« 2009年2月23日 | トップページ | 2009年2月25日 »

2009年2月24日

2009年2月24日 (火)

☆東京・文京区の椿山荘の社員食堂で集団食中毒 職員51人が下痢や腹痛などの症状訴え(24日)

Logo1_2 東京・文京区の椿山荘の社員食堂で、集団食中毒が発生した。東京都によると、椿山荘の社員食堂で食事をした職員51人が、2月20日午後から22日にかけて、下痢や腹痛、吐き気などの症状を訴えたという。職員以外に発症者はなく、いずれも軽症だという。社員食堂では、22日から営業を自粛していて、文京区は近く、営業停止処分を予定している。また都は、20日に提供された「蒸し鶏のゴマタレかけ」について、調理方法などに問題があったとみて調査している。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00150041.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(25日)
             (単位・レベル)

2きれい事では済まされない

【解説】警察庁が昨年から始めた「けん銃の隠

し場所情報提供の懸賞金制度」。23日のNHK

によると、同制度が適用されたのは1件というか

ら寂しい話しだ。けん銃の押収は年々難しくなっ

ており、昨年1年間の押収量は492丁で前年よ

り1割減。その最大の要因が暴力団員からの押

収量のBye1減少だ。全押収量の約3分の1にあたる

166 丁程度に落ち込んでいる。「ガサ(家宅捜索)してもけん銃は押収できない」と言われて久しい。かつては組事務所の武器庫か組員個人で所持していたが、愛人など組織外に隠し持つようになり、いくらガサっても出てこない訳だ。こんな話しがある。平成の初め、ある事件で静岡県の山口組系暴力団事務所を写真取材した記者がいた。夜なのでフラッシュを使用したら、飛んできたのは事務所内からではなく外から車で組員が駆けつけた。「実働部隊は外から集まる時代だ」と驚いた。けん銃などの武器は、外にいる実働部隊のそのまた「外(外部)」に隠されている。当然、密告すれば出所が分かる。10万円で通報するほど甘くはない。やはり「賞金」に頼るのではなく組織内に食い込み「顔」と「足」で稼ぐ捜査でなければ銃社会は深刻さを増すだろう。東京の治安はレベル2(あお)」の現状とする。警視庁の振り込め詐欺ホットラインは03-3501-2967 「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html逮捕相次ぐで5件。

ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆平成20年中の出会い系サイト関連事件の検挙状況(24日)

~前年に比べ検挙件数が161件減少~

Topbanner01logo1_2 警察庁は、平成20年中の「いわゆる出会い系サイトに関係した事件の検挙状況」についてまとめた。昨年中の検挙件数は1,592件で、前年に比べ161件減少した。このうち、児童買春・児童ポルノ法違反が最も多く検挙全体の37.8%を占めた。犯罪被害にあった児童は724人だった。一方、出会い系サイト以外の一般サイトで被害にあった児童は792人にのぼった。http://www.police-ch.jp/news/

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(24 日)1件

署員をモデルに起用し振り込め詐欺啓発ポスター

署員をモデルに起用し振り込め詐欺啓発ポスター ○…熊本県天草警察署は、振り込め詐欺の被害防止の一環として、署員Topbanner01logo1 をモデルにした啓発ポスター(写真)を作成し、管内の金融機関等に配布した。
○…青年警察官のミーティングの席で「さわやかなで好感が持てるポスターに仕上げたい」ということになり、生活安全課主任の磯野公俊巡査部長(27歳)がモデルに起用された。『ちょっと待った!振り込め詐欺ではないですか?』と高齢者に語りかけるイメージで制作されている。○…磯野巡査部長は、「自分がモデルになったのは、少し恥ずかしいですが、振り込め詐欺からお年寄りを守りたいという気持ちを込めています。振り込め詐欺の犯人を追い詰め、防犯と検挙の両面から振り込め詐欺撲滅に全力を傾けたい」と語った。同署では、金融機関のATMコーナーで高齢者の目にとまることで。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆手記の「襲撃指示役」男性が新潮社に抗議、朝日記者も同行(24日)

