« 2009年3月1日 | トップページ | 2009年3月3日 »

2009年3月2日

2009年3月 2日 (月)

☆死亡の男性 紙投入口に転落か(2日)

News_pic1_4 1日、愛知県清須市にある古紙の加工工場で機械で圧縮した古紙の固まりの中から遺体で見つかった、この工場の元アルバイトの男性について、警察は、男性が古紙を圧縮機械に送るための投入口に落ち、機械に巻き込まれた可能性があるとみて、さらに詳しい状況を調べています。1日午後2時すぎ、清須市にある古紙の加工工場で、愛知県甚目寺町の安藤孝太郎さん(69)が機械で圧縮した古紙の固まりの中から遺体で見つかりました。警察によりますと、この工場では新聞紙などの古紙の山を投入口に入れコンベヤーで圧縮機械に送る作業をしていて、1日も午後1時前までのおよそ1時間の昼休みを除き朝から作業員が作業を行っていましたが、特に異常には気づかなかったということです。警察によりますと、安藤さんは2月28日まで、この工場でアルバイトとして働いていて1日は自宅で酒を飲んだあと、昼ごろ、外出したということです。警察は安藤さんが外出後、工場に来て、何らかの原因で古紙の投入口に落ち圧縮機械に巻き込まれた可能性があるとみて、さらに詳しい状況を調べています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10014502081000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆錦戸亮さん:首都高で追突事故、相手女性けが NEWS(2日)

Logo_mainichi1_4 人気アイドルグループ「NEWS」の錦戸亮さん(24)が今月1日、東京都港区の首都高速道路で乗用車を運転中に追突事故を起こしていたことが警視庁高速隊への取材で分かった。高速隊によると、錦戸さんは1日午後3時45分ごろ、港区六本木の首都高3号線上りで運転中、渋滞で停止中の乗用車に追突。玉突きで乗用車は前の車に衝突した。この事故で乗用車の助手席に乗っていた60代女性が首に軽傷。同隊は、錦戸さんを自動車運転過失傷害容疑で書類送検する方針。錦戸さんはジャニーズ事務所に所属する人気アイドルで、「NEWS」や「関ジャニ∞(エイト)」のメンバーとして活躍している。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090303k0000m040093000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆金属バットで殴られ教師重傷 中2男子逮捕(2日)

Banner_logo_051_10 金属バットで教師を殴り3週間の重傷を負わせたとして、新潟県警阿賀野署は2日、傷害の疑いで阿賀野市内の市立中学2年の少年(14)を逮捕した。同署の調べによると、少年は同日午前8時ごろ、通学先の中学校で生活指導の男性教諭(51)に服装の乱れを注意された。これに腹を立てた少年は、金属バットでこの教諭の腕や腰を殴り、全治3週間の重傷を負わせた疑い。少年は容疑を認めている。少年は教諭に暴行したあと学校を飛び出し、近くの交番や商店の窓ガラスを割りながら逃走したという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/227424/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「逃走用携帯」渡す 犯人隠避で逮捕 全国初兵庫県警(2日)

Banner_logo_051_9 兵庫県警組織犯罪対策課は2日、携帯電話を渡して犯人の逃走を手助けしたなどとして、組織犯罪処罰法違反(犯人蔵匿、隠避)の疑いで、指定暴力団山口組系組員、北村俊樹容疑者(37)=堺市=を逮捕した。同課によると携帯電話を渡したことで同法を適用するのは全国初。逮捕容疑は、県警が神戸市のバカラ賭博店を家宅捜索した昨年4月、北村容疑者が実質経営者の女(42)=同法違反罪などで公判中=ら2人に電話で捜査状況を伝えたり、逃走用に携帯電話2台を渡したりした疑い。同課は、賭博店の売上金が暴力団の資金源になっていた可能性があるとみて調べている。女らは携帯電話で連絡を取りながら逃走を続けていたが、昨年8月に東京都内で逮捕された。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/227455/

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(3日)
             (単位・レベル)

2オウム手配犯を追え

【解説】Kikuchi11
Hirata11 Takahashi11

★★★★今月20日で地下鉄サリン事件から14年を迎え

ることから警視庁は都内の大型街頭ビジョンやケ

Bye1ブルテレビで、平田信(43)、菊地直子(37)

高橋克也(50)の特別手配3容疑者の情報提供を呼びかけるビデオ映像を放映することにした。首都圏の体感治安が安定していたが28日夜から1日朝にかけて都内各地で強盗事件が相次いだ。28日午後11時35分ごろには江戸川区のパチンコ店で、1日未明には北区田端新町のビデオ販売店で、午後3時55分ごろには港区南青山1丁目のファミリーマート南青山1丁目店がそれぞれ襲われた。うち北区の事件では同日午後、38歳の無職男が逮捕された。江戸川区と港区の事件では拳銃ようの物が使用されたが被害は無かった。よって感治安はレベル2(あお)」の現状とする。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは警察庁によると昨年秋以降、宮城や兵庫など9県で定額給付金詐欺未遂事件が発生していることがわかった。給付金はほぼ全世帯に支給されるため、警察庁は犯罪集団の標的となる危険性があるとして注意を呼びかけている。

ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。

★警戒警報発令 千葉県南部と都内で警察官をかたる詐欺電話相次ぐ

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆春の火災予防運動 SPEED・上原 多香子さんが一日消防署長に任命され消防演習(2日)

