« ☆首相「漆間副長官と記者、受け止め方にずれ」 西松事件(9日) | トップページ | ☆同性愛者をネット募集、横浜に送り売春させる…韓国人逮捕(9日) »

2009年3月 9日 (月)

☆脱北請負ブローカーか 「なりすまし」逮捕の中国人(9日)

Logo3_3 北朝鮮を脱北して帰国した日本人妻の親族と偽って中国人4人が不法入国したとされる事件で、出入国管理法違反容疑で逮捕された中国人男女が、この日本人妻以外にも「帰還事業」で北朝鮮に渡った在日朝鮮人らの脱北を手引きしていたことが関係者の証言でわかった。大阪府警は、この男女らが脱北を請け負うブローカーだった疑いもあるとみて、中国での活動の実態についても調べる。 また、府警のDNA型鑑定で、いずれも同容疑で逮捕された日本人妻の斎藤博子容疑者(67)と、長女になりすましていたとされる40代とみられる氏名不詳の女、次男になりすましていたとされる自称・金哲権(キム・チョルグォン)容疑者(38)との間に血縁関係がなかったと立証されていたことも判明した。府警は9日、中国人4人を同容疑で大阪地検に送検。斎藤容疑者については「逃亡のおそれがない」などとして釈放し、任意捜査に切り替えた。 捜査関係者や脱北者支援団体によると、脱北を手引きした疑いがあるのは、斎藤容疑者の長女になりすましていたとされる女と、その夫とされる池青松(チー・チンソン)容疑者(46)。数人の在日朝鮮人が支援団体に対し、脱北する際にこの2人から中国東北部の民家を提供され、かくまわれたと証言。2人は生活の面倒をみるなどしていたという。 支援団体幹部は朝日新聞の取材に「2人のことを証言した在日朝鮮人らは、北朝鮮での暮らしぶりなどを詳細に答えており、今回逮捕された中国人のような『なりすまし』の可能性は低い」としている。斎藤容疑者が01年に脱北した際も、2人が約半年間、吉林省にある民家でかくまったとされる。この際、斎藤容疑者が「『北朝鮮に残っている家族の脱出と日本入国を手伝うから、親族として日本に行かせてくれ』と持ちかけられた」と府警に供述していることが新たに判明した。捜査関係者によると、斎藤容疑者の実際の四女(37)は04年11月、哲権容疑者とともに日本に入国。さらに実際の孫(21)は07年2月、1人で入国している。四女と孫も北朝鮮から中国へ非公式に出国した際、この民家でかくまわれていたという。四女は朝日新聞の取材に「関係ないからわかりません」と話している。府警は中国人らが、家族を北朝鮮に残した斎藤容疑者の弱みにつけ込んで、不法入国の手助けをさせたとみている。 日本が受け入れた脱北者について、外務省は人数など詳細を明らかにしていない。脱北者支援民団センター(東京)が把握しているのは127人。うち、いわゆる日本人妻は約10人で、そのほかは在日朝鮮人や日本人妻の家族らとされる。  http://www.asahi.com/national/update/0309/OSK200903090046.html

« ☆首相「漆間副長官と記者、受け止め方にずれ」 西松事件(9日) | トップページ | ☆同性愛者をネット募集、横浜に送り売春させる…韓国人逮捕(9日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44293500

この記事へのトラックバック一覧です: ☆脱北請負ブローカーか 「なりすまし」逮捕の中国人(9日):

« ☆首相「漆間副長官と記者、受け止め方にずれ」 西松事件(9日) | トップページ | ☆同性愛者をネット募集、横浜に送り売春させる…韓国人逮捕(9日) »