« 2009年2月5日 | トップページ | 2009年2月7日 »

2009年2月6日

2009年2月 6日 (金)

★警視庁管内 体感治安レベル2

    首都東京の体感治安(7日)
             (単位・レベル)

  2    「携帯番号が変わった」ら110番を

【解説】6日午前4時ころ、武蔵野市境1丁目付

近で、ひばりが丘駅からタクシーに乗車した犯

人がタクシーの運転手に対してナイフを突きつ

け「金を出せ」と脅迫、被害者から現金2万50

00円を強奪し逃走する事件が発生した。事件

は不思議と続くものだが、これだけはそうであ

ってほしくないし、マスコミも取り上げていない

のでBye1_2首都の体感治安は「レベル2(あお)」

する。振り込め詐欺撲滅月間に合わせ警視庁は、家族を名乗って「携帯電話の番号が 変わった」という電話を受けたら、その時点ですぐ警察に通報するよう呼びかけるチラシの配布を始めた。地域部から各警察署に配布され、署員が60歳以上の家族がいる家庭を訪問して直接手渡す。警視庁は「携帯番号が変わった」の電話を受けたら、すぐ警察に連絡を-と呼びかけている。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html埼玉県警が警察官騙る振り込め詐欺で4人逮捕。

ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆アパートで男性刺され死亡 知人の男を殺人容疑で逮捕(6日)

Logo3_3 6日午前8時35分ごろ、栃木県真岡市東郷のアパートの一室に「具合の悪い人がいる」と119番通報があった。救急隊員が駆けつけたところ、この部屋に住む職業不詳今村進さん(58)が右あごと左脇下を刺されて倒れており、病院に運ばれたが約1時間後に死亡した。真岡署は、現場から約500メートル離れた路上にいた同市並木町2丁目、無職大貫一男容疑者(64)が刃物で刺したことを認めたため、殺人容疑で緊急逮捕した。大貫容疑者は「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。 捜査関係者によると、2人は顔見知り。部屋のこたつの上に大貫容疑者が持ってきた凶器とみられる小刀(刃渡り約12センチ)と血の付いた手袋があったという。2人は直前まで飲食店の支払いを巡り口論していたという。大貫容疑者を車でアパートまで連れてきた知人が119番通報した。http://www.asahi.com/national/update/0206/TKY200902060306.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆警察署内で20万円窃盗事件 犯人は?!茨城県警行方署(6日)

Msn_s31  茨城県警行方署

に留置されている約10人の現金計約20万円が、同署留置管理課の保管庫からなくなっていたことが6日、分かった。同署は窃盗の可能性もあるとみて調べている。 同署によると、保管庫の鍵は留置管理課長が管理し、課のドアは出入りの度に施錠されていた。金の出し入れは、扱った課員が出納帳に記載することになっている。保管庫がこじ開けられた跡はなかった。同署は「合鍵を作るなどして外部から侵入した可能性も捨てきれない」としている。 課員が1月28日に保管庫内を確認した際には異常はなかったという。今月3日、留置人からの依頼で課員が保管庫内を確認した際、保管袋から計約20万円がなくなっていた。同署の小野瀬一広署長は、紛失した全額を私財で補てん。「事実関係を調査し、再発防止に取り組みたい」としている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090206/crm0902062113044-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

★小説 警視庁薬物特命捜査官(40)