Logo1_2  「春の火災予防運動」が1日から始まり、東京・新宿区では、人気グループ「SPEED」の上原 多香子さん(26)が一日消防署長に任命され、消防演習が行われた。2日の演習は、大地震でビルの一部が崩壊したとの想定で、消防隊員や近くのオフィスで働く人たちなど、およそ700人が参加して行われた。春の火災予防運動で一日消防署長Bs200903021902_531に任命された上原さんは、火災や地震に対する備えの重要性を訴えた。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00150430.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆埼玉県警:子供と女性被害防止を 専従の安全対策隊発足へ(2日)

Logo_mainichi1_3 埼玉県警は4月1日、不審者や付きまといの情報を分析し、子供と女性を性犯罪被害から守ることに特化した「子ども女性安全対策隊」を発足させる。県警によると、子供と女性の被害防止に専従で取り組む組織を設置するのは全国初。安全対策隊は、登下校中の子供への声かけといった不審者情報の多い地域や深夜に女性を狙った性犯罪が多い地域で情報を収集し、不審者を特定して指導や検挙に結びつける。隊員は44人で、3交代の24時間態勢で捜査にあたるという。埼玉県では、子供への声かけなどの不審者情報が08年に695件となり、データを取り始めた04年の約1.65倍に増加した。県警警務課は「これまで制服警察官によるパトロール活動に主眼を置いてきたが、性犯罪を前兆行動から捜査し、被害を防ぎたい」と話している。【浅野翔太郎】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090303k0000m040055000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆強盗未遂:容疑の高2逮捕、エアガンでスーパー襲う 大阪(2日)

Logo_mainichi1_2 大阪府警四條畷署は2日未明、四條畷市内在住の高校2年の男子生徒(17)を強盗未遂容疑で逮捕した。逮捕容疑は、1日午後6時50分ごろ、同府大東市のスーパー「ダイエーグルメシティ四条畷店」1階サービスカウンターで、女性店員(32)にエアガンを突きつけ、金を脅し取ろうとしたとされる。男子生徒は店員が「やめてください。警察を呼びます」と拒否したため、何も取らずに逃げた。店員にけがはなかった。同署によると、事件発生から約2時間後、署員が現場近くのコンビニエンスストアで、目撃証言に似た男子生徒が数人のグループといるのを見つけたという。調べに対し、男子生徒は「エアガンを突きつけた。1人でやった」と話しているという。【牧野宏美】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090302k0000e040075000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ネットで「愛人契約詐欺」、新たに女性26人被害か(2日)

Yomiuri_koudoku1 インターネットで愛人契約を呼びかけ、応募した女性から現金をだまし取ったとして詐欺罪で起訴された長野県松本市並柳、無職横川寛孝被告(31)(公判中)が、さらに東京都など1都9県の26人をだましていた疑いが浮上していることが1日、捜査関係者の話で分かった。 被害総額は750万円以上とみられる。新潟県警新潟東署はすでに4県6人の被害を追送検しており、残りの被害届が出された分についても近く追送検する方針。捜査関係者によると、横川被告は2007年頃から、複数の出会い系サイトの掲示板に「会社役員 年収4500万 会社2つ経営 月50万で愛人に」などと書き込み、連絡してきた女性と面会。「会社の金で払う。経理が怪しむから、最初は投資してほしい」などとうそを言い、現金などを詐取した疑い。被害額は一人当たり10~300万円で、消費者金融から金を借り、だまし取られた被害者もいるという。横川被告は「出会い系サイトを利用していたが、サクラ、冷やかし半分が多く、女性と会えなかった。雑誌で見た、愛人契約を結ぶ方法だと女性をだましやすかった」と話しているという。(

2009年3月2日15時45分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090302-OYT1T00744.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「白ロム」携帯買い取りで中国人の女逮捕(2日)

Banner_logo_051_8 広島西署は2日までに、不正入手後に集積回路(IC)カードを抜いた「白ロム」の携帯電話端末を買い取ったとして、盗品等有償譲り受けなどの疑いで手配中の住所、職業不詳の中国人、劉丹丹容疑者(29)を逮捕した。広島西署は、劉容疑者が貿易会社社員だった平成19年に白ロム約3万台を買い取り香港に転売。約6億円の利益を得たとみて裏付けを進める。逮捕容疑は、19年7月25日、東京都豊島区の会社事務所で、詐取されたと知りながら白ロム端末8台などを計約30万円で買い取った疑い。広島西署によると、那覇空港で入国した1日に逮捕。「分からない」と供述している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/227263/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆地下鉄サリンから14年 オウム逃亡犯の情報提供求める(2日)

Banner_logo_051_7 今月20日で地下鉄サリン事件から丸14年を迎えるのを前に、警視庁は都内の大型街頭ビジョンやケーブルテレビで、平田信(43)、菊地直子(37)、高橋克也(50)の特別手配3容疑者の情報提供を呼びかけるビデオ映像を放映する。ビデオは約30秒で、平田容疑者らが話している映像や、現在の推定される似顔絵も映し出されている。警視庁では15日にも、事件について特集した広報紙を新聞に折り込み、約420万世帯に配布する。同庁のホームページでは18日からの1週間、専用コーナーを作り、トップページで情報提供を呼びかける。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/227322/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆道警警部が“少女”と淫行か 処分検討(2日)

