« 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月9日 »

2009年2月8日

2009年2月 8日 (日)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(8日)3件

振り込め犯人おびき出し逮捕 千葉県警

News_pic1_2 息子を装ってウソの電話をかけ、船橋市の男性から金をだまし取ろうとしたとして、2人の男が詐欺未遂の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは、自称、東京・世田谷区のリフォーム業、鈴木浩一容疑者(56)と、自称、飲食店店長の内田浩二容疑者(41)で、今月6日、船橋市の72歳の会社役員の男性から現金350万円をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂の疑いが持たれています。警察によりますと、男性は、前の日に息子を装った男から「上司などに350万円の借金がある。近くにいる上司に金を渡してほしい」という電話がかかってきたため、不審に思い長男に確認したところウソであることがわかったという事です。通報を受けた警察は、男性に騙されたふりをして、現金を渡す事になっていたJR総武線の津田沼駅に行くよう依頼し、金を取りに現れた2人を逮捕したという事です。警察の調べによりますと男性は5日の午前中にも息子を装った男からの電話で、男性の妻が別の駅に現れた男に現金250万円をだまし取られていて、警察はこの事件にも鈴木容疑者らがかかわっていたと見ています。調べに対し2人は「1件、2万円ほどの報酬目当てでやった」と容疑を認めているということで、警察はほかにも事件にかかわった人物がいる疑いもあると見てくわしく調べています。http://www.nhk.or.jp/chiba/lnews/01.html

振込詐欺 新手の手口増加 鳥取県警

News_pic1_2先月、警察に届け出があった県内の振り込め詐欺の被害は4件で、そのうち3件がATMを使わずに現金を送らせる手口でした。県警察本部のまとめによりますと先月、県内では振り込め詐欺被害の届け出が4件あり、このうち3件は簡易型の郵便小包の「エクスパック」や現金書留で現金を送らせる手口が使われていました。米子市内の20歳代の女性は「携帯サイトの未納料金がある」というメールが携帯電話に送られ、メールにあった連絡先に電話をかけて、指示されたとおりにエクスパックに25万円を入れて送ってしまったということです。振り込め詐欺はATMを使わずに直接現金を送らせる手口が増えていて、エクスパックや現金書留を使う手口など去年は10件、およそ1500万円の被害が報告されています。
警察は郵便小包や宅配便などで現金を送らないことや、利用した覚えのない請求や定額給付金などを装った不審な電話があったときには、警察に相談するように呼びかけています。
警察の相談電話の番号は「#9110」で相談は24時間受けつけています。http://www.nhk.or.jp/tottori/lnews/02.html

振り込め詐欺に注意呼びかけ 島根県警

News_pic1_2急増する振り込め詐欺による被害を防ごうと、今月の振り込め詐欺対策の強化月間にあわせて境港市で警察官が詐欺の手口を紹介する寸劇を通じてお年寄りに注意を呼びかけました。境港市内の老人クラブの会合の席で披露された劇では孫を装った犯人が簡易型の郵便小包の「エクスパック」を使ってお年寄りに送金させる手口をユーモアを交えたせりふ回しで紹介しました。そして、△エクスパックでの現金の送金はできないことや、△電話の相手が家族かどうか必ず確認を取ることなど被害にあわないための方法を紹介していました。また、市役所の職員を名乗って「払いすぎた年金を返す」などと電話をかけてくる「還付金詐欺」の手口も紹介され60代の女性は「以前、法務局をかたったハガキがきました。被害に遭わないように注意したいです」と話していました。境港警察署の村尾司生活安全係長は「被害にあわないためには自分一人で判断せず、家族や警察にも気軽に相談してほしい」と話しています。県警察本部によりますと去年1年間の振り込め詐欺の被害は、68件とおととしに比べて件数では30件減ったものの被害額は8000万円を超えています。http://www.nhk.or.jp/matsue/lnews/07.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆スーツ姿でサムターン回し 中国人2人を窃盗容疑で逮捕(8日)