Yomiuri_koudoku1_3 朝日新聞阪神支局襲撃事件など一連の警察庁指定116号事件の「実行犯」を名乗る島村征憲氏(65)の手記を掲載した週刊新潮に対し、手記の中で阪神支局襲撃を「指示した」と指摘された男性が「手記は全くの虚偽」として抗議し、発行元の新潮社に訂正と謝罪を求めたことがわかった。朝日新聞が24日朝刊で報じた。朝日新聞によると、この男性は在日米国大使館の元職員で、今月17日、「週刊新潮の記事で犯行の指示役に仕立て上げられた」と朝日新聞に相談があった。男性は、島村氏に阪神支局襲撃を指示したとされた1986年当時は「在福岡米国領事館に勤務していた」と説明。朝日新聞記者は了解を得たうえ、23日、男性が東京都新宿区の新潮社を抗議に訪れた際に同行したという。在日米国大使館のデービッド・マークス報道官も読売新聞の取材に対し、この男性について「86年当時は、在福岡米国領事館に勤務していたのを確認している」と回答。「週刊新潮の手記はコメントするに値しない」としている。(

2009年2月24日14時42分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090224-OYT1T00549.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆静岡・沼津の強盗殺人、18歳と19歳の比人少年を再逮捕(24日)

Yomiuri_koudoku1_2 静岡県沼津市で1月31日、同市西間門、飲食店店員沼田太さん(当時33歳)が刺殺され、財布などが奪われた事件で、沼津署捜査本部は24日、いずれもフィリピン人の18歳と19歳の無職少年2人を強盗殺人容疑で再逮捕した。発表によると、2人は1月31日午前0時半頃、沼津市白銀町の路上で、勤務先の居酒屋から徒歩で帰宅していた沼田さんを襲い、胸や腹をナイフのようなもので刺して殺害し、現金約1万円入りの財布やリュックサックを奪った疑い。2人とも容疑を認めているという。19歳の少年は別の強盗傷害容疑で、18歳の少年も窃盗容疑でそれぞれ逮捕されていた。(

2009年2月24日16時19分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090224-OYT1T00645.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆刑事→子育て→納棺師に 「一人ひとりの死、心に刻む」実話です(24日)

