« 2009年4月20日 | トップページ | 2009年4月22日 »

2009年4月21日

2009年4月21日 (火)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(22日)
  (単位・レベル)

2  単純な定額給付金詐欺に注意

【治安解説】 新潟県警は警察官を騙る詐欺で東京の19歳の少年を逮捕した。新潟市内の60代の女性の家を訪ねた少年は「振り込め詐欺にあなたの銀行口座が使われたので新しいカードを作ります」とうそをいってキャッシュカードをだましとった疑い。警察官を騙った詐欺やオレオレ詐欺の場合は手口が複雑で騙されやすいが、定額給付金の場合は手口が単純で冷静に判断すれば防げる事犯だ。
 警視庁管内で「定額給付金」を狙った不審な電話が14件も相次いでいる。定額給付金を狙った詐欺被害は、大阪府や宮城県で3件発生しており、警察庁は全国の警察に厳重警戒を呼びかけている。
 警視庁に寄せられた通報では以下の様な電話がかかっているという。
「キャッシュカードの番号を教えてください」「生年月日を教えてください」「私に代行を頼めば、給付が半日早くなる」「口座番号を教えてください」「申請書を私がポストに入れてあげる」「代行するので通帳と印鑑を持って、一緒に来てください」。これらの電話があった場合は詐欺です。

 「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html栃木・益子町の40代主婦、振り込め詐欺でおよそ1,550万円をだまし取られる

 警視庁管内の体感治安は「レベル2(あお)」とする。

交通総務課メール

5月から7月にかけて、子どもの交通事故の増加が懸念されます。
 子どもを交通事故から守るために★自転車に乗る時には、乗車用ヘルメットを着用させてください★2人乗りはさせない★道路への飛び出しはさせない★青信号でも、もう一度確認してから横断させる。皆さんの手で、子どもを交通事故から守ってください。
《キャンペーンお知らせ》
 5月6日(水)東京ドーム前特設ステージ 午後5時10分から
 女優の夏帆さんをゲストに「ピーポくんの交通安全教室」を行います。
【問い合わせ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50323)

 

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

タレント清水由貴子さんが自殺か 静岡の霊園(21日)

21日午後1時35分ごろ、静岡県小山町の霊園で、40代の女性が倒れて死亡しているのを職員が見つけた。御殿場署などによると、身分証からタレント清水由貴子さん(49)とみられ、硫化水素による自殺を図ったらしい。近くには車いすのお年寄りがいたが、病院に運ばれ、命に別条はないという。 清水さんはテレビのオーディション番組「スター誕生!」で優勝し、1977年に「お元気ですか」で歌手デビューした。バラエティー番組「欽ちゃんの週刊欽曜日」などに出演。ドラマや映画などでも活躍した。

Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009042101000843.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

公安調査庁の30歳代公安調査官、児童買春容疑で逮捕(21日)

16歳の少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁が公安調査庁関東公安調査局の30代の男性公安調査官を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕していたことが、新宿署への取材でわかった。 同署によると、調査官は昨年11月、新宿・歌舞伎町のレンタルルームで、携帯サイトで知り合った無職少女に数万円を渡し、わいせつな行為をした疑いがあるとして、今月10日に逮捕された。21日付で東京簡裁から罰金50万円の略式命令を受けたという。 公安調査庁は「事実であれば誠に遺憾で、厳正に処分する」とコメントした。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0421/TKY200904210198.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【衝撃事件『未解決』の核心】高まる時効撤廃機運 国を動かしたのは…井の頭公園バラバラ殺人(下)(21日)

