« 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月23日 »

2009年3月22日

2009年3月22日 (日)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(23日)
   (単位・レベル)

2振り込め詐欺のルーツは中国?

【解説】 中国情報サイトの「サーチナ」による

と、振り込め詐欺は中国でも社会問題化してい

るようだ。なんで、これほど日本で爆発したのか

どうも中国との関連も捨てきれなくなってきた。

同サイトを検索した結果、日本で振り込め詐欺

対策強化月間として全国警察が取締を強化して

いた昨年10月ころ、やはり中国でも大きな被害

が出ていた。サーチナ11月20日『新聞Bye1晩報に

よると、上海市公安局(警察)は19日、 電話を利用した「振り込め詐欺」が各地で発生。警察に届けられただけでも、9、10月の被害総額が約2000万元(約2億8000万円)にのぼったと発表した』という。その手口は『電話会社の職員と称する男が「あなたの求めで新たに開設した固定電話の料金が未払いになっている」と多額の料金を請求。被害者が「そんなはずはない」と言うと、「犯罪の可能性があるので警察に通報する」と電話を切る。しばらくすると、警察と称して電話があり「あなたの銀行口座の情報が不正に盗まれていたことが分かった。安全確保のため、いったん別の口座に金を移してほしい。新しい口座なら、警察が“凍結”することが可能だ」と言い、ATMなどを使って指定した口座に振り込ませている』というもの。日本の「警察官を騙る詐欺」に酷似しているのだ。そして、昨年12月10日サーチナでは『10日付中国新聞社電によると、北京市警察が「振り込め詐欺」の容疑者9人を逮捕したと発表した』の報道。さらに今年3月22日のニュースでは『 河南省鄭州市で建材業を営む男性は14日、見知らぬ男からの電話で名前と住所を確認され「あなたが犯罪を犯したので行方を追うように指示されている。もみ消してほしければこの口座に金を振り込め」と言われ、警察関係者に相談したところ、同様の手口で金を脅しとろうとする事件が他にも起きていると言われた』ことが報じられている。今年2月9日の本欄で紹介した事例では、神奈川県警に「振り込め詐欺」で逮捕された容疑者が「中国人から3万円を出すので金を取りに行くよう頼まれた」と供述している。振り込め詐欺の背景に中国人マフィアが存在する可能性も出てきた「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは3件。警視庁の体感治安はレベル2(あお)」だ。

市川市福栄における英国人女性殺人・死体遺棄事件
発覚年月日  平成19年3月26日
発生場所     千葉県市川市福栄2丁目
平成19年3月26日、マンションの一室で英国人女性の遺体が発見された事件で、犯Img_080319021 人の男を全国に指名手配して、その所在を捜査中です。この事件についてまたは犯人についてお心当たりのある方は、どんな情報でも構いませんのでご連絡ください。
情報の受付先 〒272-0127
千葉県市川市塩浜 3-10-18 「市川市福栄における英国人女性殺人・死体遺棄事件捜査本部」 電話 047-397-0110  内線 611FAX 047-397-1060 

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆巡査部長が交番で拳銃自殺 新潟県佐渡市(22日)

Head_logo1_2 22日午後5時15分ごろ、新潟県佐渡市の交番で、佐渡西署地域課の巡査部長(47)が拳銃で自殺を図っているのが見つかった。巡査部長は病院に運ばれたが死亡が確認された。http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009032201000612.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆松村邦洋さん、マラソンで倒れ一時心肺停止(22日)

Noimage_120x901_3 22日に行われた「東京マラソン2009」で、マラソンに参加していたタレント・松村邦洋さん(41)が、一時心肺停止状態となり、病院に救急搬送された。松村さんが倒れたのは22日午前11時半ごろ、東京・港区のコース15キロ地点の手前で、松村さんはテレビ番組の企画で参加していた。 その場を目撃し、119番通報した日本テレビ・右松健太アナウンサーは「ぐったりした様子で、口から泡をふいていて目はうつろ。周りの方の呼びかけに応える様子はありませんでした」と話している。松村さんは、現在は意識を取り戻し、都内の病院で精密検査を受けているという。 http://www.news24.jp/131510.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン:悪天候で五輪招致イベント中止相次ぐ(22日)

Logo_mainichi1_3 東京マラソンでは、2016年夏の東京五輪招致の世論盛り上げを狙ったイベントも予定されていたが、悪天候で多くが中止に追い込まれた。気象庁によると、ゴールに近い江東区新木場では午後1時47分に最大瞬間風速18.5メートルを観測。途中から雨も降り出し、準備を進めてきた招致関係者にとってはうらめしい天候となった。ゴール近くの特設会場では、トップ選手が参加する「ストリートスタジアム」が企画され、午前中は北京五輪陸上男子四百メートルリレー銅メダリストの朝原宣治選手らが60メートル走を披露。一緒に走った江戸川区の中学2年、及川夏菜(かな)さん(14)は「メダリストと初めて走ったので緊張した。東京にオリンピックが来たら出てみたい」と興奮気味に話した。しかし雨が降り出した午後は、北京五輪金メダリストの伊調馨選手らを招いてのレスリングや、トランポリンなどのイベントが軒並み中止に。招致担当者は「アピールできる絶好の機会だったのに残念です」と話していた。【江畑佳明】http://mainichi.jp/select/today/news/20090323k0000m040037000c.html