Tky2009022401851 Logo3_4          米アカデミー賞の外国語映画賞を受賞した「おくりびと」で本木雅弘さんが演じた主人公のように、戸惑いながらも旅立ちの現場に立ち会う新米納棺師がいる。元刑事の時田さくらさん(37)。茨城県の葬儀会社に勤めて8カ月になる。死と向き合うその仕事を「つらくはない。送ってさしあげたとき、じーんと充実した気持ちになります」と話す。2月中旬、茨城県内の一軒家で納棺式があった。ベテラン納棺師の谷島巧章さん(53)がアルコールを浸した脱脂綿で鼻や口の中を消毒し、綿を詰める。時田さんがピンセットや化粧道具を渡す。眉墨をすっと引くと、亡くなった男性の顔が若返る。15分ほどで化粧は終わり、ほおがふっくらした遺影の印象に近づいた。遺族が「今にも起きてきそう」と涙ぐんだ。 時田さんは宮崎県出身で、19歳で警視庁に入庁。刑事になって働き、結婚後、妊娠したのを機に27歳で退職。10年間は主婦業に専念していた。 子ども2人が小学生になり、再び働こうと仕事を探していた昨年6月、「さくらほーる」の文字が目にとまった。茨城県桜川市の葬儀会社の葬祭場。末期がんだった叔父の死から間がなかったせいかもしれない。面接を受け、就職が決まった。 入社初日は、同世代の女性の葬儀だった。残された幼い子どもの無邪気な姿に、カーテンの裏で泣いた。初めての納棺は10日目。失敗は許されない。「やるしかない。無理なら辞めよう」と覚悟を決めた。  納棺は手順を暗記しても、遺族が見守る中での緊張で、体は思い通り動かない。慣れないことばかりの職場で「最初の3カ月ぐらいはよく泣いていました」。 刑事時代にも、交通事故や薬物中毒などで「死」に接していた。だが、子どもを産み育て、年齢を重ねたことで、受け止め方が深くなったように感じている。「納棺はご遺族の悲しみを癒やす『心のケア』の入り口になっていると思う」と言う。 先輩納棺師の谷島さんは、時田さんが勤める葬儀会社の仕事をはじめ、約20年間で1万3千件の納棺を手がけた。「何も考えず、集中して手を動かす。ほんのひと手間で、故人のお顔が見違えるんです」と話す。 2年前に膠原(こうげん)病の一種の難病と診断されて入院し、今も薬を飲んでいる。映画「おくりびと」には「死は誰もが通過する門のようなもの」というせりふがあるが、長年遺体と対面する仕事をしてきても、死は怖かった。「死を意識して戻ったから、なおさら一人ひとりを悼み、自分の心に刻もうと思っています」 「おくりびと」のオスカー受賞について、谷島さんは「日が当たらなかった納棺という仕事を知らせてくれてうれしい」と喜ぶ一方で、「行く先々の反響がすごい。気が引き締まる」。 時田さんは「主人公と同じように半年やってみて、やっと続けていけるかもしれないと思い始めた。『おくりびと』は、なくてはならない仕事です」と話している。(見市紀世子) http://www.asahi.com/national/update/0224/TKY200902240184.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆警部補を聴取、汚職事件の捜査情報を漏洩か 奈良県警(24日)

Msn_s1_3 発奈良天川村発注の公共工事をめぐる汚職事件にからみ、同県警組織犯罪対策1課の警部補(53)が当時の村長、車谷重高被告(51)=加重収賄罪などで起訴=側に捜査情報を漏らしていた疑いが強まったとして、県警が24日、地方公務員法(守秘義務)違反容疑で、警部補から事情聴取を始めたことが捜査関係者の話でわかった。車谷被告は昨年12月6日、同村発注の簡易水道工事にからみ、便宜を図った見返りに、業者から現金八百数十万円を受け取ったとして、県警に収賄容疑で逮捕された。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090224/crm0902241418022-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆警察官 飲酒運転で事故  北海道警(24日)

News_pic1_3 北海道の斜里警察署の巡査部長が勤務中に酒を飲んでパトカーを運転し、道路脇の支柱にぶつかる事故を起こし、警察は近く酒気帯び運転の疑いでこの巡査部長を書類送検する方針です。警察によりますと、今月13日の夕方、北海道の小清水町にある斜里警察署浜小清水駐在所に勤務する55歳の巡査部長が勤務中に酒を飲み、その後、斜里警察署での当直勤務に向かうためパトカーを運転し、小清水町内で道路脇の支柱にぶつかる事故を起こしたということです。警察が調べたところ、巡査部長から酒気帯び運転の基準を超える呼気1リットル当たり0.7ミリグラムのアルコールが検出されたということです。巡査部長は「業務があるのを忘れ焼酎をストレートで3杯飲んでしまった」と話しているということで、警察は近く酒気帯び運転の疑いで書類送検する方針です。北海道警察本部監察官室は「調査で明らかになった事実に即し、厳正に処分したい」と話しています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10014373341000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆NHK福岡にも不審郵便物 銃弾同封か(24日)

Banner_logo_051_4 各地のNHK放送局に銃弾のような金属片が郵送された問題で、福岡放送局あてにも同様の郵便物が送られたことが24日、分かった。NHKによると、福岡中央郵便局に到着した福岡放送局あての郵便物に、郵便局がエックス線検査をしたところ、銃弾のようなものが同封されているものが見つかった、という。24日午後、同郵便局から福岡放送局に連絡が入った。福岡県警本部で、警察官立ち会いのもと、開封することにしているという。福岡放送局では22日、手提げバッグに入ったガスボンベが爆発する放火未遂事件が起きている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/225359

