« 2009年3月27日 | トップページ | 2009年3月29日 »

2009年3月28日

2009年3月28日 (土)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(29日)
   (単位・レベル)

2ここまで来た振り込め詐欺

【治安解説】警視庁に逮捕された振り込め詐欺

グループが、警察官から職務質問を受けた際に

職質から逃れるための対応マニュアルを作って

いたことが明らかになった。読売新聞によると逮

捕したグループの一人が持っていたのは、「職

務質Bye1問対策」というタイトルのA4判の紙。警察

官職務執行法2条の条文とともに、「職務質問は犯罪にかかわっていると疑わせる相当な理由がないと出来ないので、質問に答える義務はありません」と書かれていた。さらに「カバンやポケットの中を見せて下さい」と警察官に求められた際の対応については「警察官が所持品などを検査するためには裁判所が発行する令状が必要です。応じる義務はありません」などと記述していた。一方、このニュースとは違うが、犯人達は、振り込ませるお年寄り達に「警察官や銀行員に怪しまれたらどう答えるか」の指導をしていた事実も明らかになっている。このマニュアルが存在したら…と思うと身の毛立つ思いだ。警察庁は4月から「振り込め対策官」を新設するという。もはや「振り込め詐欺」は単なる社会現象を越え、立派な「犯罪史上に残る経済事件」になってしまった。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlはなんと「振り込め詐欺団に警察対応マニュアル出回るなど8件。警視庁の体感治安はレベル2(あお)」の現状維持とする。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆6歳児が山中に放置され、自力で民家へ 容疑の母親逮捕(28日)

Logo3_2 6歳の長男を山中の市道に置き去りにしたとして、新潟県警三条署は26日、保護責任者遺棄の疑いで三条市荻堀、無職西川博美容疑者(33)を緊急逮捕した。「言うことを聞かなかった」などと話し、容疑を認めているという。 同署によると、西川容疑者は同日午後5時40分ごろ、長男を自宅から車で連れ出し、約3キロ離れた同市中野原の山中の市道に置き去りにして車で去った疑いがある。長男は約50分後、山を約600メートル下りた先の民家に駆け込み、住民が同署に通報したという。 http://www.asahi.com/national/update/0328/TKY200903280227.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆4人組、パチンコ店から1500万円奪う 千葉・松戸(28日)

Msn_s1_2 28日午前1時ごろ、千葉県松戸市高塚新田、パチンコ店「パーラーザ・ガーデン」の駐車場で、4人組の男が帰宅しようとした男性店長(41)を殴って刃物を突きつけ、事務所の金庫にあった売上金約1500万円を奪って逃走した。松戸署は強盗事件として捜査している。調べでは、男らは「分かっているだろうな」などと店長を脅して通用口の暗証番号を押させ、事務所まで侵入。中にいた従業員6人と店長の両手をロープで縛り、金庫の現金約1500万円を奪った。店長らにけがはなかった。男らが逃走後に店長が自分でロープをほどき110番通報。男らは黒っぽい上下の服を着ていたという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090328/crm0903281045003-n1.htm

関連ニュースあり

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆<救急搬送>6施設に断られ1時間後に男性死亡 奈良・生駒(28日)

Logo3 奈良県生駒市で21日、意識を失って倒れた新聞販売店従業員の男性(62)が、県内の6医療機関に受け入れを断られて救急搬送できず、通報から約1時間後に大阪府大東市の病院に搬送されたが死亡したことが分かった。生駒市消防本部によると、21日午後1時40分ごろ、新聞販売店から「男性が倒れた。意識がないが呼吸はある」と119番があった。救急隊が現場に到着後、心肺停止状態になったという。隊員は同市内の救命救急センターの指示で蘇生(そせい)措置をしながら、同センターや2次救急当番病院など生駒市や隣接する奈良市の5病院と救命救急センターに受け入れを要請したが、「満床」「処置困難」などの理由で断られた。通報から約1時間後に大東市の病院に搬送されたが、約30分後に死亡が確認された。同販売店によると男性の死因は心不全で、心筋梗塞(こうそく)の病歴があったことを救急隊員には伝えていたという。生駒市消防本部は「搬送に時間がかかったことと死亡との因果関係は不明」としている。【泉谷由梨子、中村敦茂】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000039-mai-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆景気、雇用「悪い方向」が過去最高=社会意識調査(28日)

