« ☆L&G:「訴訟取り下げれば解約」…詐欺表面化避けうそ(1日) | トップページ | ☆ナゾの通報で駆けつけると…寝入った車上荒らし男が(1日) »

2009年2月 1日 (日)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(1日)10件

振り込め強化対策月間  北海道警

News_pic1_2 あとを絶たない振り込め詐欺の被害を少しでも減らそうと警察は今月から1か月間を振り込め詐欺防止のための強化期間として、お年寄りの家を警察官が直接訪問して注意を呼びかけたり、ATM・現金自動預け払い機を毎日巡回したりすることにしています。振り込め詐欺の被害総額は去年1年間に全国で276億円、道内だけでも6億円を超えています。ことしに入って先月29日までの被害額はすでに道内で1100万円を超え依然として被害はあとを絶ちません。ことしの春には「定額給付金」の制度の実施が予定されており新たな手口の振り込め詐欺が起こることも懸念されていることから警察は今月から1か月間を振り込め詐欺防止に向けた強化期間に指定し、お年寄りの家を直接警察官が訪問して注意を呼びかけるほか、毎日ATMの巡回をするなどの対策を強めることにしています。http://www.nhk.or.jp/sapporo/lnews/01.html

「振り込め詐欺」防止強化月間 宮城県警

News_pic1_2依然として後を絶たない振り込め詐欺の被害を食い止めるため、宮城県警察本部は、去年10月に続いて今月を強化月間に指定して取り締まりを強めるとともに被害を防止するための様々な取り組みを行うことにしています。振り込め詐欺の被害は、去年10月、全国の警察が取締りと被害の防止に取り組んだ後、大幅に減りましたが、その後も全国で毎月10億円を超える被害が続いています。このため警察庁は、去年10月に続いて今月を取締りと被害防止の強化月間に指定しました。宮城県内でも去年1年間の被害額がおよそ4億4千万円にのぼり、前の年を1億2千万円余り上回ったことから、県警察本部も期間中、様々な対策を行うことにしています。具体的には、犯行に使われている携帯電話に警察官が集中的に電話をかけて警告するほか金融機関の現金自動預け払い機の周辺に警察官を配置して現金の引き出しに来る人物を積極的に検挙するなど取り締まりを強化します。このほか、警察官が高齢者の自宅を訪問して注意を呼びかけるなど被害を未然に防ぐための様々な取り組みも進めていくことにしています。http://www.nhk.or.jp/sendai/lnews/02.html

“ヤミ金用”口座開設の女逮捕 福島県警

News_pic1_2違法な高金利で貸し付けるいわゆる「ヤミ金融」の振込先として他人に譲渡する目的で銀行の口座を開設したとして川俣町の会社員の女が詐欺の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは川俣町後田の会社員、花井いね子容疑者(39)です。南相馬警察署によりますと、花井容疑者はおととし(平成19年)11月、他人に譲渡する目的で南相馬市の銀行に普通預金口座を開設して通帳とキャッシュカードをだまし取ったとして詐欺の疑いがもたれています。花井容疑者が開設した口座にはおととし11月から去年6月までおよそ40人から130回にわたっておよそ300万円が振り込まれ、振り込まれた金はヤミ金融業者が回収していました。去年6月にヤミ金融の被害にあった人から警視庁に相談が寄せられ、捜査を進めた結果、花井容疑者が違法に口座を開設したことがわかったということです。警察の調べに対し花井容疑者は、「自分もヤミ金融の業者に借金があった」と話しているということで、警察では口座を譲渡した相手についても調べを進めています。http://www.nhk.or.jp/fukushima/lnews/01.html

