« 2009年3月16日 | トップページ | 2009年3月18日 »

2009年3月17日

2009年3月17日 (火)

☆野焼き 4人死亡2人けが(17日)

News_pic1 17日午後、大分県由布市で野焼きの作業をしていた人たちが火と煙に巻き込まれて、お年寄り4人が死亡し、2人がけがをしました。警察は、安全管理に問題がなかったかどうか、当時の状況を詳しく調べています。17日午後1時半ごろ、由布市湯布院町塚原にある山林で野焼きを行っていたところ、作業をしていた人たちが火と煙に巻き込まれました。この火事で、いずれも地元に住む、阿部正規さん(80)、緒方一成さん(70)、宮本義廣さん(75)、畔津シズ子さん(73)のお年寄り4人が死亡しました。また、67歳の女性が重傷のやけどを負ったほか、60歳の女性が足のねんざで軽いけがをしました。現場は、由布市にある旧湯布院町の庁舎から、北東に6キロほど離れた由布岳の北側にある斜面で、警察の調べによりますと、午前中から地元の住民およそ70人が出て、野焼きをしていました。しかし、近くにいた人の話では、午後1時半ごろに火の勢いが強まり、死亡した4人や、けがをした2人と連絡が取れなくなったということです。火はその後消し止められましたが、この野焼きでおよそ30ヘクタールが焼け、警察は、安全管理に問題がなかったかどうか、当時の状況を詳しく調べています。気象台によりますと、18日の大分県内には、全域に乾燥注意報が出されていました。http://www.nhk.or.jp/news/k10014820321000.html

岡山で山林火災 1人死亡

News_pic117日午後、岡山県高梁市で山林およそ20アールが焼けて1人が遺体で見つかり、警察は、亡くなったのは近くに住む79歳の女性とみて確認を急いでいます。消防は、たき火の火が燃え広がったものとみて火事の原因を調べています。17日午後3時ごろ、高梁市川上町高山市の藤川昌享さんが所有する林から火が出て、火はおよそ1時間後に消し止められましたが、山林およそ20アールが焼けて、焼け跡から女性1人が遺体で見つかりました。警察の調べによりますと、火事のあと、藤川さんの母親の澄恵さん(79)と連絡がとれなくなっているということです。警察は、亡くなったのは澄恵さんではないかとみて確認を急いでいます。また、消防によりますと、現場付近には枯れ草が束ねて置かれていて、その周辺から燃え広がっていることから、たき火の火が燃え広がったものとみて火事の原因を調べています。http://www.nhk.or.jp/news/k10014816031000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(18日)
   (単位・レベル)

2失業者数と治安関係

【解説】 東京都府中市の多摩川河川敷でホー

ムレスの男性が死亡した事件で、警視庁は17

日、調布市の59歳の男を殺人容疑で逮捕した。

全国の公園や河川敷などで生活するホームレス

数が1万5759人で、減少傾向が続いていたが、

初めて横ばいとなったことが厚生労働省から発

表さBye1_3れた。背景にあるのは「景気悪化」だという。

読売新聞によると都内で最もホームレスが多い上野公園周辺で、「地域に迷惑をかけない」「困った時は助け合う」という路上生活の「ルール」を無視するホームレスが増えているという。背景にあるのは「新参者」の参入で古参組との摩擦やトラブルも広がっているそうだ。失業者の増加と犯罪の相関分析によると、完全失業者数は、空き巣狙いや自動車盗、車上ねらいやひったくりの増加と強い因果関係がある(警察学論集61巻8号)。治安の悪化が懸念される。都内でひったくりの被害が急増しており、17日、警視庁日野署などが主催してひったくり防止のイベントが行われた。それでも体感治安はレベル2(あお)」の現状とする。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは1件。

ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。

Kikuchi11Hirata11Takahashi11●●●●●●●●●●●●今月20日で地下鉄サリン事件から14年を迎えることから警視庁は都内の大型街頭ビジョンやケーブルテレビで、平田信(43)、菊地直子(37)高橋克也(50)の特別手配3容疑者の情報提供を呼びかけるビデオ映像を放映することにした。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「仁義なし」で冷戦?新顔のホームレス急増、古参イライラ(17日)

