« 2009年4月25日 | トップページ | 2009年4月27日 »

2009年4月26日

2009年4月26日 (日)

拳銃自殺か、海岸に遺体 新潟・上越(26日)

 26日午前8時45分ごろ、新潟県上越市大潟区渋柿浜の海岸に男性があおむけで倒れているのを散歩中の男性が発見、110番通報した。上越署によると、倒れていたのは50~60代の男性で、既に死亡していた。胸に拳銃の弾が1発当たった形跡があり、同署は自殺とみている。拳銃は男性の体の上にあった。現場付近で放置されていた長野ナンバーの車が見つかり、同署は死亡したのが、この車を知人から借りた長野県内の男性(52)とみて、身元確認を急いでいる。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090426/crm0904261936012-n1.htmMsn_s1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(27日
  (単位・レベル)

2  パチンコ攻略法

【治安解説】パチンコ攻略法で金をだまし取られたとして、名古屋市の40歳の男性が、攻略情報提供会社を相手に、約160万円の賠償を求めた訴訟の判決で名古屋地裁は「有償でのパチンコ攻略情報の提供は違法性がある」として、支払った情報料の全額に弁護士費用を加えた約130万円の支払いを命じました。(読売新聞)
 同様判決は大阪地裁でも出されているほか、古くは平成17年11月8日東京地裁でも「パチンコ攻略情報の売買契約に際して100%絶対に勝てる」等の勧誘を受けて契約した場合、消費者契約法の4条1項2号の「断定的判断の提供」を理由に契約の取り消しを認めています。
 民事判決では情報の提供を受けた側が勝訴していますが、利用者も「パチンコは賭博ではなく、遊技機である」ことを理解しておく必要があります。出球数は公安委員会で決められており、著しく射幸心を煽る遊技機は禁止されているのです。出過ぎても出なくてもいけないのです。「玉が出ない」からと言って「詐欺だ」「でたらめの情報を教えた」と言っても、「ひっかかる方が悪い」場合もあり、警察は事件として扱いません。「パチンコは遊技機」であり、出ないからと言って詐欺とはいえないからです。
 最近では新潟県警が、求人広告の応募者に「パチンコ必勝法」で高収入が得られると思い込ませて現金をだまし取った振り込め詐欺事件で9人を逮捕した例があります。この事件は「市場調査会社と偽って求人広告を出した」。応募した男性に「(必勝法は)絶対他人に漏らさないでください。口止めとして保証金を預かる」などという「騙しの部分」があったからです。賢い消費者になりましょう。被害に遭ったら民事です。
 26日午前9時50分ごろ、東京都東久留米市の無職の女(51)から「両親を殺した」と110番通報があり、田無署員が女の自宅で両親とみられる2遺体を発見しました。女は「両親の面倒をみるのに疲れたから殺した」などと供述していますが、警視庁管内の体感治安は「レベル2(あお)」の現状維持とする。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html埼玉県で68歳女性が1580万円騙しとられるなど4件。

取調官のコップに睡眠薬を混入?警察署から脱走男

20090425190425012711 茨城県の警察署で取り調べ中に男が脱走した事件で、取調官のコップから検出された睡眠薬は、留置されたほかの男が持っていた成分と一致したことが分かりました。柘植直人容疑者(24)は24日夕方、水戸警察署で、取調官が寝ているすきに部屋の鉄格子を外して脱走しました。取調官は、自分と柘植容疑者のコップにお茶を入れ、取り調べ中に飲んだところ眠ってしまったということです。取調官の尿やコップを鑑定した結果、睡眠薬の成分が検出されましたが、これらの成分は、柘植容疑者と一緒に留置されていた別の男が警察の許可を受けて処方された睡眠薬と同じものであることが分かりました。警察は、柘植容疑者が何らかの方法でこの睡眠薬を手に入れ、取調官のコップに混入させた可能性もあるとみて調べています。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news6.html?now=20090426174839

 

 

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

取り調べ中に脱走の男 顔写真公開で全国に指名手配 (26日)