Banner_logo_051_6 北海道警稚内署の40代の男性警部が18歳未満の少女とみだらな行為をした疑いがあるとして、監察官室が懲戒処分を検討していることが2日、分かった。道警は道青少年健全育成条例違反での立件は見送る方針。監察官室は「少女が成人だと言っていたことなどから、立件できないという結論になった。厳しい懲戒処分を検討している」としている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/227354/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆横浜の緑警察署駐車場に火炎瓶(2日)

Banner_logo_051_5 2日午後5時5分ごろ、横浜市緑区の神奈川県警緑署の駐車場に火炎瓶が投げ込まれた。駐車場は当時無人で、けが人はなかった。県警は火炎瓶処罰法違反容疑で捜査している。 緑署によると、火炎瓶は同署北側の駐車場に落ちて燃えたが、火はすぐに消えた。周囲の車への被害もなかった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/227356/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆東京都内で強盗 1晩で3件(2日)

Logo3_8 2月28日夜から1日朝にかけて、都内各地で強盗が相次いだ。 28日午後11時35分ごろ、江戸川区大杉5丁目のパチンコ店従業員から「強盗だ」と110番通報があった。小松川署によると、同店そばの景品交換所の女性(64)が仕事を終え交換所を出たところ、男から拳銃のようなものを向けられ「マネー」と脅され、手提げバッグを奪われそうになったという。女性が抵抗すると男は走って逃げた。男は身長約170センチ、黒いジャージーを着て、黒いニット帽にマスク姿だったという。 1日午前3時45分ごろには、北区田端新町1丁目のビデオ販売店のアルバイトの男性(36)から110番通報があった。滝野川署によると、男が刃物を店員に突きつけて脅し、レジから約6万円を奪ったが、追跡した店員ともみあいになり、奪った金を落として自転車で逃走。この事件で同署は同日午後、同区志茂4丁目、無職小林一幸容疑者(38)を強盗容疑で逮捕した。「生活に困っていた」と供述しているという。同3時55分ごろには港区南青山1丁目のファミリーマート南青山1丁目店から、警備会社を通じ110番通報があった。赤坂署によると、男がアルバイトの男性(61)に拳銃のようなものを突きつけ、「マネー」と脅迫。男性は抵抗すると頭を銃のようなもので殴られ、1週間のけが。男は金を取らず逃走した。男は30歳くらい、身長約180センチで、眼鏡をかけ、迷彩柄の上着を着ていたという。 http://www.asahi.com/national/update/0302/TKY200903020010.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆3歳長男を虐待、脳死にした容疑 母親逮捕(2日)

Logo3_7 3歳の長男をたたいて脳死状態にさせたとして、福岡県警は2日、同県福津市東福間8丁目、無職常岡千寿子容疑者(27)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。県警によると、常岡容疑者は「自分をだます行為が許せなかった」と話し、容疑を認めているという。 宗像署によると、常岡容疑者は1月15日午後6時ごろ、自宅で長男悠斗ちゃん(3)の顔を平手で数回たたいて転倒させ、その結果、同19日に硬膜下血腫などを発症させ、脳死状態にさせた疑いが持たれている。 同日夕、当時の勤務先から帰宅した常岡容疑者が悠斗ちゃんがぐったりしているのを見つけた。搬送先の病院が児童相談所に連絡。児童相談所が22日、同署に通報して発覚したという。常岡容疑者はふだん、悠斗ちゃんのつめをかむ癖を注意していたといい、「つめをかんだのに、かんでいないとうそをついたことが許せなかった」などと供述しているという。 http://www.asahi.com/national/update/0302/SEB200903020008.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆座像泥棒 三重の会社経営者逮捕 自宅で他の仏像も発見(2日)

Osk2009030200241 Logo3_6       京都市東山区の臨済宗建仁寺派大本山の建仁寺で今年1月、木造十一面観音座像が盗まれた事件で、京都府警は2日午前、三重県四日市市の自販機修理・加工会社経営、阿部逸男容疑者(59)を窃盗と建造物侵入容疑で逮捕した。捜査関係者が明らかにした。府警は同日、阿部容疑者の自宅を家宅捜索し、観音座像のほか、東寺(京都市南区)から盗まれた不動明王立像、毘沙門堂(同市山科区)からなくなった毘沙門天像も発見した。 捜査関係者によると、阿部容疑者はいずれについても盗んだと認め、「信仰心から自宅に持ち帰り、毎日拝んでいた」と供述しているという。 建仁寺などによると、観音座像は高さ約70センチ、重さ約3キロ。江戸時代に制作され、文化財などの指定は受けていない。府警の調べでは、阿部容疑者は1月31日夕方、同寺方丈内に安置されていた木造十一面観音座像を盗んだ疑いがある。寺の防犯カメラには、上着をかぶせた物を抱えて立ち去る男が映っていた。 府警は捜査3課や東山署などで特別捜査班を設置し、男の行方を追ってきた。防犯カメラに映っていた車の特徴などから、阿部容疑者が関与した疑いが浮上したという。府警によると、東寺でも昨年12月、境内のお堂に安置されていた不動明王立像が盗まれる被害があり、防犯カメラの映像に包みを抱えた男の姿が映っていた。盗まれた状況が似ているため、府警は建仁寺の事件と同一犯の可能性があるとして調べていた。これ以外にも同年10月、毘沙門堂から毘沙門天像が盗まれるなど、同市内では昨年以降、文化財指定を受けていない仏像などの盗難が12件続いていた。 捜査関係者によると、府警は阿部容疑者の自宅から仏像21体、掛け軸3本を押収した。阿部容疑者は仏像などの収集家だといい、府警は鑑賞するために盗みを繰り返していた疑いがあるとみている。 http://www.asahi.com/national/update/0302/OSK200903020021.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆拉致解決訴え「給付金で意見広告を」 募金活動始まる(2日)

