« 2009年4月23日 | トップページ | 2009年4月25日 »

2009年4月24日

2009年4月24日 (金)

★小説警視庁薬物特命捜査官(51)

       鬼頭は母親の夢をみた
080713_164028_m   こうしてジョークも飛び出したが、鬼頭自身の心にも大きなシミが残った。一人になりたかった。大野村、オオノムラ…。思い出すまいとしても…どうしても頭から離れない…。いけない…。その前に自分は警察官であるべきだ…。
 明日は拘留尋問の日だった。どうしても今日中に、覚せい剤の件は認めさせないと…鬼頭は高圧的に出てみた。
 ーーどうだ 穴守
 自分でもびっくりするほど大声だった。
 「何ですの?」
 突然、抑揚が東北弁になった。落ちる瞬間とみた。
 ーー覚せい剤は認めるよな 後藤田に渡した件だよ。男だろうお前。それ以上、俺に言わせる気かよ。あのグッチから…モンが出たんだよモンが…。モンって分かるか?
 「指紋でしょっ…」
 鬼頭は今度は、ゆっくり時間をかけた。次の質問はしなかった。それは相手に時間を与えていたのだ。十分な時間だった。指紋が出たことは。もはや「秘密の暴露」でもなんでもなかった。なぜなら、熱海のホテルでの密会は映像があるからだ。しかし、映像の存在だけは隠した。
 「私の記憶違いでした。認めます…申し訳ありませんでした」
 約七、八分はかかった。ようやく認めたのである。意外に短いほうだ。これで第十七条の譲渡及び譲受の制限及び禁止は立件出来た。
 鬼頭はこれで一拘留は乗り切れると確信した。「あとは十三条だな。大阪府警に負けられない」と唇を噛んだ。
 ーーそれでこそ君は男なんだよ。ねっ。穴守さん
 「……」
 ーーで…幾ら、貰ったの?お金をさ
 「いゃ、渡してくれって…頼まれただけだから…売買でないので…」
 ーー今度は…そうしてシラを切るのですか?
 「……」
 ーー……
 「……」
 ーーあのねっ、俺たちは あなた方の電話の会話を録音しているのです。
 「……」
 ーーまだ分かんない?電話の声を信じないのなら…君の声との声紋鑑定だってできるんだぜ
 「……。五百㌘あったので…二百五十万円貰いました…」
 ーーそうだよね。よく言ってくれました。奥さんの口座に振り込んだんだよね。どうだっ。楽になっただろう?
 「刑事さんさ、これでもう終わりだろう?全部、認めたんだから…」
 ーー今、何時だ。もうこんな時間か。ようし。では今日のまとめだ。明日は地検送致だからさ。穴守さんよ。明日は検事さんだからね。調べは…
 逮捕令状による通常逮捕でも緊急逮捕でも、警察に逮捕された被疑者は、四十八時間以内に地方検察庁に身柄とも送検される。朝の午前七時から八時の間に警察署からバスに乗せられ、集団移送されるのだ。そしてその日は二十四時間が検察官の持ち時間なのだ。
 穴守にも鬼頭にも精神的に長い一日だった。「今夜は眠れない」と思ったのは穴守ではなく鬼頭だった。鬼頭に電話が入った。風間理事官からだった。
 「風間です。どう、手間がかかりそうか?」
 「いゃ、覚せい剤の譲渡は認めました」
 鬼頭は、言葉が少なかった。やや時間を置いて風間が続けた。
 「それで大阪府警のベーやんからなんだけど、覚せい剤の入ったポーチから穴守の指紋が出たという報告が来たよ。使えるだろうと思って…」
 「分かりました。ありがとうございますだが…。だろうと思って既にその手は使いましたよ」
 風間からは、その他府警の調べの内容、警視庁捜査二課の地下銀行の捜査報告など次々に聞かされた。そして明日、打ち合わせのため本部に来るよう指示が出された。
 「分かりました。理事官ね、私は今夜、署に泊まりますから…」
 「良いよ。で、また、どうしてそんなことになるの?」
 理事官が聞き返した。
 「ちょっと一人になって整理したいことがあるので…」
 鬼頭は歯切れが悪いと自分で感じたが、理由を隠した。理事官は、それ以上突っ込んでこなかった。阿吽の呼吸だと思った。
 