Yomiuri_koudoku1_5 東京都内で最もホームレスが多い上野公園(台東区)周辺で、「地域に迷惑をかけない」「困った時は助け合う」という路上生活の「ルール」を無視するホームレスが増えている。 景気の急激な落ち込みで、一時的に路上生活を余儀なくされている「新参者」が続々集まってくることが要因とみられ、古参組との摩擦やトラブルも広がっている。JR上野駅に近い「アメ横商店街」。深夜になると、シャッターが降りた店舗の前に、2~3メートルおきに段ボールが並び始める。ここで半年前から寝ているという男性(58)は2月19日、ビリビリという大きな音で目が覚めた。目の前にある喫茶店のごみ置き場で、見慣れない男がごみ袋を破き、食べ残しのパンを取り出していた。新顔のホームレス3人も同じようにごみ袋を破いて中身を持ち去っていく。路上には、袋から飛び出たごみが散らばったまま残された。男性は、ごみ袋の中から食べ物を探す時には、袋の口をきれいにほどき、中身を取り出した後は縛り直すというルールを、先輩ホームレスから教わった。それが商店街に迷惑をかけない最低限のマナーだ。だが、「最近の新顔はあいさつもしないので、ルールを教えられない」という。都の今年1月の調査では、上野公園周辺のホームレスは201人で昨年1月より約50人増えた。上野公園で週5、6回行われている炊き出しで、トラブル防止の監視役をしているボランティアの大橋節栄さん(72)も、変化を実感していた。炊き出しには今年に入って、700人近くが列を作る。例年の冬は400~500人程度。新顔が増えたためだが、感謝の言葉を口にせず、大橋さんが「ありがとうぐらい言ったら」と声をかけても、無言で立ち去る人が多いという。「炊き出しで余計にもらった分は、食べられなかった人に譲る」「酒に酔った時は炊き出しに並ばない」という昔からのルールも無視されがちだ。常連が寝ている場所に陣取ろうとした新顔に大橋さんが声をかけると、「公共の場所だろ」と反論されたこともある。新顔の人たちも戸惑いを見せている。派遣社員として働いていた千葉の自動車製造会社で仕事を続けられなくなり、2月に上野に来た男性(36)は「古参のホームレスは怖いというイメージ。近寄れない」。神奈川県の土木会社を辞めて1か月前から路上生活している男性(28)も「ルールがあるなんて知らなかった」と話した。ホームレスの現実を学校で伝える出張授業に取り組む支援団体代表の生田武志さん(44)によると、解雇などで突如、路上生活を送ることになった人は社会への復帰願望が強く、自分をホームレスと認めたがらない傾向があるという。生田さんは「路上生活は食べ物探し一つでも非常に難しく、情報交換できなければ孤立してしまう」とし、「会社でも新人が先輩を避けていたら、ルールがわからない。社会復帰するためにも、コミュニケーションを図りながら、その場のルールを学ぶことも必要では」と話している。(前村尚)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090317-OYT1T00706.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ホームレス殺人:調布の59歳男を逮捕 多摩川河川敷(17日)

Logo_mainichi1_5 東京都府中市の多摩川河川敷でホームレスの男性が顔から血を流して死んでいるのが見つかった事件で、警視庁府中署は17日、調布市深大寺東町1、土木作業員、永久保富二男容疑者(59)を殺人容疑で逮捕した。同署によると、永久保容疑者は「記憶がなく覚えていない」と容疑を否認しているという。逮捕容疑は15日午後11時ごろ、府中市是政6の多摩川河川敷でホームレスの田上隆昭さん(58)と口論になり、田上さんの頭部をナタ(全長約40センチ)で数回切りつけるなどして殺害したとしている。死因は頭がい骨陥没に伴う脳挫傷とみられる。府中署によると、永久保容疑者は15日夕から現場の河川敷で田上さんらと一緒に酒を飲んでいたといい、この際にトラブルになったとみている。【佐々木洋】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090317k0000e040078000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆OB立ち合い、6対6で殴り合い…「決闘」容疑で少年逮捕(17日)

Yomiuri_koudoku1_4 広島県警少年対策課と広島西署は16日、集団で殴り合うなどしたとして、広島市内で活動する暴走族グループの、15~18歳の少年12人を決闘容疑で、現場に立ち会ったOBの別の少年(18)を決闘立会の容疑で逮捕したと発表した。発表によると、広島市安佐南区を拠点とする暴走族の少年6人と、同市西区を拠点とする暴走族の少年6人は、昨年10月22日午後9時頃、同区打越町の太田川放水路河川敷で、素手で殴り合うなどの決闘を行い、西区のグループのOB少年は立ち会った疑い。12人は容疑を認めて、うち11人は保護観察処分や少年院送致などとなっている。一方、OB少年は「見ていただけ」と容疑を否認している。同署などによると、少年らは「武器は使わない」「負けを認めたら、それ以上手を出さない」などの条件で、互いの勢力を誇示するために決闘を行ったという。決闘罪はあだ討ちなどを禁止するため、1889年に制定された。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090317-OYT1T00747.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆auで料金計算ミス、2100万人に影響の可能性(17日)