Top_header_logo1 内閣府は28日、「社会意識に関する世論調査」を発表した。日本の現状で「悪い方向に向かっている分野」(複数回答)を尋ねたところ、「景気」と答えた人が68.6%で最も多く、2位は「雇用・労働条件」の57.5%だった。ともに、同じ設問で調査を始めた1998年以降最高となり、世界的な経済危機に伴う景気後退が国民生活に不安を与えていることが浮き彫りとなった。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000075-jij-pol

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆カップめんで巡査部長激怒 コンビニ破壊(28日)

Banner_logo_051_6 コンビニで店員に腹を立てガラス戸を割ったとして、奈良県警生駒署は28日、器物損壊容疑の現行犯で、大阪府警此花署警備課の巡査部長、石沢嘉之容疑者(36)=奈良県生駒市東菜畑=を逮捕した。逮捕容疑は、同日午前0時半ごろ、自宅近くのコンビニの出入り口のガラス戸を足でけって割ったとしている。石沢容疑者はその後、店からそのまま立ち去ろうとしたためアルバイト男性(20)が約20メートル追いかけて取り押さえ、同署に通報した。生駒署によると、石沢容疑者はカップめんを買い、店内で食べようとしたところ、中身をこぼして交換を要求。店員が断ると腹を立てたという。大阪市内で酒を飲んで帰宅する途中で、同署の調べに「自分が全面的に悪い」と容疑を認めているという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/236520/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ピンク・パンサー逮捕 銀座事件と関連か 警視庁身柄引き渡し要請へ(28日)

Banner_logo_051_5 AP通信によると、国際刑事警察機構ICPO、本部フランスリヨン)当局者は27日、国際強盗団「ピンク・パンサー」に所属するモンテネグロ人のリファト・ハジアフメトビチ容疑者(40)をキプロスの警察当局が逮捕したことを明らかにした。同容疑者は、東京・銀座の宝石店から平成19年6月、2億円のティアラが奪われた事件で、警視庁が国際手配した人物と同名。同事件にかかわった可能性が高いとみられる。ICPOによると、ハジアフメトビチ容疑者は今月18日、キプロスを出国する際に偽のブルガリア旅券を所持していた疑いで逮捕された。その後、ICPOへの照会で国際強盗団のメンバーとして登録されていたことが判明した。(共同)http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/236468/

世界を荒らす宝石強盗団 旧ユーゴの兵士は手を組んだ

Banner_logo_051_5ピンク・パンサー」と呼ばれる強盗団が、欧州や中東、日本など世界中の高級宝石店を荒らしている。2007年6月に東京・銀座の宝石店で2億円のティアラが強奪された事件で今月、警視庁が逮捕状を取ったモンテネグロ人の容疑者2人もこのメンバー。強盗団は旧ユーゴスラビア諸国の軍出身者を中心とする集まりとされるが、全容は解明されていない。パリで昨年12月、世界的に有名な高級宝石店ハリー・ウィンストンを強盗団が襲った。地元メディアによると、4人組のうち3人が女装。夕方の閉店間際に客を装って入店し、銃や手榴弾で店員を脅した。ショーケースのガラスを割って多額の貴金属を強奪し、車で逃走。約15分間の早業だった。スラブ系なまりのフランス語を話し、一部店員の名前を呼ぶなど周到な計画がうかがわれ、ピンク・パンサーの手口との見方が強い。 国際刑事警察機構ICPO)の広報担当者によると、1999年以降、ピンク・パンサーの犯行とみられる強盗事件は19カ国、90件以上で、被害総額は1億ユーロ(約120億円)を超える。ICPOは特別対策班も設置している。日本では2004年に銀座の宝石店から計35億円相当の宝石を強奪したこともある。 メンバーは約200人とみられ、うち約100人の身元が判明、各国で計数十人が逮捕されているという。地元警察の現場到着までの時間や逃走経路を吟味するなど、入念な下見と素早く大胆で巧妙な犯行が特徴だ。中心メンバーは、ユーゴ解体と民主化に伴う兵員削減などの改革によって軍を離れた元兵士ら。セルビア共和国ベオグラードやクロアチア共和国ザグレブにリーダー格がいるともいわれる。メンバーは欧州に散らばり、清掃人やウエーターなどの職に就きながら指示を待ち、偽造旅券で世界中を移動。逮捕者の多くはグループの一員であることを認めないという。ピンク・パンサーと命名したのは英国警察で、映画「ピンク・パンサー」と同様に化粧品のビンに盗んだ宝石を隠したことがあったからだ。グループ側はこれをあざ笑うかのように、ピンク色のシャツを着て犯行に及んだこともあった。 旧ユーゴは昨年セルビアから独立を宣言したコソボまで計7カ国に分裂した。しかし、かつての軍関係者らの結び付きは強く、国境を越えて犯罪で手を結ぶ実態がある。(ウィーン 共同)http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/225542