20090425190425012711 24日、茨城県の水戸警察署から取り調べ中に脱走した容疑者の男が、全国に指名手配されました。逃走の疑いで全国に指名手配されたのは、茨城県那珂市の無職・柘植直人容疑者(24)です。柘植容疑者は午後4時半ごろ、水戸警察署で30歳の巡査長から取り調べを受けていましたが、巡査長が居眠りをしたすきに2階の取調室の鉄格子を外し、高さ約5メートルの窓から腰縄を使って脱走したとみられています。柘植容疑者は坊主頭で、身長約170センチ、脱走した時は上下とも黒のスエットを着ていたということです。柘植容疑者は今月16日に窃盗未遂の疑いで逮捕され、水戸警察署にこう留されていました。茨城県警は、検問を行うなど行方を追っています。Annlogo1_2
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news16.html?now=20090426174839

 

取調官のコップに睡眠薬を混入?警察署から脱走男
 茨城県の警察署で取り調べ中に男が脱走した事件で、取調官のコップから検出された睡眠薬は、留置されたほかの男が持っていた成分と一致したことが分かりました。柘植直人容疑者(24)は24日夕方、水戸警察署で、取調官が寝ているすきに部屋の鉄格子を外して脱走しました。取調官は、自分と柘植容疑者のコップにお茶を入れ、取り調べ中に飲んだところ眠ってしまったということです。取調官の尿やコップを鑑定した結果、睡眠薬の成分が検出されましたが、これらの成分は、柘植容疑者と一緒に留置されていた別の男が警察の許可を受けて処方された睡眠薬と同じものであることが分かりました。警察は、柘植容疑者が何らかの方法でこの睡眠薬を手に入れ、取調官のコップに混入させた可能性もあるとみて調べています。http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news6.html?now=20090426174839

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

竹ざおの先にナイフ、払いのけられコンビニ強盗観念…愛知(26日)

愛知県警緑署は26日、住所不定、無職大島博善容疑者(59)を強盗未遂の疑いで現行犯逮捕した。発表によると、大島容疑者は、同日午前6時35分頃、名古屋市緑区池上台の「サークルK池上台店」で、先端に果物ナイフを付けた竹ざお(約1メートル)を経営者の山本久雄さん(59)に突きつけ、「金を出せ」と脅した疑い。山本さんが竹ざおを払いのけると、男はその場に座り込んだ。調べに対し、大島容疑者は「生活に困ってやった」と供述しているという。果物ナイフは粘着テープで竹ざおにくくりつけてあった。

(2009年4月26日12時02分  読売新聞)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

豚インフルエンザ 東京都、都内すべての保健所に窓口を設置し電話相談受け付け(26日)

豚インフルエンザをめぐり、感染の疑いが広がっている。東京都では、都内のすべての保健所に窓口を設置して、電話相談を受け付けている。都は、国から提供された情報を都内の31カ所すべての保健所に伝え、豚インフルエンザにかかった可能性のある患者を受診する態勢の確保を急いでいる。また帰国者を対象に、保健所と東京都保険医療情報センター「ひまわり」で、電話相談の受け付けも開始した。一方、大手旅行代理店のJTBでは、すでにメキシコ旅行を予約している客から、キャンセル料を徴収しないことを決めている。電話相談は、都内の全保健所と「ひまわり(03-5272-0303)」で受け付けている。

Logo1_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00153895.html

 

豚インフルで政府、情報連絡室を官邸連絡室に格上げ

(2009年4月26日10時00分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090426-OYT1T00288.htm
Yomiuri_koudoku1_4

豚インフル、首相が水際対策の徹底など指示

(2009年4月26日10時57分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090426-OYT1T00329.htmYomiuri_koudoku1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高波受けてボート沈没、バス釣りの3人救助…琵琶湖(26日)

26日午前9時20分頃、滋賀県近江八幡市沖島町(沖島)の沖約350メートルの琵琶湖で、徳島県東みよし町の会社員男性(27)ら3人が乗ったバス釣り用ボートが強風による高波を受けて浸水し、沈み始めた。 目撃していた島の住民が地元の消防団に連絡。約30分後、団の消防艇が、ボートのへさきにつかまっていた3人を助け上げた。県警近江八幡署の発表では、3人は、同日午前5時半頃、大津市内の貸船会社でボートを借りて釣りに出た。琵琶湖では、25日早朝から強風注意報を発令中で、同署は3人に厳重注意した。