Logo3_4 北朝鮮による拉致問題の解決への協力を国際社会に訴えようと、ジャーナリストらでつくる「意見広告7人の会」が米ニューヨーク・タイムズに意見広告を出すため、募金活動を始めた。「定額給付金の使い道に迷ったらぜひ寄付を」と呼びかけている。同会のメンバーには、ジャーナリストの有田芳生さん、高世仁さん、音楽評論家の湯川れい子さんらがいる。目標は1ページの全面広告に必要な約650万円。意見広告案では、オバマ米大統領に北朝鮮の人権状況を改善する努力を強めるよう英文で訴える。 02年12月にも約2500人から計約1400万円を集め、拉致問題を解説する広告を同紙に掲載した。振込先などの詳細は、同会のホームページ(http://jinken.asia)で。 http://www.asahi.com/national/update/0228/TKY200902280034.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆孤独・金・健康 「円天」高齢者の不安突く詐欺商法(2日)

Logo3_5 疑似通貨「円天」を宣伝材料にした「エル・アンド・ジー(L&G)」による詐欺事件は、3万7千人とされる会員の多くが高齢女性だった。捜査が進むにつれ、会長の波和二容疑者(75)らによるだましの手口が明らかになってきた。専門家は「高齢者を狙う悪質商法は『孤独』『お金』『健康』の三つを突いてくる」と警鐘を鳴らす。

 ●出会い求め被害

 「仕事や家庭じゃ得られない刺激があった」。横浜市の70代の主婦は出資した約400万円が戻らないままだが、当時を懐かしむ気持ちがあるという。円天が使えるバザーや大物歌手によるコンサートにも頻繁に参加していた。 会場に行くと、自分を紹介したグランドアーク(GA)と呼ばれる上級会員に誘われた傘下会員との出会いがあった。同社の強制捜査後も親しくしている人も多い。「年をとると人間関係は限られてしまいがち。多くの高齢者が集まったのは、楽しかったからではないか」と話す。 L&Gはこの孤独感を利用した。イベント前には、上級会員に、傘下会員を誘うメールやファクスを送るよう指示。会場では、会員らが触れ合える企画を多数用意した。 上級会員は、傘下会員の出資金の4%を紹介料として得たほか、一部は関連団体の役員になって多額の報酬を受けていた。上級会員が紹介料を得て地位も上がるピラミッド型組織はマルチ商法の特徴だ。しかし、組織拡大には限界があり、後から入った会員ほど元金回収ができない可能性が高まる。

 ●適法装った金集め

 「L&Gの金集めが違法なんて当時は思わなかった」。都内の60代後半の自営業女性は振り返る。 不特定多数から金を集める行為は出資法違反にあたる。しかし、同社は会員を「株主社員」、配当を「給料」と呼ぶ独自用語を使用し「特定多数の人々に株主社員の株を与える社内貯金だから出資法違反ではない」と会員に説明していた。女性は上級会員の知人女性の誘いをきっかけに、07年5月までの2年半で約1億円を出資した。「銀行に預けても低金利。老後の小遣いが増えるなら」との思いだった。07年2月、配当停止を連絡する紙が一方的に送りつけられてきた。約1年間、睡眠薬と酒に依存した。「悪い夢を見ていた」と悔やむ。 これまでの詐欺事件では「匿名組合」も同じようにカムフラージュの仕組みとして使われてきた。ワールドオーシャンファームや平成電電などだ。 商法上の匿名組合は、ベンチャー企業の育成などに活用されている。事業に組合員として匿名で出資し、利益と損失を分配する仕組み。マルチ商法への悪用について、捜査当局は、出資法違反での摘発から逃れるためとみる。

 ●健康への不安突く

 L&Gは「バイオゴールド」と名付けた布団の販売業として創業した。金集めを本格化させた後も関連団体「自然免疫研究所」を設立し、サプリメントなどをイベントで販売するなど健康商品にも引き続き力を入れていた。 健康商品をきっかけに同社を知った会員も多い。埼玉県に住む60代の自営業女性は「闘病中にL&Gの布団を使った。商品自体はものが良かった」と言う。 「白血病が治った」などと宣伝して布団を販売する上級会員もいたという。(小林誠一http://www.asahi.com/national/update/0302/TKY200903020047_01.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆松本女性強殺:事件前日に歌、夫の最後の思い出…時効迫る(2日)