 警視庁はICPOに対し、銀座の宝石店からティアラが奪われた事件で、ハジアフメトビチ容疑者の所在確認を求める手配をしており、身柄の引き渡しを要請する方針だ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆千葉・松戸市のパチンコ店に4人組の男が押し入る 現金およそ1,500万円を奪い逃走(28日)

Logo1_2 千葉・松戸市のパチンコ店に28日未明、4人組の男が押し入り、現金およそ1,500万円を奪って逃走した。28日午前1時ごろ、松戸市高塚新田のパチンコ店の駐車場で、帰宅しようとしていた店長が刃物を持った4人組の男に脅されて、2階の事務室まで連れ戻された。4人組は、店長と事務室に残っていた従業員6人をロープと粘着テープで縛り、金庫から現金およそ1,500万円を奪って逃走した。店長らにけがはなかった。4人組のうち、2人は上下黒っぽい服装で、1人は目出し帽をかぶり、もう1人はマフラーのようなもので鼻のあたりまで顔を隠していたという。警察は強盗事件として4人組の行方を追っている。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(28日)8件

署員手作りのかるたで振り込め詐欺を撲滅

署員手作りのかるたで振り込め詐欺を撲滅 ○…福井県警小浜署は、高齢者を狙った振り込め詐欺等が全国的に発生していることから、振り込め詐欺の被害防止のため、市勤労福祉会館で高齢者を対象に、振り込め詐欺撲滅かるた(写真)を活用した出前講座を実施した。
○…被害防止ポイントを五・七調のリズムで、遊びながら覚えてもらおうと当署員が考案、手作りしたもの。25枚1セットで、「年金支給日 とくに気をつけて!」など、架空請求詐欺やオレオレ詐欺などの手口を紹介する内容となっている。
○…参加した高齢者からは「振り込め詐欺の手口がよく分かった」「楽しめる」と好反応を得た。同署では今後もイベントなどで、住民の防犯意識の啓発にこのかるたを活用していく予定である。Pchlogom http://www.police-ch.jp/news/

警察官名乗る詐欺電話が増加 広島県警

News_pic1_3 警察官を名乗ってキャッシュカードや通帳をだまし取ろうとする不審な電話が、県内で27日までの3日間に200件近く相次ぎ、なかには現金が引き出される被害も出ていることから警察が注意を呼びかけています。県警察本部によりますと、警察官を名乗る不審な電話は広島市や府中市など県内各地で、27日までの3日間であわせて196件に上っているということです。電話はほとんどが男の声で「あなた名義で偽造されたキャッシュカードが見つかった。これから銀行協会の者を伺わせるので捜査のために今使っているカードや通帳を預からせてほしい」といった内容が多いということです。これまでに府中市の70代の女性がキャッシュカード2枚をだまし取られたほか、広島市でも26日、80代の女性が自宅を訪れた若い男にカードをだまし取られた上、現金48万円を引き出される被害に遭ったということです。狙われているのはいずれも高齢者ばかりで、警察では不審な電話を受けたらすぐ110番するなど被害に遭わないよう注意を呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/hiroshima/lnews/02.html

