« ☆【大相撲大麻事件】「六本木行けば薬物買える」 外国人と音楽、そして危うさと混沌…(1日) | トップページ | ☆角界大麻汚染 親方「土俵汚れる」 若麒麟が引退届(1日) »

2009年2月 1日 (日)

☆医大裏口入学詐欺、別の受験生の親から7千万円…告訴検討(1日)

Yomiuri_koudoku1_3 私立医大などへの裏口入学詐欺事件で大阪地検特捜部に逮捕された予備校経営者らが、別の受験生の父親に埼玉医科大(埼玉県)と川崎医科大(岡山県倉敷市)への裏口入学話を持ちかけ、計7000万円を受け取っていたことがわかった。受験生は合格できず、父親が損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしたが、敗訴。控訴した父親は詐欺容疑で告訴を検討している。訴訟記録によると、父親は京都府内の開業医。2003年4月~06年3月、岡田真吾容疑者(40)(逮捕)が経営する医学部系の専門予備校に浪人生の息子を通わせていた。父親は手数料として岡田容疑者に300万円を送金。同容疑者に紹介された会社役員・樋口幸司容疑者(73)(同)からは埼玉医科大への裏口入学話を持ちかけられ、工作費1000万円を支払ったが、息子は05年春、不合格になった。父親は岡田容疑者らから「もう1年やらせてほしい」と説得され、川崎医科大への前渡し寄付金として同年7月、3500万円を渡したが、「だめ押しに1000万円いる」と要求され、指定口座に振り込んだ。息子は06年1月、川崎医科大を不合格になったが、その後も「埼玉医科大に強力なルートがある」などと言われ、計1200万円を支出した。父親は同年8月、岡田、樋口両容疑者らに7000万円の損害賠償を求め提訴。岡田容疑者らは現金受領を認めたが、工作資金に使ったことを強調し、詐欺行為を否認した。昨年11月の判決は、裏口入学のために資金を出すことについて「犯罪行為ではないが、極めて反社会性の強い行為で許容される余地がない」として請求を棄却した。読売新聞の取材に対し、埼玉、川崎両医科大は「そういう事実は把握していない」などとしている。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090131-00000053-yom-soci

« ☆【大相撲大麻事件】「六本木行けば薬物買える」 外国人と音楽、そして危うさと混沌…(1日) | トップページ | ☆角界大麻汚染 親方「土俵汚れる」 若麒麟が引退届(1日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/43916161

この記事へのトラックバック一覧です: ☆医大裏口入学詐欺、別の受験生の親から7千万円…告訴検討(1日):

« ☆【大相撲大麻事件】「六本木行けば薬物買える」 外国人と音楽、そして危うさと混沌…(1日) | トップページ | ☆角界大麻汚染 親方「土俵汚れる」 若麒麟が引退届(1日) »