« 2009年3月10日 | トップページ | 2009年3月12日 »

2009年3月11日

2009年3月11日 (水)

☆千葉・船橋市酒店店主刺殺事件 現場近くに住む元消防団員の60歳男を逮捕(11日)

Logo1_2 千葉・船橋市の酒店で1月、店主の65歳の男性が首などを刺され殺害された事件で、現場近くに住む元消防団員の60歳の男が逮捕された。強盗殺人の疑いで逮捕された元船橋消防団員の無職・山田 十四夫(やまだ・としお)容疑者(60)は、1月29日、船橋市咲が丘の酒店で、店主の秋本敏男さん(65)の首や胸などを刃物で刺し、殺害した疑いが持たれている。山田容疑者は3月1日、市川市で起きた別の強盗致傷事件で逮捕されていて、犯行の手口が似ていたことなどから秋本さん殺害を追及したところ、容疑を大筋で認めたため、11日に再逮捕された。山田容疑者には百数十万円の借金があり、調べに対し、「秋本さんとは顔見知りで、金欲しさでやった」などと供述しているという。山田容疑者が所属していた船橋消防団は「市民の信頼回復に努めたい」とコメントしている。警察は、秋本さんの殺害に至った動機などをくわしく調べている。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00150985.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆組幹部射殺事件、殺人容疑などで13人逮捕 埼玉県警(11日)

Logo3_6 埼玉県ふじみ野市で昨年4月、暴力団住吉会系の組幹部が射殺された抗争で、県警は10日までに、山口組系暴力団幹部ら30代~60代の男13人を殺人と銃刀法違反容疑で逮捕、再逮捕した。さらに5人の逮捕状を取り、射殺の実行役数人のほか殺害計画に加わるなどした計18人を逮捕する方針。殺人事件で10人以上を共謀共同正犯として立件するのは異例という。 県警は今回、容疑者名を伏せており、事件の全体像を把握した時点で公表する、としている。県警幹部は「新たな抗争が起きたり、容疑者の家族らに被害が及んだりする心配がある」と説明している。 http://www.asahi.com/national/update/0311/TKY200903100391.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆一家5人が死亡、心中か 沖縄県・石垣の民家(11日)

Logo3_5 11日午後5時45分ごろ、沖縄県石垣市新栄町の住宅で、この家に住む男性(45)のほか、妻(37)と子ども3人の計5人が死亡しているのを妻の父親が見つけ警察などに届けた。現場の状況などから、県警は無理心中の可能性が高いとみて調べている。 県警によると、死亡していたのは夫妻と長男(8)、長女(6)、次女(3)。一家は5人暮らしだった。子どもの体には複数の刺し傷があったほか、男性の体にも自ら刺したとみられる傷が数カ所あったという。県警が現場の状況を調べている。 http://www.asahi.com/national/update/0311/SEB200903110003.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(12日)
   (単位・レベル)

2進化しています振り込め詐欺

【解説】 なんと、ついに「消費者生活支援センタ

ー」という架空のNPO法人を名乗ったハガキを

郵送し、裁判の供託金名目で現金をだまし取る

手口の振り込め詐欺が登場した。朝日新聞によ

ると被害は埼玉や新潟、熊本など全国各地に拡

大。総額は4000万円にのぼるという。架空請求

ハガキによる振り込め詐欺が流行ったのは平成

16Bye1年。「訴訟通告」「最終警告」などとしたタイトル

で、中には、金色の菊のご紋入りのハガキまで登場した。警察はハガキを印刷した業者まで摘発するなど「徹底検挙」で臨み、通信手段はハガキから封書に移行。関東財務管理局などの架空役所名が出現した。昨年からは携帯のメールによる「架空請求電子版」が横行。さらに最近は役者に警察官まで現れるなど進化に進化を重ねている。今回の架空法人を名乗った振り込め詐欺もATMや宅配便を使って振り込ませる手口だという。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは新手口を含めて6件。体感治安はレベル2(あお)」の現状とする。

ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。

Kikuchi11Hirata11Takahashi11●●●●●●●●●●●●今月20日で地下鉄サリン事件から14年を迎えることから警視庁は都内の大型街頭ビジョンやケーブルテレビで、平田信(43)、菊地直子(37)高橋克也(50)の特別手配3容疑者の情報提供を呼びかけるビデオ映像を放映することにした。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(11日)7件

架空NPO名乗る振り込め詐欺、被害4千万

Logo3_4 「消費者生活支援センター」という架空のNPO法人を名乗ったはがきを郵送し、裁判の供託金名目で現金をだまし取る手口の振り込め詐欺の被害が、埼玉や新潟、熊本など全国各地で発生している。被害総額は4千万円近くになっており、埼玉県警は注意を呼びかけている。県警によると、はがきには「料金の未払いで訴訟を起こされた」との内容や電話番号が書かれている。受け取った人が電話をすると、弁護士を名乗る男が「口座に現金を残しておくと、判決によっては取られてしまう可能性があるので供託してください」などとうそを言って現金を振り込ませるという。埼玉県内では、はがきを受け取った無職女性(82)が、昨年11月上旬から今年2月中旬にかけて、退職金など計3100万円を現金自動出入機(ATM)や宅配便で6回に分けて振り込んで、だまし取られ、今月に入り、詐欺だと気付いたという。http://www.asahi.com/national/update/0311/TKY200903110254.html

振り込め詐欺容疑で4人逮捕 富山県警

News_pic1_2 富山県警察本部と愛知県警察本部の合同捜査本部は携帯電話の有料サイトの契約を解除するのに必要だなどとうそをいって静岡県内の男性から17万円あまりをだまし取ったとして9日、大阪市などに住む男ら4人を詐欺などの疑いで逮捕しました。これまでの調べで4人は平成19年富山県で起きた振り込め詐欺にも関わっていた疑いがあることから警察は関連について調べています。逮捕されたのは大阪市の無職、佐藤修容疑者(29)や東京・新宿区の無職大西廣俊容疑者(61)ら4人です。富山県警察本部と愛知県警察本部のこれまでの調べによりますと4人は平成20年の11月下旬、静岡県に住む60歳の男性に電話して「登録している携帯電話の有料サイトの契約を解除するために料金を支払ってほしい」などといって17万7000円をだまし取ったとして詐欺などの疑いが持たれています。警察の調べに対し4人のうち大西容疑者など2人は「知らない」などと容疑を否認しているということです。これまでの調べで、押収されたパソコンのデータなどから被害に遭った人は確認できているだけで20の府県の47人に上るということで警察は余罪についても詳しく調べることにしています。この中には平成19年10月に被害に遭った富山県の40代の男性も含まれているということで警察は4人がこの事件に関与しているかどうか調べていますhttp://www.nhk.or.jp/toyama/lnews/04.html

住吉会系の組員逮捕 振り込め詐欺容疑

Logo3_4東京都三鷹市のアパートを拠点に振り込め詐欺を繰り返したとして少年ら5人が逮捕された事件で、警視庁は、新たに指定暴力団住吉会系組員広野大輔容疑者(23)を詐欺容疑で逮捕した、と11日発表した。同庁は同日午前、東京都府中市の広野容疑者が所属する組「府中初代」の事務所などを家宅捜索。詐取金が組の資金源になっていた可能性が高いとみて、組織的な関与がなかったか調べる。同庁によると、同組のトップは、住吉会の「ナンバー3」の理事長という。少年事件課と調布署によると、広野容疑者は昨年9月1~2日、埼玉県白岡町の主婦(68)に息子を装って電話をかけ、200万円を振り込ませ、だまし取った疑いがある。 一連の事件では、だまし役だった17~23歳の男4人が同庁に逮捕され、8件約1527万円分が詐欺罪で起訴されている。また、昨年1年間でだまし取ったカネ約1億円を引き出したとされる20歳の「出し子」の男も詐欺容疑で逮捕されている。 同課などによると、広野容疑者は「金に困っていた」と供述しているというが、振り込め詐欺容疑の認否については保留しているという。http://www.asahi.com/national/update/0311/TKY200903110081.html

