« 2009年3月4日 | トップページ | 2009年3月6日 »

2009年3月5日

2009年3月 5日 (木)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(6日)
             (単位・レベル)

2自殺者を防げ

【解説】今年1月の自殺者数は全国で2645人

だったことが警察庁のまとめでわかった。自殺

者数はこれまで年間集計で発表していたが、急

激な景気の悪化で増えるおそれがあることから

「自殺対策」に役立てるため月集計で発表する

ことにした(NHK)。地域別で最も多いのが東京

Bye1255人。次いで大阪159人、埼玉155人など。

自殺者数は昭和50年代は年間2万人台で推移していたが、平成10年に急増し3万人を突破。以来3万人台で推移。平成15年には、統計を取り始めた昭和53年以降で最多の34427人となった。厚生労働省の過去の数字を見ると失業者数と自殺者数の推移は同じ様な山を形成しており、失業者の多い今年1月の数字を年間に換算すると今年も3万人を突破することが予想され、自殺対策は喫緊の課題となりそうだ。自殺者の多い東京の体感治安はレベル2(あお)」の現状とする。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlはなんと警視庁公安部が振り込め詐欺のアジト発見で4人たいほ。

ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。

Kikuchi11Hirata11Takahashi11●●●●●●●●●●●●今月20日で地下鉄サリン事件から14年を迎えることから警視庁は都内の大型街頭ビジョンやケーブルテレビで、平田信(43)、菊地直子(37)高橋克也(50)の特別手配3容疑者の情報提供を呼びかけるビデオ映像を放映することにした。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆偽1万円札:フィリピン両替店に複数 過去にない高精度(5日)

Logo_mainichi1 【マニラ矢野純一】フィリピン・マニラの両替店に昨年12月以降、大規模な印刷施設でしか作製できないとみられる精巧な偽造1万円札が持ち込まれていることが毎日新聞の取材で明らかになった。日本の偽札鑑定の専門家20090305k0000e030097000p_size51 は「過去にない高精度の偽札」と指摘。日本の警察当局は情報収集を行うとともに、国内に持ち込まれる可能性もあるとして警戒を強めている。昨年末以降、マニラ首都圏の複数の両替店で見つかったのは、偽造を防ぐため最新技術を駆使して04年から発行されている、「E1万円券」の偽札。一見して本物と見分けがつかないが、偽札には表の右側の太いカーブの部分にある細い線が印刷されていない。また、見る角度で色や模様が変わるホログラムをなぞると、本物よりわずかに凹凸があるほか、透かしがわずかに薄いなどの特徴がある。偽札が持ち込まれた両替店のうちの1店によると、昨年12月、初めて若いフィリピン人女性が3枚の1万円札を持ち込んだ。このうち1枚を偽札だと感じ「預かる」と告げると、女性は2万円分だけ両替して店を出たという。フィリピン国家警察も偽札の一部を押収、関連情報を集めている。偽札を日本に持ち込むと関税法違反などに問われるため、毎日新聞は両替店で偽札を撮影し、画像を日本の鑑定の専門家2人に送り鑑定を依頼した。その結果、▽カラーコピーやレーザープリンターでは再現できない、マイクロ文字と呼ばれる肉眼では判別が難しい小さな文字がすべて再現されている▽ホログラムを固定する特殊な透明シートが使用されている--など、最新技術が模倣されていることが分かった。鑑定を依頼した偽造通貨対策研究所(東京都中央区)の遠藤智彦所長は「北朝鮮が関与していると言われる偽1万円札よりも数段精巧で、商業印刷のレベルを超えている。知る限り最も高精度で秀逸な出来栄えで、現金自動受払機(ATM)を通過する可能性もあり、日本円のスーパーノート(北朝鮮が関与したとされる精巧な偽造米100ドル札)が出現したと言わざるを得ない」と話している。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090305k0000e040086000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★国歌斉唱起立せず、中学校長・教諭ら処分…大阪・門真(5日)