Logo_mainichi1 長野県松本市清水のパチンコ景品納入会社従業員、六川(ろくかわ)みすゞさん(当時47歳)が94年に殺害され現金などが奪われた強盗殺人事件の公訴時効が、3月9日午前0時に迫る。事件前日の8日、みすゞさんの誕生日に、みすゞさんが歌った歌が夫茂樹さん(65)の最後の思い出になった。【渡辺諒】 ♪死ぬまであなたと一緒にいたい  歌手・西田佐知子のヒット曲「死ぬまで一緒に」。みすゞさんが好きで、よく口ずさんでいた。銀婚式を5月に控え、誕生日に耳を傾けたみすゞさんの歌声に、茂樹さんは結婚生活の日々を思い出したという。「毎日が楽しかった。いつも一緒だったから」と茂樹さん。土木関係の仕事で、富山県や新潟県などの現場へ2人でよく出掛けたという。「妻は経理を受け持った。仮設住宅を転々とし、旅行をしているようだった」みすゞさんは事件の12年前からパチンコ景品納入の仕事を始めた。事件当日「お父ちゃん、昨日の誕生会、ありがとう」と言って茂樹さんを送り出した。4時間後、景品を運ぶ途中に男に車を止められ、刃で首を切られ現金40万円と小切手(額面3000万円)を奪われた。前年の93年に隣町で景品交換所の経営者が殺害される同様の事件が起き、危険だからと3月末で辞めると決めていた矢先だった。「何かを訴えかけるような悲しげな目だった」。茂樹さんは遺体確認をした時を思い出す。目を閉じようとしても、閉じることができなかったという。見開いた目に、悔しさがあふれていた。感じ取ったみすゞさんの思いを、何とか晴らしてやりたい。「どんな小さなことでもいい。情報を寄せてほしい」  ◇  ◇ 事件に関する情報は捜査本部フリーダイヤル(0120・332・601)▽県警松本署(0263・25・0110)。毎日新聞 2009年3月1日 22時19分http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090302k0000m040065000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ビデオ店に押し入り、現金奪う 男を逮捕 警視庁(2日)

Noimage_120x901 東京・北区のビデオ店に押し入り、現金6万円を奪ったとして、無職・小林一幸容疑者(38)が強盗の疑いで逮捕された。小林容疑者は逃走中に現金を落としていて、現場付近に戻ったところを警察に見つかったという。 調べによると、小林容疑者は1日午前3時半過ぎ、北区田端新町のビデオ店に包丁を持って押し入り、現金6万円を奪った疑いが持たれている。小林容疑者は逃走する際、奪った現金を路上に落としていて、事件後に、店の近くまで戻ったところを警察官に見つかった。 調べに対し、小林容疑者は「仕事がなく、生活に困っていた」と容疑を認めているという。http://www.news24.jp/130181.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆圧縮した古紙の塊から男性の遺体 愛知・清須市(2日)

Logo3_3 1日午後2時15分ごろ、愛知県清須市西須ケ口の製紙原料卸売業「米彦」(永井並夫社長)の男性作業員から、「作業場の圧縮した古紙の塊から血がにじんでいる」と110番通報があった。県警が塊を調べたところ、中から男性の遺体が見つかった。県警は身元の確認を進め、事件と事故の両面で調べている。西枇杷島(にしびわじま)署の発表によると、古紙の塊は縦約1メートル、横約2メートル、高さ約1.1メートルで、重さは約900キロ。遺体は衣服を着けたままで、押しつぶされたような状態だったという。同社は回収した段ボールなどの古紙を圧縮し、製紙会社に販売している。近くに住む男性らによると、作業場内では、回収した古紙をベルトコンベヤーで持ち上げて、圧縮してから下におろす作業をしており、コンベヤーの上り口は地面よりも低くなっていた。場内には、関係者以外でも出入りでき、部外の人がコンベヤー上り口に過って落ち込む可能性もあるという。通報した従業員は取材に対して、「午後1時すぎからは1人で作業していたが、段ボールをコンベヤーに載せるときは異変に気づかなかった。圧縮、梱包(こんぽう)した塊の中に黒っぽい服が見えた」と話した。 現場は名鉄須ケ口駅の北西約800メートルの、マンションや一戸建てが並ぶ住宅街の一角。2月28日が月1回の地元の古紙回収日で、作業場内には大量の古紙があり、3月1日も午前8時半から、通報した従業員ら数人で作業をしていたという。 http://www.asahi.com/national/update/0301/NGY200903010005.html

愛知 遺体は元アルバイト男性

News_pic1 1日、愛知県清須市にある古紙加工工場で機械で圧縮した古紙の固まりの中から男性の遺体が見つかり、警察で調べたところ、この工場で前日までアルバイトをしていた69歳の男性とわかりました。警察は詳しいいきさつを調べています。1日午後2時すぎ、愛知県清須市にある古紙の加工工場の作業場で、機械で圧縮した高さと幅がおよそ1メートル、奥行きが2メートルの古紙の固まりの中から男性の遺体が見つかりました。警察が調べた結果、この男性は所持品や服装などから隣の甚目寺町に住む安藤孝太郎さん(69)と確認されました。警察によりますと、安藤さんはこの工場でアルバイトとして働き、主に作業場の清掃を担当していましたが、先月28日にアルバイトを辞めていたということです。また、家族の話では1日は昼ごろに自宅から外出したということです。この工場では、1日は朝から従業員5人が名古屋市内などで回収された新聞紙などの古紙の山をコンベヤーで機械に送り込み、圧縮する作業をしていました。警察は、安藤さんが1日も何らかの用事で工場に行ったのではないかとみて詳しいいきさつを調べるとともに、死因の特定を進めることにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10014482031000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆無理心中飛び降り? 母子3人死亡 神戸の市営団地(2日)