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(11日)7件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【金賢姫元工作員ら会見詳報】「必ず会いたかった」「私はニセモノではない」…十数年ぶりに公の場に (11日)

Msn_s1_3 拉致被害者、田口八重子さん=拉致当時(22)=から日本語教育を受けた大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫元北朝鮮工作員(47)と釜山市内で面会した田口さんの兄、飯塚繁雄さん(70)と、長男の耕一郎さKor0903111439010s41 ん(32)が11日午後、記者会見に臨んだ。会見でのやりとりは以下の通り。 繁雄さん きょうは本当に劇的な感激の日を迎えることができて非常にうれしく思った。お会いしたいという要望をかなえてくれた韓国政府、日本政府、関係された方の(協力の)たまものだと思っている。 まず金賢姫さんには私の妹、田口八重子の存在をはっきり証言していただいたことに非常に感謝している。今後もこの日をきっっかけに、それぞれの幸せに向けての進展があればと考えている。 耕一郎さん 今回の面会にあたり、多大なご協力とご理解をいただいた韓国政府の皆さまに感謝したいと思う。また日本政府にもご尽力いただいた。5年越しの面会がかなって、皆さまに感謝しても、し尽くせない。 金さんが私の母である田口八重子さんに関して、本当にはっきりと生きていますと証言いただき、われわれの救出活動に新たな希望がもてた。 金さんから温かい言葉で、「私が韓国のお母さんになりますよ」と言っていただき、うれしい気持ちでいっぱいだ。

金元工作員 難しい状況の中で、人道的立場からご家族に会えるようにしてくれたことに感謝の言葉を申し上げる。 日本語を教えてくれた田口八重子さんのご家族に会えるということで、数日間あまり眠れなかった。うれしくて、感激して、田口さんのことを思いだしながら眠れなかった。 耕一郎さんはお母さんに似て、ハンサムだ。田口さんが息子に会ったことを知ったら、どれだけ喜んだだろう。この場に田口さんがいたら、どんなに良かっただろう。

 --(金元工作員へ)なぜこのタイミングで会おうと思ったのか。耕一郎さんの手紙に返信しなかったのはなぜか? 金元工作員 耕一郎さんが送ったという手紙だが、(マスコミから逃れるため)避難生活をしていたので受け取れなかった。そのような環境の中で、日本の録画放送を見て、田口さんの息子に必ず会いたいと考えていた。両国政府の協力で会えたことをうれしく思う。 --(金元工作員へ)1997年の結婚以降、公の場に出なくなった。政権が変わり、国家情報院が本人をそっとしておかなかったと主張したが、その意図は?金元工作員 97年に結婚をし、社会とは距離を置いて、亡くなられた(大韓機爆破事件の)遺族の方々の痛みを感じながら、静かに過ごそうと思っていた。 盧武鉉政権で皆さんがご存じの通りのことがあった。現政権が、前政権であったことを調べているというので、その結果を待っている。

 --(金元工作員へ) 田口さんが、77年から78年にかけて拉致された韓国人4人のうち1人と結婚したという情報があるが? 金元工作員 87年にマカオから戻り、1月から10月まで招待所生活をしていてそこで聞いた話では、田口さんがどこに連れて行かれたかは特定できない。死亡したとは思えないので、どこかにいると考えている。 86年代にほかの拉致者もそうだが、結婚させたという話があった。田口さんの結婚相手については聞いたことがない。 --(金元工作員へ) 大韓航空機爆破事件の遺族が面会を要請しているが、応じる気はあるか? 金元工作員 97年12月、本を出版した印税を渡しながら、遺族と会ったことがある。お互いに泣き、幸せに暮らそうと約束した。前政権において(金賢姫元工作員がニセ者という)疑惑が提示された。大韓航空機爆破事件は北の仕業という証拠がないということで、一部の遺族がそう話している。 はっきりと言いたいことは、テロであり、私がニセ者ではないということを申し上げたい。遺族が、北朝鮮のテロであるということを認めるなら会いたい。