Yomiuri_koudoku1_3 昨年3月にあった大阪府門真市立第三中学校の卒業式で、国歌斉唱時に起立しなかったとして、同市教委が当時の教諭1人を文書訓告、7人を厳重注意処分にしたことがわかった。 処分は先月20日付。校長も監督責任を問い、文書訓告とした。国歌斉唱時の不起立での処分は府内で初めて。同市教委によると、昨年3月の卒業式では、8教諭のほか、卒業生160人中159人も国歌斉唱の際に起立しなかった。事情聴取に一部応じなかった教諭だけ処分を重くした。教諭同士が申し合わせたり、生徒に着席を促したりした事実は確認されなかった。(2009年3月5日16時28分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090305-OYT1T00711.htm

【ブロガーコメント】

Nisshou4 こんなのが教育界にいるから日本の子供が歪んで育つんだよ。なんで、昨年3月の行為が今ごろの処分になるのかね? 国を愛しえないクズなんかいらん。即刻、首にすると同時に子供達は「戸塚ヨットスクール」送りにしちまえ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「焼き破り」で空き巣の中国人ら逮捕 警視庁(5日)

Banner_logo_051_13 窓をバーナーなどで焼く「焼き破り」の手口で民家に空き巣に入り、現金約250万円などを盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗と住居侵入の疑いで東京都大田区大森北、中国籍で無職の林杰(リンジエ)容疑者(24)ら中国籍の男3人と、アルゼンチン国籍の男1人を逮捕した。捜査3課によると、林容疑者ら3人は容疑を認めているが、1人は「2、3日前に仲間に入った。詳しいことは言いたくない」と一部否認しているという。捜査3課では、林容疑者らが昨年2月ごろから都内や埼玉、茨城両県で約100件の空き巣に関与している可能性があるとみて調べを進めている。捜査3課の調べによると、林容疑者らは2月4日午後6時過ぎ、さいたま市見沼区東大宮の会社員の男性(39)宅に侵入。室内から現金約250万円と商品券(計2万円)を盗んだ疑いがもたれている。4人は共通の中国人の男を通じて知り合ったとみられる。犯行現場へはタクシーを乗り継いで向かっていたといい、「職務質問を受けないからタクシーの方が安全だった」と供述しているという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/228422/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆八百長訴訟「裏付けない」講談社に賠償命令(5日)

Banner_logo_051_12 横綱時代の八百長疑惑を掲載した「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして、日本相撲協会の北の湖前理事長と協会が、発行元の講談社などを相手取り、計1億1000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が5日、東京地裁であった。浜秀樹裁判長は「ほとんど裏付け取材をしていない。記事が真実だと信じる相当の理由はない」として、講談社側に計1540万円の支払いと、記事内容を取り消す広告を同誌に掲載するよう命じた。講談社側は、協会が故意による無気力相撲の懲罰規定を定めていることを受けて、「八百長の存在を実質的に認めている」と主張したが、浜裁判長は「懲罰規定の対象に八百長が含まれるとしても、記事が真実だとの裏付けとなるものではない」と退けた。判決によると、講談社は同誌の平成19年3月10日号で「北の湖理事長がナメられる『八百長相撲』の過去」との見出しを掲げた記事を掲載。北の湖前理事長は、昭和50年3月の春場所千秋楽の対貴ノ花(本名・花田満、故人)戦をはじめ、勝ち星を売る八百長を繰り返したなどと報じた。訴訟では元小結、板井圭介氏が「自分も北の湖前理事長と八百長をした」と証言。北の湖前理事長は法廷で「まったくのうそ」と反論した。同誌の八百長疑惑報道をめぐっては、横綱朝青龍関ら力士約30人と協会が計6億6000万円の賠償を求める訴訟2件も東京地裁で係争中。2件とも26日に判決が言い渡される。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/228474/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆醒剤縄張り争い? 射殺事件でイラン人再逮捕(5日)