20090322k0000e050019000p_size51 20090322k0000e050018000p_size51

続きを読む "東京マラソン:悪天候で五輪招致イベント中止相次ぐ(22日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆時効まで1カ月 東京・井の頭公園の切断遺体事件(22日)

Banner_logo_051_7 東京都三鷹市の井の頭公園で平成6年4月、近くに住む建築設計技師、川村誠一さん=当時(35)=の切断遺体が見つかった事件は、来月24日午前0時に公訴時効を迎える。警視庁は延べ約3万7000人の捜査員を投入。現場近くのJR吉祥寺駅周辺などを中心に聞き込み捜査を続けてきたが、犯人は特定できていない。捜査している三鷹署は「残り1カ月だが、何とか犯人を逮捕したい」と情報提供を呼び掛けている。事件は6年4月23日に発覚。井の頭公園内の数カ所のごみ箱に、ポリ袋に入った切断遺体が捨てられているのを清掃員が発見した。警視庁によると、ビニール袋を持った不審な2人組の男が公園内をうろついているのを複数の人が見ているが、目撃情報は少なく捜査は難航している。 情報は同署(電)0422・49・0110。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/234302/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆愉快犯? 半径約1キロ以内で路上強盗6件(22日)

Banner_logo_051_6 埼玉県川口市や蕨市の半径約1キロの狭い範囲で、今年に入り、数人組の若い男による路上強盗が頻発している。いずれも夜間に自転車の通行人を襲撃して、バッグなどを奪う手口。奇妙なことは、それほど現金の被害がないことだ。見ず知らずの人を殴ることが目的の愉快犯の可能性もあるとみて、県警は警戒を強めている。始まりは1月20日夜。川口市西青木の青木町公園で、高校2年の男子生徒(17)が、3人組に顔を殴られ、スクールバッグを奪われた。約10分後、約1キロ離れた路上で、無職少年(17)が数人組に顔を殴られ、約200円が入った財布などを奪われ、鼻の骨を折る重傷を負った。次に発生したのは2月14日未明。川口市芝中田で、アルバイトの少年(19)が、2人組に顔を殴られ、現金約300円が入った財布を奪われた。さらに、2月19日夜には、川口市芝樋ノ爪と蕨市塚越で、社会保険事務所の男性職員(50)と男性会社員(33)が、3人組に立て続けに襲われ、バッグを奪われた。職員は鼻の骨を折る重傷を負った。3月4日には、川口市南前川で、少女(16)が3人組に自転車の空気入れで殴られ、化粧品が入ったバッグを奪われた。相次ぐ路上強盗に、捜査幹部は「たまたま金銭の被害がなかったのか、金目的以外なのか、犯人を捕まえてみないと分からない」としながらも、「単純な金目的の犯行とみるのはどうか。ふざけているようにも感じられ、非常に危険」と指摘している。県警は機動捜査隊などを投入して捜査を進めているが、夜間の路上での犯行のため、防犯ビデオや被害者以外の目撃情報などの手がかりが少なく、捜査は難航中だという。ある捜査幹部は、「路上強盗は治安のバロメーター。なんとしても検挙したい」と語った。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/234313/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆踏切で女子高生自殺か 西鉄天神大牟田線(22日)

Banner_logo_051_5 22日午前8時40分ごろ、福岡県久留米市三潴町生岩の西鉄天神大牟田線の踏切(遮断機、警報機付き)で、同市に住む高校2年の女子生徒(17)が、西鉄福岡(天神)発大牟田行き特急電車(6両編成)にはねられ、死亡した。乗客約250人にけがはなかった。城島署によると、生徒は電車の通過直前に遮断機をくぐって線路内に入り、電車に向かって立ち止まった。踏切の近くにそろえて置いてあった靴の中に遺書らしいメモがあり、自殺とみて調べている。生徒の家族は同署の事情聴取に対し「学校の授業のことで悩んでいる様子だった」と話しているという。西鉄によると、同線の上下計82本が最大52分遅れ、約1万1000人に影響が出た。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/234337/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆英女性殺害事件から間もなく2年、遺族来日(22日)

  千葉・市川市でイギリス人女性のリンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22)が殺害された事件から間もなく2年となるのを前に、遺族が22日に来日した。遺族は、指名手配中の市橋達也容疑者の逮捕への協力を呼びかけること0903220231Noimage_120x901_2にしている。 http://www.news24.jp/131500.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆神奈川の旧吉田茂邸が全焼 漏電の警報器鳴る(22日)