続きを読む "☆【金賢姫元工作員ら会見詳報】「必ず会いたかった」「私はニセモノではない」…十数年ぶりに公の場に (11日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆涙ぐみながらの抱擁…田口さんの家族が金賢姫元工作員と面会 「お母さんは生きていますよ」 (11日)

Msn_s1_2  【釜山=住井亨介】北朝鮮による拉致被害者、田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(70)と、田口さんの長男、飯塚耕一郎さん(32)は11日午前、田口さんから日本人化教育を受けた大韓航空機爆破Kor0903111106002s11 事件実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元北朝鮮工作員(47)と韓国・釜山市内で面会した。家族と金元工作員の面会は初めて。耕一郎さんと金元工作員は涙ぐみながら抱き合った。午前11時、面会会場で待っていた繁雄さんと耕一郎さんのところへ、黒色スーツ姿の金元工作員が姿を見せた。数メートル離れたところで互いに一礼。繁雄さんが手を差し出しながら近づき、「こんにちは、(今日は)ありがとうございます」とあいさつ。「これが耕一郎です」と紹介すると、金元工作員は耕一郎さんをしっかりと抱きしめて涙を流し、日本語で耕一郎さんに「お母さんは生きていますよ。写真で見ましたけれど、似ていますね。お兄さんも…」と語りかけた。そして、「私も早く会いたいと思っていました」とも。約5分間の「初対面」では、繁雄さんは、田口さんがファンだった歌手の沢田研二さんのCDアルバム「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」やお菓子、レースのハンカチーフなどを手渡し、金元工作員からも繁雄さんにお返しに記念品を手渡した。東京・池袋の飲食店に勤めていた田口さんは昭和53年6月に拉致され、56年から7月から58年3月にかけての約20カ月間、金元工作員と同居して日本人化教育に従事させられた。金元工作員は昨秋以降、韓国の月刊誌などを通じ、田口さんの家族との面会希望を明らかにし、飯塚さんらも面会の意向を持ち続けていたことから、日韓両政府が調整を進めていた。バグダッド発ソウル行の大韓航空機がミャンマー南方の洋上で爆発、115人が死亡した爆破事件は1987(昭和62)年11月29日に発生。「蜂谷真由美」名義の偽造日本旅券を持っていた金元工作員が実行犯としてバーレーン空港で身柄拘束された。金元工作員は、「金正日書記(当時)の指示があった」と供述。89年4月に死刑判決を受けたが、90年4月に韓国政府が特別赦免。「李恩恵という日本人女性から日本語教育を受けた」と証言し、日本の警察庁はこの女性が田口さんと断定した。金正日総書記は2002(平成14)年、日本人拉致を認めて謝罪したが、北朝鮮大韓航空機爆破事件を「韓国のでっち上げによる謀略」とし、「李恩恵なる日本人女性はいない」と否定し続けている。北朝鮮側は、田口さんは拉致被害者、原敕晁(ただあき)さん=同(43)=と結婚し、1986(昭和61)年7月に「死亡した」としているが、帰国した拉致被害者や金元工作員の説明と異なっている。http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090311/kor0903111106002-n2.htm

続きを読む "☆涙ぐみながらの抱擁…田口さんの家族が金賢姫元工作員と面会 「お母さんは生きていますよ」 (11日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中日新聞入居ビルに「刃物男」と虚偽通報(11日)

