« ☆上海 振り込め詐欺11人逮捕(12日) | トップページ | ☆街頭犯罪最多返上へ 大阪市、3年半で半減目指す(13日) »

2009年2月13日 (金)

☆裏金工作、大賀容疑者が主導 鹿島に業者や請求額指定(13日)

Logo3_3 キヤノンの大規模工場建設プロジェクトに絡む脱税事件で、法人税法違反容疑で逮捕された会社社長大賀規久容疑者(65)が、キヤノン関連の工事を元請けで受注した大手ゼネコンの鹿島に対し、下請け業者を指定したり、キヤノン側に請求する工事代金に裏金分を上乗せするよう指示したりしていたことが、関係者の話でわかった。 大賀社長が、鹿島から下請け業者に流れる資金を調整し、裏金作りや脱税工作を主導していた疑いが強いとみて、東京地検特捜部は解明を進めている。 鹿島関係者らによると、鹿島が04年にキヤノンの大分市のプロジェクトを受注したころ、大賀社長は鹿島の現地事務所を頻繁に訪れ、下請け業者の指定などをしてきたという。 大賀社長が指定してきた企業は、大賀社長側に裏金やコンサルタント料など計約7億円を支払っていた電気設備工事大手「九電工」(福岡市)や、取締役が法人税法違反容疑で逮捕された建設会社「内山緑地建設」(福岡県久留米市)、大賀社長の親族が経営する建設会社など。鹿島との取引実績がない業者も多く含まれていたという。 また、発注者のキヤノンへの鹿島からの工事代金の請求については、大賀社長が金額を決めたうえで自らへの裏金分などを「上乗せしろ」などと指示していたという。 内山緑地建設などを鹿島の下請け業者にさせた後の取引では、大賀社長は、脱税工作に協力したとして逮捕されたコンサル会社(大阪市)社長の難波英雄容疑者(61)が実質的に経営するグループ会社を孫請けなどとして介在させ、裏金を流す受け皿にしていたとされる。大賀社長が経営するコンサルタント会社「大光」(大分市)など3社は総額約30億円の所得を隠したとされる。 http://www.asahi.com/national/update/0212/TKY200902120152.html

« ☆上海 振り込め詐欺11人逮捕(12日) | トップページ | ☆街頭犯罪最多返上へ 大阪市、3年半で半減目指す(13日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44041485

この記事へのトラックバック一覧です: ☆裏金工作、大賀容疑者が主導 鹿島に業者や請求額指定(13日):

« ☆上海 振り込め詐欺11人逮捕(12日) | トップページ | ☆街頭犯罪最多返上へ 大阪市、3年半で半減目指す(13日) »