« ☆時効まで1カ月 東京・井の頭公園の切断遺体事件(22日) | トップページ | ☆松村邦洋さん、マラソンで倒れ一時心肺停止(22日) »

2009年3月22日 (日)

東京マラソン:悪天候で五輪招致イベント中止相次ぐ(22日)

Logo_mainichi1_3 東京マラソンでは、2016年夏の東京五輪招致の世論盛り上げを狙ったイベントも予定されていたが、悪天候で多くが中止に追い込まれた。気象庁によると、ゴールに近い江東区新木場では午後1時47分に最大瞬間風速18.5メートルを観測。途中から雨も降り出し、準備を進めてきた招致関係者にとってはうらめしい天候となった。ゴール近くの特設会場では、トップ選手が参加する「ストリートスタジアム」が企画され、午前中は北京五輪陸上男子四百メートルリレー銅メダリストの朝原宣治選手らが60メートル走を披露。一緒に走った江戸川区の中学2年、及川夏菜(かな)さん(14)は「メダリストと初めて走ったので緊張した。東京にオリンピックが来たら出てみたい」と興奮気味に話した。しかし雨が降り出した午後は、北京五輪金メダリストの伊調馨選手らを招いてのレスリングや、トランポリンなどのイベントが軒並み中止に。招致担当者は「アピールできる絶好の機会だったのに残念です」と話していた。【江畑佳明】http://mainichi.jp/select/today/news/20090323k0000m040037000c.html

20090322k0000e050019000p_size51 20090322k0000e050018000p_size51

東京マラソン:女子は那須川が優勝 男子は2位に前田

 東京マラソンは22日、東京・新宿の東京都庁から臨海副都心の東京ビッグサイトに至る42.195キロのコースで行われ、世界選手権(8月、ベルリン)の日本代表選考会を兼ねた男子は、初マラソンの前田和浩(九電工)が2時間11分1秒で日本選手トップの2位になり、一万メートルで出場した07年に続く代表選手に内定した。35キロ過ぎにスパートしたサリム・キプサング(ケニア)が2時間10分27秒で優勝。前日本記録保持者の藤田敦史(富士通)は10位。今大会で現役引退する日本記録保持者の高岡寿成(カネボウ)は左ふくらはぎを痛め35キロ付近、北京五輪代表の尾方剛(中国電力)も30キロ付近で棄権した。女子は那須川瑞穂(アルゼ)が30キロ過ぎで抜け出し2時間25分38秒で優勝。今回で現役を退く土佐礼子(三井住友海上)は5キロ付近で転倒しながら2時間29分19秒で3位、同じく最後のレースとなった弘山晴美(資生堂)は10位だった。フルマラソンの出場者は車いすを含めて3万164人が出場し、2万9127人(96.6%)が完走。10キロの部は4807人が出場した。来年は2月28日に開催される。(スタート時の気象条件=曇り、気温16.5度、湿度73%、東北東の風1.6メートル)▽高橋謙介 (一般参加で日本選手2位)30キロで前に出たのは、余裕があったから。33キロあたりで風がすごく強くなった。限界だった。力は出し切ったと思う。▽サミー・コリル (世界歴代3位の記録保持者)風が強過ぎて前に出る力を失ってしまった。苦しくなったのは35キロから。納得できるレースではない。○…車いすの部は男女とも昨年の北京パラリンピックに出場した選手が奮起した。男子は副島は3キロ付近から独走し3連覇。「風がきつかったが、力尽きるまで車を回そう」と我慢した。北京ではゴールを目前に転倒し12位。ボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークの5大大会を「今年は全部取りたい(勝ちたい)。今日こけたらそれもだめになる」という決意も力走を支えた。女子はただ1人出場の土田が男子でも6位に相当する健闘。北京では五千メートルで転倒し背中を痛めてマラソンを欠場、今回がフルマラソン復帰戦だった。「ここからがスタート。3年後のロンドン・パラリンピックを目標にしたい」と話した。○…実績のある藤田と尾方が苦戦を強いられた。日本歴代2位の記録を持つ32歳の藤田は30キロ以降後退して10位。3週間前に貧血状態が判明し、練習量を落としたという。「残り10キロは抜かれても無抵抗。貧血に気づくのが遅かった」と悔やんだ。35歳の尾方は13位だった北京五輪以来のマラソンだったが、右ひざ裏の痛みで10キロ手前に脱落し、30キロでリタイア。「北京以降質の高いことをやろうとしているが、うまく物にできない」と表情はさえなかった。○…マラソンは高岡に最後まで試練を与えた。前半ペースを自重し、追い上げ始めた29キロ付近。左ふくらはぎに急激な痛みが生じ、35キロで引退レースに自ら幕を引いた。「あと7キロは到底無理だった。残念だが精いっぱいやれました」。31歳で始めたマラソンでは2時間6分16秒の日本記録も作ったが、04年アテネ五輪は代表選考会で数秒足りずに代表を逃し、05年世界選手権も4位。「マラソンの厳しさを知った。今後はそれを伝えていきたい」と前向きに語った。○…男子優勝のキプサングは、35キロの給水でドリンクを取り損ねた。路上に転がったボトルを取るため、いったん逆戻りして水分を補給すると、すぐさま36キロ付近でトップに立った。「30キロでも給水に失敗していたので、そのままレースを続けるのは難しいと思った」と落ち着いて対処した。ジュニア世界選手権の一万メートルで2位に入ったこともある29歳のランナー。「マラソンで世界選手権や五輪に出場したい」と目標を口にした。○…新設された「女子エリートの部」は、「走り込みの一環として参加した」と話す那須川が制した。五千メートルで今年の世界選手権出場を目指しており、フルマラソンは4年ぶり。04年大阪国際でマークした自己ベストを4分以上更新した。三千メートル障害に挑戦した経験もある那須川は「いろいろな種目から吸収している。ゆとりを持って走れた」。来季はロンドン五輪を視野に入れながらマラソンに取り組むhttp://mainichi.jp/photo/archive/news/2009/03/22/20090322k0000e050013000c.html

« ☆時効まで1カ月 東京・井の頭公園の切断遺体事件(22日) | トップページ | ☆松村邦洋さん、マラソンで倒れ一時心肺停止(22日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44432758

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソン:悪天候で五輪招致イベント中止相次ぐ(22日):

« ☆時効まで1カ月 東京・井の頭公園の切断遺体事件(22日) | トップページ | ☆松村邦洋さん、マラソンで倒れ一時心肺停止(22日) »