« ★日本列島 本日の振り込め詐欺(3日)5件 | トップページ | ☆ひったくり:名古屋で連続12件 17万4千円被害(3日) »

2009年3月 3日 (火)

☆NHK:実弾郵送から1週間 赤報隊かたる便乗犯?(3日)

Logo_mainichi1_2 NHK放送センター(東京都渋谷区)など全国4カ所の放送局に2月23~24日実弾が郵送されて、約1週間。87~88年の朝日新聞襲撃事件で犯行声明に使われた「赤報隊」の文字が印字された紙が入っていたが、警察当局は同じ名前をかたった便乗犯との見方を強めている。22日、福岡放送局で爆発事件が起きたが、実弾は現在の同放送局ではなく92年に移転する前の旧局舎あての封筒に入っていたことから、同一犯の可能性は低いとみている。【佐々木洋、山田宏太郎】

●旧局舎住所も

 NHKによると、渋谷、福岡のほか、長野、札幌両放送局にあてられた封筒はいずれも日本郵便の「エクスパック500」(縦34センチ、横24センチ)で、消印は「神田」(東京都)で23日付。長野と福岡はあて先に旧局舎の住所が書かれていた。B5判の紙1枚の中央に大きく「赤報隊」と印字されていた。捜査関係者によると「赤報隊」の「隊」の字が旧字で、「実際の襲撃事件で使用された字体と違っていた」(捜査幹部)。実弾は、旧日本陸軍の軍用銃だった「三八式歩兵銃」用で、襲撃事件で使用された米国製の散弾とも違っていた。火薬が少量入っていたが雷管が劣化し、発射できない状態だったという。銃砲販売業者などによると、三八式歩兵銃は終戦直後に占領軍が廃棄処分にしたため国内には銃も実弾もほとんど残っていない。

●国内入手可能

 銃器評論家の津田哲也さんは「戦時中に海外に残された実弾がマニア向けの飾り弾として加工されて国内に輸入されたのではないか。飾り弾なら国内のミリタリーショップで入手可能だ」としている。また、NHK福岡の爆発事件では、手提げバッグの中にカセットコンロ用のボンベなどが入っていた。目覚まし時計と爆薬が入ったピース缶爆弾が使われた88年の朝日新聞静岡支局爆破未遂事件とは異なる。NHKには、銃弾送付に関連した抗議などはないという。広報部は「福岡の事件と関連する要素も全く出ていない」と話す。「赤報隊」を巡っては週刊新潮が1月から計4回、阪神支局襲撃事件の実行犯を名乗る男性の手記を掲載。朝日新聞は実弾の郵送消印日と同じ23日付の朝刊で「真実性なし」とする検証記事を掲載するなど、再び注目が集まっていた。ある捜査幹部は「思想犯なら文字にこだわるが、隊の字は旧字で一連の事件と違う。銃マニアらが週刊誌記事や福岡の爆発事件に便乗したのでは」とみている。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090303k0000m040110000c.html

« ★日本列島 本日の振り込め詐欺(3日)5件 | トップページ | ☆ひったくり:名古屋で連続12件 17万4千円被害(3日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44228658

この記事へのトラックバック一覧です: ☆NHK:実弾郵送から1週間 赤報隊かたる便乗犯?(3日):

« ★日本列島 本日の振り込め詐欺(3日)5件 | トップページ | ☆ひったくり:名古屋で連続12件 17万4千円被害(3日) »