Yomiuri_koudoku1_3 KDDIは17日、auの携帯電話「CDMA 1X WIN」シリーズを利用している契約者のうち、最大約2103万人のメールサービスのパケット通信料金計算が誤っていた可能性があると発表した。3月6日にメールの課金システムの設定を誤ったのが原因で、15日には修正が完了したという。影響の可能性がある2103万人のうち、計算上の過徴収は最大約867万人、徴収不足は最大約1236万人に達するおそれがある。影響金額などは調査中だ。
 問い合わせは、auお客さまセンター(電話0077・7・111)へ。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090317-00000872-yom-bus_all

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆三重県警機動隊巡査長、硫化水素自殺か 三重県津市(17日)

Banner_logo_051_7 17日午前9時25分ごろ、三重県警機動隊の男性巡査長(26)が、津市藤方の自宅アパート近くにある駐車場の乗用車内で死亡しているのを同僚が発見した。津署によると、ドアは施錠され、巡査長は運転席であおむけに倒れていた。車内には卵が腐乱したような異臭があり、硫化水素を発生させて自殺したとみられる。巡査長が出勤しないのを不審に思った同僚がアパートを訪れた。巡査長の自宅にあったパソコンの画面には「疲れた」と遺書らしき書き込みがあったという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/232508/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆磐梯山、箱根山など4火山に「噴火警戒レベル」を導入(17日)

Banner_logo_051_6 気象庁は17日、磐梯山(福島県)と安達太良山(同)、那須岳(福島、栃木県)、箱根山(神奈川、静岡県)の4火山に、火山活動の状態と取るべき防災対応を5段階で示した「噴火警戒レベル」を31日から導入すると発表した。活動が現在のまま変わらなければ、静穏であることを表す「レベル1(平常)」になる。噴火警戒レベルは「平常」の1、「火口周辺規制」の2、「入山規制」の3、「避難準備」の4、「避難」の5の五段階で、周辺自治体の防災体制づくりが整った火山から昨年12月以降に順次導入。気象庁はこれまでに富士山など21火山に導入した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/232542/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆多摩川河川敷で大規模火災 東京・大田区(17日)

Banner_logo_051_5 17日午後4時20分ごろ、東京都大田区南六郷の多摩川河川敷の枯れ草から出火。東京消防庁によると、消防車など16台を出動させ消火に当たっているが、午後5時20分現在で消火のめどは立っておらず、1万5000平方メートルを延焼中。けが人は出ていない。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/232564/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「はっぴいえんど」元メンバー、大麻所持で有罪判決 東京地裁(17日)

Banner_logo_051_4 乾燥大麻を所持していたとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われた70年代の人気バンド「はっぴいえんど」元メンバー、鈴木茂被告(57)の初公判が17日、東京地裁で開かれた。鈴木被告は「仕事や私生活の不安から逃避するために大麻を使った。自分の愚かな行為を謝罪したい」などと述べ、起訴事実を認めた。合田悦三裁判官はその日に判決を言い渡す即決裁判を適用。懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)を言い渡した。合田裁判官は「法律を守る意識が鈍っていたと言わざるを得ない」とする一方、反省を深めていると指摘した。判決によると、鈴木被告は2月17日、東京都江東区青海の路上で乾燥大麻約0・98グラムを所持した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/232578/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「採用されたかった」面接受けた会社に爆破予告 女を逮捕(17日)

Banner_logo_051_3 埼玉県警大宮署は17日、威力業務妨害の疑いで、上尾市小敷谷の無職、八須里美容疑者(22)を逮捕した。大宮署の調べでは、八須容疑者は2月12日午後8時50分ごろ、携帯電話からインターネットの掲示板「2ちゃんねる」に、「今日、面接を受けに来た八須●美を落としたらNTTソルコビルを爆破します」などと書き込み、コールセンター業「エヌ・ティ・ティ・ソルコ首都圏北支店」(さいたま市大宮区)に、店内やビルを警戒させるなどさせて業務を妨害した疑いが持たれている。大宮署によると、八須容疑者は2月12日昼、同社のアルバイトの採用面接を受けていた。調べに対し、「なかなか採用されず、採用されたかったのでやった」などと供述し、容疑を認めているという。警視庁の捜査員が書き込みを発見し、大宮署と支店に連絡。面接の情報や、携帯電話の通信記録から八須容疑者が浮上した。八須容疑者の不採用が決まった翌2月13日夜にも、「NTTソルコ爆破します。通報した奴も一緒に殺しますよ。H須里美を採用しないからいけないのだよ。by桑田真澄」などの書き込みがあり、大宮署は八須容疑者が書き込んだとみて関連を調べている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/232543