Logo3_4 空き巣に入り金品を盗んだとして警視庁は6日、中国籍の男2人を窃盗などの疑いで逮捕したと発表した。同庁は、2人が所属する空き巣狙いグループの8人を逮捕しており、10人による被害は05年5月からで計225件、約6870万円に上るという。 捜査3課によると、グループは大阪が拠点で、関西を中心にマンションの中高層階を狙う空き巣を繰り返していたという。スーツ姿の3~4人組が、ドアの郵便受けなどから針金などを入れて解錠する「サムターン回し」で侵入。見張り役も置くという。 2人は、いずれも大阪市浪速区の無職、高偉強(ガオ・ウェイチアン)(50)と徐岳敏(シュー・ユエミン)(39)の両容疑者。昨年10月15日ごろ、神戸市内のマンション10階の女性(56)方から、約2万6千円と貴金属など38点(約270万円相当)を盗んだ疑いがある。 http://www.asahi.com/national/update/0207/TKY200902060376.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ウランバートルで日本人女性殺される 強盗か(8日)

Logo3_3 【北京=峯村健司】ウランバートル市内の路上で7日朝、女性が倒れているのを地元警察当局者が見つけた。警察が身元を調べたところ、同市内で日本語講師をしている日本人女性(38)であることがわかった。首を絞められたような跡があり、財布と携帯電話が無くなっていたことから、強盗殺人事件とみて調べている。 地元警察当局者の話では、女性は6日夜、日本人の友人宅で食事をして、同日深夜に家を出た。友人が7日朝に女性の携帯電話に連絡したところつながらず、自宅にも戻っていなかったことから、地元警察に捜索願を出していた。現場は大型スーパーがある繁華街で夜でも人通りが多いという。 http://www.asahi.com/national/update/0208/TKY200902080135.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆兵庫でまたATM盗 近くにパワーショベル(8日)

Msn_s1 8日午前5時50分ごろ、兵庫県姫路市山田町西山田の姫路山田郵便局で、現金自動預払機(ATM)コーナーのガラス戸が壊され、ATM1台が根こそぎ盗まれているのが見つかった。郵便局によると、数百万円入っていたといい、姫路署は窃盗事件として捜査している。調べでは、現場は民家がまばらな県道沿い。盗みに使ったとみられる小型のパワーショベルが近くに放置されていた。先月31日にも約40キロ離れた同県加東市の郵便局でも約230万円の入ったATMが盗まれており、県警は関連を調べる。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090208/crm0902081046005-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆管理人の男性殺害容疑 無職の男を逮捕(8日)

Banner_logo_051_8 神奈川県警戸部署は八日、殺人容疑で横浜市西区浅間台、無職、伊作輝夫容疑者(69)を逮捕した。調べでは、伊作容疑者は7日午後2時ごろ、横浜市内の建設会社の寮で、管理人の徳岡克俊さん(64)の顔や頭などを包丁で切りつけるなどして、殺害した疑い。伊作容疑者と徳岡さんは同じ建設会社に勤務。伊作容疑者は退職した後も、寮に住んでいた。
 伊作容疑者は「トラブルでカッとなった」と供述しており、同署が動機について詳しく調べている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/220103/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆漁港に覚醒剤120キロ、沖には不審船 高知・室戸(8日)

Banner_logo_051_7 高知県室戸市の椎名漁港で、覚醒(かくせい)剤約120キロの入ったバッグ4個が見つかったことが8日、分かった。7日には室戸岬の南約80キロの太平洋上で不審な船が見つかっており、県警と高知海上保安部が関連を調べている。県警などによると、7日午後4時ごろ、第五管区海上保安本部(神戸)の航空機が室戸岬沖で不審船を発見。連絡を受けた高知海上保安部は同9時半ごろ、県警に通報した。周辺を警戒していた室戸署員が約1時間後、堤防の上に4つのボストンバッグがあるのを見つけた。中にはそれぞれ黒い布で包まれた30キロ程度のものが入っており、覚醒剤と判明した。また同じころ、漁港から不審な男2人が車で立ち去ったとの情報があり、県警は捜査。徳島県内でこの2人とみられる中国籍の男を見つけ、事情を聴いている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/220110/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆散弾銃の実包盗まれる カモ猟中、乗用車から(8日)

