« 2009年4月21日 | トップページ | 2009年4月23日 »

2009年4月22日

2009年4月22日 (水)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(23日)
  (単位・レベル)

2  親の顔を見てみたい

【治安解説】ホームレスを、映画「ハリーポッター」シリーズのキャラクターに見立てて「ハグリッド狩り」と称して襲ったとして、警視庁少年事件課と小松川署は、傷害の疑いで東京都江戸川区の区立中3年の男子生徒(14)ら4人を逮捕した。また、当時13歳だった同中3年の男子生徒を児童相談所に通告する。少年らは「こじきは人間のくず」「ゲーム感覚でいためつけた」などと供述しているという。(イザより)
 こんなニュースを見るたびに思うことは「親の顔をみてみたい」だ。

 元警察庁生安局長で東京都の副知事を務めた竹花豊さんは「警察の進路」(東京法令)のなかで少年非行問題について「多くは家庭の問題で大きな影を落としている」と指摘。警察や児童相談所、学校の忠告を聞かない親がいたとしたら、社会全体の意思として反省を促す社会的な仕組みを構築する必要があると指摘している。

 今回の少年の家庭にどんな問題があったか分からないが、人の命を命と思わない子供がいるとしたら、家庭教育に問題がなかったとは言えない。今回の事件の背景に何があったのか。再発防止には何が必要か。家庭や学校だけでなく行政も含めて解明を進めてほしい。その際は警察がイニシアチブをとることもお薦めしたい。
 警視庁管内の体感治安は「レベル2(あお)」の現状維持とする。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは10億円の詐欺グループ逮捕など6件。 

 

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市の鶴岡啓一市長を収賄の疑いで逮捕 市役所や自宅、贈賄側の会社など家宅捜索(22日)

千葉市の市長が、道路工事にからみ業者から100万円のわいろを受け取った疑いで、警視庁に逮捕された。逮捕された千葉市長の鶴岡啓一容疑者(68)は2005年、市が発注した道路工事をめぐって、入札業者に選ばれるよう便宜を図った見返りに、都内の土木建設会社から現金100万円のわいろを受け取った疑いが持たれている。
鶴岡市長は2月、「汚職があるのではないかと言われているが、どう考えているか?」との記者の質問に、何も答えなかった。警視庁は、容疑を裏づけるため、22日夕方から市役所や鶴岡容疑者の自宅、それに贈賄側の会社「東起業」などを家宅捜索している。
警視庁の調べによると、鶴岡容疑者は、市役所の市長応接室で封筒に入った現金を受け取り、部下に対して、贈賄側の会社を入札に参加させるよう指示していたという。
鶴岡容疑者は、警視庁の調べに対して、「現金を受け取ったことはなく、便宜を図ったこともありません」と容疑を否認している。

Logo1_2  http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00153647.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑メール禁止 初の改善命令 総務省(22日)

東京の出会い系サイトの運営者が、サイトに誘導する迷惑メールを相手の承諾なしに大量に送りつけていたとして、総務省は、去年設けられた迷惑メール防止法の禁止規定を初めて適用し、この運営者に改善を命じました。改善を命じられたのは、出会い系サイト「GAT」を運営する東京・荒川区の49歳の男性です。総務省によりますと、この運営者は、去年12月から今月にかけて、自分の出会い系サイトに誘導する迷惑メールを、相手の承諾なしに少なくとも1500件送りつけていたということです。迷惑メールの相談を受け付けている団体などに苦情が相次いだため、総務省は、警告メールを送ったり、直接、話を聞いたりして、改善を求めていましたが、運営者は「相手の同意は得ている」などと主張して、その後も送信を続けていたということです。迷惑メールをめぐっては、去年改正された迷惑メール防止法で、相手の承諾なしに広告や宣伝のメールを送ることを禁止する規定が設けられましたが、今回この規定が初めて適用されました。総務省は、引き続き監視を続け、改善が見られない場合には警察への刑事告発も検討することにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/t10015566601000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

決め手は吸い殻のDNA 大阪タクシー強盗、容疑者浮上(22日)

大阪府東大阪市で昨年12月末、乗務中のタクシー運転手が首を切られて殺害され、現金が奪われた事件で、現場近くの路上から見つかったたばこの吸い殻から検出されたDNA型が、今年3月に大阪市で起きた強盗事件で起訴された被告の男(37)の型と一致していたことが大阪府警への取材でわかった。府警は男が運転手殺害事件に関与した疑いが強まったとみて、強盗殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。 事件は昨年12月30日朝に発覚した。東大阪市西石切町6丁目の路上に止まっていたタクシーの車内で、運転手の後藤利晴さん(67)が首を切られて死亡していた。車内が物色され、売上金などが入った後藤さんの財布から紙幣がすべて抜き取られていた。