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女性用下着盗む、男逮捕 自宅から200点(17日)

Noimage_120x901 埼玉・川越市の無職の男が、女性用の下着を盗んだとして逮捕された。自宅からは、女性用の下着約200点が押収された。 窃盗などの疑いで逮捕されたのは、川越市の無職・細田利光容疑者(41)。調べによると、細田容疑者は先月、川越市内の住宅の庭に侵入し、干してあった女性用の下着を盗んだ疑いが持たれている。警察が16日、細田容疑者の自宅を捜索したところ、押し入れなどから女性用の下着約200点が見つかり、押収したという。 調べに対し、細田容疑者は容疑を認め、「性的欲求を満たすために盗みを繰り返していた。数十回はやった」などと話しているということで、警察は余罪についても調べている。 http://www.news24.jp/131133.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(17日)1件

録音で振り込め詐欺に対抗 

Logo_mainichi1_4 振り込め詐欺への注意を呼び掛ける小型スピーカー(縦横7.5センチ、厚さ1.8センチ)を札幌中央署が独自に試作し、管内の銀行やコンビニエンスストアなどに配布している。詐欺の手口などを吹き込んで流し、慌てて現金を振り込もうとしている人を落ち着かせるのが狙い。最初から決まった音声が録音されているのではなく、最大15秒間、自由に録音・再生できるのが特徴だ。「オレオレ詐欺」「融資保証詐欺」「還付金詐欺」とさまざまに形を変える振り込め詐欺だが、同署は「音声を吹き込み直せば対応できる。こちらもあの手この手を使う」。【和田浩幸】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090317k0000m040134000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆男性遺体:多摩川河川敷でホームレスか 東京・府中(17日)

Logo_mainichi1_3 16日午後4時50分ごろ、東京都府中市是政6の多摩川河川敷で「男の人が倒れて冷たくなっている」と、ホームレスの男性から110番があった。警視庁府中署員が駆け付けたところ、顔から血を流した男性が毛布を掛けられた状態で死亡していた。顔に傷があったことなどから、府中署は男性が事件に巻き込まれたとみて、司法解剖で死因を調べる。府中署によると、男性は現場で生活するホームレスで50代とみられる。15日夜、ホームレス仲間数人と酒を飲んでいた際にトラブルがあったとの情報があり、関係者から事情を聴く。【古関俊樹】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090317k0000m040139000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆元次官宅襲撃:「小泉容疑者の責任能力ある」専門医(17日)

Logo_mainichi1_2 元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、殺人容疑などで逮捕された小泉毅容疑者(47)の事件当時の精神状態を鑑定している専門医が、刑事責任能力には問題がないとの見方をしていることが、関係者への取材で分かった。さいたま地検が拘置期限まで数日残した昨年12月22日、鑑定留置を請求し、さいたま地裁は3カ月間の鑑定留置を認めた。地検は拘置期限が切れる今月末にも起訴するとみられる。捜査関係者によると、小泉容疑者は調べに対し、「34年前、保健所に処分された愛犬の仇(あだ)討ち」と常識的には理解しがたい動機や、「悔いが残っている。死刑にならずに出所したら、襲撃できなかった別の元厚生事務次官らを狙う」などと供述していた。逮捕容疑は、昨年11月17~18日、さいたま市の山口剛彦さん(当時66歳)と妻美知子さん(同61歳)を刺殺、東京都中野区で吉原健二さんの妻靖子さんに重傷を負わせるなどしたとされる。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090317k0000m040121000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆認知症運転者:6人に1人が事故 75歳未満が半数(17日)