Banner_logo_051_6 8日午前10時ごろ、茨城県筑西市で狩猟をしていた埼玉県幸手市の男性会社員(55)から「車の中から散弾銃の実包が盗まれた」と110番通報があった。筑西署によると、会社員は友人の男性(60)と午前8時ごろから、河川敷に乗用車を止め、約300メートル離れた場所でカモ猟を始めた。約30分後に戻ると車の鍵がこじ開けられ、後部に置いてあった実包計60発が入ったリュックサック2個が盗まれていた。茨城県内では昨年12月に笠間市と水戸市で、今年1月には石岡市で散弾銃や実包が盗まれたり、紛失したりする事件が相次いでおり、県警が関連を調べている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/220128/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆浄水器売りつけ4人逮捕 詐欺容疑などで岩手県警(8日)

Banner_logo_051_5 岩手県警生活環境課などは8日、浄水器を違法に売りつけたとして、詐欺と特定商取引法違反の疑いで、浄水器訪問販売「メディカル・フューチャー」(東京都台東区)の元盛岡支店長佐藤健容疑者(29)=盛岡市西青山=と元同支店従業員3人を逮捕した。同社は昨年11月、違法販売を繰り返したとして岩手県から3カ月間の業務停止命令を受けた。県警によると、盛岡支店は平成16年8月ごろから昨年7月ごろまでに青森、岩手、秋田の3県で計約1100人に浄水器を販売。売り上げは約4億5000万円に達したとみており、さらに捜査する。調べでは、4人は昨年6月、共謀して浄水器の点検を装い、青森市の事務員女性(53)宅と青森県八戸市の女性(67)宅を訪問。「この浄水器の寿命は終わっていて機能しません」などとうそを言って浄水器を買い替えさせ、計五十数万円をだまし取った疑い。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/220160/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【疑惑の濁流】浮かび上がる拉致の「点と線」(8日)

Banner_logo_051_4 「大町ルート」。北朝鮮による拉致被害者を調べている「特定失踪者問題調査会」(荒木和博代表)が目を付ける不思議な道筋がある。千葉から、東京や埼玉、長野を経て日本海へと抜ける、かつて在日朝鮮人らが多く使っていた物ルートのことだ。「失踪者が消息を絶った現場を地図上に落とすと、奇妙にも多くがルート上に重なる」(調査会)。終点は北朝鮮工作員の上陸ポイントが多数設定されていた日本海沿岸。この“点と線”は何を物語っているのか…。■太平洋側から失踪の謎…失踪者の3割がルート上
 昭和37年4月、千葉県海上町(現旭市)の自宅から美容院に出かけたまま行方不明となった家事手伝い、加瀬テル子さん=失跡当時(17)=は、調査会が「拉致濃厚」とする失踪者だ。翌日には新宿コマ劇場へ観劇へ行く約束を叔母としていたといい、失踪時の所持金はパーマ代のみだった。加瀬さんのほかにも、周辺では6件の失踪事案(未届も含む)があったことが調査会の調べで判明している。だが、仮にこれらの失跡事案が拉致事件だとしても、海上交通量が多い太平洋側に、工作船が近づくことは事件発覚のリスクを伴う。そこで、調査会が立てた仮説が「太平洋側で拉致し、日本海側まで陸路で運ばれたとすれば、どのようなルートか」だった。ヒントは、現地での聞き込み調査でみつかった。「ここは水あめの産地で、在日朝鮮人の人々が多く従事していたんですよ」 現地調査の際、地元住民はこう説明したという。水あめは焼酎の味付けのため、日本海側から北朝鮮へ輸出されていた。そして、それらを日本海側まで運んだルートが「大町ルート」だった。千葉を起点に東京や埼玉、山梨、ルート名ともなった長野・大町を経て、糸魚川付近で新潟、富山に分かれる。新潟港は北朝鮮の貨客船、万景峰号が入港していたことで知られ、富山の氷見港にも、北朝鮮との間を往復する貨物船が頻繁に出入りしていた。調査会の真鍋貞樹副代表は「(『大町ルート』を使って)新潟、富山の在日朝鮮人が食肉や海産物などを車で運んでいた。ルート周辺には在日の人々が多く居住する地域もあり、大切なルートだっだ」と解説する。北陸から新潟にかけての日本海側には、工作員の上陸ポイントが多数設定されていた。「そこには工作員をかくまったりする『土台人』と呼ばれる協力者がいたはずだ」。拉致問題に取り組む関係者はそう指摘する。在日朝鮮人らの中で工作員に目をつけられた人々が、北朝鮮にいる親族の安全と引き換えに工作活動への協力を強要されたことは、これまでの拉致事件の捜査や韓国での公判の内容で明らかになっている。調査会によると、失踪者が行方不明となった現場が大町ルート上に重なるケースは、約150件にも上るという。これは、調査会に情報が寄せられている失踪者約470人の約3割に達し、「偶然の一致」とするには確かに多すぎる。現場は関東に集中しているが、ルート途中の地方にも、失踪ポイントは多く点在する。
 「このルートで拉致被害者が運ばれた可能性は捨てきれない」真鍋副代表はそう語る。
 調査会には、その“実証例”ともいえる証言が寄せられたこともあった。
■「青年を新潟に運ぶのを手伝った」…ルートと符合する証言
 平成16年10月末、調査会に一本の電話が入った。「(千葉県内にある)病院の関連施設から新潟に運ぶのを手伝わされた。調査会が発表したあの青年だ。藤田さんだよ」
男は当時60歳ぐらい。北朝鮮と関係が深いとされる都内の病院関係者の運転手をしていたと自称したという。調査会は電話に先立つ同年8月、昭和51年2月に埼玉県川口市の自宅からガードマンのアルバイトに行くと出かけたまま失跡した東京学芸大生、藤田進さん=同(19)=について、「拉致濃厚」と発表していた。調査会は男と接触を重ねた。 「山梨を通って日本海側で富山方面に分かれる所から新潟へ行き、万景峰号に乗せた」「(藤田さんは)泣いていた」…。男はそう証言した。警視庁にも「藤田さんの拉致にかかわった」という趣旨の供述をしたという。その“拉致”ルートは、まさに「大町ルート」そのものだった。「だが…」と、真鍋副代表はトーンを落としながら言葉を続ける。「残念ながら、男の話の信憑(しんぴょう)性を裏付けるものは何もない。『大町ルート』はあくまでも仮説にとどまっている」古い話であり、警察の捜査でも、男の証言内容を今確認するのは不可能に近いためだ。

