« ☆「ブログ炎上」ネット上の悪弊に警鐘 虚偽の中傷も摘発(6日) | トップページ | ☆仁和寺でも仏像盗被害判明 相次ぐ被害に古都の寺院自衛にやっき (6日) »

2009年2月 6日 (金)

☆自民、刑罰に社会奉仕導入を検討 PT発足へ(6日)

Banner_logo_051 自民党は5日、現在の刑罰に「社会奉仕」の新設などを検討するためのワーキングチームを設置する方針を決めた。座長は杉浦正健元法相が就き、近く司法制度調査会(保岡興治会長)を開き正式に発足させる。政府の法制審議会(法相の諮問機関)は、有期の実刑と執行猶予の間の役割として社会奉仕を導入する「保護観察中の社会奉仕活動」と、刑期の期間を実刑と執行猶予に分ける「刑の一部執行猶予」の導入を検討している。法務省は、法制審の結論を受けて、秋に予定される臨時国会にも法案の提出を目指している。社会奉仕を導入すると、犯罪の重さに応じた刑罰の選択肢を広げるメリットがあり、公共施設の清掃や福祉施設での介護補助などが想定されている。刑務所の過剰収容を解消する面でも期待されており、犯罪が増加する中で、かえって刑を軽減させてしまう可能性も指摘されている。このため党では、法制審で検討中の両制度の可否を含めて新たな処遇のあり方を独自にまとめる方針だ。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/219534/

« ☆「ブログ炎上」ネット上の悪弊に警鐘 虚偽の中傷も摘発(6日) | トップページ | ☆仁和寺でも仏像盗被害判明 相次ぐ被害に古都の寺院自衛にやっき (6日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆自民、刑罰に社会奉仕導入を検討 PT発足へ(6日):

« ☆「ブログ炎上」ネット上の悪弊に警鐘 虚偽の中傷も摘発(6日) | トップページ | ☆仁和寺でも仏像盗被害判明 相次ぐ被害に古都の寺院自衛にやっき (6日) »