« 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月16日 »

2009年2月15日

2009年2月15日 (日)

☆ホシを追い続けた37年 警視庁元捜査1課長逝く(15日)

Banner_logo_051_4 殺人や誘拐など、凶悪事件を追う警視庁捜査1課の捜査員。そこで17年半を過ごし、平成15年2月から1年半にわたって課長を務めた有働俊明さんが7日、静かに息を引き取った。享年62。有働さんが死の直前まで気にしていたのは、英国人女性、ルーシー・ブラックマンさん=当時(21)=が遺体で発見された事件の裁判の行方だった。ルーシーさんは12年7月、友人への電話を最後に失踪(しっそう)した。有働さんは当時、捜査1課ナンバー2の理事官。「これは難事件になる」と判断し、すぐに本格的な捜査態勢を敷くよう1課長に進言した。事件はその読み通りに展開。3カ月後、別の女性に対する準強制わいせつ容疑で会社役員を逮捕した。しかし、会社役員は否認を続け、遺体も見つからない。「何としてもホトケさんを見つけなければ」 自供を得られないまま、三浦半島で遺体を捜索することを決断。1週間後、海岸の岩陰で遺体が見つかった。スコップを持ったまま男泣きする捜査員の手を握り、ともに涙をこぼした。ようやく逮捕にこぎつけたものの、1審東京地裁は「直接証拠がない」として無罪判決。しかし、昨年12月の控訴審判決では1審判決を破棄し、死体損壊、遺棄など一部有罪と認定した。有働さんは18年に退官後、がんが見つかり、病床にあった。「逆転ですよ」。当時の部下から判決を知らされると、何度も大きくうなずいていたという。今月12日の告別式で、同じ熊本出身の先輩で元捜査1課長の一ノ口正士さんは、「刑事」という歌の歌詞を読んだ。《人間ドラマの東京に/刑事(デカ)と呼ばれて今日もまた/事件の現場に飛んでゆく/都民の平和願いつつ/誇りは高しわれらは刑事》 ホシを追い続けた37年間の刑事人生だった。(長島雅子)

【関連】英国人女性、ルーシー・ブラックマンさん=当時(21)=が遺体で発見された事件など計10人の女性に対する性犯罪で、準強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた会社役員、織原城二被告(56)の控訴審判決公判が16日、東京高裁で開かれた。門野博裁判長はルーシーさん事件では無罪、ほか9人に対する犯行を認め無期懲役とした1審東京地裁判決を破棄、改めて無期懲役を言い渡した。ルーシーさん事件では死体遺棄・損壊罪については有罪としたが、ルーシーさんを死亡させたとする準強姦致死罪は認定できないと判断した。検察側は1審で、他の9人の被害者が薬物を使って乱暴されていることなどから、ルーシーさん事件も「一連の事件の延長線上にある」として、クロロホルムなどを使って乱暴され死亡したと主張。ルーシーさんの失跡直後に神奈川県逗子市のマンションに一緒にいたことや、遺体の損壊・遺棄に使ったとみられるチェーンソーやセメントなどを購入していた状況証拠を積み重ねた。 控訴審ではこれらの主張に加え、専門家の鑑定書に基づき、「ほかの女性に使った方法で薬物中毒死したとする証明は十分」と指摘した。弁護側は、ルーシーさんら2人に対する準強姦致死について、「薬物使用を裏付ける証拠はない」などと無罪を主張。ほか8人の起訴事実は認めつつ「無期懲役は重すぎる」と量刑不当を訴えていた。 昨年4月の1審判決では、ルーシーさん事件について「関与の疑いはあるが、犯行を直接結びつける証拠はなく、死因も特定できない」などと無罪を言い渡した。一方で、平成4年2月に豪州人女性、カリタ・リジウェイさん=当時(21)=を死亡させた事件など9人の女性に対する性犯罪では、クロロホルムなどの薬物を使って意識障害状態にして乱暴したと認定し、有罪とした。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/222323/

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(16日)
             (単位・レベル)

2  子供教育に「罪の重さ」を

【解説】13日は全国の警察が振り込め詐欺を

防止するための集中警戒日。犯人にとっては

「最も危険な日」でもある。ところが群馬県警管

内で最もポピュラーな警察官を騙った手口で、し

かも自宅に受取に来て捕まった幼稚な犯人は、

18歳と17歳だった。14日には長野県で中学3

Bye1の男女が盗んだ軽自動車を乗り回して、10日

には埼玉県の17歳の少年少女が出会い系の援交狩りで、兵庫県では19歳少年がタクシー強盗、熊本県では18歳少年がホストクラブの支配人でそれぞれ逮捕されるなど少年事件が目立っている。昭和44年から14年間、事件カメラマンをしたが、逮捕連行される被疑者を見ていると時代とともに「罪の意識の低下」が如実に感じられる。昭和の時代はほぼ全員が顔を隠したが最近は堂々としている。先日は振り込め詐欺で逮捕された男の笑顔の映像が流された。昨年11月18日の本欄で「万引きは犯罪です」のポスターを話題にした。ノーベル賞学者を生む教育より大事なのは「人間としての教育」だ。昨年8月、群馬県の大澤知事が傷害事件を起こした高校の規範意識の向上を図るため、警察官を派遣し教職員や生徒を対象に特別研修を実施する方針を示した。子供の時から「犯罪」の怖さを教える時代になっている。首都東京の治安は「レベル2(あお)」とする。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは千葉県警の逮捕など3件。

ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください

【ブロガーコラム】

Nisshou4_2 トップが動けば組織が動く-警視庁の振り込め詐欺撲滅運動に並々ならぬ決意を見た。13日当日やはり米村警視総監が動いた。練馬区内の信用金庫を訪れたという。米村総監は前日の12日には、渋谷区内の携帯販売店を訪れている。総監が動けば副総監も動く。バレンタインデーの14日、警視庁は振り込め詐欺の撲滅を目指して「バレンタイン作戦」に乗り出した。 上野公園では、植松信一副総監らが、公園を訪れた人達にチョコレートを配りながら、だまされないよう注意を呼びかけた。「甘い言葉にご用心」のスローガンで行われたこのバレンタイン作戦。警視庁の騎馬隊や、犯人の追跡に 欠かせない警察犬も登場し、子供たちは大喜びだった(日本テレビ)。トップが椅子に座っている時代ではない。早稲田大学ラグビー部監督の清宮克幸氏、日産自動車のカルロス・ゴーン社長、ダイエーを黒字化させた高塚猛社長らは「組織の活性化はトップ次第」と動いた。宮崎県の東国原知事は〝広告塔〟よろしく動き回り、大阪の橋下知事は口を動かして赤字財政を黒字にした。いまの時代に求められるリーダー像を考えてみたいものである。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「礼金1割」に100人超が借金名義貸し、被害1億5千万円(15日)

Yomiuri_koudoku1_2 事業への投資名目で知人の女性から数百万円をだまし取ったとして、宮崎北署は13日、住所不定、無職斉藤佐知子容疑者(52)を詐欺容疑で逮捕した。 斉藤容疑者を巡っては消費者金融との契約で名義を貸した県内の20歳代の男女らが多額の借金返済を迫られるトラブルが続発。相談を受けた弁護士によると、被害者は100人以上、被害総額は1億5000万円以上になる見通しという。斉藤容疑者はこうした事案への関与をほぼ認めており、同署は余罪を追及する。発表によると、斉藤容疑者は1月上旬、健康器具販売会社の経営者を装い、宮崎市大塚町の無職女性(61)から数百万円をだまし取った疑い。容疑を認めているという。車などに寝泊まりしていたが、12日夜に「もう逃げ切れない」として、宮崎北署へ出頭した。名義貸しの被害については、相談を受けた弁護士が宮崎市の20歳代を中心に確認している。2004年ごろから昨年までの間、斉藤容疑者が「事業に金がいる。借りた金の1割を支払う」と知人らを通じて持ちかけ、複数の消費者金融と契約してカードの作成を依頼。それぞれの名義で3~6社から100万~約250万円を借りさせ、実際に約1割の礼金も渡していたという。宮崎市の男性会社員(21)は2007年8月、先輩から「簡単にお金がもらえる」と誘われ、名義貸しを勧められた。男性は斉藤容疑者と一緒に消費者金融に出向き、作ったカードを渡した。大手の消費者金融5社から計約140万円を借金し、男性は約14万円を受け取ったという。 1度、返済請求はあったが、斉藤容疑者がすぐに支払った。しかし、今年1月10日になり、斉藤容疑者から「しばらく宮崎を離れるので、その間は自分で払ってほしい。後で払うから」と言われてカードを返されたという。(

2009年2月15日15時01分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090214-OYT1T00604.htm?from=main3

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆6歳女児が行方不明、200人で捜索 福島・南相馬市(15日)

Logo3_5 福島県南相馬市原町区雫(しどけ)の無職高橋邦子さん(48)の三女で、原町聖愛保育園に通うみつきちゃん(6)が、14日午前中に自宅を出たまま帰宅していないため、県警は15日午前、公開捜査を始めた。地元の消防団員らと約200人態勢で周辺を捜索している。 南相馬署の発表によると、みつきちゃんは、邦子さんと祖父母との4人暮らし。14日午前10時ごろ、「遊びに行く」と言って家を出たまま帰宅しなかったため、同日午後2時すぎ、祖母(70)が110番通報したという。 みつきちゃんは身長約120センチでやせ形。自宅を出た時の服装はベージュのコートに赤いトレーナー、青いジーンズにピンクの長靴を履いていたという。高橋さん宅はJR常磐線原ノ町駅から約5キロ南で、付近には池や林がある。 http://www.asahi.com/national/update/0215/TKY200902150057.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆19歳とび職少年を酒気帯び容疑で逮捕、ひき逃げでも捜査 茨城・取手(15日)

Msn_s1_4 茨城県警取手署は15日、酒を飲んで車を運転し男性をはねて死亡させたとして、自動車運転過失致死道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県取手市、とび職の少年(19)を逮捕した。少年は事故後に数分間、同乗の友人(17)とともに車を放置して現場から立ち去っていたといい、同署はひき逃げの疑いでも調べている。取手署によると、少年の呼気1リットル当たり0・4ミリグラムのアルコールが検出されたという。死亡した男性は60~70歳とみられている。取手署の調べによると、少年は15日午前4時45分ごろ、酒を飲んで同市井野台の市道を走行中、対向してきた自転車の男性をはねて、死亡させた疑いがもたれている。少年は事故後に通行人が110番していた際、現場に歩いて戻ってきたという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090215/crm0902151322007-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「このままでは家壊れる」 悪質リフォーム商法で逮捕(15日)