続きを読む "☆【疑惑の濁流】浮かび上がる拉致の「点と線」(8日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆児童ポルノ改正案まとめる(8日)

News_pic1 いわゆる「児童ポルノ」の規制の強化に向けて、民主党の検討チームは、子どもたちのわいせつな写真や映像を買ったり、繰り返し取得したりした場合、3年以下の懲役を科すことなどを盛り込んだ、児童ポルノ禁止法の改正案をまとめました。児童ポルノは、今の法律では、ほかの人に配ることは違法になりますが、受け取る側は処罰されないため、日本ユニセフ協会などは、児童ポルノを所持すること自体を処罰の対象とすることなどを求めています。こうしたなか、民主党の検討チームは、子どもたちのわいせつな写真や、DVDなどの映像を買ったり、繰り返し取得したりした場合に、3年以下の懲役か300万円以下の罰金を科すことなどを盛り込んだ、児童ポルノ禁止法の改正案をまとめました。ただ、写真などを所持することそのものについては、メールで写真が一方的に送りつけられるケースもありえるとして、処罰の対象から外すことにしています。改正案では、児童ポルノをほかの人に配った場合の懲役や罰金を、今よりも厳しくすることにしており、民主党の検討チームは、今の国会への提出を目指して、調整を進めることにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014039591000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆セルフGS:精算機盗難が10都県で240件 同一犯か(8日)