Logo3_2 1日午後8時半ごろ、神戸市中央区南本町通6丁目の市営新生田川住宅17号棟(14階建て)の敷地内で、女性と男児2人が倒れているのを住民男性が見つけ、110番通報した。兵庫県警葺合(ふきあい)署によると、3人は4階に住む主婦藤井陽子さん(29)と長男の結矢(ゆうや)ちゃん(4)、次男の寛人ちゃん(2)で、いずれも死亡が確認された。同署は、母親が上層階から息子2人を落とし、自らも飛び降りた無理心中の疑いがあるとみている。同署によると、藤井さん方は夫(30)も含め4人家族で、結矢ちゃんは幼稚園児。夫は外出中で、自宅から陽子さんの遺書とみられるメモが見つかった。3人を見つけた男性は「上の階のほうから声が聞こえ、『ドン』という音がしたので振り返ると、子どもが倒れていた。直後にもう1人の子どもと女性が相次いで落ちてきた」と話しているという。 同市営住宅はJR神戸線三ノ宮駅から約800メートル東の住宅街にある。向かいの棟に住む50代の女性は「(亡くなった)3人が仲良さそうに手をつないで歩いているのを見たことがある。こんなことになって驚いています」と話していた。 http://www.asahi.com/national/update/0301/OSK200903010068.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(2日)3件

定額給付金、早くも振り込め詐欺 9県で発生、全部未遂

Logo3 3月中にも一部で支給が始まる定額給付金をかたった振り込め詐欺の未遂事案が、昨年秋以降、宮城や兵庫など9県で発生していることが警察庁のまとめでわかった。給付金はほぼ全世帯に支給されるため、犯罪集団の標的も広がる。このため支給業務を担う自治体には、各世帯への問い合わせに電話を使わないようにするなど、詐欺の防止策をとるところも多い。「定額給付金の手続きをするので至急ATM(現金自動出入機)に向かってください」。昨年12月上旬、仙台市の高齢女性宅に市職員を名乗る男から電話が入った。女性はキャッシュカードと通帳を手に急いでスーパーのATMに向かおうとしたが、呼んだタクシーの運転手に「まだ支給は始まってないですよ」と教えられ、事なきを得た。宮城県警によると、昨年11月末から年末にかけて、定額給付金の支給をかたってATMに誘いだそうとする事例が計23件あった。同県警は高齢者宅への巡回を強化。仙台市は町内放送や広報紙のほかラジオやミニコミ誌で「まだ給付する段階ではありません」と注意を促した。神戸市では昨年11月中旬、「給付金が支給されているので銀行口座を教えてほしい」という不審な電話があったと、区役所に市民から連絡があった。 警察庁によると、定額給付金をかたった同様の事案は昨年11月ごろに始まり、宮城、兵庫のほかに富山、千葉、愛知、和歌山、宮崎、長崎、鹿児島でも起きている。いずれも未遂で、金銭的な被害はなかった。定額給付金の申請は、郵送方式が基本とされている。まず市区町村が各世帯に申請書を送付。受け取った世帯は、申請書に振込先の口座番号を記入し、通帳や本人確認書類の写しを同封して送り返す。それを役所がチェックし、口座に振り込む。 総務省は昨年11月、ホームページに詐欺への注意を呼びかける政府広報を掲載。同省や市区町村がATMの操作を求めることや、受給者から金を振り込んでもらうことは「絶対にありません」と訴えた。横浜、京都、神戸市などは、振り込み口座などについて世帯への問い合わせが必要なケースでも、電話を使わずに郵送でやり取りすることを決めた。市役所からの電話がないとなれば、職員をかたる電話がかかっても詐欺だと見破りやすくなるからだ。 申請書に記入された口座番号と通帳の写しの番号が違う▽必要書類が入っていない――問い合わせをしないといけないこんな事例はかなり多いとみられる。神戸市の担当者は「文書でのやりとりは時間がかかる。本当は電話で聞きたいが、犯罪を防ぐにはやむを得ない」と話す。また、鳥取市は3月中旬に送付する申請書に詐欺への注意を呼びかける文書を同封することにした。(佐藤建仁) http://www.asahi.com/national/update/0302/OSK200903010075.html

「パチンコ必勝法」振り込め詐欺、被害相次ぐ

Yomiuri_koudoku1_3 「必ず勝てるパチンコやパチスロの攻略法を教えます」をキャッチフレーズにした実態のない業者に、情報料などをだまし取られる被害が相次いでいる。全国の消費者センターへの被害相談は年々増加し、1000万円以上を詐取されたケースもあるという。東京都消費生活総合センターによると、被害相談は2004年度に約170件だったが、07年度は約350件と倍増し、今年度も昨年10月末現在で約210件に上っている。全国のパチンコ店でつくる「全日本遊技事業協同組合連合会」(東京)によると、インターネットや雑誌に「月30万~100万円を稼ぐことも可能」「効果がない場合は返金します」などの広告を掲載する業者が、情報料や会員登録料などの名目で金を振り込ませる手口。こうした業者は、私書箱を送金先に指定したり、電話代行業者を使ったりするなど実態のない場合が多いという。(2009年3月2日14時36分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090302-OYT1T00652.htm