 捜査1課は、運転日報などから、後藤さんが大阪市平野区から乗車した客に同29日夜に襲われたとみて、周辺の防犯カメラの映像を調べたり聞き込みを続けたりする一方で、現場周辺の路上に落ちていた複数の吸い殻を採取し、DNA型を鑑定。強盗など、他の類似事件の容疑者から採取したDNA型と一致するものがないか調べていた。捜査関係者によると、その結果、大阪市東住吉区のコンビニエンスストア「ローソン湯里2丁目店」で今年3月27日未明に現金約5万円が奪われた事件で逮捕され、今月16日に強盗罪で起訴された男のDNA型と、現場から見つかった吸い殻のうちの1本から採取した型が一致した。この吸い殻はタクシーの後部タイヤ近くにあり、比較的新しかったという。 府警によると、コンビニ強盗事件では男は軍手をはめ、店員を脅すのに、殺傷能力の高いサバイバルナイフ(刃渡り12.5センチ)を用いていたという。後藤さん殺害事件では、血の付いた手袋で車内を触った跡が見つかった。後藤さんの首には深さ最大10センチ、長さ約20センチにわたる傷があり、鋭利な刃物が使われたとみられている。

 また、今年1月5日に同府松原市で起きたタクシー運転手を狙った強盗殺人未遂事件でも、現場近くで血の付いた軍手が見つかり、最後の客は後藤さん殺害事件と同じ大阪市平野区内で乗り込んでいた。強盗罪で起訴された男は警備員で、自宅は同区内にあり、府警は男が松原市の事件にも関与した疑いがあるとみている。 さらに、3月中旬から東住吉区内でコンビニを狙った強盗事件が連続発生しており、府警はこれらについても男の関与を調べる方針。

Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0422/OSK200904220036_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道・南富良野の母子殺傷 会社員を強盗殺人容疑逮捕(22日)

北海道蘭越(らんこし)町の道路工事現場で07年9月、札幌市豊平区の無職上野雪絵さん(当時37)の殺害された遺体がみつかり、当時7歳だった長女が重傷で保護された事件で、道警は22日、北海道南富良野町の会社員渡辺勇一容疑者(37)を強盗殺人などの疑いで逮捕した。渡辺容疑者は調べに容疑を否認しているという。 道警によると、渡辺容疑者は07年9月14日午後9時ごろ、蘭越町旭台の工事現場で、上野さんの頭を鈍器で何度も殴って殺害。長女の頭も1回殴り、頭の骨が折れ、右半身に障害が残る重傷を負わせ、現金数十万円などを奪った疑いが持たれている。 この事件は、翌15日朝、頭から血を流して死亡している上野さんと、けがをした長女が道路工事現場で見つかり、道警が倶知安(くっちゃん)署に捜査本部を設置。現場から約20キロ離れた北海道寿都(すっつ)町の海岸で見つかった上野さんの携帯電話の通信記録を分析し、捜査を進めていた。  その結果、当時、寿都町に住んでいた渡辺容疑者が、出会い系サイトで上野さんと知り合って複数回会っており、遺体発見の前日にも札幌市内で車に乗せていたことが判明。道警は殺人容疑で渡辺容疑者の自宅や車を家宅捜索し、任意で事情を聴いていた。

Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0422/TKY200904220230.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「終わらせない」 井の頭公園切断遺体事件、23日時効(22日)

東京都三鷹市の井の頭公園で94年4月、近くに住む建築士川村誠一さん(当時35)の切断された遺体が見つかった事件は、23日で発覚から15年がたち、公訴時効を迎える。「犯人が許せない。事件はまだ終わっていない」と関係者は訴える。 川村さんの元上司の男性(70)は同月21日、JR高田馬場駅近くの飲食店で一緒に飲んだ。川村さんの行方がわからなくなる夜だ。この男性の設計事務所で働いていた川村さんは約2年前、別の設計会社に転職。「昇進したというので、お祝いをしようと元同僚たちが集まった。機嫌良くカラオケを歌っていたのに」と振り返る。 元上司は「本当にまじめで、間違っても恨みをかうような人ではなかった。平穏に生きていた人間をあんな無残なやり方で……。本当に無念だったろう」と憤る。「ついこの間だったような気がする。時効という壁を犯人がやすやすと乗り越えるのが絶対に許せない。真相も知りたい」と言う。