振り込め詐欺で主婦が300万被害 北海道

Banner_logo_051_4 北海道警帯広署は28日、音更町の六十代の主婦が振り込め詐欺の被害に遭い、裁判の取り下げに伴う供託金名目で300万円をだまし取られたと発表した。同署によると、主婦は25日に「民事訴訟裁判通知」と書かれたはがきを受け取り、翌日、記載されていた「日本財政管理事務局」などに電話。弁護士と名乗る男に言われるまま、二十数回に分け計300万円を指定の銀行口座に振り込んだ。主婦は28日、同署に相談に訪れ、被害に気付いたという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/236607/

振り込め詐欺団、浅知恵…警察の職務質問対応マニュアル化

3月28日15時7分配信 読売新聞

Yomiuri_koudoku1_3 警視庁に逮捕された振り込め詐欺グループのメンバーが、職務質問を受けた際の対応について書かれた文書を持っていたことがわかった。 同庁では、グループが組織的にマニュアルを作成し、メンバーたちに対応を指示している可能性もあるとみている。 先月上旬、同庁が逮捕したグループの一人が持っていたのは、「職務質問対策」という題の付いたA4判の紙。警察官職務執行法2条の条文とともに、「職務質問は犯罪にかかわっていると疑わせる相当な理由がないと出来ないので、質問に答える義務はありません」と書かれていた。さらに「カバンやポケットの中を見せて下さい」と警察官に求められた際の対応について記述。「警察官が所持品などを検査するためには裁判所が発行する令状が必要です。応じる義務はありません」などと説明していた。同法2条は、職務質問について、「異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、もしくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由がある者を停止させて質問することができる」などと定めている。
 首都大学東京の前田雅英教授(刑事法)は「現金自動預け払い機(ATM)の周囲でうろつくなど、警察官が常識的に声をかけておかしくないと判断できる状況で職務質問することには何の問題もない」と話している。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000634-yom-soci

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(28日)8件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆警察庁、初動対応の強化に向けた基本方針を決定(28日)

Logo1 栃木・鹿沼市でゲリラ豪雨で車が水没し、女性が死亡した事故や、東京・秋葉原の無差別殺傷事件を受け、警察庁は、初動対応の強化に向けた基本方針を決めた。鹿沼市の水没事故では、警察が2つの異なる現場から寄せられた110番通報を、同一と勘違いし、警察官が出動していなかった。また、秋葉原の無差別殺傷事件など、犯罪の多様化にも、迅速に対応する必要があることから警察庁は、「初動対応能力の強化」を進める基本方針を決定した。これは、「情報通信の強化」や「人材の育成強化」が柱となっていて、警察庁は、この基本方針に基づき、各都道府県警で進めている具体的な取り組みをバックアップしていきたいとしている。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00151970.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆高校生 銀行口座購入で送検(28日)

News_pic1_2 千葉県の男子高校生が、インターネットのオンラインゲームを利用するのに必要な銀行口座を手に入れるため、いわゆる闇サイトなどを通じて愛知県の主婦から口座を買い取ったとして警視庁に書類送検されました。書類送検されたのは、千葉県八千代市に住む高校1年生の16歳の男子生徒です。警視庁の調べによりますと、この男子生徒は去年8月、インターネットの闇サイトの掲示板などに「口座買い取ります」と書き込んで、愛知県の41歳の主婦から、銀行口座1つを1万7000円で買い取る約束をしたとして、犯罪収益移転防止法違反の疑いが持たれています。警視庁によりますと、男子生徒は、おととし、20歳以上の人しか登録できないインターネットのオンラインゲームを母親名義で利用していましたが、1か月半で130万円も使ったために、両親にゲームの利用を禁止されていたということです。調べに対し、男子生徒は容疑を認め、「ゲームがしたかったので、大人の名義の口座が欲しかった」と供述しているということです。http://www3.nhk.or.jp/news/k10015013761000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ネットの人権侵害事件 最多に(28日)