Banner_logo_051_6 11日午後0時20分ごろ、中日新聞東京本社(東京新聞)が入居する日比谷中日ビル(東京都千代田区)で、男が刃物を振り回して同社受付の女性2人が負傷したという通報が警視庁丸の内署に入った。署員20人以上が駆けつける騒ぎとなったが、通報内容のような事実はなかった。同署の調べによると、通報は男の声だったという。同署によると、10日午前11時25分ごろにも、同ビルで火災が発生したという虚偽の119番通報があったという。同署は、偽計業務妨害などの疑いがあるとみて捜査するとともに、2つの通報の関連を調べる方針。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/230572/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆生活支援センター名乗り詐欺 82歳女性被害(11日)

Banner_logo_051_5  架空の「消費者生活支援センター」を名乗ってはがきを送り、供託金名目で現金を振り込ませる手口で、埼玉県の無職女性(82)が約3100万円をだまし取られていたことが11日、埼玉県警の調べで分かった。同様の手口の詐欺事件は昨年10月以降、青森、秋田、埼玉、新潟、熊本の各県で計6件発生しており、被害額は計約600万円に上るという。埼玉県警によると、女性宅に昨年11月、「民事訴訟を起こされ、財産が差し押さえられる」などと書かれたはがきが届いた。連絡先に電話をかけると、弁護士を名乗る男に「口座に残金を残しておくと取られてしまうので供託して」などと言われたため、女性は2月までに6回、計約3100万円を振り込んだり宅配便で送ったりした。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/230583/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆全国初、わいろの現金に保全命令 福岡地裁支部(11日)

Banner_logo_051_4 福岡県朝倉市の公共工事に絡む贈収賄事件で、福岡県警は11日、収賄罪で起訴された元朝倉市農林商工部長、三笠正典被告(60)が他人名義の口座に預けていたわいろの現金42万円について、福岡地裁久留米支部が組織犯罪処罰法に基づき保全命令を出したことを明らかにした。命令は2月27日付。県警によると、贈収賄事件で同法に基づくわいろの保全命令が出たのは全国で初めて。保全された現金は、三笠被告が有罪判決を受け、確定すれば没収される。三笠被告は2006年と08年に業者からわいろとして受け取った現金計80万円のうち、73万円を他人名義の口座に預けていたことが判明。口座に残っていた42万円の保全を請求した。県警は11日、収賄による犯罪収益を他人名義の口座に隠したとして、組織犯罪処罰法違反の疑いで三笠被告を追送検した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/230575/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女児遺体遺棄の女、殺人容疑で再逮捕(11日)

Banner_logo_051_3 広島県呉市の山中で2月15日、生後間もない女児の遺体が放置されているのが見つかった事件で、県警呉署は11日、女児の母親で、同市の清掃員、久岡美穂容疑者(36)=死体遺棄容疑で逮捕済み=を殺人容疑で再逮捕した。「経済的な理由で育てられないと思い、殺した」と容疑を認めているという。同署の調べでは、久岡容疑者は、2月2日深夜、自宅アパート内で産んだ女児を出産直後に窒息させて殺害した疑い。その後、車で女児の遺体を運び、同市荘山田村の山中に捨てたとされている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/230591/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆キム元死刑囚と11日に面会(11日)

News_pic1 拉致被害者、田口八重子さんの家族と大韓航空機爆破事件の実行犯、キム・ヒョンヒ元死刑囚が、11日、韓国のプサンで面会します。家族はキム元死刑囚に八重子さんについて詳しく話を聞くとともに、今後、協力して拉致問題に取り組むための信頼関係を築きたいとしています。面会は11日午前11時からプサンの国際会議場で行われることになっており、警察は会議場の周辺に警察官を配置し、厳重に警戒することにしています。これを前に、田口八重子さんの兄の飯塚繁雄さんと八重子さんの長男の飯塚耕一郎さんは、10日、プサンに入りました。2人は、10日夜は宿泊したホテルから外出せず、面会で何を聞くのか政府関係者を交えて確認するとともに、キム元死刑囚に見せる八重子さんの写真などを整理したものとみられます。八重子さんは北朝鮮で2年間にわたってキム元死刑囚といっしょに生活し、日本語や日本の風習を教えていたことから、2人はキム元死刑囚に、当時の八重子さんの様子について詳しく話を聞くことにしています。また、今後、協力して拉致問題に取り組み、近い将来、キム元死刑囚を日本に招くためにも信頼関係を築きたいとしています。2人とキム元死刑囚は、面会後、共同で記者会見を行うことにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014676421000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆パトカーがタクシーに追突、乗客らけが 警視庁(11日)

