« ☆米の乱射犯は20代の男 犠牲者に親族5人(12日) | トップページ | ☆中日新聞社へ虚偽通報相次ぐ 警視庁捜査(12日) »

2009年3月12日 (木)

☆東北のゼネコン一斉聴取 小沢氏側への献金解明狙う(12日)

Logo3 準大手ゼネコン「西松建設」から民主党・小沢代表の資金管理団体「陸山会」への違法献金事件に絡んで、東京地検特捜部は、ゼネコン各社側から小沢代表側への献金システムの全容を解明するため、代表の地元・岩手県など東北地方の建設業者らから、参考人として一斉に事情聴取を始めた。 事情聴取は、仙台市にある各ゼネコンの東北支店や支社の関係者から、その下請けに入っている地元の建設業者まで幅広く行われるとみられる。特捜部は、これまでの西松建設関係者らの調べから、小沢代表の元秘書が、仙台市を拠点にしたゼネコンの談合組織の受注調整に関与していた疑いがあることを把握。代表の公設第1秘書で陸山会の会計責任者も兼ねる大久保隆規容疑者(47)=政治資金規正法違反容疑で逮捕=も、この元秘書の後任として受注調整に携わっていた疑いがあるとみている。同社が違法献金を始めたのは東北地方でのダム工事などの受注を目指したためだったことが判明。こうした経緯を踏まえて特捜部は、小沢事務所側が長年にわたって、受注させたい業者名を談合組織側に伝えるなどしていた疑いがあるとみている模様だ。 さらに、西松建設の他に大手ゼネコン3社と準大手1社が、下請け業者などを介在させて小沢代表側に迂回(うかい)献金していた疑いも浮上。ゼネコン側が下請け業者に工事代金を水増しして支払ったうえで、その分を小沢代表の政党支部に献金させる手法だったとみられ、5社側から代表側への献金総額が1億円前後に達した年もあるという。 一方、西松建設の献金については、小沢事務所側が西松建設側と相談して、95年ごろに年間の資金提供額を2500万円と決めていた。この資金は、ダミーの政治団体▽子会社「松栄不動産」など▽下請け業者――の3ルートに配分されたうえで、陸山会のほか、政党支部、小沢代表が最高顧問を務める党岩手県総支部連合会の三つに割り振られていたとみられている。このため特捜部は、西松建設による違法献金の理由を解明するには、同社を含むゼネコン各社や下請け業者と、小沢事務所側との関係を明らかにする必要があると判断。ゼネコン各社の東北支店・支社の幹部ら関係者に加え、迂回献金に協力したとみられる東北地方の下請け業者らから事情聴取するとみられる。 http://www.asahi.com/national/update/0311/TKY200903110285_01.html

« ☆米の乱射犯は20代の男 犠牲者に親族5人(12日) | トップページ | ☆中日新聞社へ虚偽通報相次ぐ 警視庁捜査(12日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44319687

この記事へのトラックバック一覧です: ☆東北のゼネコン一斉聴取 小沢氏側への献金解明狙う(12日):

« ☆米の乱射犯は20代の男 犠牲者に親族5人(12日) | トップページ | ☆中日新聞社へ虚偽通報相次ぐ 警視庁捜査(12日) »