« 2009年2月21日 | トップページ | 2009年2月23日 »

2009年2月22日

2009年2月22日 (日)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(23日)
             (単位・レベル)

2天網恢々疎にして漏らさず

【解説】今年4月から警視庁管内の交番に昼夜

を問わず女性警察官が勤務することになった。

他の府県警では既に勤務しているが、都内は事

件が多く危険なことから夜間も含めて男性警察

官のみになっていた。しかし、女性警察官数が年

々増加しているのに加え、警察官の大量退職が

続いBye1ていることもあり実施することにした(NHK)。

女性警察官の積極的な採用は警察庁長官通達「警察庁甲官第320号」に始まる。以来、全国の警察が積極採用に踏み切り、平成12年の全国の警察官数8520人だったのが、20年には13524人に増えている。人気度も高く、通達直後の12年の採用試験で女性警察官の競争率が多かったのは沖縄県警の大卒試験で140倍を記録。2位は奈良県警の同106.5倍。以下、熊本県警の同85倍、奈良県警の高卒を含めた全競争率の75.5倍などで当時は話題を呼んだ。そもそも女性警察官の積極採用は米村敏朗・警視総監が警察庁の人事課長当時の発案で大量退職時代の到来に向けた対策として打ち出したものだ。東京の治安はレベル2(あお)」の現状とする。警視庁の振り込め詐欺ホットラインは03-3501-2967 「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは4件。

ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆昏睡強盗被害の男性客死亡 東京・歌舞伎町のスナック(22日)

Banner_logo_051_4 東京・歌舞伎町のスナックで酔った男性客からキャッシュカードを盗み、その客を路上に放置したとして、警視庁捜査1課は昏睡(こんすい)強盗と保護責任者遺棄の疑いで、渋谷区本町のスナック経営、小川美津子容疑者(73)ら女3人を逮捕した。また、遺棄容疑で新宿区歌舞伎町、レンタルルーム従業員、井沢祐太容疑者(22)も逮捕した。同課によると、客は練馬区の会社員、浅田勝さん(50)。放置されてから約9時間半後に病院で死亡した。4人は「金が欲しくてやった」などと容疑を認めているという。同課の調べによると、小川容疑者ら女3人は21日午前4時ごろから午前6時50分ごろまでの間、小川容疑者が経営する新宿区歌舞伎町のスナックで、浅田さんに焼酎などを飲ませて昏睡状態にしてキャッシュカードを奪った上、午前7時15分ごろ、知り合いの井沢容疑者ら男3人に頼んで浅田さんを店近くの路上に放置した疑いがもたれている。同課によると、浅田さんは放置された約5分後、通行人に発見されて病院に搬送されたが、約9時間半後に死亡した。同課で司法解剖して詳しい死因を調べている。店近くのコンビニエンスストアの防犯カメラには、酔った浅田さんが女2人に付き添われ、現金自動預払機ATM)を操作する映像が写っていたという。同課は遺棄に関与したとみられる男2人の行方を追っている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/224626

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆NHK福岡放送局玄関付近で爆発ケガ人なし(22日)

Noimage_120x901_2 福岡市の「NHK」福岡放送局で22日夕方、爆発があり、現場から液体が入ったポリタンクなどが見つかった。警察が放火未遂の疑いで詳しく調べている。福岡市中央区のNHK福岡放送局の玄関ホール付近で22日午後5時40分ごろ、「爆発音がして煙が充満している」と警察に通報があった。警察の調べによると、現場にはガソリンのような液体が入ったポリタンクやガスボンベなどが残っていた。ケガ人はいなかった。 NHK福岡放送局は「特にトラブルはなかった」と話している。現場付近では、黒っぽい服装で白い軍手の不審な男の目撃情報もあり、警察は放火未遂の疑いで詳しく調べている。 http://www.news24.jp/129696.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆東京・新宿区で男性に酒を飲ませて酔わせカード奪う スナック経営者の女ら4人逮捕(22日)

