« ☆銀行口座売買の県職員を再逮捕(12日) | トップページ | ☆借金返済のため郵便局強盗(12日) »

2009年3月12日 (木)

☆出会い系喫茶…女性の暇つぶしに菓子・漫画・ネイル提供(12日)

Yomiuri_koudoku1_2  「お菓子・チョコ食べ放題」「ジュース無料」--。警察庁が新たに規制対象にする方向で検討に入った「出会い系喫茶」をのぞいてみると、様々な誘い文句で、若い女性たちを呼び込んでいた。 店外デートに応じれば、男性客から「交通費」ももらえることから、安易な気持ちで出入りをする少女もいる。「家出少女のたまり場になる可能性もあり、犯罪の温床にもなりかねない」と、治安問題の専門家は警鐘を鳴らしている。東京・池袋の繁華街は7~8店の出会い系喫茶が営業し、「全国一の激戦区」といわれる。「女性会員多数」を掲げる店に入ってみると、「ネイル(マニキュア)無料」「ヘアアイロン使い放題」などの表示があり、5、6人の若い女性がいすに座って漫画を読みながら「指名」を待っていた。店内には「18歳未満お断り」の掲示もある。しかし年齢は自己申告で、身分証などの確認は義務づけられていないため、高校生ぐらいにしか見えない女性も。男性店員は「若い女の子もたくさん来ます」と語った。店の壁には「18歳 カラオケ希望」などと書かれた女性の写真付きの自己紹介カードがはられていて、男性客は、指名料1000円を店に支払って女性と個室で会話し、女性と合意すれば店外デートに出る。この際、店に3000~5000円程度の「連れ出し料」を支払わなければならない。入会金も含めて男性客1人につき1万円程度が店の売り上げになる。 女性も店外デートに応じるだけで男性から「交通費」として3000円~1万円を受け取るシステム。自称19歳の女性は「仕事を辞めたばかり。居心地もよく暇つぶしになる」と話した。 警察庁によると、出会い系喫茶がきっかけで、18歳未満の少女が児童買春などの性犯罪被害にあった事件は2007年が26件で、昨年は33件摘発されている。昨年6月には、横浜市の出会い系喫茶で知り合った中2女子(14)とみだらな行為をしたとして、神奈川県警が会社員(41)を逮捕。同10月、大阪府警が児童福祉法違反などの容疑で摘発した店では、女子中高生ら13人が店外デートをしていた。最近では「朝5時まで営業」を掲げる店もあり、「家出少女のたまり場になりかねない」と懸念する声もある。清永賢二・日本女子大教授(犯罪社会学)は「小遣い稼ぎを目的に出入りする少女も多く性犯罪を助長している。放置すれば全国に広がる危険性があり、規制は必要だ」と話している。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090312-00000775-yom-soci

« ☆銀行口座売買の県職員を再逮捕(12日) | トップページ | ☆借金返済のため郵便局強盗(12日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44326414

この記事へのトラックバック一覧です: ☆出会い系喫茶…女性の暇つぶしに菓子・漫画・ネイル提供(12日):

« ☆銀行口座売買の県職員を再逮捕(12日) | トップページ | ☆借金返済のため郵便局強盗(12日) »