Banner_logo_051_11 平成17年3月に東京・六本木のショットバーでイラン人男性が射殺された事件で、警視庁組織犯罪対策2課は5日、殺人などの疑いで、港区芝浦、イラン国籍の無職、モーセン・モハンマディ被告(27)=入管難民法違反(不法在留)罪で起訴=を再逮捕した。同課によると、モーセン容疑者は殺害への関与は認めているが、「拳銃を撃っていない」と供述している。同課の調べによると、モーセン容疑者は同国籍のモルテザ・モハンマディ受刑者(28)=殺人罪などで服役中=と共謀し、17年3月9日午前4時40分ごろ、六本木のショットバーで、同国籍のメヘディ・ラヒーミー・ガフヤーズィさん=当時(21)=に拳銃を発砲して殺害した疑いがもたれている。モルテザ受刑者の供述などから、覚醒(かくせい)剤密売に絡むイラン人グループ同士の縄張り争いが背景にあるとみている。同課によると、モーセン容疑者は事件後に偽造パスポートで出入国を繰り返していた。同課は今年1月、タイから成田空港に入国したモーセン容疑者を発見、入管難民法違反容疑で逮捕した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/228482/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆やるやる詐欺? 事業資金と偽り金集め(5日)

Banner_logo_051_10 事業資金を集めていると偽って現金とカードをだまし取ったとして、宮崎県警宮崎北署は5日、詐欺容疑で住所不定、無職、斉藤佐知子容疑者(52)=別の詐欺容疑で逮捕=を再逮捕した。同署によると、斉藤容疑者は「借金返済のためにやった」と容疑を認めているという。逮捕容疑は昨年10月下旬、宮崎市花ケ島町の駐車場で、福祉関係の会社を経営しているように装い、紹介で知り合った女性(25)に「事業資金の不足分を貸してくれないか」とうそを言って現金約100万円とキャッシュカード2枚をだまし取った疑い。同署によると、同様の被害相談が約85件(総額約1億円)寄せられており、捜査をしている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/228511/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆18歳少年「騒ぎ楽しかった」 30件以上の放火を供述(5日)

Banner_logo_051_9 昨年12月に福岡市南区などで発生した連続不審火を捜査している南署は5日、放火未遂容疑などで逮捕した無職の少年(18)が、約2年半の間に35、6件の犯行を供述していることを明らかにした。南署は裏付けが取れた28件のうち2件について器物損壊容疑で追送検した。南署によると、少年は平成18年9月ごろ以降、ごみ出し日を狙い、深夜から未明にかけて路上に置いてあるごみなどにライターで火を付けていたことを認め、「騒ぎになるのが楽しかった」などと供述しているという。少年はこれまでに放火や放火未遂容疑で3回逮捕され、その後、家裁送致されている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/228524/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆千葉県警に応募30倍超、内定取り消された学生ら殺到(5日)

Yomiuri_koudoku1_2 内定取り消しや派遣切りに遭った若者をターゲットに、千葉県警が50人の警察官を特別募集したところ、富山県を除く全都道府県から計1620人の応募があったことが4日、分かった。県警の採用担当者は「30倍を超える応募は予想していなかった」と驚いている。県警警務部によると、昨年5月と9月の定期採用で合格者の辞退が相次ぎ、欠員が生じた。しかし、昨年秋以降、雇用情勢が急激に悪化。「有能な人材を確保するチャンス」と、2月6~23日に特別募集を行った。県警には「自動車の部品工をしていたが、警察官の仕事に生かせるか」「内定していた企業の採用が延期になった。受験資格はあるか」など問い合わせが殺到したという。県警は、成田空港建設を巡る成田闘争に対応するため、1972年から10年間、毎年500人以上の警察官を採用、最も多かった78年度の募集定員は1500人を超えた。その反動で、2011年度から毎年約400人の大量退職時代を迎える県警にとって警察官の確保は重要課題となっている。(

2009年3月5日03時29分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090304-OYT1T01215.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆通称「紫いも」ピンク色の覚せい剤、兵庫県警が押収(5日)

Yomiuri_koudoku1 兵庫県警が、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した女から、ピンク色をし、「紫いも」の通称で取引されている覚せい剤を押収していたことがわかった。ピンク色の覚せい剤が他府県でも押収されていることから、県警は、ファッション性を高める目的で着色されて広がっている可能性があるとみて、流通ルートの解明を進める。捜査関係者によると、同県宝塚市の無職門川章被告(38)(起訴)で、覚せい剤0・3グラム(末端価格1万8000円)をカバンの中に隠し持っていたとして、1月20日に現行犯逮捕された。門川被告の携帯電話のメールには、ピンク色の覚せい剤を「紫いも」と呼んで購入していた記録があり、相場とされる1グラム約6万円よりも、安い1グラム約5万円で取引されていた。門川被告は「知人から預かった」などと供述しているという。覚せい剤はジュースなどに混ぜて海外から密輸され、再精製する際、その色が残ることがあるという。このため、県警は、ピンク色の液体に混ぜて着色している可能性もあるとみている。(