Logo1 東京・新宿区で21日、男性に酒を飲ませて酔わせ、キャッシュカードを奪ったとして、スナック経営者の女ら4人が警視庁に逮捕された。昏睡(こんすい)強盗の疑いで逮捕されたスナック経営者・小川 美津子容疑者(73)らは21日、歌舞伎町のスナックで浅田 勝さん(50)に酒を飲ませて酔わせ、キャッシュカードを奪った疑いが持たれている。浅田さんは路上に放置され、死亡した。警視庁は、動機や余罪を追及している。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00149895.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆警視庁女性警官が交番勤務へ(22日)

News_pic1_5 女性警察官の増加や、警察官の大量退職が続いていることから、警視庁は、今年4月から、初めて女性警察官を夜間も含めて交番に勤務させることを決めました。女性警察官の交番勤務は、全国の警察本部で導入されていますが、警視庁は、東京都内は事件や事故が多く危険があるとして、夜間を含む交番勤務は、男性の警察官だけで対応してきました。
しかし、女性警察官は年々増え、全体の5点5パーセントにあたる2300人にのぼっているうえ、警察官の大量退職が続いていることから、幅広い経験を積ませる必要があるとして、試験的に初めて女性警察官を夜間も含めて、交番に勤務させることを決めました。対象となるのは、10の警察署の若手の女性警察官およそ20人で、今年4月から、比較的規模が大きい港区の「お台場海浜公園駅前交番」や、渋谷区の「神宮前交番」など10か所に勤務する予定です。警視庁は、試験的な運用の効果や問題点を検証し、将来的には島を除くすべての警察署で、女性の警察官を交番に勤務させたいとしています。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/04.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆自殺者 11年連続3万人超 NHK調べ(22日)

News_pic1_4 去年1年間に自殺した人は3万2000人余りに上り、11年連続で自殺者が3万人を超える深刻な状況にあることが、NHKの全国の警察に対する取材でわかりました。景気の悪化が深刻になるなか、今後自殺する人がさらに増えるおそれもあるとして、内閣府や各地の自治体などは危機感を強めていK10043274811_011 ます。警察による自殺の統計は、例年、翌年の6月に公表されますが、NHKは全国47都道府県の警察に対して、去年自殺した人の数について取材しました。その結果、去年1年間に自殺した人は今の時点で警察が把握しているだけで、全国で3万2194人に上り、平成10年から11年連続で自殺者が3万人を超える深刻な状況にあることがわかりました。各地の警察では、今後死因が判明して自殺と断定されるケースもあるので、最終的な統計ではさらに数が増える可能性があるとしています。警察によっては自殺の動機についても分析していて、秋田県や和歌山県などでは「経済的な問題による自殺」が増えていて、栃木県では「生活苦」や「事業の不振」による自殺がおととしの2倍以上に増えています。景気が悪化し失業や倒産が深刻な今の状況は、自殺した人が初めて3万人を超えた11年前に似ているとして、内閣府や各地の自治体などでは、今後自殺する人がさらに増えるおそれがあると危機感を強め、相談窓口の充実など自殺防止の対策に力を入れています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014327481000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(22日)4件

融資保証金名目で詐取の疑い 埼玉県警

News_pic1_3 金融会社を装ってダイレクトメールを送りつけ融資を申し込んできた女性から保証金の名目で現金をだまし取ったとして男4人が逮捕され、警察はこのグループによる被害はおよそ100人、金額にして5000万円に上る疑いがあると見て調べています。逮捕されたのは住所不定、無職の坂井文人容疑者(33)ら4人です。警察の調べによりますと4人は金融会社を装ってダイレクトメールを送りつけ、融資を申し込んできた岩手県に住む41歳の飲食店従業員の女性に「指定する私書箱に現金を郵送して欲しい」などとうそを言い去年10月、保証金の名目で48万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。「埼玉県内の男らがダイレクトメールに絡んだ詐欺をしている」という情報が寄せられ埼玉県警察本部が捜査した結果、事件が明らかになりました。警察によりますと坂井容疑者は容疑を否認しているということです。警察はこのグループによる被害はおととしから、あわせておよそ100人、金額にして5000万円に上る疑いがあるとみて調べています。http://www.nhk.or.jp/saitama/lnews/01.html