殺人事件の被害者遺族らは、時効の壁だけでなく、事件そのものが社会から忘れ去られる恐怖とも戦っている。井の頭公園の事件をめぐる報道は発生から3日後の平成6年4月26日付夕刊で、各新聞ともぷつりと途切れている。その日の夜、名古屋空港で中華航空機が墜落し乗員乗客264人が死亡する惨事が起き、翌日の朝刊以降は事故報道一色になったためだ。事件の被害者、川村誠一さん=当時(35)=の知人男性(40)は当時、マスコミの取材攻勢が下火になり、「正直、ホッとした」と感じたが、後になって「繰り返し報道されることで、新たな情報が寄せられたかもしれない。その機会を逃した可能性もあったのではないか」とも思ったという。法務省によると、全国の殺人事件のうち、15~19年の5年間に241件で時効が成立している。警視庁捜査1課が特別捜査本部を設置した殺人事件のうち、16年5件▽17年5件▽18年4件▽19年10件▽20年6件-が時効を迎えた。「時間がたてば証拠物が散逸し、裁判を維持することが困難になる。遺族や社会の処罰感情が希薄になっていくという側面もある」。法務省は時効の存在理由をこう説明している。井の頭公園の事件に当てはめても、証拠は乏しく、捜査は行き詰まっていた。報道の一過性に振り回され、事件の風化を食い止めることもできなかった。ただ、どれだけ時間が過ぎても、遺族の悲しみや憤りが薄れることは決してない。 

変わる捜査手法  

 捜査手法も大きく変わり始めている。例えば、DNA鑑定は導入から約20年を経て精度が飛躍的に向上し、後から新証拠が出てくる可能性が広がった。欧米に目を向けると、米国や英国に殺人罪の時効はなく、国内でも時効廃止の機運は高まっているといえる。それでも16年の刑事訴訟法改正では、殺人罪の時効期間は15年から25年に延長されるにとどまった。法務省刑事局は「当時、時効廃止の是非も議論に上がったが、ほかの犯罪の時効期間とのバランスなどから見送られた」と説明する。「一人で声を上げるより、同じ境遇の遺族が団結したほうが強い」。8年9月に上智大生の次女=当時(21)=を殺害された小林賢二さん(62)はそうした理由で今年2月、殺人事件の時効廃止を求める遺族会「宙(そら)の会」を結成した。会長には12年12月の世田谷一家殺害事件の遺族、宮沢良行さん(80)が就き、千葉県市川市で英会話講師の娘を殺害された英国人のウイリアム・ホーカーさんら16事件の遺族20人が賛同した。小林さんは警視庁の捜査力を信じてはいたが、捜査が進展しないまま担当の捜査員が数年ごとに交代していく実情などを知り、不信感が募っていった。昨年9月に時効まで3年を切り、「犯人がぬくぬくと幸せに暮らしているのは許せない。最後まであきらめない」と決意したという。

夏までに方向性

 小林さんらの熱意は森英介法相を動かす。省内の勉強会で1月以降、殺人事件などの時効制度のあり方を検討し、今月3日には制度を見直す際の選択肢として(1)廃止(2)延長(3)DNA情報による起訴(4)検察官が時効停止を請求-の具体案とその長所、短所を示した。廃止については「犯人が明らかなのに処罰できない事態はなくなる」と評価する一方、「捜査態勢の維持や証拠物の保管が困難」などが課題とされた。延長については「現行制度との矛盾が比較的少ないが、一部の犯罪を特別視することになる」などとしている。森法相は「結論は白紙」としながらも、「有意義な基礎資料ができた」と見直しに前向きな姿勢を見せており今後、法学者や遺族らの意見を聞き、夏までに方向性を打ち出すという。これに対し、慎重な意見を持っているのが、立命館大学法科大学院の指宿信教授(刑事訴訟法)だ。「どの犯罪で時効を廃止するか、線引きが重要だ。時効は人為的に決定せざるを得ず、合理性が問われる」と指摘し、「捜査機関は永遠に捜査に従事できないし、証拠や証人の確保には限度がある。被害者感情だけで、時効問題を扱うわけにはいかない」。一方、常磐大大学院の諸沢英道教授は将来的に時効廃止を支持。「時効の論議が高まる背景には、被害者参加制度が始まるなど、被害者や遺族への配慮を求める流れがある。国がどこまで罪を追求するかがより一層問われるべきであり、時効は犯人に与えられた権利ではない」と指摘する。「宙の会」の小林さんは期待を込めてこう訴える。「法務省の中間報告は遺族が求める方向と大きなずれはなかった。法改正で一歩でも前進することが娘の無念に報いることになると思っています」