 事件翌年には、川村さんの父誠蔵さんが手記「心事の軌跡」を出版した。事件の日からの出来事や息子の思い出などをつづった。誠蔵さんは、元上司の男性に「事件を風化させたくないとの思いから書いた」と話していたという。誠蔵さんはその後、この世を去った。事件当時、警視庁捜査1課長だった金子和夫さん(68)は「恨みなどよほどの強い動機があっての犯行だろう。基礎捜査が完璧(かん・ぺき)でなかったのかもしれない。被害者とご遺族には申し訳なく、残念な気持ちだ」。同課係長として捜査を指揮した大峯泰広さん(61)は「700人くらいから話を聴いたが、動機を見つけ出せなかった。捜査の基本は尽くしたつもりだが、何かが抜けていたのだろう。時効を迎えるのは非常に残念だ」と話した。(杉崎慎弥)

Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0421/TKY200904210156.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

清水由貴子さん、父の墓前で硫化水素自殺(22日)

オーディション番組「スター誕生!」出身で、「お元気ですか」のヒットで知られる元タレント、清水由貴子さん(本名・同じ)が21日午後1時半ごろ、静岡県小山町の冨士霊園で硫化水素を吸い、自殺していたのが見つかった。49歳だった。霊園の職員が、現場で黒いポリ袋を顔にかぶり、すでに死亡していた清水さんを父親の墓石の前で発見。傍らには車いすに乗った母親(80)がいたが、意識もあり、命に別条はないという。数年前から母の介護をしていた清水さんは、心身ともに疲れていたのか…。静岡県警御殿場署などによると、午後1時すぎ、40代の女性が「清水家之墓」の前で倒れ、死亡しているのを霊園の職員が発見。洗剤、入浴剤などを混ぜた液体入りの洗面器と、洗剤の容器数本を入れた黒いポリ袋を頭の下に置き、横向きに倒れていた。 袋からは硫化水素が検出され、袋と一緒に「迷惑かけてすいません」「消防署に知らせてください」と大きな字で書かれた紙2枚が見つかった。遺書めいたノートもみつかり、「東京では葬儀をあげないでください」と書かれていたという。

 死亡女性は所持品から元タレントの清水由貴子さんと判明。また、近くには清水さんの母親が車いすに乗った状態でぼう然としていたが、意識もあり話せる状態だった。しかし、職員との会話は終始、あいまいだったという。同18分に119番通報を受け、すぐに救急車が駆けつけたが、清水さんは死後硬直も始まっており、調べによると死亡推定時刻は20日午後5時ごろだった。母親は御殿場市内の病院に搬送され、現在入院している。

 清水さんが最期の地に選んだ冨士霊園は、8歳の時に亡くなった父親が眠る場所で、富士山が見渡せる絶景の地だった。幼少時に父を失い、貧しい母子家庭で育ったため、自身と8歳年下の妹を女手ひとつで育てた母への思いは特別で、1994年には東京・吉祥寺に約1億円のマイホームを購入し、念願の3人暮らしを開始。母親は糖尿病と腎臓病を30年前から患い、ほとんど目が見えない状態だったため、2006年には母の介護に専念するため所属事務所を辞めていた。07年秋には唯一のレギュラーとなっていた山梨の情報番組「ともちゃん家の5時」も降板し、芸能界を引退。関係者によると、最近はパートとして衣料会社のオペレーターで生計を立てていた。生涯独身を貫き、一家の大黒柱として生活費を稼ぎ出しながら、介護も両立させる生活を送り、並大抵の苦労ではなかったと思われる。

 いつも明朗快活で笑顔をふりまいていたが、自殺は突発的ではなく、覚悟の上に決行したようだ。自殺の前々日の18日夜に妹と食事をした際、「お母さんとお墓参りに行ってくる」と報告し、翌日午前、タクシーで静岡へ。洗面器は自宅から持参したようで、現場で発見された洗剤などについて、捜査関係者は「最近、発売していない銘柄もあった」と不思議がっていたという。欽ちゃんファミリーとして活躍した清水さんの突然の訃報に、大将萩本欽一(67)はショックで絶句。かわいがっていた妹分の自殺に、コメントを出せる状態ではないという。Banner_logo_051_9 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245556/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ハグリッド狩り」と称しホームレス襲撃 少年ら逮捕 警視庁(22日)

ホームレスを、映画「ハリーポッター」シリーズのキャラクターに見立てて「ハグリッド狩り」と称して襲ったとして、警視庁少年事件課と小松川署は、傷害の疑いで東京都江戸川区の区立中3年の男子生徒(14)ら4人を逮捕した。また、当時13歳だった同中3年の男子生徒を児童相談所に通告する。同課によると、全員が容疑を認めており、「こじきは人間のくず」「ゲーム感覚でいためつけた」などと供述している。同課の調べによると、男子生徒らは2月10日午後9時ごろから約40分間、江戸川区松江の高速高架下で、寝ていたホームレスの男性(64)の顔を棒で殴るなどして、軽傷を負わせた疑いがもたれている。目撃した主婦(61)が「中学生が手に棒を持ってホームレスを殴っている」と110番通報した。