Head_logo1  22日午前6時ごろ、神奈川県大磯町西小磯の旧吉田茂元首相邸が炎上していると119番があった。大磯署によると、木造2階の邸宅母屋約890平方メートルが全焼。延焼した周囲の樹木など合わせて約1000平方メートルを焼き、午後0時半ごろ鎮火した。けが人はなかった。別棟は無事だった。大磯署によると、敷地内の警備員室にある母屋の漏電を知らせる警報器が鳴り、警備員が出火に気づいて通報した。敷地内には24時間体制で警備員がおり、直前に見回った際には、正面の門や母屋は施錠されており、不審な点はなかったという。同署は漏電が原因で出火した可能性があるとみて詳しく調べている。出火当初、普段は火の気がない2階部分から煙が見えたといい、燃え方が激しいことから、火元とみられている。大磯町のホームページなどによると、母屋は総ひのき造りの数寄屋風建築。邸宅は吉田茂元首相の養父が1884年に建て、約3万3000平方メートルの敷地に邸宅や賓客室、庭園などがある。吉田元首相と内外の要人が面会した戦後政治史の舞台の一つで、孫の麻生太郎首相も幼少期をこの邸宅で過ごした。1979年には当時の大平正芳首相とカーター米大統領の首脳会談が開かれた。http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009032201000054.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆茨城・取手市で交際相手の女性の首を包丁で切りつけた26歳の男を殺人未遂容疑で逮捕(22日)

Logo1_2 茨城・取手市で22日未明、交際相手の女性の首を包丁で切りつけたとして、26歳の男が殺人未遂の疑いで逮捕された。逮捕された取手市の会社員・霜山英史容疑者(26)は、22日午前0時45分ごろ、交際していた女性(26)と自宅で別れ話をめぐって口論になり、女性の首などを包丁で切りつけた疑いが持たれている。女性は全治10日ほどの軽傷で、霜山容疑者は「警察に行こう」と諭され、女性にともなわれて出頭したという。霜山容疑者は容疑を認めていて、2月ごろから別れ話を切り出され、刺してしまったと話しているという。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00151615.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆子ども服店強盗の疑い 男逮捕(22日)

News_pic1 去年7月、横浜市の子ども服の販売店に押し入り現金およそ100万円を奪ったとして49歳の男が強盗の疑いで逮捕されました。同じ系列の子ども服店では神奈川県や静岡県でほかにも3件の強盗事件があり、警察はこの男がかかわっているとみて調べています。逮捕されたのは、伊勢原市八幡台の運転手、及川清孝容疑者(49)です。警察の調べによりますと、及川容疑者は去年7月13日の夜、横浜市緑区のこども服の販売店「西松屋横浜長津田店」に拳銃のようなものを持って押し入り、女性店員2人の手足をひもで縛って現金およそ100万円を奪ったとして強盗の疑いが持たれています。警察によりますと、店内で検出された手のひらの跡や、事件当時の現場近くの車の捜査などから及川容疑者の疑いが強まったということです。及川容疑者は調べに対し容疑を認め、「生活費や遊ぶ金が欲しかった」と供述しているということです。同じ系列の子ども服の店では、去年までの4年余りの間に神奈川県厚木市や相模原市それに静岡県三島市の3つの店で拳銃のようなものを使った強盗事件が起きていて、警察は手口などから及川容疑者がかかわっているとみて調べています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014900501000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(22日)3件=中国でも

海外

「社長の電話番号簿」販売 振り込め詐欺事件も

3月22日8時50分配信 サーチナ

サーチナ河南省鄭州市で建材業を営む男性は3月14日、見知らぬ男からの電話を受け、名前と住所を確認された上で、「ある人から、あなたが犯罪を犯したので行方を追うように指示されている。もみ消してほしければこの口座に金を振り込め」と言われた。警察関係者に相談したところ、最近、同様の手口で金を脅しとろうとする事件が他にも起きているというのだ。16日付法制日報によると、中国のインターネット上では「経営者電話番号簿」などのタイトルで1万人近い人の電話番号を集めたデータが300元(約4200円)程度で売買されているという。男性が受けた電話も、こうした情報を違法に利用したものとみられる。 個人情報の取り扱いに関する法律が整備されていない中国では、ショッピングやホテル、住宅購入などの場面で自分が書いた個人情報が漏れてしまうこともあるという。個人情報をめぐるトラブルで殺人事件も起きており、警察関係者は「各人が個人情報保護の意識を高め、必要な場合は情報を公開した先に守秘義務を負わせる契約を結ぶことも有効だ」とアドバイスしている。(編集担当:恩田有紀)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090322-00000010-scn-cn
「こんにちは。宅配便です」-実は詐欺師だった2008年4月11日 11:48
サーチナ上海市の女性が3月29日、スイスで暮らす知人に荷物を送ろうと宅配業者のDHLに集荷を依頼したが、自宅にやってきた男2人が偽者だったことが判明し、送料を含めて2000元相当を騙し取られた。7日付で新華社が伝えた。 女性はインターネットでDHLのホームページを検索し、表示されていた集荷のフリーダイヤルに電話した。男2人が荷物を受け取りに来て、女性は送料として1400元を支払った。しかし後日スイスの知人から荷物が届いていないことを知らされ、女性はDHLに問い合わせたところ、同社は集荷を依頼されていないことが分かった。更に女性が見つけたのはDHLの偽サイトだったことも判明。また手渡された領収書にDHLのマークが入っていたが偽造されたものだった。女性は「そういえば2人は社員証をつけていなかったし、重さを量る機械も持っていなかった」と話している。(編集担当:麻田雄二)http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0411&f=national_0411_011.shtml

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(22日)3件=中国でも"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆林業試験場の女性室長、閉じ込められ熱中症で死亡(22日)