Msn_s1_3  北海道警北見方面本部などは15日までに、詐欺未遂と特定商取引法違反(不実告知)の疑いで、住宅リフォーム会社「キャッツ」(東京)の元北見営業所長、小松正典容疑者(29)=茨城県小美玉市川中子=ら3人を逮捕した。調べによると、小松容疑者らは昨年1月26日、紋別市のひとり暮らしの女性(77)宅を訪れ「このままでは家が壊れる」などとうそを言って、床下の補修工事契約を締び、同31日に工事を終え、代金約95万円をだまし取ろうとした疑いがもたれている。調べに対し「説明時にうそはついていない」などと、いずれも容疑を否認しているという。女性は16年以降、同社と計9回契約し、工費として約550万円を支払っていたという。複数回にわたる工事を不審に思った知人が道警に相談、発覚した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090215/crm0902151455008-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(15、16 日)5件

「泥棒」の声で振り込め詐欺容疑の男逮捕 

Msn_s1_2 2009.2.15 15:45 千葉県警

 千葉県警松戸署は、次男を装って電話をかけ埼玉県鳩ケ谷市の無職男性(75)から現金をだまし取ったとして、詐欺容疑で自称、横浜市西区浅間町、無職、瀬戸口真容疑者(24)を逮捕した。同署の調べでは、瀬戸口容疑者は13日午後5時半ごろ、JR北松戸駅近くの路上で、男性から現金約742万円を詐取した疑い。瀬戸口容疑者は男性から現金を直接受け取った後、突然走って逃げ出した。このため男性が「泥棒」と叫び、通り掛かった50代と70代の男性が同容疑者を取り押さえた。瀬戸口容疑者は「13日に知り合った男から頼まれた」と供述。同署は振り込め詐欺グループによる犯行とみて調べている。男性宅には12~13日にかけて「知人の連帯保証人になっていて金が必要。知り合いが取りに行く」などと次男を装った電話があったという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090215/crm0902151546009-n1.htm

“給付金”詐欺防止呼びかけ 新潟県警

News_pic1_3 振り込め詐欺の手口が巧妙化する中で今後「定額給付金」を狙った手口が出てくることを警戒し15日、新潟市では警察や自治会などが地域の住宅を直接訪問して注意を呼びかけました。この取り組みは、今後定額給付金が給付された場合それにつけ込んだ新たな手口の振り込め詐欺の被害がでてくるおそれがあるとして新潟西警察署の警察官や地元自治会の役員などが行ったものです。15日午前10時半に新潟市の西区役所に集まった警察官や住民など55人はグループごとに分かれて周辺の住宅の訪問に出発しました。訪問先の住宅では「『定額給付金』を装った振り込め詐欺に注意」と書かれたチラシを住民に手渡して「振り込みを求められたら1人で判断しないで必ず家族や警察に相談してください」と呼びかけていました。新潟西警察署の荒木実署長は「定額給付金を使った犯行が行われる前から住民に注意してもらうことで効果が出ると思う」と話していました。宅街が多い新潟市西区では振り込め詐欺で去年1年間で前の年の2倍の31件の被害が出たということです。そのうち80パーセントは振り込め詐欺を知ってはいたが自分は大丈夫だと思っていたと話していたということで警察ではこうした取り組みを通じて振り込み詐欺への注意を呼びかけていくことにしています。http://www.nhk.or.jp/niigata/lnews/01.html

警察官騙る詐欺 3人逮捕 長野県警

News_pic1_3去年10月、伊那市で、警察官を名のる男からの不審な電話のあと家を訪れた男に女性2人がキャッシュカードをだまし取られた事件で、警察は15日、このうち70代の女性からキャッシュカードをだましとったとして、3人を逮捕しました。伊那市では、去年10月、警察官を名のり、「個人情報がもれているのでキャッシュカードの防犯登録が必要だ」などといううその電話が相次ぎ、いずれも高齢の女性2人が、電話のあと家を訪れてきた男にキャッシュカードをだまし取られこのうち80代の女性が被害者の事件ではすでに3人が逮捕・起訴されています。警察のその後の調べで、別の70代の女性がキャッシュカード3枚をだまし取られた事件では、同様の手口で松本市の事件ですでに起訴されている、住所不定、無職の明田川義仁容疑者(40)が、この女性の家を訪れていた疑いが強まりました。また、いずれも埼玉県の無職、平野一哉容疑者(41)と宮坂博子容疑者(38)も事件に関わっていたとして、警察は15日、3人を逮捕しました。
警察は、3人のうち平野容疑者が携帯電話などで2人に指示を出していたと見て調べるとともに、さらに、これらのグループに指示を出す「本部」と呼ばれる人物がいるとみて捜査しています。http://www.nhk.or.jp/nagano/lnews/03.html

振り込め詐欺被害金返還、6千人に通知

2009.2.16 18:05

Msn_s1 静岡地検は16日、振り込め詐欺事件で没収・追徴した約5400万円を被害者に返還する手続きを始めたと発表した。平成18年に成立した被害回復給付金支給法に基づくもので、地検によると、振り込め詐欺事件での適用は全国初という。今回の対象は、静岡、広島両県警が19年、アダルトサイトの利用料名目で振り込ませた金をだまし取ったとして詐欺グループを摘発した事件の被害者約6000人。被害総額は約12億円に上るとみられ、主犯格の男(33)は昨年9月、東京高裁で組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪で実刑判決が確定した。地検は全国の被害者に通知を郵送し、没収・追徴金約5380万円から郵送費などの必要経費を差し引いた後、被害額に応じて分配する。被害回復給付金支給法の適用は、これまで東京地検と富山地検で2例あり、いずれもヤミ金融事件だった。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090216/crm0902161806022-n1.htm