 

続きを読む "★小説警視庁薬物特命捜査官(51)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★児童32人に指紋押させる 上履き紛失で神奈川の市立小(24日)

神奈川県平塚市の市立勝原小学校で今月、5年生の担任の男性教諭(24)が児童の上履きがなくなったのを理由に「クラスの団結を図る」として1枚の決意書にクラスの児童32人全員の指紋を押させていた。平塚市教育委員会が23日明らかにした。 市教委によると教諭は「クラス替えがあったばかりなので、再発防止に向けてクラスの団結を図るための意思表示として指紋を押させたが、軽率だった」と話した。 8日朝に児童1人の上履きがなくなったのを受け、教諭が「クラスのトラブルに全力で解決しようとする決意を誓います」とB4判の紙に書き、10日に児童全員に氏名を書かせた上、朱肉で指紋を押させた。教諭本人も押した。 22日、保護者の抗議で発覚。紙は教諭が持っていた。 伊藤博彦校長は「押印という行為の重さを理解せずにしてしまったことで、学校の信頼を裏切る結果になってしまい、児童や保護者に謝罪したい」としている。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042301000766.html

【ブロガーコメント】

Nisshou4_2 どうも日本人は「指紋」というアレルギーが強すぎるのではないのか。「決して○○はしません」などと誓約書を書かせるのがわるいのか? それも教育の一貫ではないのか?悪い事は悪いと教える。約束に拘束力を持たせる。そのため、いちいち印鑑を押させることは、いかがかと思うが、古来からある、指の印鑑を押すのが何故?そんなに問題なんですか?やはりモンスターペアレントですかねぇ

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(24日)1件

警視庁で定額給付金詐欺の未然防止施策を推進中

警視庁振り込め詐欺緊急対策本部では、各自治体の定額給付金事業が始まったことから、今月「定額給付金詐欺」未然防止のため、各種施策を推進している。4月15日は、青パト等による「都内一斉広報」を実施した。目黒区内では、目黒署、碑文谷署、東京都青少年・治安対策本部、区と連携して樋口建史副総監、久我英一東京都青少年・治安対策本部長、青木英二目黒区長らが参加し、「青パト出発式」が行われた。

Topbanner01logo1 http://www.police-ch.jp/news/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪女児不明:美奈容疑者、公開捜査に抵抗(24日)

大阪市西淀川区千舟2の市立佃西小4年、松本聖香(せいか)さん(9)が行方不明になった事件で、母親の美奈容疑者(34)は今月7日夜、聖香さんの捜索願を提出したが、地域住民の捜索活動に参加したり、取材に応じて聖香さんの情報提供を訴えることもなかった。捜査関係者によると、当初、公開捜査にも抵抗していたという。西淀川区内のコンビニ店長(30)によると、美奈容疑者が8日夜、来店した。「見つかったら警察に電話しといて。バイトの子にも言うといてな」。聖香さんの写真を差し出し、淡々と語る美奈容疑者に、店長は「なんて失礼な人だ」と思ったという。

 美奈容疑者は離婚し、昨年末に聖香さんと双子の妹を連れ、内縁の夫の小林康浩容疑者(38)が住む今の自宅マンションに引っ越した。間もなく、妹だけが約1キロ離れた実父の元へ帰った。マンションの住人は「小林容疑者の部屋から、深夜に男の怒鳴り声がよく聞こえた」と証言する。美奈容疑者は20日、自宅前で初めて報道陣の問いかけに答えた。「私だって早く帰ってきてほしい気持ちはあります」。目の下にくまをつくり、疲れきった表情だった。

 一方、同区内に住む小林容疑者の父親(65)は23日夜、息子への捜査を知って動揺した。前日の夜、久しぶりに小林容疑者の携帯電話に連絡した。「身内が疑われることもある。お前は大丈夫なんか?」と聞くと、小林容疑者は淡々と「大丈夫や」と答えたという。 父親は「何でこんなことしたんや」と吐き捨てると、目を赤くはらし絶句した。

Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090424k0000m040176000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

恐喝未遂:容疑の組幹部逮捕、TV局社員に金品要求 東京(24日)

