« ☆発信履歴で少年特定 タクシー強殺事件、携帯で配車依頼(10日) | トップページ | ☆パチンコ店強盗300万円奪う 東京、3人組逃走(10日) »

2009年2月10日 (火)

☆三笠フーズ社長ら5人逮捕 事故米、食用に偽装容疑(10日)

Logo3_3 大阪市北区の米販売会社「三笠フーズ」(破産手続き中)が汚染された工業用の事故米を食用に転用したとされる事件で、大阪、福岡、熊本の3府県Osk2009021000061 警合同捜査本部は10日、同社社長の冬木三男容疑者(73)ら同社幹部らと取引先の仲介会社社長の計5人を不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で逮捕したと発表した。捜査本部は、偽装は価格つり上げによる利ざや稼ぎが目的だったとみて、詐欺容疑でも調べる。 ほかに逮捕されたのは、三笠Osk2009021000021 フーズ元顧問の宮崎一雄(77)▽同社元社長秘書の古谷幸作(59)▽宮崎元顧問の長男で同社の関連会社の米卸売会社「辰之巳」元営業課長の宮崎雄三(49)▽佐賀県唐津市の米穀仲介会社「マルモ商事」社長の丸山茂夫(60)の各容疑者。いずれも容疑を認めているという。 捜査本部は事故米転用をめぐる一連の疑惑のうち、基準値の3倍の残留農薬成分アセタミSeb2009021000031 プリドが検出されたベトナム産うるち米を九州の酒造会社に販売したとされる「酒造会社ルート」を容疑とした。このルートでは、三笠フーズは「工業用のり」の原料として大手商社から福岡県の米穀販売会社を通じて購入した事故米をマルモ商事に販売し、その後宮崎元顧問が設立したペーパー会社の「サン商事」に転売。さらに「辰之巳」に還流させるように伝票上流通させたとされる。一連の事故米の偽装について冬木社長は「金もうけのためだった」と捜査本部の任意段階での聴取に説明。捜査本部は三笠側がその過程で価格をつり上げるとともに、事故米を食用に偽装したとみている。これら偽装にかかわったとされる4社は、酒造会社ルートの取引で計1億2600万円を売り上げたという。捜査本部によると、冬木社長ら5人はこの取引について共謀し、昨年1~8月、ベトナム産の事故米を含む米896トンを酒造会Seb2009021000021 Seb2009021000041 社加工用のくず米を示す「特定米穀白米」などと納品書に記して九州の酒造会社6社に販売した疑いが持たれている。酒造会社ルートでは、おおむね事故米と正規の食用米を半々の割合でブレンドし、酒造会社に販売したという。 事故米の価格は三笠フーズが購入した時点で1キロあたり18.9円だったが、酒造会社に販売する時点で1キロあたり69.5~98円となっており、捜査本部は数千万円の利ざやを得た疑いもあるとみている。 合同捜査本部は昨年9月、不正競争防止法違反容疑に加え、三笠と辰之巳が基準を超える農薬成分メタミドホスを含む中国産もち米を福岡県の米穀卸会社に食用として販売したとされる食品衛生法違反(規格基準外食品の販売)容疑でも強制捜査していた。捜査本部は今後、このメタミドホス米などの流通ルートについても捜査する。

« ☆発信履歴で少年特定 タクシー強殺事件、携帯で配車依頼(10日) | トップページ | ☆パチンコ店強盗300万円奪う 東京、3人組逃走(10日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44018375

この記事へのトラックバック一覧です: ☆三笠フーズ社長ら5人逮捕 事故米、食用に偽装容疑(10日):

« ☆発信履歴で少年特定 タクシー強殺事件、携帯で配車依頼(10日) | トップページ | ☆パチンコ店強盗300万円奪う 東京、3人組逃走(10日) »