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(15、16 日)5件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆飲食店でトラブル→交番で大麻所持発覚…京大生を逮捕(15日)

Yomiuri_koudoku1 大阪府警南署は15日、乾燥大麻を所持していたとして、京都大法学部2年生、谷口将隆容疑者(20)(京都市東山区)を大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕した、と発表した。谷口容疑者は「吸うために持っていた」と供述している。 発表によると、谷口容疑者は14日未明、大阪・ミナミのアメリカ村の飲食店で、客とトラブルになり、近くの交番に行った際、同署員が、乾燥大麻0・8グラムと吸引用パイプを持っているのを発見。現行犯逮捕された。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090215-00000021-yom-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆大阪・高槻で連続不審火(15日)

Banner_logo_051_3 15日午前6時半ごろ、大阪府高槻市大冠町の市立冠中学校で、グラウンド内にあった野球用ネット(縦横1・8メートル)が燃える不審火があった。約10分後には、約170メートル離れた同市深沢町で、空き家になっていた府営住宅から出火、木造2階建て1棟6戸のうち1戸を焼いた。いずれの現場にも火の気はなく、高槻署は同一犯による放火の疑いがあるとみて調べている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/222225/

【関連】

神戸市兵庫区で不審火相次ぐ

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆男性死亡:路上で腹刺され…事件に巻き込まれる? 千葉(15日)

Logo_mainichi1 15日午前0時40分ごろ、千葉県香取市八日市場の路上で、同市佐原イ、無職、篠塚和男さん(45)が腹から血を流して倒れているのを、通報を受け駆けつけた救急隊が発見した。篠塚さんは病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。腹部に刃物で刺されたような傷が複数あり、県警香取署では篠塚さんが事件に巻き込まれた可能性があると見て、捜査している。調べでは、現場は約10世帯の民家が集まった住宅街。午前0時23分ごろ、男性の声で「民家前で45歳の男性が急に倒れた。意識不明、呼吸停止の状態」と119番通報があり、救急隊が駆けつけたところ、篠塚さんが倒れていたという。凶器と見られる包丁も現場近くで見つかったという。http://mainichi.jp/select/today/news/20090215k0000e040004000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「輪ゴムが混入」詐欺男、5千円以下の商品狙い西日本転々(15日)

Logo3_4 「輪ゴムの切れ端が商品に混入した」と偽り、ケーキ店などから返金名目で金をだまし取ったとして、奈良西署が住居不定、無職小原篤被告(49)を詐欺容疑で逮捕し、地検に起訴されていることがわかった。同署の調べに「食品の異物混入騒ぎに便乗した。輪ゴムならパック詰めなどでよく使うのでだましやすいと思いついた」と言い、逮捕された昨年11月までの約1年間に、近畿、四国、九州のスーパーなどで約300件の犯行を繰り返したと自供している。発表によると、小原被告は昨年11月27日、奈良市内のケーキ店で経営者(51)にショーケース内のケーキを指さし、ティッシュで包んだ輪ゴムの切れ端(約1~2センチ)数片を見せて、「購入したこのケーキの中に輪ゴムが入っていたので返金して」とうそをつき、1800円をだまし取った疑いで逮捕された。同署幹部によると、小原被告は狙いをつける商品を5000円以内に設定。スーパーの食品売り場や和菓子店などで、「レシートは捨てた」「返金さえしてくれたら、それでいい」などと言い、一日に10店でだまし取ったこともあったという。 被害に遭った店では、「輪ゴムならどこかで入ってしまったかも……と信じた」「入るわけがないと思ったが、二、三千円で済むなら」などと応じていた。小原被告は、ビジネスホテルを転々としながら、電車で西日本各地を移動。逮捕された当日はケーキ店での犯行直後、数百メートル離れた弁当店に入店。不審に思って尾行したケーキ店経営者からの通報がきっかけで逮捕された。小原被告は「普段ならもっと離れた店を選ぶのに、これまで捕まらなかったので、油断した」などと話していたという。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090214-OYT1T00600.htm?from=main1

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆つるの剛士に殺人予告 ブログに書き込み(15日)

Msn_s1 タレント、つるの剛士(33)のブログ「つるたけ日記」に殺人を予告する書き込みがあったことが14日、分かった。ブログのコメント欄に記載されており、文面に気づいたファンが警察に通報したという。所属事務所は「警察にお任せしているので、事務所としては静観しております」とコメントした。つるのは毎日更新していたブログを先月27日か2日間休止。30日に再開し、「ブログに、隠れキャラ『ヘンチクリン小僧』が現れました」と綴り、殺人予告されていたことを示唆していた。今月11日には同じ羞恥心のメンバー、野久保直樹(27)もブログに中傷コメントが書き込まれていることを明かし、コメント欄を閉鎖した。そのほか大相撲の横綱、朝青龍(28)、爆笑問題の太田光(43)らが殺人予告の被害に遭っている。http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090215/tnr0902150619001-n1.htm

| コメント (2) | トラックバック (0)

☆放火か、直前に侵入情報 「トトロの家」全焼にショック(15日)