Logo_mainichi1_2 セルフ式ガソリンスタンド(GS)の精算機を狙った窃盗事件が08年1月以降、関東甲信、静岡の10都県で約240件起きていることが警視庁捜査3課の調べで分かった。被害総額は数千万円に上るとみられる。目出し帽をかぶった服装やバールを使った手口など事件には共通点が多く、警視庁や各県警は同一グループによる犯行の疑いが強いとみて捜査している。警視庁捜査3課と立川署によると今月2日午前3時45分ごろ、東京都立川市上砂町3のセルフ式GSで、目出し帽をかぶった男2人が給油機に付けられた精算機2台をバールでこじ開け、計約34万円を盗んだ。犯行の様子はスタンドの防犯カメラに録画されていた。それからの約35分間で、近隣の福生市や瑞穂町などでセルフ式GSばかり3カ所が相次いで被害に遭い、計約33万円が盗まれた。捜査3課の幹部によると同様の被害は08年1月以降、1都9県で確認された。それぞれの件数は多い順に▽東京68件▽千葉62件▽埼玉29件▽神奈川26件▽茨城24件▽栃木・長野各8件▽群馬6件▽山梨4件▽静岡3件(埼玉と神奈川は08年7月以降の数字)。防犯カメラの映像などから、犯人はいずれも黒い目出し帽をかぶった若い男の2~3人組で、客の少ない午前2~4時ごろ主に幹線道路沿いのGSの精算機をバールで壊していた。犯行時間はわずか1、2分で、目撃した従業員が110番しても警察官の到着前に車で逃げ去っていた。被害に遭った都内の業者によると、セルフ式GSは24時間営業で深夜は従業員1人の場合が多い。防犯上の理由から夜間は現金を回収しないため、精算機に釣り銭を100万円以上入れておく場合もあり、被害額が膨らみがちだという。全国石油商業組合連合会(東京都千代田区)の担当者は「設備は破壊を想定して作られておらず完全な被害防止は難しいが、精算機内の現金をこまめに回収するなどの方策を呼び掛けたい」と話している。石油情報センターによると、セルフ式GSは08年3月末時点で全国に7023カ所。人件費が節約できるため増加傾向で、4年前からほぼ倍増したという。【古関俊樹】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090208k0000m040135000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ロシア人女性殺害:知人のパキスタン人の男に逮捕状 埼玉(8日)

Logo_mainichi1 埼玉県草加市の綾瀬川遊歩道で会社員(57)の妻でロシア国籍のコルパチョーワ・アナスタシーア・ビタリエブナさん(23)=同市八幡町=が殺害された事件で、県警草加署捜査本部が7日に殺人容疑で逮捕状を取った男は、パキスタン国籍で30代半ばであることを捜査関係者が明らかにした。男は、アナスタシーアさんと交友があったという。一方、捜査本部はアナスタシーアさんの司法解剖結果について、首を刺されたことによる失血死と発表した。アナスタシーアさんは首の左右2カ所を刃物で刺されていた。逮捕状が出た男は、アナスタシーアさん夫婦が事件の約1時間前に自宅近くの交番を訪れ、ストーカー被害を訴えた際に名前を挙げた男と同一人物とみられる。アナスタシーアさんのアパート近くのカラオケ店女性オーナー(57)は「金髪で美しい人だった。2月に入り連日、外国人の男が携帯電話で話しながらアパート周辺を歩き回る姿をよく見かけた」と話した。【浅野翔太郎、飼手勇介】http://mainichi.jp/select/today/news/20090208k0000m040130000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆自殺しようと線路に飛び込み、奇跡的にかすり傷だけ…東京(8日)

Yomiuri_koudoku1 7日午後1時10分頃、東京都中野区中野のJR中央・総武線中野駅で、三鷹行き下り普通電車が構内に入ってくる直前、ホーム上にいた女性が線路内に飛び込んだ。普通電車の運転士が急ブレーキを掛けてとまったところ、女性は線路と電車の約40センチのすき間、あおむけの状態で横たわっており、足に軽いけがを負っただけで命に別条はなかった。女性は40歳代前後で、警視庁中野署は、女性が自殺を図ったものの、偶然、体がわずかなすき間に入り込んで助かったとみている。JR東日本東京支社によると、この事故で同線は一時全線で運転を見合わせるなど、上下12本が最大で28分遅れ、約1万1000人に影響した。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090207-OYT1T00796.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆夫妻と2歳の長男と判明 東京・町田の3遺体(8日)

Logo3_2 東京都町田市のマンション一室で6日夜、男女と男児の計3人が遺体で見つかった事件で、町田署は7日、死亡したのは、この部屋に住む会社員熊沢淳史さん(36)と妻で無職の登喜子さん(38)、長男の悠大くん(2)と判明した、と発表した。 同署によると、母子が寝室の布団の上で死亡し、淳史さんは首をつって死亡していた。同署は、3人は窒息死の可能性が高いとみており、司法解剖して詳しい死因を調べる。遺書が残されており、同署は心中とみている。 http://www.asahi.com/national/update/0207/TKY200902070218.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆円天会員、92%が被害者 2組織で集金・勧誘(8日)