Yomiuri_koudoku1_3 22日午前0時15分頃、鳥取市河原町稲常の鳥取県林業試験場の敷地内にある木材乾燥機(高さ2・22メートル、横5・20メートル、縦2・25メートル)の中で、同試験場木材利用研究室長の大平智恵子さん(45)(同市若葉台南)が倒れているのを、捜していた姉(49)が見つけた。大平さんは既に死亡していた。鳥取県警智頭署によると、死因は熱中症で、大平さんが乾燥機の中に入って木材の検査中に何らかの原因で出入り口のドアの鍵が開かなくなり、閉じこめられたとみている。発表によると、ドアは金属製で、中からはボタン操作で鍵を開閉する仕組みになっていたが、壊れていたらしい。乾燥機はコンテナ型で、内部は温度55度、湿度71%に設定され、ドアには大平さんがドアを壊そうとした際に付いたとみられる傷が付いていた。大平さんは21日午後3時頃、家族に乾燥機内に杉材の状態を確かめに行くと言って、自宅を出ていた。死亡推定時刻は午後7時頃だった。試験場の事務所に大平さんの携帯電話が入ったバッグが置いてあり、閉じこめられた後、外部と連絡ができなかったらしい。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090322-OYT1T00476.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆東京・葛西の居酒屋から出火、店主が死亡(22日)全国で火事相次ぐ

Banner_logo_051_3 22日午前2時ごろ、東京都江戸川区東葛西の居酒屋「登茂恵」から出火、鉄筋コンクリート5階建てビルの1階店舗35平方メートルやビル外に置かれたバイク1台などが焼けた。居酒屋から店主の関根淳夫さん(50)=同区中葛西=が救出されたが、まもなく一酸化炭素中毒で死亡した。警視庁葛西署と東京消防庁は出火原因を調べている。同署によると、居酒屋は21日午後9時ごろに閉店したが、関根さんが店内に残っていたという。燃え方がひどい厨房(ちゅうぼう)付近が出火場所とみられる。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/234222/

「ショックに言葉失う住民 旧吉田茂邸全焼 焼け落ちた「政治史の舞台」」

Banner_logo_051_3数々の歴史の舞台になった邸宅が炎に包まれ、あっという間に焼け落ちた。22日早朝に起きた旧吉田茂邸の全焼火災。近所の住民らはショックに言葉を失い、不安げな表情で消火活動を見守った。もうもうと白い煙が立ち上る。閑静な住宅地に消防車十数台のサイレンが鳴り響き、上空には爆音を響かせヘリコプターが飛び回る。「ショックでショックで言葉も出ない」。近くの主婦、百瀬恵美子さん(62)は数日前に敷地を訪れたばかり。「知り合いから火事と聞いて飛んできた。普段は火の気がないところなのに」と声を落とす。大磯町観光協会の原田義彦事務局長(64)によると、敷地は事前登録制で一般公開されているが、見学できるのは庭園だけで、邸宅の中に人は入れない。「火災前日も見学会が行われたが、不審な点は何も見受けられなかった」と残念な表情を浮かべた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/234241/

宮城で民家全焼、2人死亡 51歳会社員と母親か

東京・小平の住宅全焼 家主の男性とみられる遺体

2009.3.22 12:17

Banner_logo_051_322日午前8時20分ごろ、東京都小平市学園東町、無職、大塚秋雄さん(84)方から出火、木造2階建て住宅約100平方メートルが全焼し、隣家の壁などが焼けた。火元から男性の焼死体が見つかったほか、消火作業をしていた近所の男性(23)が煙を吸い込んでのどにけがをした。警視庁小平署東京消防庁は出火原因を調べる一方、遺体を大塚さんとみて身元を調べている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/090322/dst0903221218006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆すき家に強盗 58万円奪う 佐賀・鳥栖(22日)

Banner_logo_051_2 22日午前3時10分ごろ、佐賀県鳥栖市萱方町の牛丼店「すき家34号鳥栖店」の裏口から男2人が事務室に押し入り、1人が拳銃のようなものと包丁をそれぞれの手に持って「金を出せ」と男性店員(34)を脅迫、金庫を開けさせて売上金など約58万円を奪って逃げた。店員にけがはなかった。鳥栖署が強盗事件として捜査している。同署の調べでは、2人はサングラスを着用。店員を脅した男は、30-40歳で身長約165センチ。紺色の上下に、焦げ茶色の帽子をかぶっていた。裏口がノックされたので開けたところ、1人が室内に侵入、もう1人はドア付近にいたという。同署によると、店内には別の店員1人と客2人がいたが、事件には気付いていなかった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/234238/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆雇用に保護主義台頭、英・米・豪・アジアで「外国人排除を」(22日)