実弾のようなもの 2放送局に

News_pic1_2 東京・渋谷のNHK放送センターに23日、ライフル銃の実弾のようなものが送られてきましたが、NHKの札幌、長野の2つの放送局にも実弾のようなものが郵送されていたことがわかりました。いずれも同じ消印が押されていて、警察は同じ人物が送ったとみて捜査しています。24日午前、NHKの札幌放送局と長野放送局で、郵送された封筒の中にライフル銃の実弾のようなものが入っていました。実弾のようなものは、いずれも長さが7センチ余りで、B5サイズの紙にテープではり付けられていました。紙には「赤報隊」という文字が縦書きで印刷されていましたが、封筒にはほかに何も入っていませんでした。差出人の名前はなく、23日の日付で東京・神田の消印が押されていました。NHKには、23日、東京・渋谷の放送センターにライフル銃の実弾のようなものが送られていますが、同じ消印が押されていることなどから、警察は同じ人物が送ったとみて捜査しています。また、24日午後、福岡市内の郵便局で、同じ消印の押されたNHK福岡放送局あての郵便物が見つかり、金属探知器の反応があったため警察が関連を調べています。これについてNHKは「動機や背景などはわかりませんが、きわめて悪質で許されない行為であり、警察の捜査を見守りたいと思います」としています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014377121000.html

NHK札幌、長野にも 「赤報隊」の記述

Msn_s1_2 NHK札幌放送局(札幌市)と長野放送局(長野市)に銃弾のような金属片が郵送されたことが24日、分かった。北海道警によると「赤報隊」の記述があったといい、道警や長野県警が詳しい状況を調べている。NHKでは23日夕、東京都渋谷区のNHK放送センターにライフル銃の実弾のような金属の入った郵便物が届いているのが見つかり、郵便物の中には「赤報隊」と印字された紙が同封されていた。22日には、福岡放送局で手提げバッグに入ったガスボンベが爆発する放火未遂事件が起きており、警察当局は関連を捜査する。NHKは24日、札幌放送局と長野放送局に、「ライフル銃の実弾のような金属」の入った封筒が郵送されてきた、と発表し、実弾のようなものには「赤報隊」の文字を印刷した紙が入っていた、という。 NHKによると、23日に東京・渋谷のNHK放送センターに送られてきたものと同じものとみられる、という。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090224/crm0902241356020-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆デート商法、信販会社も責任 名高裁、既払い金返還命じる(24日)

Head_logo1 異性に好意を抱かせて高額商品を契約させるデート商法の被害に遭った三重県の男性(28)が、クレジット契約を結んだ信販会社に対して既に支払った106万円などの返還を求めた訴訟の控訴審判決があり、名古屋高裁は「契約は公序良俗に反し無効」として、会社側に既払い金の返還を命じるとともに原告には未払いのクレジットを拒否できる権利があるとした。判決は19日にあり、代理人の弁護士らによると、デート商法で、信販会社に不法行為の責任を認めた判決は初めて。現在でも年間約550件の被害があり、判決が与える影響は大きそうだ。判決理由で、岡光民雄裁判長は「女性販売員との交際が実現するような錯覚を抱かせ、契約する不公正な方法の取引で契約は無効」と認定した。その上で、信販会社が販売業者の不相当な販売行為を知っているのに漫然と契約を行ったとして「販売業者の不法行為を助長し、不法行為責任を負う」と結論づけた。判決によると、男性は2003年3月、勧誘の電話がきっかけで、レストランで販売員の女性に会った。交際をほのめかすような話をされたり、手を握られたりした上で、指輪の購入を勧められた。さらに、後から来た数人の販売員からも再三勧められて、男性は指輪2点とネックレス1点を購入。総額218万円のクレジット契約を申し込んだ。一審・津地裁伊勢支部は、原告側の訴えを退けていた。被告の信販会社は一審時は「ジーシー」(東京)だったが、控訴審では営業譲渡を受けた「GEコンシューマー・ファイナンス」(東京)が訴訟を承継。デート商法で販売業者だった「シェルフィオーレ」は現在、廃業している。