東京・浅草の路上で、テレビ番組の収録をしていた「朝日放送」(大阪市)のプロデューサーの男性(45)に因縁を付け、みかじめ料名目で金品を要求したとして、警視庁浅草署が指定暴力団松葉会系組幹部、長沼友和容疑者(59)を恐喝未遂容疑で逮捕していたことが分かった。同署によると、長沼容疑者は容疑を認め「自分たちの縄張りで仕事をするなら、あいさつに来るのは当然だ」などと供述しているという。逮捕容疑は、1月14日午後5時45分ごろ、台東区浅草の演芸場「東洋館」前の路上で、同局のバラエティー番組「藤井陣内のザ・レジェンド」=先月に番組終了=を収録していたプロデューサーから金品を脅し取ろうとした疑い。同番組はタレントの陣内智則さんと藤井隆さんが一緒にさまざまな街を訪ね歩く関西ローカルの人気番組。たまたま通りかかった長沼容疑者が、撮影中の陣内さんと藤井さんに「誰に許可を取っているんだ」などと因縁を付けた。現場責任者のプロデューサーが止めに入ると、名刺を出して「酒の1本でも持ってこい」などとすごんだという。

 同署によると、プロデューサーは同日、日本酒1本を持参し、近くの長沼容疑者の事務所を訪ねようとしたが、道を尋ねようと交番に寄った際、経緯を説明し被害が発覚した。【佐々木洋】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20090424k0000m040165000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

草なぎ容疑者「3人で2軒はしご」 警視庁に供述(24日)

 アイドルグループSMAPのメンバー草なぎ(弓へんに剪)剛容疑者(34)が東京都港区の公園で全裸になったとして、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された事件で、草なぎ容疑者は22日午後8時ごろから23日午前2時過ぎごろまで、知人らと2軒の飲食店をはしごしたと供述していることが、警視庁赤坂署への取材で分かった。 同署によると、22日午後8時ごろから23日午前1時ごろまで、同区赤坂6丁目の飲食店で、知人の男女と計3人で飲食。その後、別の店に移動して午前2時過ぎごろまで飲酒した。男性と別れ、女性と自宅マンション近くの区立檜町公園(赤坂9丁目)まで歩き、午前2時20分ごろ、同公園入り口の階段付近で女性と別れたという。 同署は、草なぎ容疑者が「ビールと焼酎を飲んだ」「なぜ裸になったか覚えていない。裸になったことを反省しています」などと供述していると、説明している。

 同庁は同日夕、港区にある草なぎ容疑者のマンション自室を同容疑で家宅捜索した。押収物はなく、尿検査による薬物反応も出なかった。 赤坂署や留置されている原宿署には23日、「なぜ逮捕したのか」というファンからの問い合わせや抗議の電話が相次いだ。公然わいせつ罪は、不特定または多数人が認識することができる状態で、下半身を露出した場合に成立する。罰則は、6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金など。警視庁幹部によると、公園や電車など公共の場で露出した場合は認識される可能性が高いため、目撃者の有無にかかわらず、「公然」とみなされるという。http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY200904230277.html

スマスマは「傑作選」に 各局、草なぎ容疑者の番組変更

 テレビ各局は草なぎ(弓へんに剪)容疑者が出演する番組の差し替えを相次いで決めた。レギュラー番組4本を放送しているフジテレビ。27日の「SMAP×SMAP」は容疑者の出ていない場面でつくった過去の「傑作選」を放送する。「チョナン・カン2」も内容を差し替える。容疑者が担当していた「僕らの音楽」のナレーションは女性アナウンサーが代役を務める。テレビ朝日は、容疑者が出演する映画の宣伝番組を26日に放送する予定だったが、別の番組にする。28日の「『ぷっ』すま」は容疑者が出演しない形で放送するという。 エフエム東京も、メンバーが交代で出演する平日朝の「おはようSMAP」で容疑者の出演を当面見合わせることにした。 99年からCMに起用してきたヤマサ醤油は、この夏に向けて新CMの撮影を終えていたが、放送を見送ることを決めた。NTT東日本は4月末までの契約だった回線サービス「フレッツ光」の販売促進用のポスター、パンフレットなどを急きょ回収することにした。

Logo3_2  http://www.asahi.com/national/update/0424/TKY200904230290.html

 