Yomiuri_koudoku1_2 世界同時不況で各国の失業率が高まる中、自国民の雇用を優先し、外国人労働者の受け入れを制限する「雇用の保護主義」が台頭しつつある。職を失った外国人労働者が本国へ還流する動きも広がっているが、国に帰っても仕事がなく、一家で路頭に迷う「労働難民」化も深刻化している。英国東部のイミンガム近郊にあるリンゼー石油精製所。雪が舞う1月末に、従業員が「英国の仕事は英国人労働者のものだ」と書かれたプラカードを手にデモ行進を繰り広げ、ストに突入した。発端は、精製所の新規プロジェクトにイタリア人とポルトガル人労働者の採用を決めたことだ。抗議活動は英全土の石油精製所や発電所に拡大し、会社側が英国人に採用枠を割り当てる妥協案を示したことで、ようやく沈静化した。世界規模で働く場が加速度的に失われる中、各地で外国人労働者を排除する世論が拡大している。英紙フィナンシャル・タイムズが欧米6か国で3月上旬にかけて行った調査では、英国やイタリア、スペインなどで8割近い人が「失業した外国人は出て行ってほしい」と答え、「仕事を奪う外国人」への警戒感が強まっている。各国の政策にも「雇用の保護主義」が表れてきた。移民を積極的に受け入れてきた豪州は今月、8年ぶりに受け入れ目標を下方修正し、熟練労働者を現行の13万3500人から14%減らす方針を決めた。資源高に沸き、失業率が30年間で最低だった昨年から一変、足元の雇用は悪化している。 エバンズ移民相は「自国民に優先的に雇用機会を与えるのは、ラッド政権の明確な方針だ」と強調した。インドネシアやネパールなどから200万人を超える外国人労働者が働くマレーシアも1月、電機・電子産業などの急激な業績悪化を踏まえ、サービス、電機・電子、繊維の3業種でビザの発給や更新に応じないことを決めた。同国のサイドハミド内相は本紙に対し、「外国人労働者は汚い(dirty)、危険(dangerous)、困難(difficult)の3Dに限定する」と言ってはばからなかった。インドでは、オバマ米大統領の発言に波紋が広がっている。「看護師を輸入しなければならないという考えは理解に苦しむ」――。大統領は5日、医療問題を巡る議員らとの会談でこう述べ、50万人以上が見込まれる看護師不足の問題は、米国内で解消すべきだとの考えを示した。米国で働くインド人看護師はフィリピンに次ぐ1万5000人以上。インド南部ハイデラバードのアポロ看護学校では、米国行きを夢見る生徒から失望の声が上がっている。オニラ・サリンス校長は「米国では15倍以上の収入が得られる」と、家族への送金などに大きな影響が出ることを心配する。「外国人労働者はバッファー(雇用の調整弁)に過ぎないと認識している」シンガポールのリー・シェンロン首相は昨年12月、外国人特派員との会合で言い切った。好況時に労働コストの安さが重宝された外国人労働者は、未曽有の経済危機で漂流を始めた。http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090322-OYT1T00171.htm?from=top

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆NHK事件 犯人?博多駅カメラに 鉄道利用の可能性(22日)

Logo3_2 福岡市中央区六本松のNHK福岡放送局で起きた爆発事件で、犯人に似た男が事件の直前、福岡市のJR博多駅の防犯カメラに映っていたことが2Seb2009032100141 1日、捜査関係者への取材でわかった。県警は、犯人が鉄道で福岡入りした可能性があるとみて、足取りなどを調べている。 捜査関係者によると、爆発事件があった2月22日夕、犯人が持っていたのと同じようなバッグを持ち、マスク姿で背格好も似た男が博多駅構内の防犯カメラに映っていたという。その後、同市中央区天神では犯人と似た男が通行人に福岡放送局の場所を尋ね、タクシーに乗ったとの目撃情報がある。事件後の同日中にも、再び博多駅周辺で、よく似た男が防犯カメラに映っていた。このときはバッグを持っていなかったという。県警は、いずれも同一人物で、年齢は40代以上とみている。 この男が犯人であれば、最初に博多駅のカメラに映っていた時間から、その後に爆発事件で使われたタンクやボンベを調達する時間的な余裕はなかったとみられている。あらかじめタンクなどを用意し、鉄道で博多駅に来た可能性が高いという。 ◇〈NHK福岡放送局の爆発事件〉 2月22日午後5時半ごろ、東側玄関で発生。防犯カメラには、ニット帽にサングラス、マスク姿で、紺の上下、白の手袋をした男が持参したバッグを置いた直後、爆発が起きた様子が映っていた。玄関は天井が一部破損し、破裂したコンロ用のガスボンベ、給油口に布が差し込まれたプラスチックのタンクが残っていた。 http://www.asahi.com/national/update/0321/SEB200903210013.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【衝撃事件の核心】「愛人募集」で30人が詐欺被害…無職男の落としワザと「出会い系トラウマ」 (22日)

Msn_s1_3 〈年収4500万円の社長 月50万円で愛人募集〉。インターネットの掲示板にこんな書き込みをし、応募してきた女性から現金をだまし取ったとして、詐欺容疑で無職男が逮捕、起訴される事件があった。男は現在公判中で、被害者は約30人にも上ることが判明している。高額の“お手当て”につられた女性と、その心理に付け込んだ男。事件は現代のドライな男女関係をいや応なく映し出しているが、男の犯行動機も出会い系サイトで女性に会えなかった“腹いせ”という歪んだものだった。 