Logo3_3 東京都杉並区阿佐谷北5丁目の通称「トトロの住む家」が全焼した火事で、住宅内に何かが入ったことを知らせる警報が作動していたことが、建物を所有する杉並区への取材でわかった。建物は使用されておらず、火の気がないことから、杉並署は放火の疑いがあるとみて調べている。 区によると、警報が作動したとの連絡を警備会社から14日午前2時20分ごろ受けた。普段、玄関や窓は施錠されていたという。東京消防庁などによると、玄関や居間付近が激しく燃え、天井が焼け落ちた。1月11日未明には、玄関そばの窓ガラス1枚が割られる被害もあった。この家は、アニメ監督の宮崎駿さんが「トトロが住みそうな家」と著作で紹介。「トトロの住む家」として親しまれ、住民が6千人を超す署名を集め、守ろうとしてきた。現場には火事を知った近所の人たちが駆けつけた。保存運動の中心だった阿佐谷北5丁目町会の近藤利男会長(74)は「大ショックだ。どういう風に残そうか、みんなで話し合っていたのに。できれば元通りにしたいが……」とうなだれた。生け垣にバラが巻き付いているため、子どもの頃から「バラの家」と呼んでいたという女性(76)は「本当に惜しい。残念です」と話した。 元の所有者の妹で、大学生の時まで隣に住んでいた世田谷区の近藤靖子さん(69)は「5、6月ごろには泰山木の白い花が咲き、秋にはキンモクセイの香りが漂うしゃれた家でした。とても悲しい」と話した。 http://www.asahi.com/national/update/0214/TKY200902140188.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「男が会釈」「慌てた様子なく」中大刺殺、発見者が証言(15日)

Logo3_2 東京都文京区の中央大学で理工学部教授高窪統(はじめ)さん(45)が刺殺された事件で、第一発見者のスイス人留学生の男性(27)が朝日新聞の取材に応じ、殺害現場そばで遭遇した犯人とみられる男について「慌てた様子や顔を背けるそぶりはなかった」と証言した。男はすれ違う際、軽く会釈したという。事件発生から14日で1カ月が経過した。留学生が報道機関に詳細に証言したのは初めて。留学生は試験勉強のため、1月13日夜から1号館4階の一室に1人で泊まっていた。14日は午前9時45分ごろ起床。トイレに向かった。同10時22分のことという。 トイレに続く通路の角の約2メートル手前に達した時、「ドン」とトイレ出入り口の引き戸が強く閉まる音を聞いた。直後に角のところで、男とすれ違った。見知らぬ顔で、30歳前後に見えた。黒いニット帽に濃い灰色っぽいロングコート姿で、黒い縁の大きめの眼鏡をかけていた。 男とは目が合ったが、顔の表情は普通で、冷静に見えたという。足早だったが、息を切らした感じはなく、汗もかいていなかった。譲り合うようにすれ違う際、互いに会釈したという。 男が着ていたのは厚手のウールのコートのようだった。「コートの前を閉め、片手で胸元を合わせるしぐさをしていたかもしれない」と言う。男とすれ違った直後、留学生はトイレの引き戸を開け、血を流してうつぶせで倒れている高窪さんを見つけ、助けを呼びに引き返した。 男の衣服や体への血の付着には気づかなかった。「トイレの中は壁も床も血だらけだったが、通路に血の跡はなく、犯人はトイレで着替えて逃げたと思う」と推測した。 トイレのドアは、開ける時は取っ手を握って横に引き、手を放すと自然にゆっくり閉まる仕組みという。ドンという音がしたことについて留学生は「男が強い力を加えてドアを閉めたのだと思う」と話した。昨年9月に来日し、ロボットの研究に取り組んできた。半年間の留学を終え、3月に帰国する。起きてしまった事件はどうしようもないと思いつつ、「犯人が(教授と自分の)2人を同時に攻撃するのは難しい。もし自分がトイレに行くのが1分早かったら殺人を避けられたかもしれないと思う」と話した。(渡辺志帆、二階堂祐介) http://www.asahi.com/national/update/0215/TKY200902140211.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆菓子店に強盗20万円奪って逃走 静岡県(15日)

News_pic1_214日夜、清水町の菓子店に刃物を持った男が押し入り、店員を脅して現金およそ20万円を奪って逃げました。警察では強盗事件として捜査しています。14日午後7時40分ごろ、清水町伏見の菓子店、「田子の月伏見町店」に刃渡り15センチの刃物をもった男が押し入り、カウンターの中にいた35歳の女性店員を後ろから羽交い締めにして刃物を突きつけ、もう1人の店員に「金を出せ、全部出せ」と言って脅しました。男は店員がレジから出した現金およそ20万円を奪って南の方向へ走って逃げたということです。当時、店内にいたのは女性店員2人だけでけがはありませんでした。警察によりますと逃げた男は年齢が30歳から50歳くらい、身長は1メートル70センチ位、やせ型で、黒っぽい上着に黒いニット帽をかぶっていたということです。警察では強盗事件として捜査しています。 http://www.nhk.or.jp/shizuoka/lnews/01.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆腹に刺し傷 事件と見て捜査 千葉県香取市(15日)

News_pic1 千葉県香取市の路上で、男性が腹から血を流して倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認されました。警察は腹に刃物で刺されたような傷が数か所あったことから、男性が事件に巻き込まれたものとみて捜査しています。15日午前0時半ごろ、千葉県香取市八日市場の路上で「男の人が急に倒れた」という通報が消防に寄せられ、駆けつけた救急隊が路上で男性が腹から血を流して倒れているのを見つけました。男性は意識不明の状態で、病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。警察の調べによりますと男性は40代くらいで、腹に刃物で刺されたような傷が数か所あったことから、警察は男性が事件に巻き込まれたものとみて身元の確認を急ぐとともに、捜査を始めました。現場はJR成田線の小見川駅から北に1キロ余りの住宅街です。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014175811000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆振り込め被害金2億円、国庫へ 返還制度あるが申請なく(15日)