Logo3 健康商品販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」による疑似通貨「円天」を使った多額詐欺事件で、会員のうち利益を得たのは約3千人だったことが同社関係者らへの取材で分かった。警視庁などの特別捜査本部によると、同社の会員は約3万7千人。会長の波和二容疑者(75)は「人類すべてを億万長者にする」と持論を展開したが、92%の会員が被害者だった実態が明らかになった。 同社幹部や古参会員らによると、L&Gには、高配当をうたって資金集めを本格化させて以降、コーディネーター(CD)とグランドアーク(GA)と呼ばれる会員組織があった。ともに、家族や知人に紹介するほど地位が昇進して高額の紹介料を得られるマルチ商法特有のピラミッド型組織だ。CDは布団の販売が中心だった、同社の設立当初から続いていた。「コム」という地位から始まって紹介者を増やすごとにランクが上がり、最上位のロイヤルアークは東北地方の1人。名称は、その時々で変わったが、上位ほど紹介者が布団を売るだけで多額の現金を得られる仕組みは同じだった。GAは、00年7月以降、年利36%をうたった「協力金」など同社が出した約60種類の金融商品の勧誘活動の中心を担った。GAになると、紹介した会員の出資額の4%が紹介料として得られる。各地域ごとに開かれる説明会で営業社員とフル回転した。 GAは当初、500人を新規勧誘しないと資格が得られなかった。だが、後に330人に緩和され、現金での配当停止直前の06年下半期には「チャレンジGA」と称するキャンペーンを展開。「3カ月間で新規会員100人以上と出資金3千万円以上」と資格取得条件を大幅に緩めた。118億円を集めたとされ、特捜本部は、キャンペーンが被害を広げたとみている。 同社には07年ごろ、CDは約270人、GAは約200人いた。重複して所属する会員も多かったという。CD、GAの上級会員の一部は、同年10月の家宅捜索前後も「波会長・L&Gと心中するか、円天市場を盛んにして金を取り戻すか、株主社員(会員)には二つの道しかない」などと記した同社の文書を、傘下会員に送付し、最後まで社員と一体になって活動していた。 http://www.asahi.com/national/update/0207/TKY200902070242.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆逮捕の女相場師、解約続出で昨秋から大口出資募る(8日)

Banner_logo_051_3 大阪府泉佐野市の主婦が株取引による高配当をかたって知人らから多額の資金を集めた出資法違反事件で、逮捕された岩田矩子容疑者(54)が、金融危機の影響で出資金の解約が増えた昨年秋以降、出資者らに1000万円単位の大口出資を頻繁に依頼していたことが7日、関係者の話で分かった。解約者の元本返済に多額の現金が必要だったとみられ、集めた出資金をそのまま返済に充当した可能性が高いという。関係者らによると、米大手証券会社「リーマン・ブラザーズ」の破綻(はたん)で金融危機が表面化した昨年秋以降、出資者が次々と岩田容疑者に「資金は大丈夫か」と問い合わせるようになった。岩田容疑者は「オバマ大統領が就任すれば相場が動く」などと応じたが、その後、解約者が相次いだという。岩田容疑者は元本保証の契約をしていたため、解約の際の元本返済が多額になったとみられ、このころから泉佐野市内のファミリーレストランで岩田容疑者が複数の出資者に詰め寄られる様子も目撃されるようになった。 一方で、岩田容疑者はこの時期、別の出資者に対しては「取引先の証券会社への証拠金が必要」「証拠金は潤沢にないといけない」などと説明し、1000万円単位の大口での増資を依頼。多額の出資ができそうな新たな出資者の紹介も求めるようになった。出資金の管理組織として設立された「アクア有限責任事業組合」の内規では、新組合員の紹介者には出資額の2%が渡されることになっていたが、昨年秋ごろからは「規定より多く紹介料を渡す」と約束していたという。 しかし、岩田容疑者は同時期から紹介料や配当金を滞納。集められた大口の出資金は、解約者の元本返済にそのままあてられたとみられる。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/220039/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆波紋呼ぶ新潮「犯人手記」 朝日襲撃事件(8日)