10都県30人…300万を詐取された女性も

 「あの男か…」昨年10月、新潟県長岡市。コーヒーの香りが漂う喫茶店内で、男女2人がテーブルを挟んで向き合っていた。少し離れた席から、客を装った捜査員がさりげなく視線を注ぐ。女性は数カ月前に目の前の男と愛人契約を交わしたが、現金を預けた直後から連絡が取れなくなり、新潟県警に被害届を出していたのだ。この日、2人が喫茶店で会うことになったのは、男の方から女性に「久しぶりに会わないか」と携帯電話に連絡が入ったから。女性は待ち合わせの喫茶店名と場所を担当の捜査員に告げ、現場に向かった。「預けた金を返してほしい」女性は必死に詰め寄ったが、男は話をはぐらかすなどして言質を取らせなかったという。県警は男について内偵捜査を進め、無職で支払い能力がない上、ほかにも同様の余罪があることなどを突き止めた。そして昨年10月23日、詐欺容疑での逮捕に踏み切った。男は長野県松本市の無職、横川寛孝被告(31)=新潟地裁で公判中。起訴状などによると、横川被告は昨年8月ごろ、インターネットの出会い系サイトに〈会社役員 年収4500万円 2つの会社を経営 月50万円で愛人募集〉などと書き込み、9月中旬に申し込んできた新潟県内の20代の女性事務員と面会し、月50万円を支払う愛人契約を結んだ。さらに「契約金は会社の金で払うので、経理担当に怪しまれないよう最初は投資する形にしてほしい。あとで金は返すから」などと架空話を吹き込み、現金10万円をだまし取ったとされる。その後の捜査で余罪が相次いで判明。横川被告が現金をだまし取ったとみられる女性は10都県の30人に及び、被害額は最高300万円を含め総額計750万円以上になるという。県警はこのうち被害届のあった事件を立件。今年1月に1人、2月には3人への詐欺行為について追送検し、いずれも起訴されている。 

「見せ金でいいから」…弱みにつけ込む手口

 横川被告の初公判は今年1月6日、新潟地裁で開かれた。「間違いありません」横川被告は検察官が法廷で読み上げた起訴事実について素直に認めた。一方、3通の起訴状などからは女性らをだました詳細な手口が明らかになっている。例えば今年1月に起訴された事件。昨年7月に愛人契約を結んだ新潟市在住の30代半ばの女性に対し、横川被告はこう話した。「これから2人で連絡を取り合うためのケータイを買ってほしい。君の名前で2台契約して1台をオレに渡してほしい」「契約してくれたら、すぐに名義をオレに代える。ケータイの代金も利用料金も全部オレが払うから」この話を信じた女性は、携帯電話1台(時価4万9600円相当)を横川被告に渡している。

続きを読む "☆【衝撃事件の核心】「愛人募集」で30人が詐欺被害…無職男の落としワザと「出会い系トラウマ」 (22日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆不審火? 相次ぐ歴史的建造物の焼失(22日)

Msn_s1_2 戦後政治史の一舞台としても知られた神奈川県大磯町の旧吉田茂邸が全焼した22日の火災。県内では、昨年5月から、重要文化財などの歴史的建造物が焼失する火災が相次いでいる。いずれも原因は判明していないが、放火が疑われるケースもあり、建物を管理する自治体などは警備態勢の見直しなど、対応に追われている。昨年5月12日、藤沢市の洋館「旧モーガン邸」が放火とみられる火災で、木造2階建て約280平方メートルの大部分を焼失。その後、修復工事が進められていたが、今年1月2日に再び出火し、ほぼ全焼した。旧モーガン邸は米国人建築家、J・H・モーガンが昭和6年に自宅として建造。歴史的建造物として、市民団体などが保存運動を行っていた。また、3月15日には、国の重要文化財に指定されている横浜市戸塚区の「旧住友家俣野別邸」で火災が発生。木造2階建て約650平方メートルと敷地内の工事用プレハブ2棟が全焼した。俣野別邸は昭和14年に住友家第16代当主、住友吉左衛門友成の東京別邸として建築され、平成16年に重要文化財に指定された。出火当時は全面改装工事のため、周囲は高さ約3メートルのフェンスで囲まれ、警報装置も設置されていたが反応はなかったという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/090322/dst0903220845002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆旧吉田茂邸が全焼 不審火の可能性 神奈川大磯町(22日)

Banner_logo_051 22日午前6時ごろ、神奈川県大磯町西小磯の旧吉田茂邸から出火したと、警備員から119番通報があった。県警によると、邸宅は全焼。周囲の樹木にも延焼したが、けが人はないという。大磯町消防本部によると、普段は火の気がないことから、不審火の可能性もあるとみている。大磯町のホームページによると、邸宅は吉田茂元首相の養父が明治17年に建て、約3万3000平方メートルの敷地に住居や賓客室、庭園などがある。吉田元首相と内外の要人が面会した戦後政治史の一舞台で、孫の麻生太郎首相も幼少期を過ごした。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/234163/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆英女性殺害事件から2年、遺族が来日へ(22日)