Logo_mainichi1 運転している認知症患者の6人に1人が交通事故を起こしていたことが、日本老年精神医学会の全国調査で明らかになった。警察庁は今年6月から75歳以上を対象に免許更新時に記憶力や判断力の低下の有無を調べる認知機能検査を導入するが、調査結果では事故を起こした患者の約半数は75歳未満で、専門家から対象年齢の引き下げを求める声も出ている。認知症ドライバーについては高速道路の逆走事故など、危険な運転が懸念されているが、全国規模の運転実態が明らかになるのは今回が初めて。調査は08年1~3月に診断された認知症患者7329人分のデータを分析した。データは全国各地の医師368人から寄せられた。調査結果によると、患者の11%が運転しており、そのうち16%に当たる134人が運転中に事故を起こしていた。事故を起こした人の93%は自損・物損事故。7%は人身事故で、いずれも事故を起こしながら運転を継続していた。平均年齢は74.6歳で、75歳未満は47%でほぼ半数に上った。また、運転者全体の調査結果によると、運転する回数は「毎日」が36%、「週に数回」が33%で、約7割が日常的に運転していた。「月に数回」は14%、「めったに乗らない」は11%だった。運転の目的は▽買い物39%▽通院24%▽仕事・通勤14%で、8割近くが日常生活で車が欠かせないことをうかがわせた。運転していた人のうち、家族が運転に異常を感じていたケースが34%、家族が運転の中止を試みたのは31%あり、認知症患者の運転をなかなかやめさせられない実態も明らかになった。調査メンバーの池田学・熊本大大学院教授(神経精神医学)は「認知機能検査は75歳以上が対象で、認知症ドライバーの半数が検査から漏れる可能性がある。検査の対象年齢の引き下げを検討すべきだ」と指摘している。【板垣博之】【ことば】認知機能検査  認知症の疑いのあるドライバーを把握するために導入する簡易検査。道路交通法では、認知症患者は運転免許の取り消し・停止の対象。検査の結果、「記憶力・判断力が低い」と判定されると、違反歴や専門医の診断を踏まえて、公安委員会が免許更新か、取り消し・停止かを決める。http://mainichi.jp/select/today/news/20090317k0000m040116000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「川の悪臭ひどい」調べてみれば…駅のトイレから汚物流入(17日)

Yomiuri_koudoku1_2 東京都北区のJR王子駅のトイレから出る汚物が、40年以上、下水処理場に送られず、近くを流れる石神井川に直接流れていたことが東京都下水道局の調査でわかった。同川は隅田川につながる1級河川。北区によると、長年、「悪臭がひどい」という住民の苦情があったという。JR東日本東京支社は下水道局の指摘を受け、今月5日にトイレの使用を停止している。問題が発覚したのは同駅の南口にある乗客用トイレ。汚物は、汚物用の下水管を通って処理施設に運ばれることになっているが、下水道局が今月2日、石神井川に通じる雨水用の下水管を点検していたところ、駅のトイレからの排水管が雨水用の下水管につながっており、処理施設を通らないまま川に流れ込んでいた。同支社によると、問題のトイレは1966年に設置され、当初から川に流されていた可能性が高いという。同支社は「なぜトイレの排水管を雨水用下水管につなげていたのかは調査中だが、地域の皆様に迷惑をかけ申し訳ない」と話している。JR王子駅は、京浜東北線が停車し、1日の乗降客数は平均12万4000人。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090317-OYT1T00176.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆秋田県沖の危険区域、9割は日本の排他的経済水域(17日)

Yomiuri_koudoku1 北朝鮮が「人工衛星打ち上げ準備」に伴って指定した秋田県沖の危険区域について、約9割が日本の排他的経済水域(EEZ)と重なることが16日、わかった。海上保安庁が確認した。外務省海洋室は「法的な問題はない」としているが、海洋法に詳しい安保公人

・拓殖大教授は、「(EEZについて規定する)国連海洋法条約58条3項により、北朝鮮は日本に『妥当な考慮』を払わなければならない。政府はあらゆる対応をすべきだ」と指摘する。危険区域が日本の漁場や商船の航路に重なると、日本の権利を侵害することになるためだ。政府内にも「他国のEEZに危険区域を勝手に設定するなど聞いたことがない」(政府筋)と不快感が広まっている。危険区域にはロケットなどの部品などが落下する恐れがある。北朝鮮は4月4~8日の間に「人工衛星」を打ち上げるとして、秋田県沖約130キロの海域(東西250キロ×南北20キロ)と太平洋上の海域(いずれも日本の領海外)を危険区域に指定した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ホテル社長らを書類送検へ 日教組集会参加者の宿泊拒否で(17日)