◆画期的で影響多大 <クレジット被害対策・地方消費者行政充実会議副代表の小野寺友宏弁護士の話> 自己責任を問われてしまいがちなデート商法で、信販会社の責任を認めた判決は聞いたことがなく、画期的。デート商法では信販会社と連携する仕組みがないと成り立たず、今回の判決が同種犯罪に与える影響は大きい。(中日新聞)http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009022390234712.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆千葉・香取市男性刺殺事件 出頭してきた元山口組系暴力団組員の男ら2人逮捕(24日)

Logo1 2月15日、千葉・香取市の路上で45歳の男性が腹などを刺され死亡した事件で、警察は出頭してきた男2人を逮捕した。この事件は15日未明、香取市八日市場の路上で、無職の篠塚和男さん(45)が腹などを複数回刺され、死亡したもの。警察は23日、出頭してきた茨城・鹿嶋市の元山口組系暴力団組員・大川弘次容疑者(61)を殺人の疑いで逮捕した。大川容疑者は「金銭のトラブルがあったので刺した」と、大筋で容疑を認めているという。また、一緒に出頭した中村行男容疑者(67)は、大川容疑者をかくまっていたとして逮捕された。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00149981.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ネットの安全 基本計画策定へ(24日)

News_pic1 インターネット上の有害情報から子どもを守るための具体策を検討している政府の有識者会議は、インターネットの安全な利用法を学校で教えるため専門家を派遣することなどを盛り込んだ基本計画の骨子案をまとめました。インターネット上の有害情報から子どもを守るため、去年、制定された法律では、政府に対し、取り組む具体策を「基本計画」として取りまとめることを義務づけており、これを受けて政府の有識者会議は、「基本計画」の骨子案をまとめました。それによりますと、インターネットの安全な利用法を学校で教えるため、学校に情報通信の専門家を派遣して教員といっしょに指導にあたることや、有害情報にアクセスできないようにする「フィルタリング機能」について保護者を対象にした説明会を行い、家庭での取り組みを促すとしています。また、インターネットを通じた犯罪に対して厳正な刑罰を適用するための法整備を行うとしています。有識者会議では、さらに検討を重ねたうえで、ことし6月までに「基本計画」の案をまとめることにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10014358671000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「おくりびと」で黒子の仕事にも光…納棺師らも喜びの声(24日)

Yomiuri_koudoku1 死者に化粧を施し、死出の衣装を着せて棺に納める――。一般にはなじみのない「納棺師」に心ならずも就いた主人公が、山形県庄内地方の四季の移ろいのなかで立ち直っていく過程を描いた映画「おくりびと」。日本人の死生観を描いた映画の快挙に、葬儀の裏方に徹してきた納棺師からは「黒子の仕事が世界に評価された」という喜びの声があがった。納棺師という職業が生まれたきっかけは、1954年、北海道で青函連絡船「洞爺丸」など5隻が沈没し、1430人の犠牲者を出した海難事故と言われる。当時、北海道で生花店を営んでいた遠山厚さんが、損傷が激しい遺体を一体ずつふき清めて遺族に引き渡した。遠山さんは69年、納棺を専門に行う株式会社「納棺協会」(札幌市)を設立した。納棺師は、遺族の立ち会いの下で、遺体をふいて生前に好きだった衣装に着替えさせ、「死に化粧」をした後で棺に納めるまでが仕事。衣装のひもを結んだり、口紅をつけたりする時には遺族にも手伝ってもらうことが多い。納棺協会の納棺師、堀江満さん(39)は、主演の本木さんらに約4か月間技術指導した。本木さんは一つ一つの手の動きにこだわり、遺族にどう見えるかを意識したという。堀江さんは、「“陰の仕事”を映画の題材にしていただいただけでも光栄なのに、受賞によって世界に広く知られることをありがたく思います」と笑顔を見せた。「おくりびと」のロケは、酒田市の閉館した映画館など、ほとんど山形県内で行われた。脚本を担当した小山薫堂さん(44)は「チェロ奏者になる夢に破れた主人公が自然の中で浄化される過程を描くために、日本の原風景とも言える庄内地方は合っていた」。初めて庄内を訪れた時、庄内がハクチョウの越冬地と知って、「ハクチョウの越冬を挫折した主人公が立ち直る過程に重ね合わせた」と話す。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090224-OYT1T00092.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆父親に「娘預かった」 恐喝未遂容疑で男女6人逮捕(24日)