振り込め詐欺撲滅!ピーポくん一家が登場<2/22 14:48>
Noimage_120x901 Baner011         振り込め詐欺の撲滅を目指し、あの人気者が家族で登場した。 東京・世田谷区で開かれている「第32回 せたがや梅まつり」の会場に登場したのは、警視庁のマスコット「ピーポくん」と、ピーポくんのおじいちゃんとおばあちゃん、お父さんとお母さん、妹と弟。振り込め詐欺の被害に遭わないために一番効果的なのが、家族のコミュニケーション。家族にしかわからない合言葉0902220301 を決めることで、息子をかたる電話にだまされないよう呼びかけた。 http://www.news24.jp/129682.html

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(22日)4件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆強盗殺人 比人少年2人関与か 静岡県沼津市(22日)

News_pic1_2 先月、静岡県沼津市の路上で飲食店の店員が殺害された事件で、別の強盗傷害事件などで逮捕されたフィリピン人の少年2人がかかわった疑いが強まったとして、警察は近く2人を強盗殺人の疑いで再逮捕する方針です。この事件は先月31日の午前0時半ごろ、沼津市白銀町の路上で近くの飲食店店員、沼田太さん(当時33歳)が刃物のようなもので刺されて殺害され、沼田さんがふだん財布を入れていたリュックサックが奪われたものです。警察によりますと、この事件の4日後に現場近くの沼津市の路上で43歳の電気工事業の男性が顔などを殴られ、携帯電話が奪われる事件があり、19歳の無職のフィリピン人の少年が強盗傷害の疑いで逮捕されました。警察では、この少年が沼田さんの殺害にかかわっていないか事情を聞いたところ、別の窃盗事件で今月10日に逮捕された仲間のフィリピン人の少年と2人で、沼田さんを殺害したことを認めたということです。警察によりますと、窃盗事件で逮捕された少年は関与を否定しているということです。警察は容疑が固まりしだい2人を強盗殺人の疑いで再逮捕する方針で、沼田さんが殺害された状況などを詳しく調べることにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014327811000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆こん睡強盗の疑い 4人を逮捕 警視庁(22日)

News_pic1 東京・新宿歌舞伎町で会社員の男性に酒を飲ませて意識を失わせ、キャッシュカードを奪ったうえ路上に放置したとして、スナックの経営者など男女4人がこん睡強盗などの疑いで警視庁に逮捕されました。男性はその後死亡し、警視庁は犯行の詳しい状況を調べています。逮捕されたのは東京・歌舞伎町にあるスナック「美松」の経営者で、東京・中野区の小川美津子(73)容疑者や従業員など男女あわせて4人です。警視庁の調べによりますと、小川容疑者らは、21日午前4時ごろ、スナックの店内で都内に住む会社員の浅田勝さん(50)に焼酎などを飲ませて意識を失わせ、キャッシュカードを奪ったうえ、浅田さんを近くの路上に放置したとして、こん睡強盗や保護責任者遺棄などの疑いが持たれています。浅田さんはおよそ3時間半後に路上で倒れているのが発見され、病院に運ばれましたが、21日の夕方に死亡しました。警視庁によりますと、4人はいずれも容疑を認め、このうち小川容疑者は「お金が欲しくてやってしまった」と供述しているということです。警視庁は浅田さんの死因を調べるとともに、犯行の詳しい状況を捜査しています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10014327891000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆急カーブより怖い“走り屋狩り”少年11人摘発…大垂水峠(22日)