警察News_pic1_3官かたる詐欺未遂

静岡市内の女性の自宅に警察官や銀行の関係者を名乗ってキャッシュカードをだまし取ろうとする電話があり、女性がだまされたフリをして警察に協力し、現場に受け取りにきた男2人が逮捕されました。逮捕されたのはいずれもアルバイトで千葉県八千代市の西原典彦容疑者(48歳)と東京・江戸川区の西村典晃容疑者(53歳)です。警察によりますと、2日、警察官や銀行の関係者を名乗った複数の男から静岡市清水区の57歳の女性に「あなたの口座が勝手に作られていて、凍結する必要があります。キャッシュカードを書き換えるので預からせてください」などという電話がありました。しかし、電話を受けた女性が不審に思い、だまされたフリをして警察に届け出たため、キャッシュカードを受け取りに現れた西原容疑者らが警察に詐欺未遂の疑いで逮捕されました。静岡市内では同じような不審な電話がかかってきたという相談が2日だけで30件寄せられたことから、警察では西原容疑者らがかかわっている疑いがあると見て調べています。http://www.nhk.or.jp/shizuoka/lnews/02.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆カッターで顎切る、傷害現行犯で男逮捕 横浜(2日)

Banner_logo_051_3 神奈川県警山手署は1日、傷害の現行犯で、横浜市中区本牧元町の自称自営業、草間安之容疑者(45)を逮捕した。一部容疑を否認している。同署の調べによると、草間容疑者は同日午後7時半ごろ、同区池袋の路上で、持っていたカッターナイフで同区内に住む男性会社員(48)のあごを切りつけ、軽傷を負わせた疑いが持たれている。男性の声を聴いて現場に駆けつけた同署員が草間容疑者を取り押さえた。同署によると、草間容疑者は、男性と交通事故の示談の話し合いをしていたという。「話を無視されたのでかっとなってカッターを振り回した」と話しているという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090302/crm0903020127000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆両陛下のハワイお立寄り検討(2日)

Msn_s1 今夏に予定されている天皇、皇后両陛下のカナダご訪問に合わせ、ハワイへのお立ち寄りが検討されていることが1日、明らかになった。両陛下は平成6年6月の公式訪米の際にも、ハワイに立ち寄られている。関係者によると、両陛下のカナダご訪問は今年7月を軸に調整が進められているが、その帰途でハワイへのお立ち寄りが検討されている。両陛下とハワイとの関係は深く、皇太子・同妃時代の両陛下のご成婚とハワイご訪問を記念して、1960(昭和35)年、日本とハワイの大学院生を互いに派遣するための「皇太子明仁親王奨学金」が創設されている。6年6月にハワイを訪問された際には、両陛下の真珠湾ご訪問も検討された。しかし、両陛下の真珠湾ご訪問には強い反対論があり、この時は両陛下が国立太平洋記念墓地で献花をされている。http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090302/imp0903020130000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「未公開株」で34億円集金 東京のリサイクル会社 全社員が上場予定直前に「失跡」(2日)

Banner_logo_051_2 「近く上場予定で株の値上がりは確実」として、東京の廃棄物リサイクル会社が自社の未公開株の譲渡を電話で持ちかけて約1年間で約34億円を集めた揚げ句、「上場予定」としていた2月直前に社長を含む全社員が失跡していたことが1日、わかった。株主らによると、未公開株の購入者は少なくとも約450人に上るとみられる。同社とは連絡が取れない状態といい、資金回収のめども立っていない。株主は「投資詐欺ではないか」として、弁護士に相談、刑事告訴も視野に情報収集を始めた。この会社は、東京都千代田区東神田の「フジソーテックス」(北条道彦社長)。株主らによると、未公開株の譲渡は北条社長の指示で、平成19年秋ごろから20年12月にかけて実施。「株式上場準備室」の社員らが「21年2月までに上場します。必ず値上がりします」と電話で勧誘し、北条社長の持ち株を1口(10株)50万円で売却していた。準備室の社員の中には元プロ野球選手もいたという。同社は投資を募る際、廃プラスチックから油を再生する「油化還元装置PRS-100」を製造販売している、と宣伝。主要取引先として大手総合商社や製鉄会社の社名を挙げ、「再生油は第2の原油」「自治体や企業への納入が見込まれている」と強調していた。ところが、取引先とされた大手企業への販売実績はほとんどなく、実際に装置を製造していたかどうかもわからず、4カ所あるとされた工場の住所も不明。今年1月の各株主あて文書で北条社長ら経営陣の失跡が報告され、会社事務所も空室になっているという。現在は東京都中央区の広告サービス会社社長がフジソーテックスの残株を取得して筆頭株主となり、「社長代行」として株主との交渉にあたっている。株主総会で正式に承認されれば、北条社長ら全役員を解任するという。社長代行は産経新聞の取材に対し「口座の残高はほとんどなく、出資元金の返還は難しい。会社を存続させ株式価値を増大させるしか、資金回収の見込みはない」と話しているが、株主の間では「真相究明が先」と反発も強く、事業継続は不透明な情勢だ。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/227156/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆古井戸で両腕を発見 沖縄の切断遺体事件(2日)

Banner_logo_051 沖縄県大宜味村の畑で同県北谷町の自営業新田光男さん=当時(50)=の切断遺体が発見された事件で、名護署捜査本部は1日、那覇市内の古井戸の中から新田さんのものとみられる両腕を発見した。捜査本部によると、死体遺棄容疑で逮捕した男3人のうち1人が「古井戸に両腕を捨てた」と供述。捜索すると供述通り、付け根部分から切断された両腕が見つかった。捜査本部は3人が新田さんが殺害された経緯についても事情を知っているとみて調べている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/227112