Logo3_3 愛知県警津島署は23日、女子中学生(15)の父親から金を取ろうとしたとして、愛知県一宮市苅安賀1丁目、無職鈴木和也容疑者(24)、名古屋市中村区烏森町4丁目、自営業服部文也容疑者(37)ら男女計6人を恐喝未遂容疑で現行犯逮捕し、女子中学生を無事保護したと発表した。いずれも「女子中学生とは一緒にいただけで脅してはいない」と容疑を否認しているという。ほかに逮捕されたのは、富山市の建設作業員ら19歳から20代の4人。同署によると、6人は同日午前1時40分ごろ、女子中学生の友人の母親の携帯電話に「親元に帰すには300万円ぐらい必要。鈴木は平気で人の頭をかち割る男だ」などと電話して、愛知県海部郡内の女子中学生の父親(49)に金を要求。午後6時半ごろ、北名古屋市のファミリーレストランに両親を呼び出し、服部容疑者が「100万円払えとは言わないが、鈴木が暴れたらおれたちは知らんよ」などと言って現金を脅し取ろうとした疑いがある。6人は待機していた同署員らに取り押さえられた。 同署によると、女子中学生は2、3日前から家を出ており、両親とはメールで連絡を取っていた。女子中学生は6人のうち何人かとは知り合いだったという。http://www.asahi.com/national/update/0224/NGY200902230007.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆大阪で「ピザ配達員」狙う強盗相次ぐ(24日)

Logo3_2 23日午後9時20分ごろ、大阪府岸和田市天神山町1丁目の府公社「岸和田天神山団地」前の路上で、ピザ店のアルバイト配達員の男性(18)が3人組の男に脅され、現金5万円入りのウエストポーチとピザが奪われた。岸和田署が強盗事件とみて調べている。 同署によると、男たちはノコギリのようなものを配達中の男性に突き付けて「ウエストポーチを渡せ。ピザを出せ。早く早く」と脅した。3人組は20歳前後だったという。16日と21日にも同市内で別のピザ店のアルバイト配達員の男性らが複数の男たちに脅されて現金を奪われる事件があり、同署が関連を調べている。 http://www.asahi.com/national/update/0224/OSK200902230097.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆覚せい剤密輸容疑 東洋大生、闇サイトで「運び人」募る(24日)

