« ☆民主党、検察トップの事情聴取検討へ(10日) | トップページ | ☆取調室のライターは… “灯油”男性焼死、署員を不起訴(10日) »

2009年3月10日 (火)

☆拉致被害者 田口さん「めぐみさんの面倒みたい」 工作員との同居に合流(10日)

Banner_logo_051_2 拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)=が北朝鮮の女工作員と同居しながら日本語教育に従事させられていたところに、田口八重子さん=同(22)=が「めぐみさんの面倒をみたい」と希望して合流し、一時3人で暮らしていたことが9日、帰国した拉致被害者が政府関係者にした証言で明らかになった。時期は、田口さんが大韓航空機爆破事件の実行犯、金(キム)賢(ヒヨン)姫(ヒ)元工作員(47)に日本人化教育をした後の昭和59年前後。めぐみさんと田口さんが同居していたことは既に判明しているが、その一部は女工作員との同居だったことになる。帰国被害者によれば、めぐみさんと田口さんは59年前後から61年夏ごろまで同居。このうち60年ごろまでは女工作員も一緒だったことが新たに判明した。女工作員は金賢姫元工作員の同僚の「金(キム)淑(スク)姫(ヒ)」。銃や爆弾などの取り扱いも訓練した女スパイだった。田口さんが自ら北朝鮮当局に「めぐみさんの面倒をみたい」と切り出したことは、それ以前にめぐみさんと面識があったか、同居したことを示唆している。当初は「田口さん-『金賢姫』」と、「めぐみさん-『金淑姫』」の2通りの組み合わせで工作員教育をさせられていた疑いが強まった。金賢姫元工作員は最近になって、「めぐみさんと『淑姫』が写った写真を見た」と証言している。田口さんは3人で同居するまで、「(金賢姫元工作員との生活を終えた後)しばらく1人で生活した」と話していたことも新たに分かった。北朝鮮側は、田口さんは「61年7月30日に交通事故で死亡した」としているが、帰国被害者は「62年に運転手から、外貨商店で田口さんと会い、人民武力省のナンバーの車に乗っていたのを見たと聞かされた」とも話している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/229926/

« ☆民主党、検察トップの事情聴取検討へ(10日) | トップページ | ☆取調室のライターは… “灯油”男性焼死、署員を不起訴(10日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44299474

この記事へのトラックバック一覧です: ☆拉致被害者 田口さん「めぐみさんの面倒みたい」 工作員との同居に合流(10日):

« ☆民主党、検察トップの事情聴取検討へ(10日) | トップページ | ☆取調室のライターは… “灯油”男性焼死、署員を不起訴(10日) »