Yomiuri_koudoku1_2 東京都八王子市と神奈川県相模原市相模湖町の都県境でヘアピンカーブが続く国道20号の大垂水峠で昨年5月以降、“走り屋狩り”と称するバイク数台の少年グループが未明に出没して、走行中の自動車を無理やり停車させ、運転手らが暴行を受けて現金を奪われる強盗事件や傷害事件が約10件(被害総額約20万円)連続発生した。県警少年捜査課は、走り屋狩りに加わった同市の少年11人を特定して強盗や恐喝容疑などで摘発、一連の事件の全容解明を進めている。県警幹部によると、摘発された少年らはいずれも、同市の相模湖町や藤野町の解体工や無職少年で、地元の小中高校などの同級生。同課は津久井署とともに、昨年12月3日から2月20日まで集中的に摘発を行い、18~19歳の7人を強盗、傷害や暴力行為容疑で逮捕し、19歳の4人を恐喝や詐欺容疑などで、横浜地検相模原支部に書類送検した。少年らの容疑は昨年6月1日、2人乗りしたバイク4~5台で相模湖町の男性会社員(25)の車を無理やり停車させ、「お前ら財布見せろ」などと脅して顔を殴り、現金6万円を奪い、同27日にも同様に同市内の男子大学生(21)を袋だたきにして約4万円を強奪、同11月に東京都府中市の男子大学生(23)を集団で暴行した――などの疑い。調べに対し、少年らは「走り屋を狙った“走り屋狩り”は、昨年5月から10回くらいやった」「奪った金はパチンコやたばこに使った。スリルがあって遊び感覚だった」などと供述しており、県警で余罪を調べている。同署幹部によると、大垂水峠はヘアピンカーブが連続し、“走り屋”と呼ばれるドライブ・車好きの若者に人気のコースといい、週末の夜間などには、多くの車が都内や県内から集まって来ることで知られている。摘発された少年らは、ナンバーを曲げるなど改造したバイクに乗っており、週末を中心に午前0~4時頃、峠付近に出没していたという。クラクションを鳴らしながら、数台で狙った車の前に飛び出してハザードランプを点灯。減速しながら車の走行を妨害し、車の後ろからもバイク数台が追尾して挟み込み、無理やり停車させる手口だったという。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090222-OYT1T00061.htm?from=top

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆タケノコ産地偽装容疑、大分の市場会社を捜索(22日)

Logo3_3 大分県日田市で青果や水産物の卸売市場を開設する民間会社「地方卸売市場ひた青果水産」(西常一郎社長)が、中国産タケノコの水煮を国産と偽って販売していた問題で、大分県警は22日朝、本社など関係先4カ所を不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで家宅捜索した。県警は販売経緯などについて関係者から事情を聴く方針。 農水省の調べでは、同社は昨年、国産25%、中国産75%を混ぜたタケノコ水煮計154トン(34万パック)を、主に西日本のスーパーなどで「国内産」「大分産」などと偽って販売していた。06年10月ごろから偽装を繰り返していたという。 同社は農水省に対し、「市場での売買はない。直接、取引先に出荷した」と説明しているという。農水省はすでに同社に改善を指示したほか、大分県も今後、卸売市場法に基づいて営業実態を調べる。http://www.asahi.com/national/update/0222/SEB200902220001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆パトカー民家に衝突 ギア入れたままエンジン始動 秋田(22日)

Logo3_2 秋田市山王中島町にある秋田中央署山王交番で21日、無人のパトカーが急発進し、県道(山王大通り)を横断、向かいの民家に衝突していたことが、秋田中央署への取材でわかった。民家の玄関の一部が破損したが、けが人はいなかった。 同署によると、21日午後1時ごろ、交通事故が起きた現場に向かおうとした同交番勤務の署員が、パトカーに乗り込まずにドアを開けてエンジンをかけたところ、いきなり発進したという。凍結を防ぐためとしてサイドブレーキをかけておらず、ギアも入れた状態で駐車していたことが原因とみられる。パトカーはマニュアル車だった。 同署は当日、事故を発表していなかった。「軽微な事故なので広報事案にあたらないと判断した」としている。民家の破損部については全額弁償する方針という。 http://www.asahi.com/national/update/0222/TKY200902220027.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆線路に自転車、電車が衝突…中央線中野駅付近(22日)

Yomiuri_koudoku1 22日午前4時半頃、東京都中野区中野のJR中央線中野駅近くの線路上で、中野発高尾行き普通電車が自転車に衝突した。JR東日本によると、電車は約14分間、現場に停車し、運行を再開した。警視庁中野署は列車往来危険の疑いで調べている。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090222-00000242-yom-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆廃棄用の受精卵を移植か 香川県立中央病院(22日)