News_pic1 去年1年間に、法務省が人権侵害の疑いがあるとして救済に当たった事件のうち、インターネット上の掲示板に個人を傷つける書き込みを行うなど、インターネットを利用したものが500件余りと、過去最高になりました。法務省によりますと、去年1年間に、全国の法務局が人権侵害の疑いがあるとして救済に当たった事件は2万1412件と、おととしとほぼ同じで、最も多かったのは、高齢者や子どもなどに対する暴行や虐待で5000件余りでした。また、インターネット上の掲示板に、個人を傷つける書き込みや、住所や電話番号などの個人情報が掲載されるなど、インターネットを利用した事件が515件に上りました。これは、おととしと比べて23%増えており、統計を取り始めた平成14年以降で最も多くなっています。中には、犯罪を犯したとされる少年の顔写真や名前などを掲載した悪質なものもあり、法務局などでプロバイダーに削除を要請したもののうち、59件は削除されました。法務省では、インターネットや携帯電話を使った人権侵害事件は今後も増えていくとみており、警察などとの連携を強化して救済に当たることにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10015013711000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆2月の自殺者は2470人~警察庁発表(28日)

Noimage_120x901 警察庁は27日、2月の自殺者は2470人(男性1766人、女性704人)だったと発表した。都道府県別では、東京が244人と最も多く、大阪が166人、埼玉が149人と続いている。月別の自殺者数を初めて発表した1月に比べると185人減少したが、年間では3万人に達する見通し。http://www.news24.jp/131928.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆覚せい剤:密輸容疑で「運び屋」募集の元東洋大生逮捕(28日)

Logo_mainichi1 携帯電話の闇サイトで募った「運び屋」と覚せい剤を密輸したとして、警視庁組織犯罪対策5課は27日、住所不定、元東洋大生、渡辺恭被告(20)=別の覚せい剤取締法違反で起訴、今月2日付で退学処分=ら3人を同法違反(営利目的密輸)容疑で逮捕したと発表した。同課によると、3人は「別の人物から指示を受けてやった。国内にいる外国人に渡す予定だった」と容疑を認めているという。他に逮捕されたのは神奈川県海老名市東柏ケ谷、土木作業員、滝沢大輔(22)と、同所、無職、藤沼一則(22)の両容疑者。逮捕容疑は、昨年12月14日、覚せい剤約921グラム(末端価格約5500万円)をスーツケースに隠し、トルコから韓国経由で羽田空港に持ち込んだとしている。東京税関の検査で発覚した。組対5課によると、渡辺容疑者は携帯サイト「闇の職業安定所」などで運び屋を募集、応募してきた藤沼容疑者らに密輸を指示していた。「(運び屋を)15人ぐらい集めた。これまでに5~6回密輸した」と供述しているという。渡辺容疑者は昨年11月、覚せい剤約992グラムをマレーシアから関西国際空港に密輸入したとして大阪府警などに逮捕、起訴されている。【武内亮】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090328k0000m040123000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆個人情報保護法の改正、新聞協会が求める(28日)

Yomiuri_koudoku1_2 個人情報保護法の施行で社会の匿名化が進んでいるとして、日本新聞協会編集委員会は27日に開かれた内閣府の国民生活審議会個人情報保護部会で、同法の改正を求める意見を表明した。同法が2005年4月に全面施行されて以来、個人情報保護への過剰反応が表面化。3年を経た昨年4月の見直しでは、法改正ではなく「基本方針」の変更などにとどまった。日本新聞協会では、依然として公的機関による情報隠しや取材拒否、社会全体が個人情報を共有することへの萎縮が続いていると指摘。「現在の法律は個人情報の保護と有用性のバランスを欠いている」として、条文に「報道等の公共性、公益性に寄与する活動に関する個人情報の有用性については、特段の配慮を要する」などの文言を盛り込むよう求めた。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090328-OYT1T00015.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「高速道1000円」スタート、GW並み混雑を予想(28日)

