« ☆やるやる詐欺? 事業資金と偽り金集め(5日) | トップページ | ☆八百長訴訟「裏付けない」講談社に賠償命令(5日) »

2009年3月 5日 (木)

☆醒剤縄張り争い? 射殺事件でイラン人再逮捕(5日)

Banner_logo_051_11 平成17年3月に東京・六本木のショットバーでイラン人男性が射殺された事件で、警視庁組織犯罪対策2課は5日、殺人などの疑いで、港区芝浦、イラン国籍の無職、モーセン・モハンマディ被告(27)=入管難民法違反(不法在留)罪で起訴=を再逮捕した。同課によると、モーセン容疑者は殺害への関与は認めているが、「拳銃を撃っていない」と供述している。同課の調べによると、モーセン容疑者は同国籍のモルテザ・モハンマディ受刑者(28)=殺人罪などで服役中=と共謀し、17年3月9日午前4時40分ごろ、六本木のショットバーで、同国籍のメヘディ・ラヒーミー・ガフヤーズィさん=当時(21)=に拳銃を発砲して殺害した疑いがもたれている。モルテザ受刑者の供述などから、覚醒(かくせい)剤密売に絡むイラン人グループ同士の縄張り争いが背景にあるとみている。同課によると、モーセン容疑者は事件後に偽造パスポートで出入国を繰り返していた。同課は今年1月、タイから成田空港に入国したモーセン容疑者を発見、入管難民法違反容疑で逮捕した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/228482/

« ☆やるやる詐欺? 事業資金と偽り金集め(5日) | トップページ | ☆八百長訴訟「裏付けない」講談社に賠償命令(5日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆醒剤縄張り争い? 射殺事件でイラン人再逮捕(5日):

« ☆やるやる詐欺? 事業資金と偽り金集め(5日) | トップページ | ☆八百長訴訟「裏付けない」講談社に賠償命令(5日) »