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「よど号事件」・「あさま山荘事件」の主役たちの今が明らかに(2日)

Logo1 「よど号事件」と「あさま山荘事件」。この2つの大事件の主役たちの今が、FNNの取材で明らかになった。1970年、「赤軍派」を名乗る9人の若者によって、日航機・よど号がハイジャックされた。その後、無事に帰還したよど号を、誰もが熱く出迎えた。日本を離れたよど号は、ドイツ、シンガポールなど9カ国以上を転々とし、今はアフリカのコンゴ民主共和国にあった。コンゴ民主共和国では、3年前まで副大統領専用機として使われていたが、老朽化が進み、現在は放置されていた。よど号は、今ようやく眠りにつこうとしている。一方、37年前、武装した過激派5人が人質をとり、雪の山荘に立てこもった連合赤軍あさま山荘事件。中でも人々の度肝を抜いたのが、事件解決の突破口を開いた鉄球作戦だった。あの戦いの行方を決定づけた鉄球の足取りをたどると、今も長野市のある場所に保管されていることがわかった。
古タイヤなどが雑然と置かれた倉庫に、あの鉄球は赤さびた姿で置かれていた。表面に刻まれた傷が、その過酷な使命を物語っていた。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00150369.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆愛知の鳥インフル、弱毒性H7N6型と確定 農水省発表(2日)

Logo3_3 愛知県豊橋市のウズラの採卵農場で検出された高病原性の鳥インフルエンザウイルスについて、農林水産省は1日、弱毒性のH7N6型と確定したと発表した。周辺の採卵農場や養鶏場では出荷を停止している。感染がないと確認されれば2日にも県と農水省が協議し出荷を認める方針。 ウイルスが検出されたウズラ農場から半径5キロ以内には、ウズラの採卵農場8戸を含めニワトリやアイガモを飼う農場が23戸あり、先月27日から卵や鶏肉、飼料などの移動が制限されている。愛知県のこれまでの調査では感染の拡大は見られないという。 農水省によると、H7N6型は、1975~76年にオーストラリアでカモとニワトリから、04~07年にモンゴルで野鳥のカモから、06年にはスロバキアで野鳥から検出された例があるという。一方、愛知県は1日、現場の農場でウズラの成鳥の殺処分を続けた。これまでに、対象の25万9千羽のうち6万羽余が処分された。県は2日から埋却に着手する。作業の完了までには、あと数日かかる見通し。殺処分は前日より倍近い約70人で作業に当たったが、想定より時間がかかっている。2日はさらに作業員を増やす計画。埋却のための穴は1日に掘削済みで、地下水の状況を確認しだい作業に入る。また同県は、半径5キロ以内の移動制限区域内にある24農家を対象にした立ち入り調査やウイルス検査のための血液採取を1日までに終えた。 http://www.asahi.com/national/update/0301/TKY200903010101.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆カルト宗教から大学生を守れ 45大学が立ち上がる(2日)

Banner_logo_051_7 カルト宗教から大学生を守ろうと、大学職員やカルト問題を専門に研究する教授らが今月中旬、キャンパス内の勧誘情報を交換するネットワークを立ち上げる。大学を横断するカルト対策は初めてだという。これまでに45大学の計50人が参加を表明。勧誘が盛んになる入学シーズンを前に、ネットワークによる情報共有で、カルト宗教による学生の被害を防ぐのが狙いだ。「カルトは姿を隠して近づいてくる。対策には情報戦が不可欠」。発起人の川島堅二・恵泉女学園大学教授はこう話す。カルト問題を研究する「日本脱カルト協会」によると、カルト宗教は本来の名称や目的を隠したサークルで、「大学生活について先輩から話を聞こう」「就職に向けて自己分析をしよう」などと学生を勧誘。正体を明かさぬまま、ノルマを課した物販や新規勧誘に駆り出したり、親密になった後に「辞めると不幸になる」と脅して入信させ、お布施を強要するなどしているという。過去には警察当局の調べで、オウム真理教が偽装サークルで学生を勧誘していた事例が判明。同協会関係者には、カルト入信者の家族から寄せられる脱会相談が現在も絶えないという。これまでは、各大学ごとにカルトをテーマにした講習会や討論会で注意を喚起してきたが、川島教授らは「彼らは多くの大学で同じ名前や手口で活動している。情報の共有でみえてくることがある」として、入学シーズンを前に取り組みを始めることにした。参加者は大学の教員や学生課職員、カウンセラーなど。メーリングリストに登録し、学生から寄せられる偽装サークルや、いかがわしい勧誘の情報を電子メールで一斉に送受信する。必要に応じ、カルト問題を研究している教授が勧誘の断り方や脱会方法をアドバイスするほか、新入生にオリエンテーションなどで注意を促すとしている。 「カルトの線引き」や「信教の自由との兼ね合い」などを課題として指摘する声もあるが、川島教授は「うそをついて勧誘するのは、そもそも詐欺行為。活動にどっぷり漬かると本分である学業を全うできなくなることが多い。学生を守るのは大学側の社会的、教育的な責任」と話している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/227073/

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月1日 | トップページ | 2009年3月3日 »