47newslogo1 香川県立中央病院(高松市)の受精卵取り違え事故で、人工妊娠中絶した20代女性に移植された受精卵は、廃棄しようと作業台に放置していた別の患者の受精卵だった可能性が高いことが21日、分かった。この受精卵が入っていた培養容器(シャーレ)のふたは捨てたといい、香川県は、なぜ患者名が記されたふただけを捨て、本体をそのままにしていたのかを含め、再発防止に向け一連の経緯を詳しく調べる。病院や産婦人科の川田清弥医師(61)によると、女性は昨年4月に産婦人科を受診。最初は人工授精、次に体外受精をしたが、いずれもうまく発育せず、川田医師は「妊娠は難しいかもしれない」と感じていた。川田医師は9月18日、別の患者の受精卵が入った複数のシャーレを台上に出して作業。うち1つは不要と判断し、ふたを捨て、台の上に置いたままにしていた。次に女性の受精卵が入った複数のシャーレを出し、作業するうちに混在し、すべてを女性のシャーレとして保管した。新たに女性の名前のシールを張ったふたを作ったかどうかは不明という。http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009022101000644.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆金賢姫元工作員との面会月末に 田口さん家族、韓国で(22日)

Head_logo1 大韓航空機爆破事件実行犯の金賢姫元北朝鮮工作員と、拉致被害者田口八重子さんの家族との面会が2月末にも韓国内で実現する見通しになったことが21日、関係者の話で分かった。田口さんは1978年に拉致された後、金元工作員の日本語教育係を務めたとされる。金元工作員は今年1月、日本のマスコミとのインタビューで田口さんの家族と「会ってみたい」と希望。家族も同様の意向を持っていることから日韓両政府が調整を進めていた。田口さんの兄で拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(70)は「妹に関する情報をいろいろと聞き出したい」、田口さんの長男で繁雄さんに育てられた耕一郎さん(32)は「実母の面影を知りたい」と話している。爆破事件は87年の11月29日発生。バグダッド発ソウル行きの大韓航空機がミャンマー南方の洋上で爆発、115人が死亡。韓国当局は金元工作員らによるテロと断定した。金元工作員はソウル五輪妨害を目的に北朝鮮ナンバー2だった金正日書記(当時)の指示で実行したと自供。死刑判決を受けたが90年に特別赦免され、自叙伝「いま、女として」は日韓両国でベストセラーになった。(共同)http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009022101000558.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆盗難:中日投手のグラブ5個 沖縄・北谷町のキャンプで(22日)

Logo_mainichi1_2 プロ野球の中日ドラゴンズは21日、春季キャンプを行っている沖縄県北谷町の北谷公園野球場横に建てられたプレハブ小屋から投手のグラブ計5個が盗まれたと発表した。球団によると、被害にあったのは岩瀬仁紀、中田賢一、吉見一起の3投手で、21日午前9時45分ごろ、練習のために到着した投手が、なくなっていることに気づいた。前日の20日には午後5時半ごろに施錠され、球場の管理者が21日午前8時ごろに鍵を開けた際には、鍵が壊されるなどの異常はなかったと言う。小屋は投手陣が更衣室として使用。練習中は鍵はかけられていない。球団では「グラブは試合用のもので替えがきかない。返してほしい」と呼びかけている。【村社拓信】http://mainichi.jp/select/today/news/20090222k0000m040127000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆宇都宮2人殺傷:被害女性の知人の男に逮捕状 栃木県警(22日)

Logo_mainichi1 宇都宮市東宝木町のアパート一室で21日、この部屋に住む飲食店従業員、川村清美さん(37)と交際相手の同市駒生(こまにゅう)町、同、井上訓臣(のりお)さん(36)が刺され、井上さんが死亡、川村さんが頭などに重傷を負った事件で、栃木県警は同日、川村さんの知人の男(52)が事件に関与した疑いが強まったとして、殺人と殺人未遂容疑で逮捕状を取った。県警によると、男は同日朝、川村さん方を訪れ、ナイフで井上さんの胸などを刺して殺害し、川村さんの胸や頭などを切り付けた疑いが持たれている。男女間のもつれが原因になった可能性もあるとみて男の行方を追っている。【山下俊輔、松崎真理】http://mainichi.jp/select/today/news/20090222k0000m040119000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ひとり暮らし高齢者支援へ、地域に基金 寄付で資金集め(22日)