Img_logo1 首都高速で速度違反の取り締まり中だった警視庁のパトカーがタクシーに追突する事故があり、乗客と運転手が軽傷を負っていたことが10日、分かった。同庁高速道路交通警察隊はパトカーを運転していた同隊の30代の男性巡査部長について、自動車運転過失傷害の疑いもあるとみて調べている。同隊によると、事故は4日午前0時15分ごろ、東京都大田区昭和島の首都高速1号線下りで発生。巡査部長と警部補が乗ったパトカーが速度違反のタクシーを発見し、サイレンを鳴らして追跡したが、タクシーが停車したところに追突した。70代の男性運転手と50代の男性乗客が頭などに軽傷。巡査部長らにけがはなかった。(14:21)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090310AT1G1001210032009.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ドリフト族、挟み撃ちで摘発 その名もサンドイッチ作戦(11日)

Logo3_2 公道で爆音を響かせ、猛スピードで走行を繰り返す「ドリフト族」。埼玉県の山道で危険な走行を繰り返した暴走グループを昨年末~2月、埼玉県警が Tky2009031001671 道交法違反(共同危険行為)の疑いで逮捕した。住民からの苦情を受けてチームを結成し、「サンドイッチ作戦」と名付けた取り締まりで検挙にこぎつけた。 逮捕されたのは、さいたま市浦和区の自動車整備関係の専門学校生の男など県内在住の少年ら計8人。うち、4人を昨年12月7日未明、飯能市の「山伏峠」のドリフト行為で現行犯逮捕。その後、供述などを元に1月~2月17日、残る仲間4人を逮捕した。12~1月逮捕の6人は罰金刑などが確定している。山伏峠でドリフト族が急増したのは昨夏ごろ。ネットを通じて峠の評判が広まったという。東京都青梅市へと抜ける同峠を含め、飯能~秩父一帯の山道は、東京からも近く、関東近県からドリフトやローリング族が集まる場所として知られている。カーブがつらなり、一般車両が少ない山道はとりわけ、彼らが好む場所だ。だが、冬場の除雪を考慮して暴走防止のためのポールが常設できない場所が多く、県警では対策に苦慮してきた。 山伏峠では深夜から早朝まで、ドリフト族が約400メートルの道を何度もUターンしては、危険な走行を繰り返していた。騒音は山にこだましてより大きく響き、付近に住む人たちは悩まされた。「眠れなくて死活問題だ」「精神的に限界にきている」と深刻な相談が飯能署に寄せられていた。警察の摘発情報を盛んに交換しているドリフト族は、逃げ足が速い。夜道の走行では、暗視カメラを使っても証拠となる違法走行の写真撮影は難しい。県警は昨秋「その場で逮捕する現行犯でいくしかない」と方針を固め、若手捜査員を中心にプロジェクトチームを結成し、対策に乗り出した。 現場でのシミュレーションを重ねた結果、ドリフト走行のUターン地点で山道に隠れていた捜査員が一斉に飛び出して検問を開始。慌てているすきに峠道の両側をパトカーで封鎖してグループを挟み撃ちにする「サンドイッチ作戦」を考案。真冬の峠道で毎週末、15人態勢で張り込み好機をうかがい摘発。2カ月がかりだった。埼玉県警によると、逃げ足が速いドリフト族の現行犯逮捕は05~06年の神奈川、愛知県警以来で全国で3例目だという。 「住民がお礼にきてくれたことが何よりうれしい」と捜査幹部は話す。ドリフト走行のピークとなる春~夏に向けて、峠からのドリフト族排除のため、道路上に除雪のじゃまにならない取り外し式のポールを設置するなど、抜本的な対策について県警と県、飯能市が協議を進めている。(奥田薫子) http://www.asahi.com/national/update/0310/TKY200903100146_01.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆爆発物? 黒い粉末入りの瓶やコード 福岡の郵便局(11日)