 同課によると、男子生徒らは、男性が「ハリーポッター」シリーズに出てくる魔法使い「ハグリッド」に似ているとして、男性を襲うことを「ハグリッド狩り」と呼んでいた。また、男性が追いかけてくる様子がゲーム「モンスターハンター」のキャラクターに似ているとして、「モンスターの敵をやっつけるつもりだった」などと話している。同課によると、男子生徒らは昨年12月ごろから、男性や他のホームレスに対して、石やペットボトルを投げつけるなどしていた。

Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245661/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団組員の生活保護受給、申請605件 厚労省調査(22日)

暴力団員が生活保護を受けたり、生活保護を申請しようとしたりするケースが、平成19年度に605件あったことが22日、厚生労働省が暴力団対策の強化後、初めて実施した全国調査でわかった。全国の政令市で生活保護受給者が突出して多い大阪市では、組員の受給や申請が18年度の15件から、20年度の38件と倍増していることも判明。同省の担当者は「警察と連携した暴力団対策が定着してきたともいえるが、不況の影響で申請者が増え、照会が増えていることも増加の背景にあるのでは」としている。

同省は、組員への生活保護費の支給が暴力団の資金源になっている恐れがあるとして、組員には生活保護費を原則として支給しないよう18年3月に全国の自治体に通知した。また地元警察と連携し、生活保護の申請者や受給者が組員と判明した場合には申請を認めず、受給者の場合には、支給を廃止するなどの対応を取るよう指導している。同省が20年度に実施した19年度分の全国調査では、各自治体が警察機関へ照会したケースが3851件あり、うち605件で受給者や申請者らが現役組員であることが判明。このうち組員が受給していたケースは187件で、新規に申請しようとした例は219件、申請のための相談は199件だった。

 生活保護受給者が12万2838人(21年3月)と突出する大阪市では、暴力団対策を強化した18年度では組員と該当したケースが15件、19年度は27件、20年度(21年2月現在)は38件と増加傾向。組員に該当した計80件のうち、68件で支給廃止などの対応を取ったが、12件では、組員が生活保護を受けるため、暴力団を脱退するなどしているという。市では「暴力団員による行政対象暴力はより悪質化、巧妙化している」と話している。

Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245731/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

軽トラ事故で逃走の女性、橋から飛び降り死亡(22日)

22日午前9時45分ごろ、新潟県上越市浦川原区横川の国道253号で、工事中のため停止していた軽乗用車に軽トラックが追突。軽トラックを運転していた女性はその場から逃走したが、検問中の県警上越署員に発見、追跡され、約1キロ先で橋から飛び降りた。病院に搬送されたが、死亡が確認された。 同署によると、飛び降りたのは同区の無職女性(62)。事故を受けて署員が約10キロ離れた同市大島区大平で検問をしていたところ、女性の軽トラックが停止せずに突破。署員がパトカーで追跡したが、女性は約1キロ離れた赤倉大橋の手前で軽トラックから降り、橋の欄干を乗り越えて約50メートル下の土手に飛び降りたという。軽乗用車の女性(34)にけがはなかった。

【ブロガーコメント】 他社のニュースによると病院(精神科)に入院していたが、外泊許可で自宅に帰っていたという。

Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/245752/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「おくりびと」で納棺指導の葬祭会社を書類送検 宮城県警(22日)

不要な仏壇などを許可なく収集運搬、処分したとして、宮城県警生活環境課などは22日、廃棄物処理法違反の疑いで、葬祭会社「札幌納棺協会」(札幌市)と、同社常務で仙台支店長の男性(43)ら社員、元社員計4人を書類送検した。同社は、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」に主演した本木雅弘さんに、遺体を湯で清めるなどの納棺技術を指導したことで知られる。県警の調べによると、仙台支店長らは、平成19年1月下旬から同年11月下旬にかけて、仙台市などの葬祭業者から、不要となった仏壇や神棚など計約4トンの廃棄物を有料で引き受け、同市の許可を受けずに自社倉庫などに運搬した疑いが持たれている。仙台支店長らは「業務としてやっていた」などと容疑を認めているという。

 これとは別に、平成18年4月初旬から平成20年4月中旬にかけて、2医療法人から、プラスチック容器に入った内臓標本などの感染性廃棄物、産業廃棄物の処理を有料で請け負い、許可なく野焼きした疑いも持たれており、無許可業者と知りながら処理を委託したとして、医療法人「徳洲会」(大阪市)なども書類送検された。札幌納棺協会は、業務の改善を求めたが従わなかったとして昨年4月、仙台市から同法違反罪で刑事告発されていた。

Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245774/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元若麒麟被告に猶予付き判決 大麻事件(22日)