振り込め詐欺捜査を装う詐欺 茨城県警

News_pic1_2土浦市に住む60代の女性の自宅に茨城県警察本部の警察官を名のる男から電話がかかりキャッシュカードをだまし取られおよそ100万円を引き落とされました。警察は振り込め詐欺の捜査を装った詐欺事件として捜査しています。警察の調べによりますと30日午前10時ころ土浦市の69歳の女性の自宅に茨城県警の警察官を名乗る男から「個人情報が漏れて詐欺グループの犯人があなたの名義の通帳を持っていた。銀行には警察から連絡しておく」などと電話がありました。その後、銀行の処理係を名のる男から「口座を止めるから暗証番号と口座番号を教えて欲しい。カードが偽造されている可能性があるので別の者が取りに行く」と電話がありました。女性は警察も関係しているからと信用してしまい暗証番号などを教え、訪ねてきた男にキャッシュカード3枚を渡しましたが、その後女性の口座からおよそ100万円が引き落とされたということです。警察によりますと土浦警察署管内だけでも同じ内容の電話があったと9件の相談があり、警察は振り込め詐欺の捜査を装った詐欺事件として捜査するとともに警察官を名乗った不審な電話に警戒するよう呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/mito/lnews/05.html

振り込め詐欺防止強化月間 山梨県警

News_pic1_2今月は「振り込め詐欺を防ぐ強化月間」です。山梨県警察本部でも、警察官が県内のお年寄りの自宅を訪問し、不審な電話を受けた時の対応など注意点の説明に当たっています。このうち、甲府警察署では駐在所の警察官が、お年寄りの自宅を1件1件訪問し、チラシを配りながら、注意点などを説明して回っています。チラシには、不審な電話を受けたら、すぐに家族や警察に連絡する、今後、定額給付金に関連した詐欺が増えるおそれがある、などと、対応方法や最近の特徴が書かれています。警察によりますと、去年1年間の県内の振り込め詐欺の被害額は、おととしより減ったものの、1億1千850万円と1億円を超えています。山梨県警察本部は、強化月間のこの1か月、▼実際に事件に使われた携帯電話に警察官が電話をかけて警告するほか、▼具体的な手口を紹介する寸劇を各地で披露するなど様々な対策を行って、振り込め詐欺の取締り強化と被害防止を図る方針です。巡回にあたった甲府警察署相川駐在所の渡辺典美警部補は「振り込め詐欺の被害者は話相手の少ない、お年寄りを狙ったケースが目立つので、1件1件、しっかり話を聞いて、被害防止に努めたい」と話していました。http://www.nhk.or.jp/kofu/lnews/01.html

強化月間で新たな対策 石川県警

News_pic1_2後を絶たない振り込め詐欺の被害をなくすため県警察本部は去年10月に続いて2月を取り締まりの強化月間に指定し、OB警察官を動員して企業や学校などで防犯講習を行う新たな対策を始めることにしています。県内の去年1年間の振り込め詐欺の被害は▽160件で▽1億5700万円あまりと件数・額ともにおととしの1・5倍以上に増え、去年10月の取り締まり強化月間以降も手口を変えながら一向になくなる気配を見せません。その上、最近は全国的に景気の悪化で経済的に困っているひとに融資話を持ちかけて保証金をだます手口の被害が出てきていることから、県警察本部をはじめ全国の警察は2月を再び強化月間に指定しました。このうち県警察本部ではOB警察官200人が手分けをして企業や学校などを訪れ、手口や注意点を説明する防犯講習を行う新たな対策を始めることにしています。このほか▽警察官が携帯電話各社に出向いて契約する際の本人確認を徹底するよう要請したり、▽ATMに大量の警察官を配置したりして、前回以上の取り締まり強化にあたることにしています。http://www.nhk.or.jp/kanazawa/lnews/01.html

振り込め詐欺の抑止強化を確認 和歌山県警

News_pic1_21月30日、県警察本部の警察署長会議が開かれ、振り込め詐欺の被害抑止に向けた取り組みを一層強めることが確認されました。和歌山西警察署で開かれた警察署長会議には、県警察本部の永松健次本部長をはじめ、県内14の警察署の署長や県警本部の幹部などが出席しました。まず、永松本部長が、「県内の犯罪や交通事故の数は7年連続で減少し、治安の再生に向けて前進できた。世界的金融危機に端を発した景気の悪化が急速に進んでおり、治安を守って、安全・安心な地域社会の実現のため、更なる奮闘をお願いする」と訓示しました。会議では、振り込め詐欺についても取り上げられました。県警では、詐欺に使われた携帯電話や銀行口座の名義人の検挙を強化したり、被害そのものに遭わないよう呼びかけたりしていますが、去年1年間の被害総額は1億6800万円余りと、おととしよりも100万円余り増えており、依然として被害が後を絶ちません。このため、県内の各警察署で被害防止に向けた取り組みを一層強めることが確認されました。http://www.nhk.or.jp/wakayama/lnews/04.html