Logo3 ひとり暮らしの高齢者の生活を支え、詐欺被害や孤独死も防ごうと、厚生労働省は地域の生活サポート体制作りに乗り出す。地域住民からの寄付金などで基金(ファンド)を設け、その資金で社会福祉法人などがひとり暮らし高齢者を支援する仕組み。09年度からモデル事業を始める。ひとり暮らしの高齢者は全国で約432万人と推計され、今後急増する見込み。安否確認や日常生活の手助けは、町内会など地域のつながりの強さに左右されている。今回の事業は、支援を必要とする地域のひとり暮らし高齢者を漏れなく見守る体制作りが狙い。 市町村が社会福祉法人などを選定、中学校2校区分ほどの受け持ち地域を決める。担当の社会福祉士らを置き、町内会や民生委員と協力しながら訪問員が高齢者の自宅を巡回する。介護保険や医療保険ではカバーしきれない安否確認などの見守り活動や、買い物支援、配達の手配といった生活支援を担う。活動資金の一部は、国や市町村の財政難に加え地域住民を巻き込む意味から地元でまかなう。地域や市町村に「地域福祉応援ファンド」(仮称)をつくり、住民に対して募金活動をし、地元商店街などに寄付を求めて資金を集める。厚労省はこのファンドを補助する構想だ。高齢者の地元での買い物を支援し、商店街が活性化すれば、寄付の後押しになるとの狙いもある。厚労省は09年度に全国50市町村程度に各1千万円、計5億円の補助を検討。3~5年後をめどに効果を検証する。(中村靖三郎) http://www.asahi.com/national/update/0221/TKY200902210215.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆民家からケースに入った遺体 埼玉県(22日)

Banner_logo_051_3 21日午後2時10分ごろ、埼玉県熊谷市肥塚の男性(39)方を訪れた親戚の女性から県警熊谷署に、「家の中から異臭がする」との届け出があった。同署員が調べたところ、室内からプラスチックケースに入った1人の遺体が見つかった。同署は死体遺棄事件の可能性があるとみて捜査している。同署の調べでは、遺体の身元や性別、死後どの程度経過しているかは不明。男性は実母(77)と同居しており、2人と連絡がとれていない状態という。 同署は身元の確認を急ぎ、司法解剖して死因を調べる。男性方の家賃は平成20年10月分が支払われたのが最後という。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/224536/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆窃盗男を小学男児が1キロ以上尾行、通報(22日)

Banner_logo_051_2 21日午後3時ごろ、仙台市青葉区旭ケ丘の古本屋の駐車場で、この店の軽ワゴン車からアダルトDVD20本(時価7万円相当)が入った段ボール箱を男が盗んでいるのを小学6年の男児(11)が目撃し、そのまま1キロ以上も尾行して男の自宅を確認し、近くの交番に知らせた。男児の通報をもとに、仙台北署は窃盗容疑で仙台市青葉区旭ケ丘、会社員、石垣亮容疑者(28)を逮捕した。容疑を認めているという。同署によると、お手柄の男児は「男は車をのぞき込んだりして不審だった」と話し、気付かれぬよう尾行した。男児は店の男性経営者(45)にも知らせたが、男性は途中で石垣容疑者を見失ったため、男児が1人で追跡を続けたという。仙台北署は「将来は、ぜひ警察官になってほしい」と男児の勇気をたたえた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/224542

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆日本郵政物件かたり詐欺 「破格で落札できる」未遂数十件 (22日)