大麻取締法違反(所持)の罪に問われた大相撲元若麒麟の鈴川真一被告(25)の判決公判が22日、横浜地裁川崎支部で開かれた。阿部浩巳裁判官は、懲役10月、執行猶予3年(求刑懲役10月)を言い渡した。判決によると、鈴川被告は1月30日、東京・六本木の音楽CD販売会社事務所で大麻を所持していた。初公判で、鈴川被告は「(1月の)初場所が終わり、気の緩みから大麻に手を出してしまった」と起訴内容を認めていた。検察側は供述調書を朗読し、鈴川被告が当時所属していた尾車部屋でも大麻を吸引したと指摘した。

Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/245778/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市長を逮捕 100万円収賄容疑 警視庁(22日)

千葉市発注工事の入札で便宜を図った見返りに、東京都内の業者から少なくとも100万円の現金を受け取ったとして、警視庁捜査2課は22日、収賄容疑で、同市長の鶴岡啓一容疑者(68)=同市若葉区=を逮捕した。捜査関係者によると、これまでの捜査2課の事情聴取に対し、業者側の複数の幹部は鶴岡容疑者への現金提供を認めている。政令指定都市の市長が逮捕されるのは、ゼネコン汚職事件の収賄容疑で平成5年に仙台市長が逮捕されて以来。鶴岡容疑者へ現金提供をしたとされるのは、土木建築業「東起業(あずまきぎょう)」(東京都江東区)。すでに贈賄罪の公訴時効(3年)が成立している。

 捜査関係者によると、鶴岡容疑者は17年10月に実施された市発注の街路築造工事(千葉市稲毛区)の指名競争入札などで便宜を図った見返りに、少なくとも現金100万円を受け取った疑いがもたれている。入札には東起業を含む計10社が参加。予定価格は4417万8000円で、東起業は4270万円で落札した。落札率(予定価格に占める落札額の割合)は96・65%だった。

 鶴岡容疑者は産経新聞の取材に、秘書室を通じて「コメントするに値しない」などとして、金銭提供を受けたことを否定していた。一方、鶴岡容疑者は千葉市関係者に「選挙資金はもらったが、働き掛けを受けたようなことはない」などと話していたという。鶴岡容疑者は昭和38年に旧自治省(現総務省)に入省。旧国土庁(同国土交通省長官官房審議官、旧自治省大臣官房審議官などを経て、平成6年に千葉市助役に就任。13年の市長選で初当選し、現在2期目。任期満了に伴う6月の次期市長選には不出馬を表明している。民間信用調査機関によると、東起業は昭和31年、資本金3000万円で設立し、平成19年12月期の売り上げは約32億5800万円。鶴岡容疑者の初当選以降、千葉市発注の公共工事では街路築造工事のほか、14年12月に排水施設改良工事(落札額3950万円)▽15年1月に共同企業体(JV)で下水道排水施設工事(同41億7000万円)▽▽16年2月に下水道施設移転工事(同1億5500万円)▽19年2月に道路改良工事(同2500万円)-などを受注している。

Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245739/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴走族「後ろ盾に暴力団」28% 警察庁がメンバー意識調査(22日)

暴走族らを対象にした警察庁の意識調査で、暴力団との関係について28%が「後ろ盾になっている」と回答し、「上納金を納めている」としたのも17%に上ったことが21日、分かった。調査は約5年に1回実施。昨年6-7月に都道府県警察が、暴走族と暴走族OBらを中心に違反行為を繰り返す「旧車会」のメンバーのうち、協力が得られた計2063人にアンケートした。調査対象の1%が「暴力団に入っている」とし、暴力団には入っていないが「付き合いがある」としたのが14%、「勧誘されたことがある」と答えたのが11%だった。 また、加入のきっかけは「中学の先輩、同級生に誘われた」が55%を占め、グループの構成も「ほとんど同じ中学出身」「同じ中学出身のみ」が合わせて54%を占めた。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042101000310.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

下着つけずYシャツ姿…過激「ガールズバー」摘発(22日)

カウンター越しに女性店員に過激な接待をさせるなどしていたとして、横浜市のガールズバーが摘発されました。 摘発されたのは、横浜市中区のガールズバー「B」で、経営者の川田英寿容疑者(38)が風俗営業法違反の現行犯で逮捕されました。ガールズバーは、カウンター越しの女性の接客が売り物ですが、警察によると、この店では、女性が下着をつけずにYシャツ姿で接客するなど過激な接待が行われていて、風俗営業法に違反すると判断されました。カウンター越しの接客行為を立件したのは極めて珍しいということです。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news11.html?now=20090422015552