◇ 井の頭公園バラバラ殺人事件 平成6年4月23日午前11時ごろ、東京都三鷹市井の頭公園のゴミ集積所で、清掃員がゴミ袋の中から左足首を発見。ほかのゴミ箱からも計27カ所の切断遺体が見つかった。遺体が入れられた袋は、穴が開いた水切り用の黒い袋と半透明のポリ袋の二重構造で、きつくしばられていた。被害者は21日午後11時半ごろ、JR新宿駅で元同僚と別れたのが最後の姿になった。今月23日午前0時で時効が成立する。情報提供は、警視庁三鷹署(電)0422・49・0110。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉でタクシー強盗 2人組が女性運転手をナイフで脅す(21日)

21日午前5時前、千葉県市川市南行徳の路上で、タクシーに乗っていた客の男2人組が女性運転手(45)にカッターナイフを突き付けて脅し、売上金など約6万6000円を奪って逃走した。運転手は左ほおに軽い切り傷を負っており、行徳署は強盗致傷容疑で2人組の行方を追っている。行徳署の調べによると、2人はいずれも身長170センチぐらいで、1人は30代、もう1人は40~50代とみられる。2人組は都営地下鉄大江戸線蔵前駅東京都台東区)付近で乗車。現場に着いた際、1人が先に降りて、もう1人が代金を払った後にカッターナイフを突き付けて脅した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090421/crm0904211217023-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪の旅行業者が所在不明に 280人、3700万円被害(21日)

 大阪府は21日、大阪市中央区の旅行業者「セレブツアー・アルファ」が、34都道府県の280人から航空券代計約3700万円を受け取ったのに、手配をしないまま連絡が取れなくなっていると発表した。府によると、同社はインターネットで格安航空券を販売。府には3月16日以降、客からの相談が相次いでいる。 6月22日までに府に申し出れば、同社が供託している営業保証金300万円から、支払った代金の一部が還付される。連絡先は府観光課観光振興グループ、電話06(6944)6722。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090421/crm0904211846046-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

取調中に逃走の男、確保 兵庫・西宮署

兵庫県警西宮署の取調室から取調中の警察官が居眠りしているすきに住所、職業不詳、米澤隆美容疑者(32)が逃走した事件で、米澤容疑者が21日午後、同署に出頭、県警が身柄を確保した。米澤容疑者は20日午前3時ごろ、西宮市内の駐車場で、車の中からキャリーバッグを盗んだとして逮捕されたが、取調中の同日午後4時半ごろに逃走していた。

Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245321/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元「親衛隊長」らが暴走族復活へ“指導” 「怒羅権」OBらを逮捕(21日)

暴走族を復活させるための指南と称して暴走行為をしたとして、警視庁第7方面交通機動隊は道交法違反(共同危険行為の禁止)の疑いで、暴走族「怒羅権(ドラゴン)」17代総長の無職の少年(17)=東京都江東区=ら15~17歳の少年9人と、16代総長時代に親衛隊長を務めていた千葉県市川市の無職の男(22)らOB3人を逮捕。このうちOB3人と少年の計4人を同法違反(無免許運転)の疑いでも追送検した。同隊によると、12人全員が容疑を認め、少年は「もう走りません」などと供述している。無免許運転で追送検されたOBは、「暴走族に免許はいらない」などと供述している。同隊の調べによると、少年らは昨年9月21日午前2時ごろ、暴走方法や暴走コースの指南を受けるため、江東区東雲の都道をOBを加えた12人で暴走し、信号無視や蛇行運転などの危険な運転をした疑いがもたれている。 同隊によると、12人はマフラーやハンドルを改造したオートバイで千葉県浦安市に集合。同市から江東区にかけての定例の暴走コースを走り、OB3人が蛇行運転などの方法を口頭で伝えたという。昨年夏ごろ、少年から「怒羅権のリーダーをやりたい」と申し出を受けたOBが、「どんなヤツか確認したい」として、少年に暴走方法などの“掟”を伝授していた。 逮捕された少年のうち7人は、OBから教わった「なわばりで他の暴走族を見たらボコボコにする」との掟を守り、昨年11月、江東区有明の交差点で、オートバイに乗って信号待ちをしていた茨城県の少年5人を取り囲み、「どこの暴走族だ。なめんじゃねぇよ」などと威嚇。金属バットで腕や顔を殴って4人に重軽傷を負わせたとして、傷害などの疑いで逮捕されていた。茨城県の少年は暴走族ではなかった。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245346/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

折りたたみ自転車で逃走? 市川でタクシー強盗(21日)