2009年3月5日04時45分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090305-OYT1T00087.htm?from=main3

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ラジオDJに「殺すぞ」 脅迫容疑で逮捕、メール数百回(5日)

Banner_logo_051_8 大分県警大分中央署は4日、大分市国分、無職野田裕人容疑者(39)を脅迫容疑で逮捕。昨年8月21日昼から翌22日夕にかけて、自宅のパソコンから、エフエム大分(同市)のラジオDJの女性(34)が担当する番組あてに、「貴様ら殺すぞ」などと書いたメールを送信して脅した疑い。同様のメールを数百回送っていたとみて調べている。 http://www.asahi.com/national/update/0304/SEB200903040017.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ひったくり、名古屋で10件続く 女性ばかり被害(5日)

Logo3 4日夕から夜にかけ、名古屋市内の路上で、10件のひったくりが相次いだ。バイクや乗用車に乗った男による犯行とみられ、帰宅途中の中学3年生(15)や集金帰りの新聞販売所パート従業員(72)らいずれも女性が被害に遭った。けが人はいなかった。県警によると、同市熱田区二番2丁目の路上では午後5時50分ごろ、同市瑞穂区の会社員女性(40)が車からおりた際、後ろから近付いてきたバイクの男に現金7千円入りのバッグを奪われたという。その後、同区や中川区、港区、守山区で計9件のひったくりが相次いだ。http://www.asahi.com/national/update/0305/NGY200903040005.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「3年前から60件」 水道局員装い詐欺 容疑の男逮捕(5日)

Banner_logo_051_7 水道局職員を装い、下水道工事代金と称して現金をだまし取ったとして、大阪府警阿倍野署は4日、詐欺容疑で大阪市西成区南津守の無職、井畑広司容疑者(35)を逮捕したと発表した。同市南部では同様の被害が多発しており、同署によると井畑容疑者は「3年ほど前から約60件やった」と供述しているという。同署の調べによると、井畑容疑者は2月9日、同市阿倍野区美章園のパート女性(74)宅を訪れ、同市水道局職員を装って「タンクが壊れて汚水があふれるかもしれない」とうそをつき、工事代金として現金約3万円をだまし取った疑いがもたれている。同局には平成18年以降、同区周辺から同様の被害相談が未遂を含め54件寄せられており、被害総額は計約100万円に上るという。同署が似顔絵を作製して警戒していたところ、3日午前、阿倍野区播磨町で作業着姿の井畑容疑者を発見。犯行を認めたため、同日逮捕した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/228249/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆金賢姫元工作員が産経新聞に手紙とその全文(5日)

Banner_logo_051_5 ソウル=黒田勝弘】大韓航空機爆破事件(1987年)の犯人として逮捕され現在、韓国で暮らしている金賢姫元北朝鮮工作員(47)はこのほど産経新聞に手紙を寄せ、近く予定されている拉致日本人の一人、田口八重子さんの家族との面会に強い期待を語るとともに、「至誠天に通じる」として拉致解決に向けた日韓の協力を強く訴えている。手紙は黒田勝弘・産経新聞ソウル支局長あてとして人づてに届けられた。今回の面会では田口さんの兄、飯塚繁雄さんや息子の飯塚耕一郎さんと会うことになっているが、手紙は田口八重子さんが「成長した息子が母の救出運動をしているという事実を知れば新たな希望をとなって生きていくことでしょう」とし、田口さんの生存を前提にしたものになっている。手紙は「至誠感天(至誠天に通じる)」という言葉で問題解決への日韓協力を強調し、いつの日か「田口八重子が家族と面会するという(新聞の)1面ニュース」が実現することに期待をかけている。手紙にはまた、田口さんの家族に触れることで、北朝鮮に残した生死不明の自分の父母、兄弟など家族への思いもつづられている。金賢姫元工作員は工作員時代に北朝鮮で「李恩恵(リ・ウネ)」と名乗る田口さんから日本語をはじめ「日本人化教育」を受けた。金賢姫の供述で「李恩恵」の存在が明るみに出た後、日本側の捜査でそれが田口八重子さんと分かった。当時、2人は工作員施設で長期間、共同生活しながら過ごしたといい、彼女の田口さんに対する思いは深く、その様子は手記『忘れられない女(ひと)-李恩恵先生との二十カ月』(文春文庫版)に詳しく記されている。金賢姫元工作員は親北・左翼的だった盧武鉉前政権時代に「大韓航空機事件は韓国側のデッチ上げで金賢姫は偽者」といった北朝鮮に同調する謀略説の広がりにひどく悩まされた。李明博政権への交代を機に積極的に反撃に出ており、北朝鮮批判に取り組んでいる。拉致問題にも関心が強い。田口さん家族との面会計画は日韓両国政府の協力で進められ、近く釜山市のホテルで行われる見通しだ。面会の際は共同記者会見が予定されているが、これまで公開の場に出ることがなかった金賢姫元工作員としては、この機会にさまざまな思いを語りたい考えのようだ。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/228276/