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(22日)6件

振り込め詐欺:被害抑止へ連携 角田署が区長にサポーター委嘱 /宮城

 振り込め詐欺の被害を抑止しようと、角田署は角田市と連携して、7行政区93人の区長に「振り込め詐欺被害抑止サポーター」を委嘱した。市内全域をカバーした被害抑止のための「草の根活動」を行い、住民が詐欺にひっかからないよう呼び掛けていく。定額給付金支給に伴って新たな被害が増えることが考えられるため、抑止策の一環として企画。「地域のリーダー」として活動している各行政区長を通じ、各種会合やイベントの際に被害を防ぐポイントを紹介する広報資料の配布などを行ってもらう。16日に仙台市内のホテルで委嘱状交付式が行われ、田原一成署長と大友喜助市長連名で区長に交付した。 今年の県内の振り込め詐欺は3月末現在で、43件が発生、被害額は計約3350万円にのぼる。【豊田英夫】

Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090422ddlk04040147000c.html

千葉県警で「振り込め詐欺緊急対策本部」の出陣式

~捜査活動や予防活動等の各種施策を早期・確実に推進~

千葉県警は、「振り込め詐欺緊急対策本部」の体制強化に伴う出陣式を実施した。式には、五十嵐邦雄本部長、各部長等はじめ、振り込め詐欺緊急対策本部統括推進責任者以下55人が参加。今回の体制強化は、未だ予断を許さない情勢にある振り込め詐欺に、的確に対応する各部横断的な体制を確立し、捜査活動及び予防活動等の各種施策を早期・確実に推進するもの。http://www.police-ch.jp/news/

Topbanner01logo1

振り込め詐欺:10億円の詐欺グループ、会社まねた組織 /北海道

 ◇基本給も設定

 全国の高齢者らから総額約10億円をだまし取ったとされる振り込め詐欺事件は、リーダー格の鹿児島太一容疑者(32)=東京都渋谷区=が20日に詐欺容疑で逮捕され、組織の実態と手口が明らかになりつつある。グループは鹿児島容疑者を頂点に、複数の「支店」に分かれ、基本給も設定するなど会社組織に模した構造だったとみられている。【木村光則、和田浩幸】 道警によると、グループのメンバーは十数人。鹿児島容疑者は「ボス」と呼ばれ、各支店は東京都内のマンションなどを拠点に活動。今回、摘発されたのはこの1支店。逃走中の支店長役の男のほか、電話をかけてだます「かけ子」と、ATM(現金自動受払機)で現金を引き出す「出し子」がいた。 平石英顕容疑者(32)=住所不定=らの「かけ子」は電話帳から高齢者と推測される女性宅に息子を装って電話し、「携帯電話の番号が変わった」と、他人名義の電話番号を伝える。数日後、再び電話し、「株の取引で失敗した」などと言って銀行口座に現金を振り込ませる。最初の電話を「仕込み」、次の電話を「振り」、被害者を「客」と呼んでいた。 かけ子の「基本給」は月額約20万円。被害者を見つけると、「新規開拓料」5万円、詐欺に成功すると、だまし取った金額の1%を「成功報酬料」として受け取る。月額報酬は100万~200万円。 〓村(まつむら)大介容疑者(33)=東京都北区=らの「出し子」は「シコ」と呼ばれ、防犯カメラに顔が映る危険性が高く、1日の報酬は5万円だったという。 東京や札幌などでは他人名義の携帯電話や銀行口座が闇ルートで売買され、道警は同グループもこのルートを利用したとみている。道警によると、「休日」としていた土曜日以外は連日活動し、05~07年の3年間で400件以上の振り込め詐欺を実行したとみられる。鹿児島容疑者は否認している。http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090422ddlk01040267000c.html

振り込め詐欺:笑って防止 新潟西署が警察官出前コント /新潟

 振り込め詐欺の手口を分かりやすく伝えて被害を未然に防ごうと、新潟西署の若手警察官3人が20日、出前の「お笑いコント」を新潟市西区の黒埼農村環境改善センターで披露した。集まった高齢者ら約100人は、時に笑い声を上げながら寸劇に見入っていた。「事件」は、職を失った若い男が詐欺首謀者の女に誘われ、孫になりすまして老人宅に電話をかけるという設定。上司役が「このままだとお孫さんを訴えざるを得ない」と脅し、孫役が「おばあちゃんだけが頼り」と泣き落とす迫真の演技をみせた。自衛策として、ATM(現金自動受払機)の振り込み限度額を設定し、相手の住所を確認するなどのアドバイスも盛り込まれた。 老人役を演じた近藤佳優子巡査(22)は「大切なのは、自分の家にだけは振り込め詐欺の電話がかかってこないと思いこまないこと」と注意を呼び掛けた。【塚本恒】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090422ddlk15040135000c.html

Logo_mainichi1

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(22日)6件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東海、東南海・南海地震…防災目標3割達成「さらに促進を」(22日)

