑者は容疑を否認しているという。同課は同日、この事件に関連し、静岡市清水区の山口組系暴力団事務所を同容疑で家宅捜索した。【酒井祥宏】Logo_mainichi1http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090428ddlk22040346000c.html

警察官夫婦 詐欺防止の寸劇 静岡県警

振り込め詐欺の被害を防ごうと、ともに警察官で富士市の駐在所にいっしょに勤務する夫婦と住民が結成した劇団が28日練習の成果を初めて披露しました。
この劇団は富士警察署管内の旧富士川町にある松野駐在所にいっしょに勤務する深沢直也さんと倫世さん、それに地元の住民の代表などがメンバーになっています。
振り込め詐欺の被害が続いていることから、「劇を通じて防止対策をわかりやすく伝えていこう」と1か月前に結成されました。
富士警察署で警察官の研修にあわせてこれまでの練習の成果を初めて披露しました。
劇は、お年寄りの家庭に市役所の職員を装った男が電話をかけてきて定額給付金をだまし取ろうとする内容で夫の直也さんは警察官役、妻の倫世さんは手口などを紹介して注意を促す解説を担当し「怪しいと思ったらすぐに警察に連絡を」と呼びかけていました。
劇団では市内の老人クラブなどで劇を披露していく計画で、深沢夫妻は、「少しでも被害がなくなるよう訴えていきたい」と話していました。http://www.nhk.or.jp/shizuoka/lnews/05.html 

News_pic1

振り込め詐欺:「被害回復給付」初適用へ 引き出し役に 地裁川崎支部判決 /神奈川

 振り込め詐欺事件の現金引き出し役だったとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)罪などに問われた横浜市泉区、飲食店経営、柄沢恵一被告(35)に対し、横浜地裁川崎支部は28日、ほぼ求刑通り懲役2年6月、執行猶予5年、罰金100万円、没収32万円、追徴金約220万円を言い渡した。判決確定後「被害回復給付金支給制度」が県内で初適用され没収・追徴金が被害者に分配される見通し。判決によると、柄沢被告は未特定のリーダーの男と共謀し08年10月、千葉県内の女性から融資保証金名目で10万円をだまし取り、他の詐欺被害者6人から計30回、現金約267万円を振り込ませた犯罪収益を自分が管理する預金口座に隠した。

 口座からは全額が既に引き出されており、弁護側は「リーダーを手助けしただけの被告から(被害金相当額を)追徴するのは許されない」と主張。だが判決は「現金引き出しは振り込め詐欺に不可欠で、リーダーらと一体となって詐欺などをした責任は免れない」と退けた。同制度は振り込め詐欺などの増加を受け06年12月の同法改正でできた。組織的な詐欺事件などで、被害金を有罪確定者から回収し、検察に届け出た被害者に分配し救済を図る。【川端智子】

Logo_mainichi1http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090429ddlk14040244000c.html

 

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(29日)7件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺された妻に離婚話、華厳の滝に夫の服 捜査関係者(29日)

東京都八王子市のマンションの一室で28日未明、会社員大沢咲子さん(27)と長男航也ちゃん(3)が殺害されているのが見つかった事件で、咲子さんと所在の分からなくなっている会社員の夫(29)の間に離婚話が出ていたことが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は、夫の車が見つかった栃木県日光市の華厳の滝近くで、新たに夫の財布やジャケットなどを発見。夫が何らかの事情を知っているとみて29日も捜索する。 また、咲子さんの遺体の近くには血の付いたスパナや、切られた跡が残る毛布があったことも分かった。捜査関係者によると、咲子さんはダイニングの床に頭から血を流して死亡し、航也ちゃんは隣の和室の布団の上で死亡していた。ダイニングと和室との間の引き戸がダイニング側に倒れており、捜査1課は2人は和室での就寝中に襲われ、ダイニングへ逃げようとした咲子さんは毛布の上から頭などを殴られ、首を絞められて殺害されたとみて調べている。

Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0429/TKY200904280344.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

1週間前にも同じ手口で強盗 夜間金庫で54万円強奪 静岡(29日)

28日午後9時15分ごろ、静岡県磐田市福田静岡銀行福田支店で、夜間金庫に入金に来たガソリンスタンドのアルバイト店員の男性(22)が男に顔を殴られ、売上金54万円の入ったカバンを奪われた。男性は軽傷。磐田署は強盗傷害事件として捜査している。同署の調べによると、男性が車を金庫前に止め降りようとしたところ、近くから飛び出してきた男に顔を数回殴られ、カバンを奪われたという。男は黒っぽい軽自動車の助手席に乗り込んで逃走したことから、2人組とみられる。男は身長165~170センチで黒っぽい服装。目出し帽かバンド状の布で覆面していた。同署によると、14日午後9時半ごろ、現場から約10キロ東の静岡銀行大須賀支店(掛川市)の夜間金庫でも、同様の手口でガソリンスタンドの売上金84万円が奪われる事件が起きており関連を調べる。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090429/crm0904290034000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高3男子がひったくり取り押さえ 埼玉・越谷(29日)

