« ☆青森・おいらせ町女性遺体事件 女性の次男を傷害容疑で逮捕 放火の疑いでも追及へ(20日) | トップページ | 連載小説 警視庁薬物特命捜査官(46) »

2009年3月20日 (金)

☆米国務省、北による2記者拘束で懸念表明<(20日)

Noimage_120x901_2 アメリカ国務省は19日、中国と北朝鮮の国境でアメリカ人記者2人が北朝鮮側に拘束されたことを確認したとして、懸念を表明した。 「2人のアメリカ人が拘束されたことがわかった。我々の懸念は、2人のアメリカ人が彼らの意思に反して拘束されたということだ。事実を調査し、彼らを解放させたい」-アメリカ国務省・ウッド報道官代行はこのように述べ、懸念を表明した。中国と北朝鮮の国境のどちら側にいたのかを含めて、ほかの事実関係は現段階では全くわからないと述べた上で、スウェーデン大使館を通じた北朝鮮側との交渉など、あらゆるルートを通じて事実関係を調査する考えを明かした。アメリカの新聞「ニューヨーク・タイムズ」は、北朝鮮に拘束されたのは中国系と韓国系の2人のアメリカ人女性記者で、国境付近で脱北者の取材をしていたと伝えている。 拘束が長期化すれば、ミサイル発射問題と絡んで米朝間の緊張が高まる可能性もある。 http://www.news24.jp/131401.html

« ☆青森・おいらせ町女性遺体事件 女性の次男を傷害容疑で逮捕 放火の疑いでも追及へ(20日) | トップページ | 連載小説 警視庁薬物特命捜査官(46) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44406990

この記事へのトラックバック一覧です: ☆米国務省、北による2記者拘束で懸念表明<(20日):

« ☆青森・おいらせ町女性遺体事件 女性の次男を傷害容疑で逮捕 放火の疑いでも追及へ(20日) | トップページ | 連載小説 警視庁薬物特命捜査官(46) »