(2009年4月26日17時22分  読売新聞)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・河内長野市でパワーショベルを使ってATMが盗まれる およそ820万円被害(26日)

26日未明、大阪・河内長野市で、パワーショベルを使ってATM(現金自動預払機)が盗まれているのが見つかった。26日午前4時前、河内長野市のJA大阪南高向(たこう)支店のATMコーナーで「センサーが作動した」と、警察に通報があった。警察が駆けつけると、ドアが壊されATMごと盗まれていて、犯行に使われたパワーショベルが残されていた。警察の調べによると、盗まれたATMには24日の営業終了時点で、およそ820万円が入っていたという。
支店長は「びっくりした。普段よく、よその店で被害があるのは聞いているが、まさか自分の店でやられるとは思わなかった」と話した。近所の住民が、犯行時刻に複数の人影と車を目撃していて、警察は、窃盗事件として調べている。

Logo1_2  http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00153904.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

別の留置人の睡眠薬を混入? 茨城の逃走容疑者(26日)

水戸署に窃盗未遂容疑で逮捕された無職、柘植直人容疑者(24)が取り調べ中に逃走した事件で、居眠りをした巡査長(30)のお茶から検出された睡眠薬の成分が、同署に留置されている別の留置人に処方された睡眠薬と同じだったことが26日、県警への取材で分かった。水戸署は、柘植容疑者が睡眠薬を巡査長のお茶に入れた可能性があるとみている。別の留置人は、許可を得て医師に睡眠薬を処方してもらっていたが、柘植容疑者とこの留置人が直接接触する機会はなく、同署は睡眠薬の入手の経緯について調べている。同署によると、巡査長は2人分のお茶を用意して取り調べを行っていた。同容疑者のコップからは睡眠薬は検出されなかったという。

Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/247201

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「両親殺した」と女から110番、自宅から2遺体(26日)

 26日午前9時50分ごろ、東京都東久留米市の無職の女(51)から「両親を殺した。2日前に出刃包丁で刺した」と110番通報があった。警視庁田無署員が現場に向かったところ、自宅から両親とみられる2遺体を発見した。女は同署の事情聴取に対し、「両親の面倒をみるのに疲れたから殺した」などと供述しており、同署は殺人容疑で女を逮捕する方針。同署の調べでは、父親(92)とみられる男性は1階の和室であおむけに、母親(80)とみられる女性は2階の和室で横向きにそれぞれ倒れていた。2人のそばには血だまりがあった。 男性は白いひも状のもので首をしめられ、右耳の下に刺し傷があった。女性は右首に刺し傷があった。凶器とみられる血の付いた包丁(刃渡り約17センチ)は男性の脇にあったこたつの上に置かれていたという。同署によると、女は父親と母親の3人暮らしで、精神科の通院歴があるという。

Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/247219/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★取調官のコップに睡眠薬を混入?警察署から脱走男(26日)

茨城県の警察署で取り調べ中に男が脱走した事件で、取調官のコップから検出された睡眠薬は、留置されたほかの男が持っていた成分と一致したことが分かりました。柘植直人容疑者(24)は24日夕方、水戸警察署で、取調官が寝ているすきに部屋の鉄格子を外して脱走しました。取調官は、自分と柘植容疑者のコップにお茶を入れ、取り調べ中に飲んだところ眠ってしまったということです。取調官の尿やコップを鑑定した結果、睡眠薬の成分が検出されましたが、これらの成分は、柘植容疑者と一緒に留置されていた別の男が警察の許可を受けて処方された睡眠薬と同じものであることが分かりました。警察は、柘植容疑者が何らかの方法でこの睡眠薬を手に入れ、取調官のコップに混入させた可能性もあるとみて調べています。http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news3.html?now=20090426120421