政府の中央防災会議(会長・麻生首相)は21日、発生が緊迫しているとされる東海地震と東南海・南海地震について、人的・経済被害を2014年度末までに減らす目標を定めた「地震防災戦略」の進捗状況を公表した。最初の3年間で目標の3割程度が達成されたものの、「さらに耐震化を促進し、被害の軽減を図る必要がある」としている。

 地震防災戦略は、05年3月から10年間で想定される死者数、経済被害額をそれぞれ半減させることが目標。3年ごとに点検を行うことになっており、今回は策定後初めての点検で、07年度末時点の状況をまとめた。死者数は東海地震で当初の想定から約1300人減の約7900人(達成率約28%)、東南海・南海地震で約2700人減の約1万5000人(同31%)。経済被害は東海地震で約5兆円減の約32兆円(同27%)、東南海・南海地震はやや低く、約6兆円減の約52兆円(同22%)となっている。

 住宅耐震化の促進は、人的・経済被害を軽減できるとして、同戦略の柱に位置づけられているが、戸建て住宅の耐震改修費用を補助する制度がある自治体は、国土交通省によると、全国で37%程度(昨年4月現在)。全県が東海地震の指定地域になっている静岡県では全自治体で実施している一方、東南海・南海地震の指定地域である愛媛、香川両県はそれぞれ0%、6%で、こうしたことも達成率に影響しているという。

 同会議では、耐震化補助制度が未整備の自治体に対し、早急な整備を求めていくとしている。06年に公表された首都直下地震の防災戦略は、今後、進捗状況の点検が行われる。

Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090422-OYT1T00042.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東大阪タクシー強殺現場の吸い殻、コンビニ強盗のDNAと一致(22日)

大阪府東大阪市で昨年12月29日夜、タクシー運転手・後藤利晴さん(67)が殺害され売上金数万円が奪われた事件で、現場に落ちていたたばこの吸い殻から検出されたDNA型が、3月にコンビニエンスストアで強盗をしたとして逮捕された大阪市平野区、警備員の男(37)(起訴)のDNA型と一致したことが、わかった。後藤さんを襲った男は、乗車場所の同区に土地鑑があるとされ、府警捜査1課は、警備員が同区居住である点も重視。今後、後藤さん殺害事件との関連を追及する。後藤さんは昨年12月29日夜、平野区から乗車した男の指示で東大阪市に向かい、停車したところを背後からナイフで切りつけられたとみられ、翌30日朝の発見時には既に死亡していた。

 一方、警備員は3月27日未明、大阪市東住吉区のコンビニに押し入り、サバイバルナイフで店員を脅して約5万円を奪ったとして同日逮捕され、今月16日に強盗などの罪で起訴された。捜査関係者によると、後藤さん殺害事件の関連捜査で、警備員のDNA型を調べたところ、殺害現場近くにあった複数の吸い殻のうち1本から検出されたDNA型と一致したという。同府内では、松原市でも今年1月5日、別のタクシー運転手が襲われ重傷を負う事件が起きている。

Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090422-OYT1T00098.htm?from=top

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

散弾銃3丁と実弾盗まれる さいたま市(22日)

 21日午後3時35分ごろ、さいたま市岩槻区の会社役員の男性(63)から「自宅に空き巣に入られた」と110番があった。岩槻署員が駆け付けると、2階の納戸にある猟銃保管庫と弾保管庫から、散弾銃3丁と実弾約200発が盗まれていた。同署が窃盗事件として捜査している。岩槻署によると、男性方1階の勝手口のガラスが破られていた。猟銃保管庫には鍵が3つ付いていたが、すべて壊されていた。妻(64)が外出した午後1時ごろまでは、異常はなかったという。

Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245510/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

足利事件 DNA型一致せず 「科学万能」に一石(22日)

栃木県足利市で1990年、保育園女児=当時(4)=を誘拐、殺害したとする殺人罪などで無期懲役が確定した菅家(すがや)利和(としかず)受刑者(62)の再審請求の即時抗告審で、東京高裁の嘱託鑑定の結果、女児の着衣に付着した体液と菅家受刑者のDNA型が一致しなかったことが21日、捜査関係者の話で分かった。検察、弁護側それぞれが推薦した2人の鑑定人の結果が、いずれも「不一致」になったとみられる。正式な結論となれば、確定判決の有力な根拠とされた「鑑定によるDNA型の一致」を覆すことになり、再審開始の可能性が高まりそうだ。双方の鑑定人は今月末をめどに、結果をまとめた報告書を東京高裁に提出する見通し。再審無罪へ向け、再鑑定を請求した主任弁護人の佐藤博史弁護士は「正式な連絡があるまで静かに見守りたい。コメントはしない」としている。佐藤弁護士らによると、再審請求中の事件で、DNAの再鑑定が行われたのは初めて。 確定判決では、菅家受刑者は90年5月、足利市内のパチンコ店から女児を近くの河川敷に誘い出し、絞殺した、とされている。

