« ☆住宅街の川に男性の変死体 大阪・堺(9日) | トップページ | ☆「ねんきん定期便」4月から発送 オレンジ封筒が届いたら要注意(9日) »

2009年3月 9日 (月)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(9日)1件

振り込め対策 ステルス・チーム投入で検挙率UP

ブログを書くこの記事について、イザ!でブログを書こう!Banner_logo_051 警視庁が振り込め詐欺対策の“切り札”として投入した誘拐捜査を専門とする捜査1課特殊班の「ステルス・チーム」が、お家芸を生かし検挙率アップに貢献した。1カ月限定の助太刀だったが、気配を消すテクニックや「だまされ役」への的確な指示といったノウハウは今後も引き継がれる。 「お父さん、携帯番号が変わったから」。東京都大田区の文具会社会長、渡辺輝也さん(64)宅に男から電話があったのは2月中旬。長男の名前を間違えており「振り込め詐欺だな」とピンと来た。翌朝「実は中村さんにお金を借りてて返さなきゃいけないんだ」と再び電話があり蒲田署に連絡。しばらくして作業用ジャンパー姿のステルス・チームの捜査員が集結した。要求額は約230万円。渡辺さんはだまされたふりをして「今回だけはお父さんが払ってやる」と、JR蒲田駅で男と待ち合わせることに。赤い帽子を目印にすると伝えた。「接触したら帽子に手を触れるか、脱いでください」。事前の説明通り、渡辺さんが「息子がご迷惑をおかけしました」と帽子を脱いでおじぎした途端、通行人に紛れていた数人の捜査員が飛び出してきた。「はい、動かない!」。詐欺未遂の疑いで現行犯逮捕された男は、18歳の無職少年だった。 ■「見事でした」  鮮やかな事件解決に、渡辺さんは「見事でした。どこに潜んでいたのか、いきなりバーッと来たから犯人は暴れる暇もなかった」と振り返る。だまされたふりを徹底するため、家の周りで詐欺グループが監視している可能性を考え、渡辺さんは捜査員の指示通りにいったん現金を下ろすふりをしに銀行へ。家に戻ると、1万円札の大きさに紙を切って束ねた即席の「札束」が準備されていたという周到ぶりだったという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/229580/

« ☆住宅街の川に男性の変死体 大阪・堺(9日) | トップページ | ☆「ねんきん定期便」4月から発送 オレンジ封筒が届いたら要注意(9日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★日本列島 本日の振り込め詐欺(9日)1件:

« ☆住宅街の川に男性の変死体 大阪・堺(9日) | トップページ | ☆「ねんきん定期便」4月から発送 オレンジ封筒が届いたら要注意(9日) »