Logo3 マレーシアから覚せい剤を密輸したとして、大阪府警と大阪税関は東洋大学経済学部2年生、渡辺恭(きょう)容疑者(20)=住所不定=と無職、大阪絋史(ひろし)容疑者(25)=東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目=の2人を覚せい剤取締法違反容疑で逮捕したと23日、発表した。大阪地検はこの容疑について2人を同法違反罪で起訴している。渡辺容疑者がインターネット上の闇サイトで覚せい剤の「運び屋」を募り、大阪容疑者が応じたといい、府警は背後に密売組織があるとみて調べている。2人は容疑を認めているという。薬物対策課によると、渡辺容疑者らは昨年11月2日、マレーシアから覚せい剤991.74グラム(末端価格5950万円)を関西空港に持ち込んだ疑いが持たれている。 渡辺容疑者は「遊興費で約100万円の借金があった」と供述。出会い系サイトで知り合った女から「金になる商売がある」と聞き、この女を介して知り合った男から密輸を持ちかけられたという。渡辺容疑者は男の指示を受け、昨年9~10月、闇サイトと呼ばれるネット上の掲示板に「書類を海外から持ち帰る仕事募集。旅行してお金がもらえます。報酬は10万~15万円」と書き込んだとされる。 これを見た大阪容疑者が、渡辺容疑者と連絡を取り、男が用意した航空券などを渡辺容疑者を介して受け取ったうえで昨年10月29日、マレーシアに渡航。滞在先のクアラルンプールのホテルで覚せい剤入りのバッグを入手したとされる。 薬物対策課は、大阪容疑者の供述などから渡辺容疑者を特定した。渡辺容疑者は「運び屋あっせんの仕事をすれば毎月30万円くれると聞いてやった。15人ぐらいを海外に行かせた」と供述。同容疑者の指示を受けた運び屋とみられる3人が、韓国・ソウルで現地の捜査機関に身柄を拘束されているとして、同課は24日にも捜査員を派遣して関連を調べるとともに、指示をしたとされる男の特定を急ぐ。 http://www.asahi.com/national/update/0224/OSK200902230098.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆実弾?NHKに金属片入り郵便物 印字「赤報隊」(24日)

Msn_s1 23日午後6時ごろ、東京都渋谷区のNHK放送センターに、ライフル銃の実弾のような金属の入った郵便物が届いているのが見つかった。同局は警視庁代々木署に届けた。NHKによると、郵便物の中にはA4サイズの白い紙が入っていた。紙には「赤報隊」と縦に印字され、右下に長さ約5センチのライフル銃の実弾のような金属片が白いテープで張り付けられていたという。あて先欄には「日本放送協会(NHK)放送センター」とあり、消印から2月23日に都内で発送されたとみられる。郵便物を受け付ける局内の「メールセンター」に届いたが、差出人名がなかったため、エックス線検査装置にかけたところ、金属物を確認した。NHKでは、福岡放送センタービル1階の東側玄関でも、22日午後5時40分ごろ、手提げバッグに入ったガスボンベが爆発する放火未遂事件が起きており、同署で関連を調べている。 一連の朝日新聞襲撃事件などで報道機関に届いた犯行声明は「赤報隊」名で出されていた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090223/crm0902232240030-n1.htm 

続きを読む "☆実弾?NHKに金属片入り郵便物 印字「赤報隊」(24日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆覚醒剤を紛失か 焼身自殺の山口県警警部補(24日)

Banner_logo_051_3  山口県警監察官室は23日、山口市内の漁港で22日に焼身自殺した周南署刑事2課の男性警部補(42)の遺書に「押収した覚せい剤とみられる結晶の一部を紛失した」との記載があったことを明らかにした。監察官室によると、紛失したのは、覚せい剤取締法違反容疑で今月、家宅捜索した容疑者の自宅から押収したものの一部。1グラム未満で袋に入っていた。警部補は紛失を上司に相談していた。遺書には紛失や謝罪の言葉のほか「プライベートなこと」(監察官室)も書かれていたという。監察官室は紛失の経緯などを詳しく調べる。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/225146/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆出会い系喫茶立ち入り 大阪府警など「改正条例順守を」(24日)