Banner_logo_051_2 週刊新潮(新潮社)が、昭和62年に発生した朝日新聞阪神支局襲撃事件の実行犯を名乗る男性の衝撃的な告白手記を連載し、波紋を広げている。被害者側の朝日新聞が紙面で「事実と異なる」と2回にわたって反論、ライバル誌の週刊文春(文芸春秋)も手記の検証記事を掲載するなど異例の展開をみせている。「赤報隊」から犯行声明が出た同事件は既に公訴時効が成立しているものの、実態解明を求める声は今も少なくない。警察当局は男性の告白に冷ややかな反応を示すが、果たして真相は…。「ともかく、私は結果を出す必要があったのです。記者を1人か2人殺す、という結果を」
 週刊新潮2月5日号(1月29日発売)に、〈私は朝日新聞「阪神支局」を襲撃した!〉と題した6ページの特集記事が掲載された。「私」とは「島村征憲(65)」なる人物。記事によると、島村氏は阪神支局襲撃など4事件の実行犯であることを認め、共犯者の自殺に責任を感じて真相を告白したとしている。犯行は依頼されたもので「動機は金だった」という。この報道に対し、朝日新聞は島村氏が実行犯であることを即座に“否定”。週刊新潮が発売された当日の夕刊社会面に「週刊新潮に手記 事実と食い違い」との記事を掲載。週刊新潮編集部から島村氏の証言内容について問い合わせを受け、「客観的事実と明らかに異なる点が多数ある」と回答したことを明らかにした。 関係者によれば、事件にはいくつかの「キーワード」があり、島村氏の告白は合致しないのだという。翌週の週刊新潮2月12日号(5日発売)では、事件の背景に言及した。記事によると、赤報隊による犯行声明の作者は、平成5年に朝日新聞東京本社役員応接室で拳銃(けんじゅう)自殺したことでも知られる右翼活動家の野村秋介氏で、島村氏に「朝日を狙ってくれ」と依頼したのは在日アメリカ大使館の男性職員だとした。記事の最後は「以下次号」となっており、連載は続くとみられる。一方、朝日新聞は今月5日の朝刊社会面で、島村氏が週刊新潮に証言した犯人の服装や言動が、被害者の証言と「明らかに異なる」と再び指摘。「事件の被害者や弊社社員の名誉を棄損(きそん)する記述などがあれば、厳正に対処します」と牽制(けんせい)した。産経新聞の取材に、朝日新聞大阪本社広報部は「週刊新潮の連載が終了した段階で内容を検証し、本紙で明らかにします」と回答している。 また、週刊新潮と同日発売の週刊文春2月12日号は〈朝日が相手にしなかった「週刊新潮」実名告白者〉との記事を掲載。朝日新聞が週刊新潮よりも前に、網走刑務所に収監中だった島村氏を取材した結果を紹介し、凶器の散弾銃に関する証言に整合性がなかったことなどから島村証言の信憑(しんぴょう)性をただした。週刊新潮編集部は、証言を「事実」と判断した根拠について、「当該記事は連載中でもあり、コメントは差し控えさせていただきます」としている。 「捜査線上に浮かんだことはない」(警察幹部)。島村氏の実行犯説に警察当局も冷ややかだ。島村氏は記事中で「池袋で右翼団体をやっていた」という。警察当局は島村氏が指定暴力団関係者だったことは把握していたが、右翼団体構成員とは認定していない。

 警察幹部は「(連載の)1回目を見ても、事実と認定できる新しいものはない」とし、捜査の一環として島村氏から事情聴取する可能性についても「公訴時効が完成しており、その予定はない」と言い切る。
                    ◇

 ■朝日新聞襲撃事件 昭和62年5月3日午後8時15分ごろ、兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局に目出し帽姿の男が押し入り、散弾銃を2発発射、小尻知博記者=当時(29)=が死亡、同僚記者が重傷を負った。この同支局襲撃のほか、名古屋本社寮銃撃(同9月)、東京本社銃撃(同1月発生で10月発覚)、静岡支局爆破未遂(63年3月)、リクルート元会長宅銃撃(同8月)の各事件で「赤報隊」から犯行声明が出た。警察庁は5つの事件を広域重要116号事件に指定したが、平成15年3月までにいずれも時効が成立した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/220063/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ストリートビューに全国から規制求める声(8日)