Logo3 振り込め詐欺などの被害金の返還制度で、返還の申請がなく、国に納付される被害金が2億円を超えたことがわかった。被害者に返された分より多く、今後も増え続ける可能性が高い。被害にあった心当たりのある人は、振り込んだ口座を持つ金融機関に早めに相談しておくことで、一部でも取り戻せる可能性がある。全国銀行協会の調べによると、振り込め詐欺などに使われて凍結した口座数は昨年9月末で約14万、口座に残る被害金は71億1200万円にのぼり、さらに増え続けている。これらの残金を被害者に返せるようにしたのが、昨年6月に施行した「振り込め詐欺救済法」だった。金融機関は犯罪がらみの預金口座を見つけ次第、お金の出し入れを凍結する。被害者は預金保険機構の専用ホームページ(http://furikomesagi.dic.go.jp/)で、自分が振り込んでしまった口座が凍結対象になっているかどうかをチェック。こうした情報がホームページに載ってから約5カ月以内に分配を申請すれば、凍結した口座の残金から、申請した被害者が振り込んだ金額の比例案分で返ってくる。申請がなかったり、申請分が残金を下回ったりすれば残りは国に納付される。  凍結口座にかかわる大半の情報開示はこれから。ネットが苦手な人を含めてより簡単なのは、前もって各金融機関の被害者照会受け付けに相談しておくことだ。 実際の返還が始まった昨年12月以降、被害者へ返されたお金はのべ123の金融機関で、総額1億7771万円。一方、申請がなく国への納付が決まったお金は2億1659万円。 金融庁が調査したところ「もうかかわりたくない」と被害者が申請を拒絶したり、被害者とみられる人の住所・電話番号が変わり連絡をとれなかったり、運用の「限界」も見えてきた。そもそもこの制度があまり知られておらず、凍結した口座を知らせる方法がネット限定である点なども、申請の少なさにつながっているようだ。 金融庁は近く、国に納付されるお金の具体的な使い道や運用方法の改善について、議員立法にあたった議員らと検討を始める。(日浦統) http://www.asahi.com/business/update/0214/TKY200902140196.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆新手口“押し売り”PCウイルス被害急増(15日)

Banner_logo_051_2 「あなたのパソコンはウイルスに感染している」「個人情報が漏れている」-。こうした警告がパソコンの画面に突然現れて「偽ウイルス対策ソフト」を売りつける「押し売り」が問題化する中、メールにウイルスを添付する新たな手口が現れたことが、独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」(東京都文京区)の調べで分かった。昨年10月から今年1月までに「偽ソフト」を導入してしまったとの相談が83件と急増しており、IPAは「新手口が急増の大きな要因」とみて注意を呼びかけている。「押し売り」は、実際に検索したように装って「ウイルスが見つかった」「スパイウエアが見つかった」と虚偽の報告を示し、「対策には有料ソフトの購入が必要」と誘導していくもの。平成17年ごろに登場したとみられる。 以前は「バナー広告」と呼ばれるインターネット上の画像広告に紛れて現れる警告表示をクリックするとウイルスに感染、勝手に検索を始めて虚偽表示に至るる-という流れが一般的だった。新手の手口は、迷惑メールに添付されたファイルを不用意に開くことで感染するのが特徴だ。「偽対策ソフト」は40~50ドル程度。一般の正規品と大差がない値段設定で、購入するのに躊躇(ちゅうちょ)させないようにしているが、「押し売りされた対策ソフトに効果があるとは考えられない」(IPA担当者)という。偽ソフトは、「AntiVirus P 2008」「XPAntivirus」「AntiSpyware」など、もっともらしい名称で出回っている。中には、正規のウイルス対策ソフトの名称に似せた表示をしたり、使用している基本ソフトウエア(OS)と関連しているかのように装うなど、IPA担当者は「少し見ただけでは見分けが付かないほど巧妙になっている」と話す。数は「数百種類に上る」(業界関係者)との声もある。IPAは、相談のあった偽ソフト名を公表しているが、あくまで「現状の主なもの」としており、被害のすべてを把握できない状態だ。 問題は金銭的な被害だけではない。 パソコンに入れてしまった偽ソフトを削除しようしても不可能だったり、無理に消そうとするとパソコンが完全にダウンすることもあるという。また、クレジットカード決済で購入する際、入力したカード番号や有効期限など個人データがひそかに取引され、悪用される“2次被害”の可能性も指摘されている。IPAの担当者は「押し売りソフトに引っかかる人は、ウイルス対策ソフトなど、パソコンについてあまり詳しくない人が多い」とした上で、「訳の分からないメールは開かないのが基本。ウイルス対策ソフトは、店頭で直接、安心できるものを購入するようにしてほしい」と注意を呼びかけている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/222151/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ネット社会でも「暴力」は許されない(15日)