Msn_s1 プリンスホテル系列のグランドプリンスホテル新高輪東京都港区)が、日教組の教育研究全国集会(教研集会)参加者の宿泊を拒否した問題で、警視庁保安課などは17日にも、旅館業法違反の疑いで、プリンスホテルの渡辺幸弘社長(61)ら4人と法人としての同社を書類送検する方針を固めた。保安課などの調べでは、ホテルは昨年2月に予定された教研集会の際、合法的な理由がないのに、集会の参加予定者190室分の宿泊予約を取り消した疑いがもたれている。ホテルは前年11月、「街宣活動などにより、ほかの宿泊客や近隣に迷惑がかかるおそれがある」などとして会場の提供を拒否。集会参加者の宿泊予約も解除していた。旅館業法によると、ホテルや旅館は、空室がない場合と、宿泊客に伝染病や違法行為の恐れがある場合を除いて、宿泊を拒否してはならないとされている。違反した場合は、2万円以下の罰金。同課などは、ホテルの担当者らから当時の事情を聴くなどして捜査。ホテル側は「受験生が多いシーズンで、周囲には病院もある。集会を開けば、街宣活動などで、周辺の安全が脅かされる可能性があった」などと説明したという。しかし、こうした理由での宿泊拒否は認められないため、同課は同法違反の疑いで書類送検する方針を固めた。この問題では、ホテルを監督する港区が昨年4月、ホテルを厳重注意処分にしている。港区によると、同区保健所がホテルの担当者から事情聴取を行い、宿泊拒否は同法違反に当たるとの判断を伝えた。ホテル側は「重大に受け止める」と謝罪したという。日教組側はホテルが会場提供を拒否したため全体集会が中止になったなどとして、ホテルと役員を相手取り、慰謝料など3億392万円と新聞への謝罪広告を求める損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こしている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090317/crm0903170044001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆出会い系使って売春 経営の男ら逮捕(17日)

Banner_logo_051_2 出会い系サイトで男性客を募り、女性従業員に売春させたとして、大阪府警保安課と天王寺署などは16日、売春防止法違反の疑いで、大阪市天王寺区逢阪の売春デートクラブ経営、松本晃宏容疑者(24)と同店共同経営者、武田晋也容疑者(29)ら計12人を逮捕したと発表した。府警によると、松本容疑者らは携帯電話の出会い系サイトに一般の女性を装って男性客を勧誘。待ち合わせ場所や料金などのやりとりをしたあと、従業員の女性を車で送り、売春させていたという。昨年9月に営業を始め、今月初めまでに約5500万円の売り上げがあった。逮捕容疑は、昨年12月初めから今月初めにかけ、男性客(21)ら5人に対し、女性従業員(23)ら5人を引き合わせ、売春させたとしている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/232363/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中3男子が公園で意識不明 兵庫・三木(17日)

Banner_logo_051 16日午後7時45分ごろ、兵庫県三木市志染町中自由が丘3丁目の「山の神第一公園」で、市内の市立中学3年の男子生徒(15)が口から血を流して倒れているのを友人が見つけ119番した。三木署によると、生徒は頭にけがをしており、意識がないという。生徒の顔に殴られたような傷があり、同署は何らかのトラブルに巻き込まれた可能性が高いとみて、交友関係を調べている。 同署の調べでは、生徒の財布や携帯電話は残されていた。目撃情報は寄せられていないという。現場は神戸電鉄粟生線志染駅から東に約1キロの住宅街。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/232375/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆香川・坂出3人殺害、義弟に死刑判決(17日)

Noimage_120x901 香川・坂出市で07年11月、三浦啓子さん(当時58)と孫・山下茜ちゃん(当時5)、彩菜ちゃん(当時3)姉妹が殺害された事件で、殺人や死体遺棄などの罪に問われた三浦さんの義弟・川崎政則被告の判決公判が16日、高松地裁であり、死刑が言い渡された。 公判は午後4時から始まり、菊池則明裁判長は主文を後回しにして要旨から読み始めた。最大の焦点だった川崎被告の責任能力については「狭義の精神障害は認められないとする精神科医の鑑定結果は、いずれも信用できる」として、完全責任能力があったと断定。量刑に関しては「犯行は誠に身勝手で自己中心的。情といった人間性のかけらも見いだせない」として、死刑を言い渡した。 死刑判決を受け、弁護側は控訴をした。この日の公判には、約500人が傍聴席を求めて列を作り、判決への関心の高さがうかがえた。 http://www.news24.jp/131122.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月16日 | トップページ | 2009年3月18日 »