 菅家受刑者は翌年12月に逮捕され、1審公判途中から無罪を主張。捜査段階の自白やDNA鑑定の信用性を争ったが、最高裁は2000年、DNA鑑定の証拠能力を初めて認定、上告を棄却する決定をした。弁護側は「独自鑑定ではDNA型が一致しない」として再審請求したが、宇都宮地裁で棄却され、東京高裁に即時抗告した。高裁は昨年12月、女児の着衣に付着していた体液と、口の粘膜と血液から採取した菅家受刑者のDNA型が一致するかどうかの再鑑定実施を決定。今月末をめどに、結果を報告するよう鑑定人に要請していた。科学技術の進化に伴い、DNA鑑定の精度は向上。米国では近年、DNA鑑定によって誤審が続々と判明している。19年前に起きた足利事件でDNA型が一致しなかったとする東京高裁による再鑑定結果は、日進月歩の科学技術が冤罪(えんざい)を防ぐ有力な武器になり得ることを示す半面、「科学鑑定」を万能視しがちな捜査手法や司法判断にも一石を投じたといえます。

DNA型が一致

 確定判決の決め手は、犯人が残したとみられる体液と菅家利和受刑者のDNA型が一致したとする鑑定結果でした。物証が乏しく、菅家受刑者が1審途中から否認に転じたためです。事件は1990年5月に起きました。足利市のパチンコ店に父親と来ていた女児が行方不明となり、近くの渡良瀬川河川敷で遺体が見つかりました。栃木県警の捜査では、足利市内の借家で週末だけ過ごす菅家受刑者が容疑者として浮上しました。県警は尾行するなどして、菅家受刑者が捨てたごみ袋の中から体液を押収しました。そして体液は女児のTシャツとともに警察庁科学警察研究所に持ち込まれました。科学警察研究所が「DNA型は一致」との鑑定報告を出したのは91年11月。県警は翌月、これをもとに菅家受刑者から自白を得て、殺人と死体遺棄の疑いで逮捕しました。

■鑑定の信用性

 DNA鑑定は1985年に英国で開発された、比較的新しい捜査の手法です。細胞の中に1つしかない細胞核に含まれているDNAは、塩基と呼ばれる4種類の物質が鎖状に並んでいます。万人不同の配列をもとに個人を識別します。菅家受刑者が逮捕された91年当時は、日本では捜査に導入されたばかりでした。スタート当時の精度は低く、「DNA型が判然としないものを『一致』とするなどおおざっぱで問題視する声も当時からあった」と、九州大学法学部の田淵浩二教授は振り返ります。一致したとされるDNA型の出現確率は当時、血液型と合わせても「1000人に1.2人」にすぎず、正しい型判定の誤差も大きいとされ、個人識別の正確性を危ぶむ指摘もありました。しかし、最高裁は2000年7月、DNA鑑定の証拠能力を初めて認定。1、2審同様に「科学的原理は正確で、信頼できる方法で行われた」として鑑定に“お墨付き”を与え、菅家受刑者の無期懲役が確定しました。しかし弁護団は、確定審から鑑定結果を疑問視していました。菅家受刑者の毛髪を使い、有罪とされたDNA型と一致しないとする独自の鑑定結果も提出しましたが、裁判所が取り調べることは事実上ありませんでした。

■精度は向上

 科学技術の進化に伴い、現在ではDNA型の出現確率は「4兆7000億人に1人」まで精度が向上しています。また、資料がごく微量だったり古くても分析が可能になったことも、今回の嘱託鑑定で菅家受刑者に有利に働いた可能性があります。ただ鑑定結果の過信は禁物です。田淵教授は、DNA鑑定を過信するあまり「他の証拠捜査がおろそかになる恐れもある。中途半端な鑑定に引きずられることなく、捜査徹底が大前提」と警鐘を鳴らしています。

Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/245522/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「松本死刑囚いまも影響力」オウムの活動状況を報告…政府(22日)

 政府は21日の閣議で、2008年のオウム真理教の活動状況などをまとめた「団体規制法の施行状況に関する報告」を閣議決定し、国会に提出した。公安調査庁は08年、観察処分の実施のため、計20回、延べ33か所の教団関連施設への立ち入りを行った。報告は、松本智津夫死刑囚(54)が、依然として教団に影響力を及ぼしていると指摘。07年に上祐史浩・元代表(46)が設立した新団体「ひかりの輪」についても、「松本死刑囚の説く教義を基盤としている」との認識を示した。

Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090421-OYT1T00349.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月21日 | トップページ | 2009年4月23日 »