Annlogo1

ブロガーからの謝罪】

当初はニュース分類で「警察不祥事」としていましたが、分類違いでした。お詫びして訂正します。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道・倶知安町会社経営男性死亡事件 52歳次男を殺人の疑いで逮捕(26日)

北海道・倶知安町(くっちゃんちょう)の住宅で会社経営の男性が死亡しているのが見つかった事件で、警察は、52歳の次男を殺人の疑いで逮捕した。この事件は、25日午前8時半ごろ、倶知安町の会社経営・佐藤政治さん(82)が、自宅の浴室で全身を複数刺され死亡しているのが見つかったもの。玄関の鍵は壊され、浴室から凶器とみられる刃物が見つかっていたが、警察は、事情を聴いていた佐藤さんの次男で52歳の男が容疑を認めたため、殺人の疑いで逮捕した。男は調べに対し、意味不明な言葉を述べていて、警察は、動機などをくわしく調べている。

Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00153884.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「しつけ」名目に暴力…内縁の夫、女児虐待認める(26日)

大阪市西淀川区の市立佃西小4年、松本聖香

)

さん(9)とみられる遺体が奈良市内で発見された事件で、母親の内縁の夫、小林康浩容疑者(38)が大阪府警の調べに、「(聖香さんを)しつけのために殴ったり、ベランダに長時間、閉め出したりしたことが複数回ある」と供述していることがわかった。 捜査関係者によると、小林容疑者が死体遺棄容疑での逮捕時に「(聖香さんを)ベランダに放り出していたら死んでいた」と供述したことから追及したところ、「しつけ」を名目に暴力を振るうなどしていたことを認めたという。また、母親の松本美奈容疑者(34)についても、「ベランダに出ときなさい」などと、どなる声を近隣住民が聞いていた。れまでにも、〈1〉聖香さんが左ほおのあざについて、同小の教諭に「新しいお父さん(小林容疑者)にたたかれた」と話した(1月16日)〈2〉近隣住民が聖香さん宅から「ギャー」という女児の悲鳴が上がるのを聞いた(3月23日)〈3〉ベランダに連日、閉め出されている女児の姿を近くの工場で働く男性が目撃(3月下旬)――などの証言が明らかになっている。また、府警は25日、DNA鑑定などにより、遺体が聖香さん本人であると断定した、と発表した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

現金820万円入りのATM盗難 大阪・河内長野のJA(26日)

26日午前3時50分ごろ、大阪府河内長野市高向のJA大阪南高向支店で警備会社の警報装置が作動し、駆けつけた警察官が店内の現金自動出入機(ATM)1台が盗まれているのを発見した。ATMには24日夕方時点で現金約820万円が入っていたという。大阪府警が窃盗容疑で捜査している。 河内長野署によると、ATMは高さ約135センチ、幅約50センチ、奥行き約50センチ。出入り口のガラス戸が割られ、ナンバープレートが外されたショベルカーが放置されていた。付近の住民が事件当時、現場に車2台がとめられ、犯人とみられる4人の姿を目撃しており、府警が行方を追っている。

Logo3  http://www.asahi.com/national/update/0426/OSK200904260004.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タイ邦人殺人:手配の男を警視庁が別容疑で逮捕(26日)

タイ・バンコクで08年8月、岐阜県山県市出身の棚橋貴秀さん(当時33歳)が殺害された事件で、棚橋さん名義のカードを使って預金を引き出したとして窃盗容疑で全国に指名手配されていた大阪府吹田市出身の職業不詳、浦上剛志容疑者(30)が今週、ネット上に銀行口座を売買するなどの広告を出したとして、犯罪収益移転防止法違反容疑で警視庁に逮捕されていたことが分かった。岐阜県警は警視庁での取り調べの後、身柄を同県警に移し窃盗容疑で逮捕、棚橋さん殺害事件についても追及する方針。捜査関係者によると、浦上容疑者は逮捕直後は偽名を名乗っていたが捜査の過程で名前が判明。連絡を受けた岐阜県警も浦上容疑者と確認し、本人も認めたという。浦上容疑者は昨年8月6日、愛知県一宮市貴船、輸入卸業、森宏年被告(31)=窃盗罪などで公判中=と共謀し、名古屋市内の現金自動受払機(ATM)から2回にわたり、棚橋さん名義のカードを使って預金計100万円を引き出したとして指名手配された。森被告は公判で窃盗容疑を認めている。

Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090425k0000e040073000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【西淀川女児遺棄】公開捜査当日に新聞を新規購読 遺棄前後、異様な行動(26日)

 大阪市西淀川区の市立佃西小4年、松本聖香さん(9)の遺体が奈良市の山中で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された母親の松本美奈容疑者(34)が公開捜査が始まった今月10日、新聞の新規購読を申し込んでいたことが25日、分かった。捜査や取材の進展状況を確認しようとしたとみられるが、捜査関係者への取材などから、聖香さんの遺体を遺棄した前後の松本容疑者らの一連の行動が浮き彫りになった。

 5日夜、大阪市淀川区の飲食店で、ビールを飲み、焼き肉をほおばりながら談笑する男女4人の姿があった。店員は常連である4人を覚えていた。松本容疑者と内縁の夫、小林康浩容疑者(38)、友人の杉本充弘容疑者(41)、そしてまもなく小学校に入学する小林容疑者の長男(6)だった。

 3月下旬以降、ベランダに閉め出される姿が住民から頻繁に目撃されている聖香さんは、このときもベランダに放置されていたとみられる。西淀川署捜査本部は聖香さんの死亡した経緯を慎重に捜査しているが、小林容疑者の供述では、6日朝にベランダで死んでいるのが見つかった。その後、遺体の処理方法が話し合われたとみられ、6日夜、小林容疑者と杉本容疑者は遺棄の準備を開始。自宅マンション前で杉本容疑者の乗用車の後部ガラスに目隠しを張り、聖香さんの遺体を積み込んだ。向かった先は小林容疑者が2年前まで住んでいた近くにある奈良市の墓地。2人は約70センチの穴を掘り、裸のまま土の中に埋めた。一夜明けた7日朝、小林容疑者の長男の小学校の入学式に3容疑者は出席。聖香さんの担任だった先生に声をかけられた松本容疑者は「家で元気に勉強していますから」と答えた。松本容疑者が西淀川署に「聖香が家出した」とうその捜索願を出したのは7日夜。友人や同級生の家に「娘がおじゃましていませんか」と電話をかけ、コンビニにも協力を求めた。

ところが9日になり、同署から公開捜査の必要性を告げられると消極的な姿勢に終始した。知人には「公開捜査になればマスコミにいろいろ調べられる」とメールを送った。10日になってしぶしぶ公開捜査に応じたが、「自宅にマスコミを近づけないで」と同署に強く要請していた。その日の昼間、自宅近くの新聞販売店に「明日から入れて」と新規購読を申し込んだ。その後は捜索活動に加わることもなく、日中は自宅に引きこもる一方、夜に焼き肉を食べに外出したりしていた。そんな松本容疑者が20日、一度だけ報道陣の取材に応じた。「取材に答えて聖香が出てきてくれるならなんぼでも話しますけど、こんなに来られたら、ここに住めなくなるんです。そしたら聖香の帰ってくる場所がなくなるんです」と独自の論理を展開。報道陣がさらに問いかけようとすると、「やかましい言うてんねん」と態度を豹変(ひょうへん)させた。それから3日後の23日、松本容疑者らは府警の取調室で聖香さんの遺体を遺棄したことを自供した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090426/crm0904260106001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(26日)4件

「融資話で振り込め詐欺 1580万円被害」の記事詳細

埼玉県所沢市の会社役員の女性(68)が、融資を名目にした振り込め詐欺被害に遭い、約1580万円をだまし取られていたことが25日、分かった。所沢署が明らかにした。 同署によると、女性は今年2月に「資金を融資します」と書かれたファクスを2つの会社から受けた。申し込んだところ、両社の社員を名乗る男らから電話で「融資には預託金が必要」などと指示を受け、2月24日から4月24日まで、銀行の現金自動預払機ATM)などから約50回にわたり、計約1580万円を振り込んだ。金融機関から所沢署に「詐欺被害ではないか」と連絡Banner_logo_051があり発覚したhttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/247138/