Banner_logo_051日本郵政の不動産を破格で払い下げさせることができる」などと持ちかけ、購入資金をだまし取ろうとする詐欺の手口が横行していることが21日、分かった。日本郵政をめぐっては、「かんぽの宿」など保有不動産が購入時に比べて廉価で売却されたことが問題化しているが、郵政民営化をネタにした詐欺未遂事件とみられる。日本郵政ではすでに、同様の事件数十件の報告を受けているという。大阪府内のコンサルタント業の男性によると、知人に紹介された東京都内のコンサルタント会社の社長から今年1月中旬ごろ、「日本郵政の保有する土地が安く売りに出される」と購入話を持ちかけられた。物件は、神戸市中央区の大阪貯金事務センター神戸分館と駐車場。敷地計1900坪に鉄筋造7階建てのビルがある。不動産登記簿によると、土地は日本郵政グループのゆうちょ銀行と郵便局会社が所有。ビルは昭和46年に建築されたもので、ゆうちょ銀行が所有している。同社長は「郵政に強い国会議員の秘書を知っている。落札するように口利きできる」などと話し、落札価格として1坪あたり150万円前後、計30億円を提示。購入資金の一部として、18億円の資金を用意するように指示した。男性側は、提示された坪単価が相場の半値以下と判断し、資金調達のめどをつけた上で、同社長と大阪府内で会合を持つ約束をしたが、確実に落札できるという証拠を求めるなどしたところ、連絡が取れなくなったという。男性は「総務省に問い合わせて、売却話自体がウソだと分かった。だまされなくてよかった」と話している。日本郵政では、宿舎の住所や評価額などが記載された架空の「資産処分リスト」を見せて破格の購入話を持ちかけ、取引の手付金や融資金名目で金銭をだまし取ろうとした事例数十件を約1年前から把握。詐欺の被害は今のところ確認されていないが、都内の大手不動産会社まで問い合わせてきたという。日本郵政では公社時代、民営化に向けて財務体質を改善するため、宿舎や施設の一般競争入札を実施。民営化後の売却は11件で、いずれも一般競争入札だった。日本郵政は「リストの物件は処分予定がなく、議員秘書の口利きもありえない。(このような取引には)一切関与していないので気をつけてほしい」としている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/224559/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆サスケ釈放、「被害者に謝罪して一緒に記念撮影したい」(22日)

Yomiuri_koudoku1_7 JR常磐線の電車内で携帯電話のカメラで隠し撮りしようとした男性会社員(36)への暴行容疑で、19日に警視庁南千住署に現行犯逮捕された、覆面レスラー「ザ・グレート・サスケ」として活動している村川政徳・元岩手県議(39)について、東京地検は21日、処分保留のまま釈放した。マネジメント会社によると、村川元県議は「突然撮影されて驚き、思わず胸ぐらをつかんでしまった。被害者の男性に謝罪して、できれば一緒に記念撮影をしたい」と話しているという。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090221-OYT1T00794.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆大失態「警察が作った偽札」市中に流通 韓国、誘拐事件身代金に用意(22日)

Banner_logo_051_3 【ソウル=水沼啓子】ソウル市内のパン屋の女性店長(39)が誘拐された事件で、犯人側に渡す身代金として警察が用意した偽札が市中に出回り、大騒ぎになっている。承認なしに紙幣を勝手に偽造された韓国銀行側は当惑し、警察側は「類がない」と対処に苦慮している様子だ。事件は今月11日夜、起きた。店じまいをしていた女性店長が2人組の男に誘拐され、犯人は店長の夫に身代金7000万ウォン(440万円)を要求した。通報で警察も捜査を始め、身代金用などに保管していた12億ウォン(7600万円)分の偽造紙幣のうち、ニセの1万ウォン札7000枚分を利用することになった。“身代金”を入れたカバンにGPS(衛星利用測位システム)を装着し、受け渡し現場には48人の警察官を配置した。身代金と引き換えに女性は解放されたが、偽札を持ってオートバイで逃走する犯人を追跡中に取り逃がしてしまった。犯人は17日になって、偽札に気付いたらしく、身代金のうち700万ウォン分の偽札を使い、ソウル市内のバイク店で中古バイクを購入。その後、別の中古バイク店で「資金が急に必要になったので処分したい」とバイクを売り払い、現金400万ウォンを受け取った。 偽札を使われたバイク店の店員によると、偽札は100枚ずつ帯封がされ、銀行の封筒に入っており、銀行から引き出してきたように見えたという。事件を受け、被害を受けた店側の損害賠償問題が議論の的になっている。国家機関が作った偽紙幣での被害の前例がないからだ。犯人の1人は偽札を持ったまま今も逃走中。警察側はこれ以上偽札を使われないよう、犯罪者の人権擁護のため通常は非公表にしている犯人の顔写真まで公開して行方を追っている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/224443/

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月21日 | トップページ | 2009年2月23日 »