21日午前4時55分ごろ、千葉県市川市南行徳の市道で、タクシーの女性運転手(45)=東京都台東区=が客の2人組の男にカッターナイフで脅され、売上金など現金約6万6000円を奪われた。運転手は切りつけられ左ほおに軽傷。1人が自転車、1人が走って逃げた。県警行徳署が強盗傷害事件として2人の行方を追っている。同署の調べでは男らはいずれも身長約170センチ。1人は30歳くらいで白いジャンパーに紺色ズボンを着用。もう1人は40~50歳くらいで、水色とオレンジ色のシャツに水色のジーンズ。2人組は同日午前4時半ごろ、折りたたみ自転車1台を持って東京都台東区の都営地下鉄蔵前駅付近から乗車。南行徳周辺をあちこち走らせた後、タクシーを止めさせ、若い男が降車してトランクから自転車を出して走り去った後、もう1人が運賃約1万円を支払ったが、いきなりカッターナイフを突きつけ「刺すぞ、殺すぞ、金を出せ」と脅したという。

Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245377/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

携帯オークション使い詐欺 19歳ホスト逮捕(21日)

 埼玉県警行田署は21日、詐欺の疑いで、東京都新宿区のホストクラブ従業員の少年(19)を逮捕した。行田署の調べでは、少年は平成20年10月14日、携帯電話のオークションサイト「モバオク」で、ルイ・ヴィトンのバッグの写真を掲載し、落札した行田市の古物商の男性(38)に現金3万1900円を振り込ませてだまし取った疑いが持たれている。行田署によると、少年は「当時は無職で遊ぶ金がほしかった。ヴィトンのバッグは持っておらず、他のサイトの写真を使った」などと供述しているという。

Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245405/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高利貸しの暴力団幹部ら逮捕 警視庁(21日)

無登録で高利の貸金業を営んだとして、警視庁組織犯罪対策4課などは21日、貸金業規制法違反(無登録)と出資法違反(高金利)の疑いで、指定暴力団山口組系組幹部で韓国籍の朴国男容疑者(65)=東京都江戸川区東葛西=ら4人を逮捕した。組対4課の調べによると、朴容疑者らは平成16年4月から17年9月までの間、東京都に登録せずに貸金業を営み、4人の客から法定金利の約6~10倍にあたる1日約5~8%の利息を課し、計約300万円を受け取った疑いがもたれている。 同課では、朴容疑者らが少なくとも10人以上に同様の貸し付けを行っていたとみて調べている。

Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245381/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

真須美被告の上告棄却、死刑確定へ 和歌山カレー事件(21日)

平成10年に4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒になった和歌山の毒物カレー事件で、殺人などの罪に問われ1、2審で死刑判決を受けた林真須美被告(47)の上告審判決で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は21日、真須美被告側の上告を棄却した。真須美被告を死刑とした1審和歌山地裁、2審大阪高裁判決が確定する。弁護団によると、弁護人が大阪拘置所に拘置中の真須美被告に判決を伝えるという。死刑が確定した場合でも、すでに被告自身が「戦っていきたい」と語っていることから、再審請求する構えを明らかにしている。裁判を通じて真須美被告側は「ヒ素を混入する機会も動機もなかった」などとして、一貫して無罪を主張してきた。カレー事件への関与を示す直接証拠がないなかで、検察側は状況証拠を積み上げて、真須美被告の犯人性を浮かび上がらせる立証を展開した。

 毒物カレー事件は平成10年7月25日、和歌山市園部の自治会主催の夏祭りで出されたカレーにヒ素が混入され、自治会長=当時(64)▽副会長=同(53)▽男子小学生=同(10)▽女子高校生=同(16)=の4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒となった。和歌山県警は同年10月4日、別の殺人未遂容疑などで、真須美被告を逮捕。12月9日にはカレー事件の殺人、殺人未遂容疑で再逮捕した。