 警官名乗る詐欺190万円被害

旭川市で警察官を名乗る男から電話を受けた60歳の女性がキャッシュカードをだまし取られおよそ190万円を引き出されていたことがわかり警察は詐欺事件として捜査しています。
警察によりますと、24日旭川市の60歳の女性の自宅に、警察官を名乗る男から「個人情報が漏れてあなたの名前でお金が借りられているが、全額を保証できる制度がある」という電話がありました。このあと、「貯金保険機構」を名乗る男から「カードを預かって調べたいので暗証番号が必要だ」という電話があり、女性は、自宅を訪れた男にキャッシュカード2枚を渡したということです。25日になって不審に思った女性が金融機関に確認したところ、およそ190万円が引き出されていたことがわかり、警察は詐欺事件として捜査しています。
道内では警察官を名乗る不審な電話が相次いでおり、警察は「実態のわからない機関に安易に暗証番号などを教えないよう注意し、不審な電話があったらすぐに警察に通報してほしい」と呼びかけています。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/sapporo/lnews/03.html

定額給付金狙う詐欺に注意 三重県警

三重県いなべ市で、定額給付金の支給を前に、お寺の住職がお年寄りに振り込め詐欺の被害にあわないよう講話を行って注意を呼びかけました。
お寺には、地元のお年寄り約30人が集まり、住職が「三重県内では、ことし3月末現在で41件の振り込め詐欺が起きていて、3000万円以上の被害が出ています。被害者の多くがお年寄りです」と振り込め詐欺が多発している現状について話しました。
その上で、住職は「自分だけは、騙されないと思いこまずに、不審な電話がかかってきたら家族や周囲の人に相談するようにしてください」と詐欺の被害にあわないための心構えについて話しましたNews_pic1http://www.nhk.or.jp/nagoya/lnews/06.html

 

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(26日)4件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ベランダに放置され衰弱死か 女児遺体遺棄(26日)

大阪市西淀川区で9歳の女児の遺体を遺棄したとして、母親らが逮捕された事件で、女児が長時間ベランダに放置されるなどして、衰弱死した可能性があることがわかった。 この事件は、西淀川区の小学4年・松本聖香さん(9)の遺体を奈良市の墓地に埋めたとして、母親・美奈容疑者(34)、同居の小林康浩容疑者(38)、小林容疑者の知人・杉本充弘容疑者(41)が死体遺棄の疑いで逮捕されたもの。警察は25日、DNA鑑定の結果、遺体が聖香さんであると断定した。また、司法解剖の結果、死因に直接つながるような目立った傷はなかったが、頭に血の塊ができていたことがわかった。 聖香さんは3月下旬ごろ、部屋を閉め出されて長時間ベランダにいるのが近所の人に目撃されている。警察は、聖香さんが虐待を受けて衰弱死した可能性もあるとみて調べを進めている。

Noimage_120x901 http://www.news24.jp/133919.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

裁判員候補に呼び出し状など発送へ、21日制度スタート(26日)

5月21日に始まる裁判員制度を前に、最高裁は、各地の地裁・支部が裁判員候補者に送付する資料一式を公表した。事件ごとに地裁・支部が50~100人の候補者をくじで選び、初公判の6週間前までに発送する。早ければ6月10日前後から候補者に届き始める。最高裁によると、送付されるのは、公判日程などを記した呼び出し状や当日の選任手続きについて説明したパンフレット、乳幼児がいる候補者に保育施設を紹介するお知らせなど9種類。辞退希望などに関する質問票を返送して、辞退が認められた人などは呼び出しが取り消されるが、それ以外の人は裁判所に出向くことになる。ただ、公判が長期間に及ぶ場合は、まず候補者に質問票を送ったうえで、返送された回答から辞退を認めるかどうかを判断し、辞退を認める候補者などを除外して、呼び出し状を発送することもあるという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月25日 | トップページ | 2009年4月27日 »