Noimage_120x901 千葉・市川市でイギリス人女性のリンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22)が殺害された事件から、まもなく2年がたつ。犯人逮捕への協力を呼びかけるため、遺族が22日に来日する。この事件は07年3月、英会話講師のリンゼイさんがマンションのベランダに置かれたバスタブの中から遺体で見つかったもの。死体遺棄容疑で指名手配されている市橋達也容疑者(30)に関する手がかりが見つからないまま2年が経過し、日本に向かう遺族の表情はこれまで以上に強い意志に満ちていた。イギリスで行われた会見には、地元メディアも多数訪れ、2年たった今も関心の高さがうかがえる。 リンゼイさんの姉・リサさん「去年は事件から受けたショックや悲しみの方が大きかったけれど、今は市橋容疑者に対する怒りがより強くなっている」 リンゼイさんの父親・ビルさん「市橋容疑者の顔をもう見飽きているかもしれないが、この顔を忘れないでほしい。私の娘を残忍に殺した男だ」遺族は22日から4日間、日本に滞在し、現場近くの駅で手作りのチラシを配るなど犯人逮捕につながる情報提供を呼びかける。 http://www.news24.jp/131485.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆千葉・市川市のアパートで寝たきりの妻の首を絞め殺害したとして75歳の夫を逮捕(22日)

Logo1 千葉・市川市のアパートで、寝たきりの妻の首を絞め殺害したとして、75歳の夫が逮捕された。逮捕された市川市の無職・土木田 克己容疑者(75)は、18日から19日にかけて、寝たきりだった妻のかねさん(74)の首をひも状のもので絞め、殺害した疑いが持たれている。調べに対し、「妻の介護に疲れた。将来を悲観して殺した」と、容疑を認めているという。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ひったくり:名古屋で9件、被害10万円超す(22日)

Logo_mainichi1_2 21日午後8時から22日未明にかけて、名古屋市で計9件のひったくりやひったくり未遂があり、計約10万1000円が奪われた。女性8人、男性1人が被害に遭ったが、全員けがはなかった。いずれも黒い原付きバイクに乗った男1~2人による犯行で、愛知県警で捜査している。県警によると、午後8時ごろ、中区錦の歩道を歩いていた女性(26)が現金5万2000円が入ったかばんを後ろから来た2人乗りのバイクの男にひったくられた。約10分後、約1キロ西の中村区名駅5の路上でも同様に歩行中の女性(68)が約1000円の入ったバッグを奪われた。さらに午後9時15分~22日午前0時4分ごろにも、半径約5キロの範囲内で相次ぎ発生。▽港区で男子大学生(19)が2500円▽瑞穂区で27歳と28歳の女性が計1万4000円▽昭和区で25歳の女性が1万円▽東区で41歳の女性が2万2000円をそれぞれバッグごと奪われた。港、昭和両区でも女性2人がひったくられそうになった。【式守克史】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090322k0000m040122000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆汚染米転売:「三笠」詐欺立件を断念へ 一部業者は認識か(22日)

Logo_mainichi1 米卸売加工会社「三笠フーズ」(大阪市、破産手続き中)の汚染米転売事件で、大阪、福岡、熊本3府県警合同捜査本部が社長の冬木三男被告(73)=不正競争防止法違反(虚偽表示)罪で起訴=らについて、詐欺容疑での立件を断念する方針であることが捜査関係者への取材で分かった。関係者によると、捜査本部は三笠フーズが汚染米の不正転売で多額の利ざやを詐取したとみて調べていたが、米の流通に関与した業者の一部に汚染米を扱っていた認識があった可能性が捨てきれず、詐欺容疑での立件は困難と判断したとみられる。一方、大阪地検は23日にも冬木被告を別の不正競争防止法違反(虚偽表示)罪で起訴する方針。捜査本部によると、冬木被告は07年12月~08年3月、食用米に殺虫剤メタミドホスに汚染された中国産餅米を混ぜて食用と偽り、山形県米沢市の食品会社に販売したとされる。捜査本部はメタミドホス汚染米のほか、殺虫剤アセタミプリドに汚染されたベトナム産うるち米を九州の酒造会社に販売したとして、2月10日に冬木被告ら5人を同法違反容疑で逮捕。冬木被告に加え、三笠フーズ元顧問、宮崎一雄(77)▽米穀会社「マルモ商事」社長、丸山茂夫(60)両容疑者が起訴された。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090322k0000m040108000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「民主に失望」拡大60%、政権交代容認なお58%(22日)

Yomiuri_koudoku1 読売新聞社と早稲田大学の共同世論調査(面接方式)で、民主党に対する有権者のイメージが悪化していることがわかった。小沢代表の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件が影響したとみられるが、与野党の政権交代を容認する世論そのものは依然として多数を占めている。読売・早大共同調査は、自民、民主両党に対する有権者の意識の変化が、次期衆院選の投票行動にどう影響するかを探ることが狙いだ。昨年10月から継続実施し、今回(3月14~15日実施)は4回目となる。民主に対する印象の変化を見ると、「期待している」と答えた人は47%で前回の55%を下回った。「失望している」は前回は50%だったが今回は60%に増えた。民主の政権担当能力についても「ある」が45%で前回の51%を下回り、さらに今回は「ない」の48%が多数となった。ただ、「民主に一度、政権を任せてもよいと思うか」を聞くと、「そう思う」は58%だった。前回の64%より下がったものの、昨年10月(58%)と同じで、「そうは思わない」39%を大きく上回っている。自民の政権担当能力については「ある」は61%(前回54%)に増えた。しかし、有権者の自民に対する印象は、「失望している」は73%(同75%)で高止まりし、「期待している」は37%(同36%)で横ばいだった。今回の調査は全国の有権者3000人を対象に実施し、1755人から回答を得た(回収率58・5%)。(