Yomiuri_koudoku1 ETC(ノンストップ自動料金収受システム)を装着した普通車やオートバイを対象に、地方の高速道路で土日祝日の料金を上限1000円とする新料金割引が28日午前0時に始まった。高速道路各社は「28、29日は全国的に大型連休並みの混雑になるのではないか」とみている。28日午前0時過ぎ、東北道の佐野サービスエリア(SA)で休憩していた神奈川県平塚市の会社員千葉貴久さん(29)は「岩手県の実家に帰省しますが、新割引で田舎が少し近くなったような気がする」と笑顔で話した。高速道の利用時間に土日祝日が含まれていれば、日付をまたいでも新割引が適用される。20日から「上限1000円」が先行実施された東京湾アクアラインと本州四国連絡高速道路では、20~22日の通行量が前年同期比でそれぞれ22%、62%の大幅増となっている。「上限1000円」は首都高速など大都市圏を除く地方区間での適用。システムの改修が遅れているため、「地方―大都市圏―地方」のルートで走行した場合、当面、地方区間の料金は2回分の2000円を徴収されることになる。1000円で済むのは4月29日から。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090328-OYT1T00037.htm?from=main1

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「自転車だとばかり…」 フル電動自転車の取り締まり開始 大阪府警(28日)

Msn_s1 動力の特定が難しく、摘発が困難だった「フル電動自転車」について、大阪府警は27日、全国で初めて道路交通法違反での摘発を含めた取り締まりに乗り出した。繁華街での利用者が増え、ヘッドライトなどを整備しないままで夜間に事故を招くケースも目立っており、府警は「徹底的な取り締まりで市民の安全を守りたい」としている。フル電動自転車は、サドル下に搭載したモーターでペダルをこがずに走行できる。道交法上は「原動機付自転車」に分類され、公道の走行にはナンバーの登録や免許の所持、方向指示器速度計などの整備が必要とされる。しかし、大半は方向指示器やバックミラー、ヘッドライトなどを備えておらず、事故が多発していた。道交法では、車両の動力の大きさで「種別」を区別しているが、フル電動自転車の動力の大きさの測定が困難だったため摘発できず、指導や警告にとどまっていた。府警は独自に動力の検査装置を開発し、市場に流通する2種類の種別を特定、無免許運転や整備不良など道交法違反容疑での摘発が可能になった。府警はこの日、フル電動自転車の利用者が多い大阪・ミナミで集中的な取り締まりを実施した。1カ月前から乗り始めたという大阪府寝屋川市の男性(21)は、免許証が失効していたため無免許運転になると指摘され、「チャリンコだと思っていた」と青ざめていた。大阪市天王寺区の自営業の女性(31)も「これまで警察官に呼び止められても『それ速いね』といわれただけで、注意すらされなかったのに、いきなり取り締まるなんて…。モーターを取り外して乗っても違反になるみたいなので、これからは自宅に置いておきます」と話した。http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090328/trd0903280058000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ストーカー被害相談の最中に… 殺人未遂容疑で店員逮捕(28日)

Banner_logo_051_2 愛知県安城市のマンションで26日、会社員の女性が頭を殴られ重傷を負った事件で、同県警安城署は27日、殺人未遂の疑いでパチンコ店店員、佐藤利信容疑者(31)=同県蒲郡市=を逮捕した。女性は昨年から今年にかけ、佐藤容疑者によるストーカー被害を同署に相談。署員が同容疑者に注意するなど対策を講じている最中だった。逮捕容疑は26日午後11時ごろ、同県安城市横山町のマンション入り口付近で、会社員、早川光恵さん(32)の顔面を殴り付けた疑い。早川さんは急性くも膜下出血で意識不明の重体。県警によると、早川さんは、交際をめぐるトラブルから佐藤容疑者につきまとわれているとして昨年から数回、安城署に被害を相談。署員が同容疑者を呼び出して注意したほか、近く同容疑者を呼んで事情を聴く予定だったという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/236438/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆泥酔客がタクシー降車後に凍死…賠償命令の波紋(28日)