医療費還付詐欺が連続発生 香川県警

News_pic1_2高松市と東かがわ市で、医療費の還付をうたった振り込め詐欺の被害が3件相次ぎ、あわせておよそ100万円がだましとられました。警察は同じ人物による犯行と見て注意を呼びかけています。警察によりますと、まず今月27日の午後、高松市一宮町の30歳代の女性と50歳代の女性のそれぞれの自宅に、社会保健事務所の職員を装う男から電話があり、男は「医療費の還付を受けられるので近所のスーパーのATMコーナーに行って欲しい」と言いました。女性はいずれも男から指示されるままにATMを操作して気づかないあいだに、それぞれ、40万と11万円を振り込んでだまし取られたということです。
また、翌日の今月28日の午後には、東かがわ市でも60歳代の女性が同じような電話を受け、およそ50万円をだまし取られたということです。警察によりますと、3つの事件とも、ATMに着いてからかけ直すように指示されたフリーダイヤルの番号が同じだったということで、警察は、同じ人物による犯行と見て注意を呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/takamatsu/lnews/06.html

振り込め詐欺対策 強化月間 福岡県警

News_pic1_2振り込め詐欺の被害の増加を受けて、福岡県警察本部は2月1日から1か月間、取り締まりの強化月間として対策を強めることにしています。去年1年間の福岡県内の振り込め詐欺の被害額は6億円近くになり、おととしよりも1億円以上、被害が増えました。
このため、福岡県警察本部では去年10月に続いて、2月1日からの1か月、間取り締まりの強化月間として対策を強めることになりました。具体的には▼犯行に使われている携帯電話に捜査員が繰り返し電話をかけ、電話の使用をやめさせる、▼振り込め詐欺に使われた、金融機関の通帳や携帯電話などの契約者に対する検挙の強化などです。また、年金が支給される2月13日は、全国一斉の「集中警戒日」として、ATMや金融機関の窓口で警察官が警戒に当たることにしています。http://www.nhk.or.jp/fukuoka/lnews/06.html

振り込め詐欺防止強化へ 熊本県警

News_pic1_2後を絶たない振り込め詐欺の被害を食い止めるために、警察は2月、取り締まりと被害の防止活動の強化に乗りだし、警察官が犯行に使われた電話番号に電話をかけて警告するなど新たな対策を進めることになりました。熊本県内では去年1年間の振り込め詐欺の被害額は、前の年よりおよそ7800万円増え、2億3200万円あまりに上り依然として深刻な被害が相次いでいます。 このため警察では来月を取り締まりと被害防止の強化月間に指定し、全国で一斉に振り込め詐欺を撲滅するための新たな対策を進めることになりました。対策では▼被害者の自宅の電話などに残された着信履歴から犯行に使われていると確認できた電話番号に警察官が集中的に電話をかけて警告するほか、▼インターネットのサイトで犯行に使われるおそれのある携帯電話や通帳が販売されていないかどうかチェック体制を強化することにしています。また、今後、「定額給付金」に絡む手口も出てくる可能性もあることから、給付金の支給が始まる前に各市町村の自治体の窓口に注意を呼びかけることにしています。http://www.nhk.or.jp/kumamoto/lnews/07.html

« ☆L&G:「訴訟取り下げれば解約」…詐欺表面化避けうそ(1日) | トップページ | ☆ナゾの通報で駆けつけると…寝入った車上荒らし男が(1日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★日本列島 本日の振り込め詐欺(1日)10件:

« ☆L&G:「訴訟取り下げれば解約」…詐欺表面化避けうそ(1日) | トップページ | ☆ナゾの通報で駆けつけると…寝入った車上荒らし男が(1日) »