Banner_logo_051 タレントのスマイリーキクチさん(37)のブログに誹謗(ひぼう)中傷を書き込んだとして、警視庁は名誉棄損(きそん)容疑で男女18人を書類送検する。匿名性を隠れ蓑(みの)にエスカレートするネット上の暴力への摘発強化の動きは、ネット社会が決して「無法地帯」でないことを示している。評論家の池内ひろ美さん(47)は3年前、ブログでの発言をめぐって、ネット掲示板で“集中攻撃”を浴びた経験がある。発言を不愉快に思った人たちの中傷はエスカレートし、いつの間にか事実無根のデマが「真実」として語られるようになっていた。池内さんは警察に相談。講演会の前に「灯油をぶちまき火をつければあっさり終了」と書き込んだ男が脅迫などの容疑で逮捕された。「彼らがやっているのはリンチ。匿名で人を裁き『謝罪せよ』と要求してくる」と池内さん。ネット社会で言論の自由を守るには「匿名をやめ個人の責任がはっきりする実名主義に切り替えた方がいい」と訴える。ネット上の暴力は他の国でも深刻な問題だ。韓国では、女優やタレントを対象にした中傷が氾濫(はんらん)し、本人が次々に命を絶っている。昨年10月、人気女優の崔真実(チェ・ジンシル)さん=当時(39)=がソウル市内の自宅で首をつって自殺した。崔さんをめぐっては「貸金業に手を出し、男性タレントに大金を貸した」とのうわさが拡大。崔さんは自殺直前、家族に「世間はひどすぎる。貸金業なんて関係ないのに、どうして私を苦しめるの」と言い残していた。韓国警察は崔さんの自殺を機に、ネット上で虚偽の事実を流し、悪質な書き込みを行う常習犯の取り締まりを強化。告訴がなくても立件できる「サイバー侮辱罪」の成立を目指している。キクチさんの事件で、警視庁は令状を取り、ネットにつながったパソコンに割り当てられた固有の“住所”「IPアドレス」をプロバイダーに開示させて書き込んだ人物を突き止めた。匿名でも書き込んだパソコンを特定することは可能だ。しかし、捜査幹部は「ネットカフェからの書き込みでは、パソコンは特定できても人物の特定は難しい。人物が分かっても、脅迫の文言が明白でなければ立件は困難だ」と話す。ネット問題に詳しい甲南大法科大学院の園田(そのだ)寿(ひさし)教授(刑法)は、「ブログでは双方のコメントの応酬からエスカレートすることも多く、名誉棄損の線引きをどこでするか難しい問題だ」と指摘する。産経デジタルの総合情報サイト「iza」には、「ネットは仮想世界ではなく、れっきとした現実社会。非常に公共性の高い場所であるということを認識すべきで、使う人のリテラシー(情報識別能力)やモラルにかかっている」との声が寄せられている。 大手プロバイダーのヤフーは今月、ニュースに関するコメント欄に「私はそう思わない」というボタンを加えた。コメントへの反対の意思が点数で表示される。同社の広報担当は「意見が偏った場合でも反対意見があることを可視化できる」としている。 ■スマイリーキクチさんのブログ炎上事件 キクチさんは足立区出身。約10年前からインターネットの掲示板で、1989年に足立区で起きた女子高生コンクリート詰め殺人事件に関与したとの虚偽の書き込みが始まり、昨年1月に開設された本人のブログにも「人殺しが何で芸人やるんだ」「死ね、犯人のくせに」といった悪質な書き込みが殺到した。警視庁中野署は、17~45歳の男女18人を名誉棄損容疑で近く書類送検する方針。

 ■著名人の主なブログ炎上例 

スキーモーグル 上村愛子選手(06年8月)

 プロボクサー、亀田興毅(こうき)選手の試合を見て、「感動した」と書いたあと、批判相次ぐ

スポーツライター 乙武洋匡(ひろただ)さん(06年9月)

 秋篠宮妃紀子さまの出産報道の過熱ぶりについての記載に、批判意見が集中

プロゴルファー 上田桃子選手(07年6、10月)

 試合後の態度に批判が殺到。テレビ番組で他のスポーツ選手に言及した内容に反発

タレント 吉野紗香(さやか)さん(07年8月)

 アニメが実写化された際に、主人公を演じたいと書き込んだことに、アニメファンらが過剰反応

女優 高樹沙耶(さや)さん(08年6月)

オープン予定のカフェ建設にボランティアを募集したところ、「ただ働きさせるのか」などの批判が寄せられる

柔道 鈴木桂治選手(08年8月)

 北京五輪敗退後に「練習していないで遊んでいるから」などとの中傷書き込み

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/222153

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆パンク魔:捜査車両タイヤに千枚通し、容疑者逮捕 京都(15日)

Logo_mainichi1_3 張り込み中の捜査車両のタイヤをパンクさせたとして、京都府警城陽署は13日、城陽市寺田市ノ久保、職業不詳、安森治雄容疑者(59)を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。 逮捕容疑は13日午後11時20分ごろ、城陽市寺田市ノ久保の路上に停車していた同署の捜査車両の右側後輪に、千枚通しを突き刺した疑い。同署によると、付近で11日深夜から13日未明にかけて、車のタイヤがパンクさせられる被害が約20件発生。13日深夜、署員2人が覆面の捜査車両で張り込みを始めたところ、約20分後に安森容疑者が近付いてきたという。その後、「プシュ」という音が聞こえたため、署員が車外に出て安森容疑者を取り押さえた。【藤田健志】http://mainichi.jp/select/today/news/20090215k0000m040067000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆プロレス「ゼロワン」ツアーバスが火吹く、新名神SA(15日)