Banner_logo_051 酔学生を乗せたのが運の尽きだったのか-。2007年12月22日未明、愛媛県松山市内で凍死した愛媛大医学部5回生の男子学生(当時23)の遺族が、学生を現場付近に降車させた個人タクシーの運転手(64)に慰謝料など5000万円を求めた訴訟で、松山地裁は24日、運転手の安全配慮義務違反を認め、約4100万円の支払いを命じた。当然ながら、同業者からは不満と不安の声が噴出している。判決によると男子学生は12月21日夜、松山市内で友人らと酒を飲み、22日午前1時ごろ、帰宅のためタクシーに乗車し自宅方面の住所を告げた。男子学生は約20分後、自宅から約4キロ手前の山中、同市玉谷町の国道317号で降車。降りた男子学生は歩いて約200メートル引き返しガードレールの切れ目から石手川の河原に転落。頸椎を損傷し午前5時ごろ凍死した。男子学生の遺族は「断崖絶壁が続き、約70センチの低いガードレールしかない危険な場所に泥酔状態の乗客を漫然と降車させた運転手には安全配慮義務違反がある」と主張。運転手側は「計8回行き先を聞いたが、すべて『直進』と言われた。降車時も『ここで降ろせ』と指示され、正常に歩き出したのも確認した」と反論したが、判決で裁判長は「運転手は現場付近の地理に詳しく、泥酔した学生を降車させれば転落や凍死の危険性があることは明らかだった」と結論づけた。夕刊フジの調べでは、22日の気温は午前3時が10.6度、4時が10度。この気温で運転手は本当に凍死の危険性が認識できただろうか。『タクシードライバーの言い分-運転席からの人権宣言』の著書がある重信幸彦・北九州市立大教授(民俗学)は「法律家の正論のみで裁いた今回の判決は、現場に大きな矛盾と混乱をもたらす可能性がある」と懸念する。「現在の法律では、客が『降ろせ』と明確に指示して料金も支払えば、現場の運転手の判断で『降ろさせない』のは非常に困難。降ろす場所も、高速道路上など法律で乗降が禁止されている場所や、徒歩が極めて困難な山道などでないかぎり、自力で降車した客を見送った運転手に責任は問えないのではないか」一方、都内の現役タクシー運転手は「われわれには泥酔者の乗車拒否が法律で認められている。拒否できる泥酔者を、利益優先で乗せたと法的に判断されたら、深夜の国道に降ろしたことが安全配慮義務違反に問われるのは仕方ないかもしれない」と語る。「ただ、今回の裁判のように運転手の証言が一切認められないなら、今後は酔客を警察に即保護してもらい、料金も立て替えてもらわないと割に合わないね」これから花見のシーズン。泥酔客とタクシー運転手の葛藤は、さまざまなところで起きそうだ。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/236441

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆長男の巡査入院、巡査部長の父が代わりに免許更新依頼(28日)

Yomiuri_koudoku1_2 宮崎県警は26日、西都署交通課の男性巡査部長(48)が、入院している長男の同県警交通機動隊巡査(23)の代わりに運転免許証を不正に更新しようとしたとして、巡査部長を停職1か月、巡査を減給10分の1(3か月)の懲戒処分にした。巡査部長は退職願を出しており、県警は受理する方針。発表によると、巡査は骨折で入院中、「治療のため、期限までに運転免許の更新ができないかもしれない」と思い込み、巡査部長に相談した。巡査部長は「更新できなければ、息子の仕事に支障が出るかもしれない」と思い、代わりに免許証の更新を計画。2月16日、西都署近くにある西都地区交通安全協会の職員に、巡査が更新に必要な適性検査を受けたような書類を作るよう依頼した。しかし、署員が、宮崎市に住む巡査の更新手続きが同署で行われたことを不審に思い、巡査部長にただしたところ、不正を認めたという。巡査は結局、退院後に自ら免許更新の手続きをした。 県警は「息子のために何とかしてやろうという親心が悪い方向に向かってしまったのでは」と説明している。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090327-OYT1T00733.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月27日 | トップページ | 2009年3月29日 »