続きを読む "草なぎ容疑者「3人で2軒はしご」 警視庁に供述(24日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市長、入札情報漏洩を指示 ほかに数十万円も受領(24日)

千葉市発注の公共工事をめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された同市長の鶴岡啓一容疑者(68)が同工事の入札前、元建設局長ら市職員に対し、贈賄側の土木建築業「東起業」(東京都江東区)に入札参加業者名など非公開の情報を伝えるよう指示していたことが23日、捜査関係者の話で分かった。東起業はこれらの情報をもとに談合を仕切っており、鶴岡容疑者を頂点にした「官製談合」だったとみられる。警視庁捜査2課は、東起業が談合を主導しやすいよう鶴岡容疑者が便宜を図ったとみて捜査を進めている。市契約課によると、問題となった道路工事の指名競争入札は平成17年10月20日に実施され、東起業を含む10社が参加。東起業が落札率(予定価格に占める落札額の割合)96・65%の4270万円で落札した。

 捜査関係者によると、鶴岡容疑者は入札前、東起業からの依頼を受け、東起業が指名業者に入れるよう元建設局長に指示。さらに、元局長に東起業以外の入札参加業者9社の社名など非公開情報を東起業に伝えるよう指示した。元局長は市職員に同様の指示を与え、実際に入札参加業者名が東起業に伝えられた。東起業はこれらの情報をもとに各業者と連絡を取り、具体的な応札額を提示するなどして談合を主導した。市契約課によると、元局長は当時、5000万円以下の工事の指名競争入札業者を選定する「指名審査委員会」の委員長を務めていた。審査委は東起業を含めた10社を指名業者とする原案を入札6日前の10月14日に承認した。審査結果は通常、談合防止などの目的で、他の業者名は伏せて指名業者に通知される。捜査関係者によると、元局長ら市職員は捜査2課の事情聴取に対し、東起業に非公開情報を伝えるよう、鶴岡容疑者から指示を受けたことを認めている。

 一方、鶴岡容疑者が逮捕容疑の現金100万円以外に、東起業から現金数十万円を受け取っていたことも、捜査関係者の話で新たに判明した。受領時期は前回市長選直前の17年5月ごろだった。鶴岡容疑者は逮捕前、副市長に数十万円の受領を認め、「選挙資金として受け取った。工事の便宜を図ったことはない」と説明。しかし、数十万円は政治資金収支報告書に記載されていないという。逮捕容疑の100万円については捜査2課の調べに「現金を受け取ったことはない」と否認しているという。 ◇ 捜査2課は23日、収賄容疑で鶴岡容疑者を送検した。

Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/246374/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

上野の社長殺害 不審な外国人数人浮上 捜査本部行方追う(24日)

 東京都台東区東上野のマンション7階で今年2月、会社社長、田口稔さん(68)が殺害された事件で、事件当時、現場付近の防犯カメラに不審な複数のアジア系外国人が写っていたことが23日、警視庁上野署捜査本部の調べで分かった。捜査本部関係者が明らかにした。捜査本部はカメラの映像などから、外国人数人が事件について何らかの事情を知っている可能性があるとみて行方を追っている。

 捜査本部が付近の防犯カメラの事件前後の映像を精査したところ、不審な外国人が写っていたことが判明した。さらに田口さんの交友関係や生活パターンを調べるなど捜査を進め、アジア系外国人数人を特定した。これらの外国人は事件後から所在が分からなくなっており、捜査本部は出国したとみている。捜査関係者によると、田口さんは化粧品などの販売を行う会社を経営し、仕事上、アジア系外国人と付き合いがあった。上野の繁華街ではアジア系飲食店に出入りし、「商売がうまくいっている」という話をすることもあった。

 上野の飲食店関係者によると、田口さんは生前、上野の繁華街を派手な格好で犬の散歩をしたり、飲み歩いたりしていたことから、「景気がいい社長」として有名な存在だった。捜査本部は金目当ての犯行という見方を強め、田口さんの交友関係を調べるなど不審者の洗い出しを進めてきた。捜査本部の調べによると、田口さんは2月25日午後3時45分ごろ、寝室で両手足をロープのようなもので縛られ、ベッドの上で死亡しているのが見つかった。飼い犬2匹は洗濯機の中で死亡していた。田口さんは1人暮らしで、室内で見つかった財布に紙幣は入っていなかった。

Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/246348/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児不明 逮捕の母親、捜索願後も飲食店で談笑(24日)

「私も聖香に早く帰ってきてほしい」。松本美奈容疑者(34)は聖香さんの家出人捜索願を出してから一度だけ、報道陣にこう答えていた。しかし、夜になると小林康浩容疑者(38)と頻繁に外出、酒を飲んで焼き肉を食べるなど、「行方不明の娘がいる母」とは思えない行動が目立っていた。聖香さんの捜索願が出て1週間が過ぎた今月14日深夜、大阪市淀川区内の飲食店でビールを飲み、ホルモンをほおばる両容疑者の姿があった。時折、笑い声も上がった。店員らは「娘さんがいなくなってるのに、何を考えてるねん」とまゆをひそめたが、気に留める様子はなかったという。同店関係者によると、両容疑者は昨年秋、この店で偶然、席が隣同士になり、互いに小学生の子供を連れていたことがきっかけで意気投合、交際を始めた。その後も月に1度は子供を連れて来店したが、捜索願提出直前の今月5日に来店した際、すでに聖香さんの姿はなかったという。

 関係者によると、松本容疑者は平成9年に元夫と結婚し、聖香さんら娘3人を出産した。16年に大阪市西淀川区へ転居、娘たちを保育所に預け、事務の仕事を始めた。18年ごろ、夜間もレストランで働くようになったのを機に夫婦関係が悪化。家庭内別居に陥った19年ごろ、経済的な自立を目指し、大阪・北新地でホステスを始めた。このころから育児もおろそかになり、食事を作らないことも。聖香さんが「ご飯を食べさせて」と近所を訪ね歩く様子が度々目撃されていた。

 一方、小林容疑者はこの店で暴力団関係者をかたり、今年3月に西淀川区で発生した発砲事件に関与しているとうそぶいていた。手下のような男性をテーブルの横に気をつけの姿勢で立たせていたこともあった。しかし勤務先の自動車整備会社の印象は正反対。採用面接で「子供のために一生懸命仕事をする」と話し、勤務態度は真面目でおとなしい性格だったという。小林容疑者の中学時代を知る同級生は「気の弱い性格だが、何をするか分からないところがあった。自分より弱い相手には高圧的で不良にあこがれていたようだった」と振り返った。

Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/246375/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽装事故で保険金詐取 男女19人を逮捕 被害は5000万円以上か(24日)

交通事故を偽装し保険金を詐取したとして、和歌山県警交通指導課などは23日、詐欺容疑で同県有田市建設会社辻村組」代表の辻村博容疑者(47)と従業員ら同県内や大阪府内の19~61歳の男女計19人を逮捕したと発表した。同課によると、うち18人が「生活費に充てるためだった」などと容疑を認めているという。同課の調べでは、辻村容疑者らは共謀し、平成19年8月14日、同県有田川町で車同士を故意にぶつけて損傷させた上、全員が首や腰などを負傷したとの診断書を提出するなどし、計3件の交通事故を偽装。保険会社から総額約5113万円をだまし取った疑いが持たれている。 同課によると、辻村容疑者が主犯格とみられ、仲間内で養子縁組するなどして名字を変え、保険会社に同一人物だと気づかれないようにしていたといい、詳しい状況などを調べる。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090423/crm0904232155063-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

サーファー狙い9県で770万円窃盗 鳥取県警が無職男を送検(24日)

鳥取県警倉吉署と浜村署は23日、窃盗容疑で昨年10月に逮捕した本籍北海道苫小牧市の住所不定、無職、大久保武夫被告(60)=窃盗罪で公判中=について、青森や鳥取など9県で計133件、被害総額約770万円の窃盗容疑を裏付け、送検したと明らかにした。倉吉署によると、うち6件がこれまでに起訴された。送検容疑は、昨年3月29日から10月19日にかけ、9県の海水浴場で、主にサーファーを狙って車上荒らしを繰り返し、現金約370万円とバッグなど約400万円相当を盗んだとしている。倉吉署によると、ウエットスーツを着てサーファーを装い、車のバンパーの裏などから鍵を探して解錠する手口。「サーファーは車内に金を置いているので思い付いた」と供述している。

Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/246278/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月23日 | トップページ | 2009年4月25日 »