 1審は95回の公判が開かれた。和歌山地裁は14年12月、殺人未遂1件は無罪としながらも、混入されたヒ素と、真須美被告宅などで見つかったヒ素を同一とする鑑定の信用性を認め、他はほぼ検察側の主張に沿って認定、「被告が犯人であることを疑う余地はない」などとして死刑を宣告した。真須美被告宅は1審での黙秘から一転、2審ではカレー事件の犯行時間帯のアリバイを主張するなど、自らの言葉で事件への関与を否定。しかし、こうした供述について、17年6月の大阪高裁判決は「誠実に事実を語ったことなど一度もなかった被告が突然、真相を吐露したとは考えられない」と一蹴。「冷酷で残忍な犯行で、結果は重大」などとして、死刑を支持した。ただ、“無差別殺人”の動機について、「解明することができなかった」(1審)「断定は困難」(2審)とするにとどまった。上告審で真須美被告側は、ヒ素の鑑定や被告がカレー鍋をひとりで見張っていたとする住民の目撃証言の信用性を否定。新たに現地で住民らへの聞き取りも行い、「住民間のトラブルを背景に、食中毒騒ぎを起こして嫌がらせをしようとした犯行」とする“真犯人像”も提示した。検察側は「ヒ素の鑑定は合理的で疑問を差し挟む余地はない。目撃証言も見間違いはあり得ない」と反論していた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/245359/

「悔しくてならない」真須美被告が最高裁判決でコメント

ユーザーお前が言うな!

和歌山毒物カレー事件で、上告が棄却され、1、2審の死刑判決が確定することになった林真須美被告(47)。大阪拘置所に拘置中の真須美被告は、最高裁の判決を弁護人より伝えられると、「真犯人は別にいる。無実のわたしが、国家の誤った裁判によって命を奪われることが悔しくてならない」とコメントした。

■林真須美被告の話    「最高裁判決があったが、わたしは犯人ではない。カレー事件には全く関係しておらず、真犯人は別にいる。すべての証拠がこんなにも薄弱で、犯罪の証明がないにもかかわらず、どうして死刑にならなければならないのか。もうすぐ裁判員制度が始まるが、同制度でも死刑になるのだろうか。無実のわたしが、国家の誤った裁判によって命を奪われることが悔しくてならない。一男三女の母親として、この冤罪(えんざい)を晴らすため、これからも渾身(こんしん)の努力をしていきたい」

Banner_logo_051_3http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/245366/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

岩手~香川まで女子高生の制服・体操着300点余盗む(21日)

神奈川県で、女性にわいせつな行為をしたとして逮捕された男の自宅から、女子高校生の制服などが大量に見つかりました。北は岩手県から南は香川県まで、全国11の県の学校で盗みを繰り返していたということです。 藤沢市の無職・五ケ谷剛容疑者(28)は去年2月、厚木市の路上で33歳のエステティシャンの女性に後ろから抱きつき、現金6000円を盗むなどした疑いで再逮捕されました。警察が五ケ谷容疑者の自宅を捜索したところ、女子高校生の制服や体操着など300点あまりが見つかりました。取り調べに対し、「旅行先の岩手や香川など全国11の県で、女子高から制服や体操着を盗んだ」と話しているということです。動機については、「女子高校生が好きで、学校に侵入すると興奮した」と供述していて、警察は、被害がほかにもあるとみて捜査しています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/index4.html?now=20090421025619

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(21日)5件

狙いは高齢女性、振り込め詐取450人から9億5千万円

 北海道警札幌豊平署などは20日、東京都渋谷区大山町、無職鹿児島太一容疑者(32)ら8人を詐欺容疑などで逮捕したと発表した。鹿児島容疑者は十数人からなる詐欺グループのトップ。2007年12月までの約2年間で、関東中心の1都9県約450人から現金計約9億5000万円をだまし取っていたとみられる。発表では、鹿児島容疑者は07年11月、同じ詐欺グループの住所不定、無職平石英顕被告(32)(詐欺罪で公判中)と共謀。東京都の無職女性(81)方に息子を装って「友だちから金を借りて株をやっていたが、急に返さなければいけなくなった」などとウソの電話をかけ、2回にわたり現金計約500万円を銀行口座に振り込ませ、だまし取った疑い。道警幹部によると、鹿児島容疑者らは東京都内のマンションを拠点に、高齢女性を狙って犯行を繰り返していたという。(2009年4月20日21時09分  読売新聞)

Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090420-OYT1T00987.htm

振り込め詐欺:「騙されるな!!」エクスパック悪用、防止啓発--県警など /徳島

 郵政記念日の20日、県警と郵便事業会社徳島支店などが徳島駅前で、エクスパック(500円の専用封筒)を悪用した振り込め詐欺の被害防止を呼びかける啓発活動を行った。 現金を入れることが禁じられているエクスパックを巡っては、融資保証金詐欺や架空請求詐欺で送金用に悪用する手口が発生している。 この日の啓発活動には、防犯ボランティアも含め約20人が参加。実際の事件で送金先となった住所20カ所や手口紹介などを掲載した啓発用のチラシやティッシュを配布した。また、エクスパックの見本を示し、「振り込め詐欺に騙(だま)されるな!!」などと書かれた横断幕の前で注意を呼びかけ。道行く人も「最近多いもんなぁ……」などと口々に話していた。【深尾昭寛】

Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090421ddlk36040697000c.html

警察官名のる詐欺で少年逮捕 新潟県警

警察官を名のって新潟市内の60代の女性の家を訪ね「振り込め詐欺にあなたの銀行口座が使われたので新しいカードを作ります」とうそをいってキャッシュカードをだましとったとして東京の19歳の少年が詐欺の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは自称東京・中野区の無職で19歳の少年です。警察の調べによりますと少年は20日午後1時ころ、新潟市に住む60歳台の女性の家に電話をかけ「振り込め詐欺の犯人を捕まえたが、あなたの口座が使われている。新しいカードを作るためにあとで警察官が家に行くのでキャッシュカードを渡してほしい」とうその説明をしたあと午後3時ころ女性の家を訪ねて警察官を名乗りキャッシュカード2枚を騙しとったとして詐欺の疑いがもたれています。女性がしばらくしてから不審に思って警察に通報したことから振り込め詐欺であることがわかったということです。少年は容疑を認めているということですが女性が家に来た男は少年とは違うと話していることなどから警察はほかにも事件にかかわった共犯者がいるものとみて調べています。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/niigata/lnews/06.html

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(21日)5件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

取調室から容疑者が逃走 兵庫県警西宮署 警官居眠り(21日)

20日午後4時半ごろ、兵庫県西宮市津田町の西宮署の2階取調室から、窃盗容疑で逮捕され、取り調べを受けていた容疑者の男が逃走した。  同署によると、大阪市内の米沢隆美容疑者(32)。同日未明、西宮市内の車からバッグを盗んだ容疑で逮捕された。刑事1課の巡査部長(34)と地域3課の巡査(19)が取り調べていたが、巡査部長が取調室から10分ほど席を外したすきに、米沢容疑者がいなくなり、巡査が室内で居眠りしていたという。同署が180人態勢で捜している。

Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0420/OSK200904200076.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

足利女児殺害事件でDNA型一致せず 菅家受刑者と遺留体液(21日)

 栃木県足利市で平成2年、4歳の女児が殺害された「足利事件」で殺人罪などに問われ、無期懲役が確定した元幼稚園バス運転手、菅家利和受刑者(62)の再審請求即時抗告審で、東京高裁が嘱託した再鑑定の結果、菅家受刑者のDNA型と女児の下着に付着した体液が一致しなかったことが20日、関係者の話で分かった。関係者によると、検察、弁護側が推薦した鑑定医が、最新の鑑定方法でいずれも一致するという結果を得られなかったもようだ。現在、双方の鑑定医は鑑定結果を精査しているとみられ、今月末にも結果をまとめた報告書を東京高裁に提出する見通し。仮に別人とする踏み込んだ結論が出た場合は、DNA型が一致したとする捜査段階での鑑定結果を有力な証拠とした確定判決が覆ることになり、再審開始の可能性も出てくる。

 確定判決によると、菅家受刑者は2年5月、足利市内のパチンコ店から女児を誘い出し、首を絞めて殺害したとされる。菅家受刑者は翌年逮捕され、容疑を認めたが、1審途中に無罪主張に転じた。だが当時、日本で捜査に導入されたばかりのDNA鑑定では、菅家受刑者のDNA型と犯人が残したとみられる女児の下着に付着した体液が一致したとする結果が出た。弁護側はDNA鑑定の信用性などを争ったが、最高裁は12年、DNA鑑定の証拠能力を初めて認定、上告を棄却した。

 その後、菅家受刑者側が宇都宮地裁に再審を請求。DNA型が一致しない疑いがあるとする独自の鑑定書を提出したが、昨年2月、宇都宮地裁は再審請求を棄却。弁護側は東京高裁に即時抗告している。