続きを読む "☆金賢姫元工作員が産経新聞に手紙とその全文(5日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ファミレスで十数人乱闘 埼玉・越谷(5日)

Banner_logo_051_4 4日正午すぎ、埼玉県越谷市のファミリーレストラン「ガスト南越谷店」の店員から「店内で男たちがけんかしている」と110番があった。越谷署員が駆けつけると、店の駐車場と向かいのガソリンスタンドに20代の男性2人が血を流して倒れていた。2人は全身を殴られるなどして重傷。ほかにも男性2人が負傷して病院で治療を受けた。けんかには十数人が関与していたとみられ、同署が暴力行為法違反の疑いで事情を聴いている。同署によると、男らがもみ合った際、店の窓ガラスが割れるなどしたが、ほかの客にけがはなかった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/228261/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆2人組の若い男に会社員襲われる 連続強盗? 八王子(5日)

Banner_logo_051_3 4日午後9時35分ごろ、東京都八王子市叶谷の路上で、自転車で帰宅途中の男性会社員(41)が、2人組の男に突然殴られ、「カネを出せ」と脅された。男性が大声を上げたため、男2人は逃走。警視庁高尾署は強盗未遂事件として男らの行方を追っている。同署の調べによると、犯人はいずれも若い男とみられ、1人は身長約170センチで、黒っぽいウインドブレーカーを着ていた。別の1人は白っぽいジャンパーを着ていた。3日夜には、現場から約1・5キロ離れた同市東浅川町の路上で、男性会社員(27)が2人組の若い男にけられるなどして、現金約1万円入りの財布が奪われる強盗傷害事件が発生しており、同署で関連を調べている。 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/228283/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【小沢氏秘書逮捕】秘書、ダム工事で口利きの疑い(5日)

Banner_logo_051_2 小沢一郎民主党代表の資金管理団体「陸山会」が、準大手ゼネコン「西松建設」(東京)から事実上の企業献金を受けていた政治資金規正法違反事件で、逮捕された会計責任者で公設第1秘書の大久保隆規容疑者(47)が、西松のダム工事の受注で口利きした疑いのあることが4日、捜査関係者の話で分かった。西松前社長の国沢幹雄容疑者(70)らが「大久保秘書にダム工事が受注できるようお願いした」と東京地検特捜部に供述したという。特捜部では小沢氏から参考人聴取する方針。捜査関係者によると、問題の工事は、国土交通省東北地方整備局が平成18年3月に発注した岩手県の胆沢(いさわ)ダムの関連施設工事。西松などの共同企業体(JV)が約95億円で受注した。入札で予定価格を下回る金額で応札したのは、西松などのJVだけだった。国沢容疑者らは特捜部の調べに、「西松は東北で仕事が取れず、小沢事務所に頼って献金した」とも供述、多額の献金を続けたことで「工事が取れた」と説明しているという。ゼネコン関係者によると、大久保容疑者は小沢氏の地元・岩手に居を構え、東北での公共工事に影響力がある小沢事務所で、小沢氏の代理として工事を調整していたとされる。政治資金収支報告書によると、西松側は、ダム工事が公告された17年9月の直後、6回にわけて計1300万円を陸山会など小沢氏側の3つの政治団体に献金。工事が始まった18年10~11月には5回に分け、計500万円を献金した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/228292/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆秋田県警の元女性職員を書類送検 許可証偽造の疑い(5日)