Logo3 10日午後0時半ごろ、福岡市早良区高取1丁目の早良郵便局から、「あて先不明の不審物がある」と福岡県警早良署に通報があった。県警の爆発物処理班などが出動しエックス線などで調べた結果、黒っぽい粉末の入った瓶やコード、電池などがそれぞれつながって入っていたという。県警は爆発物の疑いがあるとして郵便物を回収し、科学捜査研究所で詳しく調べる。 同署によると、回収したのはA4判大の茶封筒。あて先は福岡市早良区内の住所が記されていたが、あて名は実際にその住所に住んでいる人とは別の男性の名前が書いてあった。差出人は書かれておらず、不審に思った郵便局が通報した。消印は福岡市内の早良区外の郵便局だったという。爆発物処理班が専門の施設で調べると、黒っぽい粉末が入った瓶や電池、コードなどがつながった状態で入っていた。文書はなかったという。 http://www.asahi.com/national/update/0310/SEB200903100027.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆自分嫌いをなくそう! 都が小学生に「自尊教育」導入へ(11日)

Msn_s1 日本の子供たちは自分が嫌い-。東京都教育委員会が公立の小中学生、都立高校生を対象に「自尊感情」について調査したところ、中高生の5~6割が「自分」を好意的にとらえていないことが10日、分かった。日本の子供たちの自尊感情の低さはこれまでも指摘されてきたが、自治体レベルで大規模な調査が行われたのは初めて。都教委は現状を深刻に受け止め、「自分の存在や価値を積極的に肯定できる子供を育てる」とし、4月から小学校で試験的に“自尊教育”を実施する。都教委は昨年11~12月、都内の小学生4030人、中学生2855人、高校生5855人を対象に、自尊感情や自己肯定感をテーマにしたアンケートを行った。 調査結果によると、中学生では「自分のことが好きだ」との問いに、「そう思わない」「どちらかというとそう思わない」と否定的に回答した割合が、中1=57%、中2=61%、中3=52%に上り、全学年で「そう思う」「どちらかというとそう思う」と肯定的に答えた割合を上回った。高校生でも否定的な考えが目立ち、高1=56%、高2=53%、高3=47%だった。小学生では、小1の84%が肯定的な回答をしたが、学年が上がるにつれてその割合は低下し、小6では59%となっている。このほか、国内外の青少年の意識などを調査・研究している財団法人「日本青少年研究所」の国際調査(平成14年)でも「私は他の人々に劣らず価値のある人間である」との問いに「よくあてはまる」と回答した中学生が、アメリカ51・8%、中国49・3%だったのに比べ、日本は8・8%と極端に低かった。自尊感情が低いことについて、同研究所の千石保理事長は「謙虚さ、控えめを良しとする日本の文化がまだ根強いのが一因」と指摘。「子供が成績を他人と比較して、すぐに『自分はダメだ』となる傾向も見られる。これは日本だけの特徴で、諸外国に比べて自己評価が低い。もっと自分に自信を持たせるような教育を進める必要がある」と話している。都教委も「自分のことが嫌いでは、学習意欲もわいてこない」と自尊感情の大切さを認識。試案ながら、「自分への気づき」「自分の可能性」などの観点で教員が子供の自主性や個性を積極的に評価し、失敗や間違いが大切な経験であることを強調する指導モデルも作成した。都教委は今後、具体的な指導方法について国内の大学と連携して研究を進め、4月からは小学校1校で試験的に“自尊教育”を実施する予定だ。http://sankei.jp.msn.com/life/education/090311/edc0903110113000-n2.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆警察官の前でひったくり 無職の男を現行犯逮捕(11日)