2009年3月22日03時05分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090322-OYT1T00038.htm?from=main1

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆高齢者施設、失火の疑い 過去にたばこ不始末でぼや(22日)

Logo3 19日深夜に火災が起きた群馬県渋川市の「静養ホームたまゆら」で、県警は、火の気のない室内から出火した可能性が高いとして、失火との見方を強めていることが捜査関係者への取材でわかった。また、数年前にも同施設でたばこの不始末が原因とみられるぼや騒ぎがあったことも、複数の関係者の話でわかった。21日夜には前橋市内の病院で治療を受けていた男性が新たに亡くなり、死者は計10人になった。 関係者によると、「たまゆら」では07年ごろ、今回焼けた3棟から50メートルほど離れた別棟付近にあった資材などが燃えるぼや騒ぎがあったという。当時、この別棟に入所していた男性は喫煙の習慣があり、たばこの不始末がたびたび問題にされていた。 県警によると、この男性は、7人が遺体でみつかった敷地北側の別館「赤城」で行方不明になっており、男性の居室付近が最も激しく焼けていたという。 また、「たまゆら」は増改築を繰り返しており、違法建築の可能性もあるとみて県が調査に乗り出した。現況が配置図と異なる部分があり、違法な増改築が行われた可能性があるという。渋川署によると、21日夜に亡くなったのは深井隆次さん(77)。東京都墨田区役所の紹介で07年7月に入所していた。敷地西側の別館「榛名」で救出され、病院に搬送されていた。 http://www.asahi.com/national/update/0321/TKY200903210243.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆東北新幹線に刃物所持男か 乗客降ろし捜索も姿なし(22日)

Msn_s1 21日午後8時20分ごろ、宮城県内を走行中の仙台発東京行きの東北新幹線Maxやまびこ130号の車掌から、車内で刃物をちらつかせている男がいるとの連絡が、JR東日本新幹線運行本部にあった。福島県警が福島駅で調べたが刃物を持った人はおらず、列車は30分遅れで発車した。福島署によると、車掌は切符の点検のためグリーン車にいた60代ぐらいの男に声を掛けた際、男が果物ナイフのような刃物をちらつかせたため連絡したという。福島駅で客全員をホームに降ろし、警官と車掌が男を捜したが姿はなかった。そのため、警官が宇都宮駅まで同乗し、車掌と警官が車内を巡回したという。JR東日本によると、東北新幹線の上下計6本が最大24分遅れ、計1300人に影響があった。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090322/crm0903220001000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆高齢タクシー 人身事故続発 都内で年千件超(22日)

Head_logo1 東京都内で、六十五歳以上のタクシー運転手による人身事故が毎年千件を超えて増え、今年も昨年を上回るペースで続発している。業界団体は、高齢化に伴う運転技術の低下に加えて、規制緩和と不況で乗客の奪い合いが激化していることも一因と分析。警視庁は高齢のタクシードライバーを対象に安全教室を開くなど対策に本腰を入れ始めた。今月初め、世田谷区の警視庁交通安全教育センターで開かれた「シルバータクシードライバー交通安全教室」。「視力や反応が鈍った」。タクシー運転歴三十六年の男性(70)は、ハンドル操作の正確さや反応の早さを機械で調べる検査を受けてため息交じりにつぶやいた。集中力などの衰えを自覚してもらうことを主な目的に、警視庁が昨年春から始めた。この日が三回目。七十-七十九歳の十九人が指導員を乗せて走行訓練などに取り組んだ。六十五歳以上のタクシー運転手がどれだけいるかの統計は公表されていないが、東京タクシーセンターによると、東京二十三区と武蔵野市、三鷹市の法人タクシー運転手の平均年齢は、二〇〇一年の五二・二歳から〇七年に五六・四歳に。個人タクシーも六十一歳で、高齢化が進んでいることがうかがえる。警視庁によると、都内で六十五歳以上のタクシー運転手側が主な原因となった人身事故は、〇六年が千九十二件で、以後、千二百七件、千四百十件と年々増加。〇九年も一-二月で二百四件と前年同期を七件上回っており、二カ月間の人身事故総数が前年より11%減る中で際立つ。〇二年の規制緩和でタクシー台数が増加する中、不況で乗客が減る厳しい状況に直面する業界。「客を探して盛り場に急ごうとする焦りが事故を招くケースもあるようだ」と全国個人タクシー協会の木村忠義会長は指摘する。昨年、都内でタクシーが起こした十件の死亡事故の大半は空車時だった。警視庁交通部は昨年、二度にわたり、業界団体に、交差点での安全確認や路上で寝込む人に注意することなどを盛り込んだ要請文を出した。交通部幹部は「ベテラン運転手のプライドは油断にもつながる。慎重に運転すれば防げた事故は多く、安全運転を意識して長くタクシーの仕事を続けてほしい」と話している。http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009032102000211.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月23日 »