Yomiuri_koudoku1_2 14日午後0時10分頃、三重県亀山市の新名神高速道路亀山ジャンクション付近の下り線で、プロレス団体「ゼロワン」のツアー用大型バスの左後輪付近から煙が出ているのを、運転していた所属レスラー佐々木芳さん(38)が気付いた。バスは約10キロ先の滋賀県甲賀市の土山サービスエリアまで走って停車。乗っていた男女プロレスラー計23人が脱出した後、車体後部のエンジン付近から出火、駆けつけた地元の消防隊が消し止めた。けが人はなかった。県警高速隊などの発表では、23人は同日夜に大阪市内であった試合のため、同日午前7時に東京都内を出発。代わりのバスを用意し、試合会場に向かった。(

2009年2月14日22時58分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090214-OYT1T00948.htm?from=main1

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆島根の男性、婚姻届受理されず「戸籍ではあなたは長女」(15日)

Logo3_2 30代の男性が婚姻届を出したところ、戸籍に「長女」と記されていて、受理されなかった――。島根県出雲市は14日、市内の男性の戸籍に記載ミスが見つかったと発表した。市は「長男」に訂正する許可を法務局に求め、男性に謝罪した。「人生の門出に、大変申し訳ない」(市民課)と平謝りしている。 市民課によると、男性は11日、同市平田支所に婚姻届を提出。市が12日に審査し、誤記が判明した。出生届は合併前の旧平田市が受け、職員が手書きで戸籍に転記した。その際、書き誤ったとみられるという。男性は実際は長男で姉がおり、30年以上、「長女」が2人いる状態になっていた。やはり手書きの住民票の性別欄は「男」だった。 市は男性が生まれた病院の入院記録や母子手帳を法務局に提出し、訂正の許可を求めた。手続きには約1週間かかるという。(玉置太郎) http://www.asahi.com/national/update/0214/OSK200902140078.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆車盗んで乗り回す 中3男女を逮捕(15日)

Banner_logo_051_9 長野県警岡谷署は14日、岡谷市内で軽自動車を盗んだとして、窃盗容疑で、いずれも同市立中学3年の男子生徒(15)と女子生徒(15)を逮捕した。運転していたのは男子生徒で、2人とも容疑を認めているという。同署は動機を調べている。調べでは、2人は同日、岡谷市内の駐車場から機械製造会社所有の軽自動車を盗んだ疑い。盗難に気付いた会社が近くの交番に通報。市内の路上で盗んだ車を乗り回している2人を岡谷署員が発見した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/222088/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆暴力団員にも支給 給付金9億円“上納金”に 警察ジレンマ(15日)

Banner_logo_051_8 国が年度内の支給を目指す総額2兆円規模の定額給付金について、現状のままでは暴力団組員へも支給されることに、懸念の声があがっている。山口組など全国22の指定暴力団の構成員と準構成員は計約8万人(警察庁調べ)。支給に暴力団排除の規定はなく、単純計算で約9億6000万円の税金が暴力団側へ流れることになり、警察幹部は「間接的に上納金になる可能性もある」と指摘する。しかし、排除対象にすれば事務手続きの混乱は必至。暴力団の資金源封じ込めを進める警察や自治体はジレンマを感じている。定額給付金の支給額は1人当たり1万2000円。65歳以上と18歳以下は2万円で、標準世帯(65歳未満夫婦、18歳以下子2人)では、支給額は6万4000円になる。総務省によると、受け取り条件は「2月1日時点で住民基本台帳、外国人登録原票に記載のある人」。辞退しない限り、実質的に日本に住む全世帯の人が受け取れる制度になっている。排除対象は不法滞在外国人など一部だけで、暴力団組員を排除する規定はない。 一方、公的サービスから暴力団を締め出す流れは年々加速。生活保護費の場合、「保護費を暴力団の資金源にしてはいけない」との理由から厚生労働省が平成18年3月、暴力団組員に支給しない方針を決定した。各福祉事務所は組員と疑われる申請者を警察に照会。確認されれば申請を却下するほか、生活に困窮している組員には暴力団からの離脱を求める。公営住宅についても、都道府県などが排除する取り組みを続けている。各自治体の条例で組員の新規入居を認めず、後に組員と判明すれば明け渡しを請求。いずれも自治体と警察の緊密な連携が鍵となっている。そうした中、ノーチェックで暴力団に支給される給付金に、自治体担当者らは矛盾を感じている。大阪市の給付金担当者は「当初は生活支援という意味合いが濃かったこの制度の趣旨を考えると、暴力団にお金が渡ることには疑問を感じる」と本音を吐露。しかし、人口約260万人(世帯数約130万)という同市で、暴力団組員を識別することは困難という。総務省によると、制度は全世帯支給が前提のため、暴力団排除などのテーマはほとんど議論されたこともないという。山口組の元顧問弁護士、山之内幸夫弁護士(大阪弁護士会)は「不況でシノギ(資金獲得活動)が減っているうえ、何をしてもすぐ警察に逮捕される窮屈な現状で、全体的にヤクザも大変苦しい」と暴力団の現状を分析。給付金の辞退も可能だが「多額ではないとしても、喜んで受け取るでしょう」と指摘する。ある警察幹部は「間接的に上納金になる可能性があるだけでなく、全国最大の山口組の組長であっても受け取れるというのが、税金の使われ方として非常に悔しい。ただ、制度から暴力団を排除できない以上、他の手法を駆使して資金源封じを図っていくしかない」と話している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/222115/

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月16日 »