28日午後7時半ごろ、埼玉県越谷市南越谷5丁目の路上で、歩いて帰宅途中の女性会社役員(71)から、ひったくりに遭ったと110番があった。越谷署によると、背後から自転車の男が近づき、現金約15万円などが入った手提げバッグをひったくろうとした。女性が抵抗し「ひったくり」と叫んだため、男は逃走。後ろにいた自転車の高校3年の男子生徒(17)が追い掛け、約30メートル先で取り押さえた。越谷署員が窃盗未遂の疑いで越谷市元柳田町、大学4年、前田拓人容疑者(21)を現行犯逮捕。同署によると「たまたまぶつかっただけ」と容疑を否認している。高校生は陸上部の練習を終え帰宅途中だった。

Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/248217/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

取調室に睡眠薬の包装 水戸署の逃走事件(29日)

 水戸署に窃盗未遂容疑で逮捕された無職、柘植直人容疑者(24)が逃走している事件で、取調室内に使用済みの薬の包装が残されていたことが28日、県警関係者への取材で分かった。逃走時、取調室には居眠りをしていたとされる巡査長(30)と柘植容疑者の2人しかいなかった上、容疑者の所持品については厳重なチェックがされていたことから、県警は誰が薬を持ち込んだか慎重に調べている。県警は、取調室に残されていた包装の中身が睡眠薬の錠剤だったとみているが、柘植容疑者は窃盗未遂容疑で逮捕された16日以降、睡眠薬を含む薬の処方を受けたことはなかった。県警によると、柘植容疑者は24日、取り調べ中に巡査長が居眠りしたすきに取調室の窓の鉄格子を壊して逃走。その後の調べで、巡査長が急須を使って入れたとされる2人分のお茶から微量の睡眠薬の成分が検出された。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/248219/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で包丁振り回した男逮捕 小田原(29日)

28日午後8時10分ごろ、神奈川県小田原市城内の路上で、「男が刃物で人を刺そうとしている」と110番があった。男は駆けつけた小田原署員に包丁を振り回したため、署員が拳銃を構えて警告すると、包丁を捨てた。けが人はなかった。同署は銃刀法違反などの疑いで、住所不定、無職、秋山悦郎容疑者(68)を現行犯逮捕した。同署によると、秋山容疑者は酒を飲んでおり「むしゃくしゃしていた」と供述している。逮捕容疑は、刃渡り約16.5センチの包丁を振り回した疑い。

Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/248223/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(29日
  (単位・レベル)

2  一歩前進?携帯の犯罪対策

【治安解説】振り込め詐欺の3種の神器のひとつである携帯電話の犯罪対策が一歩、前進しそうだ。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話3社は、警察庁が申し入れていた通信記録の保存期間を3カ月から6カ月に延長する方向で検討しているという。(産経新聞)
 平成16年に爆発した振り込め詐欺の主役は「架空請求ハガキ」だった。最終通告と題して、民事訴訟の取り下げを望むなら電話をかけるようにと、関東財務局や法務省管理局など最もらしい差出人を装い脅迫、振り込ませていた。
 ハガキの架空請求から「オレオレ詐欺」に犯罪の手口が進化して登場したのが「携帯」という犯罪インフラ。使い捨てのプリペイドカード式携帯も含めて「電話1本で何十台でも配達します」なんていう商売が出現。
 昨年12月から契約の締結時における本人確認に関する措置、譲渡等に関する措置等を定めた「携帯電話不正利用防止法」の施行により、購入が厳しくなると新聞広告を利用して「高額支給アルバイト」と称し、秋葉原の電気街で本人名義で携帯を買わせる〝商売〟が出現。そして「携帯盗難事件」が相次いだ。
 メーカーによって温度差があるが、一部携帯会社は「犯罪に利用されている」と分かると通信をストップするなど被害者対策を重視。現在、一部、対策の緩い携帯会社に架空請求メールが集中している。
 警察庁が狙う通信記録期間の延長は、まさに犯罪捜査に求められている証拠主義に大きな武器になるものとして一歩前進したが、まだまだ期間が短過ぎて組織犯罪捜査には両手を上げられない。

 通信記録の保存期間の延長を渋る理由について携帯会社は「資金がかかる」としているが、、なんと、NTTドコモは28日、パケット定額サービスの最低月額料金を業界最安値に値下げすると発表したという。そしてソフトバンクも28日夜になって急きょ、値下げを表明するなど「値下げ合戦」が始まった。すっきりしない話しである。

 警視庁管内の体感治安は「レベル2(あお)」の現状維持とする。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは電子マネーで振り込んだ被害など6件。

 

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月28日 | トップページ | 2009年4月30日 »