Banner_logo_051_3 秋田県警五城目署は4日、在職中に風俗営業許可証を偽造するなどしたとして、公文書偽造・同行使などの疑いで、同署の50代の元女性職員を書類送検した。県警監察課は同日、監督責任を問い、当時の上司(47)を戒告の懲戒処分、署長ら5人を本部長注意などの処分にした。県警の調べでは、平成16年から20年にかけて、副署長が管理する公安委員会の印鑑を無断で使うなどして風俗営業許可証を偽造するなどした疑いがもたれている。同署によると、元職員は刑事課兼生活安全課で許認可事務を担当。期間内に申請書類を処理できなかったために偽造したと供述している。元職員は昨年2月に退職。その後、業務の整理中に発覚した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/228237/

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(5日)5件

【定額給付金】早くも9県で“詐欺”発生(再掲)

息子を装った振り込め詐欺で72歳女性から現金200万円を詐取したとして無職の男4人逮捕  警視庁

Logo1 息子を装った振り込め詐欺で、72歳の女性から現金200万円をだまし取ったとして、無職の男4人が警視庁に逮捕された。犯行に使われたアジトは、公安部のローラー作戦によって発見されたものだった。詐欺の容疑で逮捕された無職・須藤一樹容疑者(38)ら4人は、2008年9月ごろ、神奈川県の72歳の女性に息子を装って電話をかけ、「友達と会社の金を使い込んでしまった」などとうそをついて、現金200万円をだまし取った疑いが持たれている。警視庁では、刑事部や生活安全部が中心となって詐欺グループの摘発を行ってきたが、今回の事件は、公安部がローラー作戦によりアジトを発見し、逮捕につながった。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00150602.html

定額給付金かたる詐欺に注意 静岡県警

News_pic1 定額給付金の支給するための関連法が成立したことを受け、警察では、定額給付金の支給を装った振り込め詐欺に十分注意するよう呼びかけています。静岡県警察本部によりますと、定額給付金の支給を装った振り込め詐欺の電話がかかったり、現金をだまし取られたりする被害は、県内では今のところ確認されていませんが、警察庁によりますと全国では、振り込め詐欺の電話は去年11月ごろから始まり、これまでに宮城や千葉、それに富山など全国の少なくとも9つの県で確認されています。定額給付金は今月から一部の市区町村で支給の手続きが始まりますが、手続きは原則として市区町村から郵送されてくる書類で行われるため、電話で銀行口座の番号などの個人情報を聞き出すことはありません。また、国や市区町村がATMの操作を求めることや、受け取る人から手数料などのお金を振り込んでもらうことは絶対になく、警察では不審な電話に十分注意するよう呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/shizuoka/lnews/07.html

給付金装う振り込め詐欺注意

News_pic1警察は今後、定額給付金の支給を装った振り込め詐欺の手口が増えるおそれがあるとして注意を呼びかけています。警察によりますと定額給付金の支給を装った振り込め詐欺の電話がこれまでのところ、石川県内では確認されていないものの全国では富山県や宮城県など9つの県で確認されています。このうち富山市では去年12月に女性の自宅に電話がかかり、市役所の職員をなのる男から「今月中に手続きをしないと給付金が受け取れなくなる。すぐにATMに行って欲しい」と求められたということですが9つの県ともに被害はなかったということです。定額給付金は自治体によっては早ければ3月から支給の手続きが始まりますが手続きは原則として自治体から郵送される書類で行われ電話で銀行口座の番号などの個人情報を聞き出すことはないということです。また自治体がATMの操作を求めることや受け取るひとから手数料などのお金を振り込んでもらうことは絶対にないということで、警察は不審な電話には十分注意するよう呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/kanazawa/lnews/06.html

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(5日)5件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月4日 | トップページ | 2009年3月6日 »