 ■足利事件 平成2年5月、栃木県足利市のパチンコ店に父親と訪れていた保育園児=当時(4)=が行方不明になり、近くの河川敷で遺体が見つかった。栃木県警はDNA鑑定をもとに菅家利和受刑者(62)を逮捕。菅家受刑者は犯行を認めたが、1審途中で否認した。事件は物証に乏しく、自白やDNA鑑定の信用性が公判の争点となったが、最高裁は12年、1、2審に続きDNA鑑定の証拠能力を認め、無期懲役が確定した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090421/trl0904210050002-n2.htm

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

「暴力団に拉致された 身代金100万用意を」 狂言のホストら詐欺未遂容疑で逮捕(21日)

元交際相手の風俗店従業員の女性に「暴力団に拉致された」などとうそのメールを送り、身代金名目で現金100万円をだまし取ろうとしたとして、警視庁新宿署が詐欺未遂の疑いで、東京・歌舞伎町のホストクラブで働く千葉県のホスト(20)ら男女4人を逮捕していたことが20日、分かった。捜査幹部によると、女性から相談を受けた同署と捜査1課が、誘拐事件の疑いがあるとして捜査を開始。身代金の受け渡し場所に指定された港区内の路上に現れた男の身柄を確保して事情を聴いたところ、狂言だったことが判明したため、この男やホスト、ホストの姉ら計4人を逮捕した。逮捕容疑は3月下旬、ホストと以前交際していた都内在住、30代の風俗店勤務の女性に「暴力団に拉致された。現金100万円を用意してほしい」などとメールを送り、女性から金をだまし取ろうとした、としている。いずれも詐欺未遂罪で起訴された。捜査幹部によると、ホストは、自分が勤務するクラブの客だった複数の女性と交際し、現金を貢がせる関係を続けていた。被害者の女性が別れた後も、自分に好意を持ち続けていることを逆手に取り、姉と相談して金をだまし取る計画をたてたという。

Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245100/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新潟・パンとトマトに縫い針混入(21日)

 新潟県警新潟江南署は20日、新潟市中央区山二ツのスーパー「パワーズフジミ山二ツ店」で購入された菓子パンとトマトから、それぞれ縫い針が1本ずつ見つかったと発表した。食品を購入した男女に、けがはなかったという。同署は偽計業務妨害の疑いで調べている。同署の調べによると、パンとトマトは19~20日にかけ仕入れられた。見つかった縫い針は長さ約3センチ。20日の午前中に同区の40代男性が食事中にパンの中から、同日夕方に同市東区の50代女性が料理中にトマトの中から、それぞれ見つけた。今のところほかの食品から針は見つかっていない。

Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245112/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫・西宮警察署から窃盗容疑で取り調べを受けていた30歳代とみられる男が逃走(21日)

兵庫県の西宮警察署で、窃盗の容疑で取り調べを受けていた30歳代とみられる男が、警察署から逃走した。兵庫県警は、男の行方を追っている。

Logo1_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁南大沢署が業務を開始(21日)

警視庁南大沢署が業務を開始

警視庁南大沢署が4月20日に開署し、業務を開始した。多摩ニュータウンなどの人口増加によって警察事象が増加する八王子、町田両署の負担軽減と警察体制の充実強化が目的。総工費は約39億円で、地下1階、地上6階建て(写真)。住所は、八王子市南大沢1-8-3で、京王相模原線の南大沢駅から徒歩約4分の立地となっている。

Baner011 http://www.police-ch.jp/news/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

春の交通安全運動期間中の交通事故発生状況 日刊警察新聞(21日)

~事故死者数は108人で過去最少~

警察庁は、平成21年「春の全国交通安全運動期間中(4月6日~15日までの10日間)の交通事故発生状況」をまとめた。期間中の全国の交通事故死者数は108人で、昨年同期間と比べ17人(13.6%)減少、昭和30年以降の春の全国交通安全運動期間中で最も少なかった。発生件数、負傷者数は、昨年同期間に比べ増加した。飲酒運転による交通事故は95件で、昨年同期間に比べ74件(43.8%)減と大幅に減少した。

Topbanner01logo1 http://www.police-ch.jp/news/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月20日 | トップページ | 2009年4月22日 »