« ☆覚醒剤を紛失か 焼身自殺の山口県警警部補(24日) | トップページ | ☆覚せい剤密輸容疑 東洋大生、闇サイトで「運び人」募る(24日) »

2009年2月24日 (火)

☆実弾?NHKに金属片入り郵便物 印字「赤報隊」(24日)

Msn_s1 23日午後6時ごろ、東京都渋谷区のNHK放送センターに、ライフル銃の実弾のような金属の入った郵便物が届いているのが見つかった。同局は警視庁代々木署に届けた。NHKによると、郵便物の中にはA4サイズの白い紙が入っていた。紙には「赤報隊」と縦に印字され、右下に長さ約5センチのライフル銃の実弾のような金属片が白いテープで張り付けられていたという。あて先欄には「日本放送協会(NHK)放送センター」とあり、消印から2月23日に都内で発送されたとみられる。郵便物を受け付ける局内の「メールセンター」に届いたが、差出人名がなかったため、エックス線検査装置にかけたところ、金属物を確認した。NHKでは、福岡放送センタービル1階の東側玄関でも、22日午後5時40分ごろ、手提げバッグに入ったガスボンベが爆発する放火未遂事件が起きており、同署で関連を調べている。 一連の朝日新聞襲撃事件などで報道機関に届いた犯行声明は「赤報隊」名で出されていた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090223/crm0902232240030-n1.htm 

【主張】NHK爆発事件 テロも視野に徹底捜査を

2009.2.24 03:28

San1 NHK福岡放送局の玄関で爆発があった。けが人はなく、被害は天井の一部を破損しただけだったが、単なる放火未遂事件ではすまされない。福岡県警の調べなどによると、現場からカセットこんろ用のガスボンベとポリタンクが見つかり、防犯カメラに白マスクとサングラスをつけた男が手提げバッグを置いて立ち去る姿が写っていた。NHK側は「脅迫などのトラブルはなかった」といっているが、計画的な犯行であることを強く疑わせる事件である。報道機関としてのNHKを狙ったテロの可能性もあり、それを視野に入れた徹底捜査を望みたい。報道機関がテロの標的にされたケースとして、昭和62年5月に朝日新聞阪神支局が襲撃され、記者2人が殺傷された事件は22年近くたった今も人々の記憶から消えない。この事件が平成14年に公訴時効となり、未解決に終わったことは、極めて残念である。その後も、言論封じを狙ったテロは後を絶たなかった。大事には至らなかったが、平成18年夏、昭和天皇の発言とされる元宮内庁長官のメモをスクープした日経新聞本社(東京・大手町)で、火炎瓶の破片が見つかった。平成14年1月には、NHK京都放送局に刃物を持った男が押し入って声明文の放送を要求し、突入した捜査員に逮捕された。テロは報道機関だけでなく、政治家にも及んだ。平成18年8月、山形県鶴岡市の加藤紘一自民党元幹事長の実家が右翼団体幹部に放火され、全焼した。加藤氏の月刊誌での対談記事に反感を抱いたことが、犯行の動機だったとされる。平成15年夏、野中広務自民党元幹事長の事務所に銃弾が郵送されたり、当時の外務審議官の自宅に時限式発火物が仕掛けられたりした事件は、「建国義勇軍」を名乗るグループによる大がかりな犯行だった。加藤氏や野中氏らの意見に反対だからといって、それを放火などの方法で封殺しようとする行為は卑劣である。今回のNHK福岡放送局の事件も、犯人を早く捕まえ、動機や背景を詳しく解明してほしい。この種の事件も、早期解決が最大の予防策になるからだ。民主主義社会では、言論の自由とそれを批判する自由がともに保障されている。いかなる理由があれ、テロは絶対に許されない。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090224/crm0902240328001-n1.htm

« ☆覚醒剤を紛失か 焼身自殺の山口県警警部補(24日) | トップページ | ☆覚せい剤密輸容疑 東洋大生、闇サイトで「運び人」募る(24日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44158944

この記事へのトラックバック一覧です: ☆実弾?NHKに金属片入り郵便物 印字「赤報隊」(24日):

« ☆覚醒剤を紛失か 焼身自殺の山口県警警部補(24日) | トップページ | ☆覚せい剤密輸容疑 東洋大生、闇サイトで「運び人」募る(24日) »