Banner_logo_051_2 高齢者の女性から追い抜きざまにバッグをひったくったとして、警視庁東村山署は窃盗の現行犯で、東村山市萩山町、無職、富谷稔容疑者(27)を逮捕した。同署によると、富谷容疑者は「生活費や遊ぶ金がほしかった」と容疑を認めている。同署の調べによると、富谷容疑者は2日午後2時5分ごろ、自宅近くの路上で、歩いていた同市内の無職の女性(75)を自転車で追い抜く際に、現金約2500円などが入ったバッグをひったくった。署員が目撃し、約500メートル先で取り押さえた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/230240/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆路上わいせつ男、手錠付けたまま逃走(11日)

Banner_logo_051 10日午後8時45分ごろ、愛知県豊川市八幡町下天王の路上で、豊川署員が強制わいせつ容疑で男を現行犯逮捕しようと手錠を掛けたところ、男は署員を振り切って手錠を付けたままで逃走した。豊川署が男の行方を追っている。同署によると、パトロール中の署員が路上で女性にわいせつな行為をしている男を見つけ、職務質問しようとしたところ、男は逃走。署員が約50メートル追跡し、現行犯逮捕しようと男の左手に手錠を掛け、右手にも掛けようとして振り切られたという。男は20代前半とみられ、身長約170センチ。黒っぽい上着にベージュ色のズボンをはいていた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/230291/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆交通事故装い保険金詐欺 10人を送検 大阪(11日)

Msn_s1_4 交通事故を装い保険金をだまし取ったとして、八尾署などは10日、詐欺容疑で、大阪市平野区喜連東、建設作業員、道口剛被告(25)ら計10人を逮捕、大阪地検に最終送致したと発表した。全員が犯行を認めている。同署によると、10人は3件の保険金詐欺事件に関係し、被害総額は約940万円におよんだという。 逮捕容疑は、道口容疑者は同区長吉六反、外装工、吉野真容疑者(33)=詐欺罪で起訴済み=らと共謀。平成19年3月13日夜、同区長吉六反の市道交差点付近で、軽乗用車を運転する道口容疑者が吉野容疑者運転の乗用車に追突。吉野容疑者ら同乗の4人が負傷したと装い、保険会社から休業費や慰謝料などとして計約313万円をだまし取ったとしている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090310/crm0903101926031-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆首にひも、小6男児死亡 遊びの最中 静岡・下田(11日)

Msn_s1_3 10日午後5時55分ごろ、静岡県下田市3丁目を通り掛かった男性から「海岸に男の子が倒れている」と110番通報があった。駆け付けた下田署員が、小学6年の男児が首にひもが巻き付いた状態で倒れているのを発見。男児は近くの病院に運ばれたが死亡した。下田署によると、男児は直前まで友人3人と海岸で遊んでいたといい、友人らは同署に「(男児が)気が付いたら首にロープを巻いてぐったりしていた」などと説明。友人の1人が近くを通り掛かった男性に「友達が大変だから来てください」と助けを求めた。同署は遊んでいる最中にトラブルがなかったかなど経緯を調べている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090310/crm0903102301040-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆大阪・ミナミの道頓堀からカーネル・サンダースおじさんの人形が24年ぶりに発見される(11日)

Logo1_2 大阪・ミナミの道頓堀から、カーネル・サンダースおじさんの人形が24年ぶりに発見された。カーネル人形は10日午後4時すぎ、道頓堀の整備工事の作業員が発見した。カーネル人形は、1985年のプロ野球・阪神タイガース優勝の際に投げ込まれたが、その後、阪神が長期にわたって低迷したため、「カーネルおじさんののろい」ともいわれていたという。見つかったのは上半身だけで、大阪市では11日、下半身を捜索するという。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00150923.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月10日 | トップページ | 2009年3月12日 »