Banner_logo_051_2 児童買春の温床ともいわれる「出会い系喫茶」の営業を規制する改正大阪府青少年健全育成条例の施行に合わせ、府警と府は23日、大阪市内の20店舗に対し、立ち入り調査を実施した。改正条例には営業の届け出義務や少女らの入店禁止などが新たに盛り込まれ、各店の責任者らに順守を呼びかけた。府警によると、改正条例では学校や児童福祉施設などの周囲200メートル以内での営業を規制。18歳未満の入店や勧誘、雇用も禁止されたほか、店舗入り口に18歳未満の入店を禁止する内容の掲示も必要になり、違反すれば懲役や罰金などの罰則も設けられた。出会い系喫茶は、男性客が入場料を支払って店内の女性と会話することができるシステム。女性が合意すれば料金に応じて店外に誘い出すこともでき、店内では女性の飲食代が無料となるため、18歳未満の少女が出入りするようになり問題視されていた。府警は昨年10月、女子中学生を入店させていた大阪市中央区宗右衛門町の店舗を児童福祉法違反容疑などで摘発した。京都、神奈川、埼玉の3府県でも同様の条例が施行されているが、大阪府の改正条例では出会い系喫茶にかかわる規制に加え、18歳未満に対するわいせつ行為への罰則も「6月以下の懲役または50万円以下の罰金」から「2年以下の懲役または100万円以下の罰金」に強化された。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/225128/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆産経新聞記者がブログ記事大賞受賞(24日)

Banner_logo_051 産経新聞政治部の阿比留瑠比記者が産経デジタルのインターネットサイト「izaイザ!」で公開しているブログ、「国を憂い、われとわが身を甘やかすの記」の記事がこのほど、ブログ記事を対象にしたコンテスト「アルファブロガー・アワード2008 ブログ記事大賞」を受賞した。 受賞記事は、昨年10月11日付の「小沢一郎氏の初当選からの言動を振り返る・その一」(http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/750570/)。ブログ記事大賞は良質な情報を提供するブロガーの発掘と有益なブログの紹介が目的で、昨年12月24日から今年2月18日まで実施されたインターネット投票(計4588票)により、上位12ブログが選ばれた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/225140

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆千葉男性刺殺:61歳の元組員を殺人容疑で逮捕(24日)

Logo_mainichi1_3 千葉県香取市で、同市佐原イ、無職、篠塚和男さん(45)が刺殺された事件で、県警香取署は23日、茨城県鹿嶋市下津、元暴力団組員で家屋解体業手伝い、大川弘次容疑者(61)を殺人容疑で逮捕した。逮捕容疑は、15日午前0時20分ごろ、香取市八日市場の路上で、篠塚さんの腹など数カ所を刃物で刺し、殺害したとしている。県警捜査4課によると、大川容疑者は「金銭トラブルがあった。包丁で腹を刺した」と容疑を認めている。また、大川容疑者をかくまったとして、香取市八日市場、自動車販売仲介業、中村行男容疑者(67)も犯人蔵匿容疑で逮捕した。2人は23日午前、同署に出頭した。3人は知り合いで、事件直前、篠塚さんは中村容疑者方を訪れ、出たところで大川容疑者に刺されたという。【寺田剛】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090224k0000m040089000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆2007年の茨城・神栖市女性殺害事件で事件後に自殺した男を殺人容疑で書類送検(24日)

Logo1 茨城・神栖市で2007年、スーパーの駐車場で女性が殺害された事件で、警察は23日、事件後に自殺した男を殺人の疑いで書類送検した。書類送検された佐々木 長期(ささき・ひさとき)容疑者(当時58)は2007年2月、神栖市のスーパーマーケット駐車場で、鎌形紀子さん(当時50)を刺殺した疑いが持たれている。佐々木容疑者は、別の傷害事件で事情聴取を受けていたが、事件からおよそ3カ月後に自宅で首をつって自殺していた。調べによると、犯行現場で佐々木容疑者の所有する車が目撃されていたほか、佐々木容疑者の車の運転席のマットに付着した血痕から採取されたDNAが鎌形さんと一致したため、23日、容疑者死亡のまま、水戸地検へ書類送検した。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月23日 | トップページ | 2009年2月25日 »