Banner_logo_051 インターネットで地域画像を閲覧できる米グーグル社のサービス「ストリートビュー(SV)」を巡り、全国の議会や弁護士会などから中止や改善を求める声が相次いでいる。グーグル社は今後、サービスを始める地域への事前通知を検討。不動産業者が物件紹介に活用する例も増えているが、自宅が無断公開される事態に、「プライバシーの侵害」との懸念が拡大している。都内で働く男性会社員(46)は昨年9月、SVで自宅を見て驚いた。ベランダの洗濯物が映っている。ここは私道に入らないと撮影できないはず。男性はメールで抗議し、約3週間後に削除された。昨年8月のSV開始以降、東京都には「規制が必要」、横浜市や札幌市には「個人情報保護法に抵触するのでは」などの苦情が寄せられている。特に、個人宅の表札や車のナンバーなどプライバシーにかかわる写真が問題視された。グーグル社は「通行人の顔などには自動画像認識装置でぼかしを施したり、要請に応じて写真を削除するなどして対応している」と話す。しかし、パソコンを持っていない高齢者や、削除方法を知らない人は対応できないとの意見がある。こうした実態に、福岡県弁護士会は「多数の市民の肖像を根こそぎ撮影し、事前に撮影の説明がない」とプライバシー権の侵害に当たるとしてグ社に中止を求めた。新潟県弁護士会もプライバシーの侵害をなくすよう要請。東京都町田市議会や奈良県生駒市議会なども国に規制を要望した。国会でも昨年11月の衆院総務委員会で自民党議員が「犯罪者にとって素晴らしいツールだ」と批判。防犯上問題があるとしている。今月3日の東京都情報公開・個人情報保護審議会でグ社は、新しい地域でサービスを開始する場合、該当する都道府県への事前通知を検討すると表明した。個人情報保護に詳しい安冨潔・慶応大教授は「SVの情報はプライバシーを侵害し、犯罪を誘発する可能性がある。グ社は被写体に了承を得てからネット公開すべきだ」と話している。
 ■ストリートビュー ネット検索大手、米グーグル社の地図検索サービス「グーグルマップ」の付加機能。平成19年5月に米国でサービスを始め、日本では20年8月5日から東京や大阪、京都、神戸など12都市を対象に開始した。地図の道路をクリックすると、その道路を車で通行しながら撮影したとみられる高さ2・5メートルからの360度パノラマ写真を無料で見ることができる。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/household/220038/

| コメント (0) | トラックバック (0)

★なぜ 警視庁なの?(8日)

Nisshou4 【27594389498(円)】この数字は、昨年1年間に全国で発生した振り込め詐欺の被害総額だ。平成15年度の高知市の予算額と同額だった。普通の電卓でははじけないので手で計算すると1日当たりの被害額は7560万928円。これは被害届けのあった数字だが、このほか未然に防止された分もある。双方を合わせた数字の統計は警察庁にも存在しない。そこで、日本全国から集まる警視庁の相談業務でみてみよう。オレオレ詐欺や還付金詐欺、融資保証金詐欺などを総称した不正請求詐欺の昨年1年間に警視庁に寄せられた相談件数は1万6935件で前年より2859件の増加となった。うち、オレオレ詐欺は2154件で対前年比1436件増。還付金詐欺は1137件で446件の増。融資保証金が5568件で同702件。警視庁相談センターと各警察署の相談担当はこうした相談事案に対して、被害拡大防止の観点から犯人の動きを封じ込めるため9369の銀行口座を凍結した。さらに、犯人に電話で警告した件数は2870件にのぼる。中でも口座の凍結は年々増加しており、なんでこうまで不正口座が多いのかが問題だ。それと合わせて「なんで警視庁への相談が多いのか」の謎がある。振り込め詐欺に利用される武器のひとつに「03」から始まる固定電話がある。市外局番が「03」だから警視庁に相談が集中する。ところが、それらの03の固定電話は転送電話で北海道から沖縄までどこにでも転送される。ということは、犯人達は日本全国どこにいても良いのである。それを裏付けるのは凍結した口座の名義人の住所を見れば分かるのだが、それは公表できないらしい。魑魅魍魎とした社会である。

 平成20年に警視庁に寄せられた生活安全相談件数は82584件で、前年に比べて8545件の増加となった。平成16年をピークに減少傾向にあったが19年に増加に転じている。相談内容で最も多かったのは、オレオレ詐欺や還付金詐欺などの不正請求で16936件。次いで家庭・職場・近隣などの対人関係の11053件、パトロール依頼など防犯関係9944件と続く。マネーローンダリングとしての口座凍結数は9369口座で前年より1441件増加した。警告件数も10件増えて2870件となっている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月9日 »