  鬼頭捜査官の派遣は…

080713_164028_m 重森への電話は、大阪府警の生安総務課長からだった。
 「生総課長です。警視庁と新潟県警は順調に進んでいるようですが、こっちもようやく傍受の令状が降りました。それで、どうでしょうか、警視庁の鬼頭さんは来られる余裕はありますかね」
 前回の傍受は、携帯の通信状態が悪く聞き取れなかった。その府警が再度の傍受令状をとったという。重森は鬼頭を大阪府警に派遣させたかった。府警の薬物捜査の神様であるベーやんこと別所と鬼頭を会わせたかったのだ。
 別所の持つ百発百中の勘は、誰にも真似ることは出来ない。しかし、薬物捜査官として流れるように捜査を導く手法を別所に伝承できれば、別所はまだ若いだけに警察庁指定の特命捜査官にもなれるのだが…と重森は考えていた。
 重森の電話を受けた風間も、同様に二つ返事で出してやりたかった。しかし、警視庁城西署の捜査本部も朝洋商事の捜査がようやく〝板に付いた〟ばかりだったと考えた。果たして鬼頭が「うん」と言うだろうか。
 「そうですね。これまでの捜査で新潟県警と宮城県警、新潟県警と警視庁など関連付けが多いという流れになってきていますね。府警は篠原組でしたっけ?」
 重森は、渋りがちの風間の心が読み取れた。
 「その通りなんです。私の勘だが府警も鬼頭さんを呼んだからには何かがあるのではないかと思われるんですよ」
 ようするに鬼頭の大阪派遣は、重森の思いつきではなく府警が希望しての要請だったことを強調した。
 「えっ、府警が呼んだのですか?俺はまた、あまり出しゃばるのもいかがなものかと思い、遠慮していたものですから…」
 「気を使っていますねぇ。関係県警に対するご配慮にはいつも頭が下がります」
 重森は感心した。鬼頭はこんな上司に恵まれて幸せだろうと思った。同時に重森は自らの鏡にもしたいと…。
 キャリア、キャリアと一線の職人刑事たちからは、「頭だけの警察官」とののしられることもある。「頭でっかち幹部」だけにはなりたくなかった。
 鬼頭は城西署に着いたばかりだった。実にタイミング良く電話が入った。それは風間からだった。
 「はい、鬼頭です。えっ、大阪府警ですか?」
 しばらく鬼頭は考えた。
 「それではちょっと…本部長に聞いてから返事しますから…」
 鬼頭が即答を避けたのには訳があった。それは、この一連の事件の頂上は、警視庁が今回逮捕した朝洋商事の帳亭植ではないかと思っていたからだ。もしそうだとすると、帳の調べは自分しかないと自負していた。
 果たして自分は、〝男芸者(幇間)〟の様に、ただ、あっちこっちに行くだけが特命捜査官なのだろうかと疑問を持ち始めていた。刑事は自分が事件を請け負い、そして組み立てて解決して初めて刑事になれるのだと…。
 「それなのに、自分は…単なる調整役?」
 心の中では「俺は刑事だ。指導官ではない」という葛藤があった。
 しかし、その思いは新潟県警の捜索の時に変化が起きた。
 あれはガサに向かうための打ち合わせが済んだときだった。県警捜査一課係長の平井警部が鬼頭に向かって言った言葉だ。
 「現場には素人が多いから…説明してやってくれませんか」。その言葉が何故か妙に心に残っていた。定年まであと二年。検挙率が落ちている警察の現状を憂えれば、果たして「自分が」「自分が」としゃしゃり出るだけで良いのだろうか。
 平井警部は県警捜査一課の係長で調べ官でもある。一度、羹を調べたときには、素晴らしい調べだった。しかし、一斉逮捕・捜索後の羹の取り調べは「覚せい剤が関係する」という理由から保安課の警部に代わった。
 鬼頭は、調べ官を外れた平井に同情したが平井は何一つ文句を言わなかった。「これが組織なのか」と自分だったら不満を現すだろうが、表情さえ変えなかった平井に自分の修行の足りなさを感じた。
 だとすれば、風間の大阪府警への要請を「本部長に聞いてから…」などと言ってしまったことに反省しなければならなかった。
 「直属の上司になんてことを…」
 と思いながら署長室に向かった。署長は風間の一年先輩の野口だった。署長室に入るとソファーに座っていた。
 「失礼します。相談があって来ました」
 鬼頭の言葉に野口署長は、既に分かっていたかのような振る舞った。
 「大阪府警の件ですか?」
 「署長、どうして分かっているのですか?」
 「鬼頭さんよ。俺と風間は十年近くも一緒に仕事をしているんですよ。先ほど電話がありました。風間は何を遠慮しているのか何を迷っているのか心配していましたよ」
 「分かりました。行ってもいいでしょうか」
 鬼頭は反省の意を込めて言った。
 「大阪府警の希望だそうですよ。貴方が心にひっかかっているのは『頂上の帳を捕ったのに…』ではないかな?君らしくないですね」
 鬼頭は参った。野口署長はそこまで読んでいたのだろうか。心の隙を読まれたようで恥ずかしくなった。部屋を出る時、野口が言った。
 「鬼頭君、虚心坦懐ですよ」
 その言葉は、鬼頭の心にグサリと刺さった。つづく
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆出資法違反:不明の女相場師を逮捕 大阪府警(6日)

Logo_mainichi1_3 株式投資などで高配当を約束し、多額の資金を集めたとして、大阪府警泉佐野署は6日、同府泉佐野市日根野、主婦、岩田矩子(ともこ)容疑者(54)を出資法違反(預かり金の禁止)容疑で逮捕した。岩田容疑者は「関西一の女相場師」との触れ込みで、約150人以上から15億円以上を集めたが、ほとんど返還しておらず、同署は詐欺容疑でも追及する。逮捕容疑は、昨年2~10月ごろ、元本を保証して配当を支払うと約束し、不特定多数から投資を募り、府内の男女3人から計約1600万円を預かったとしている。被害者の弁護士らによると、岩田容疑者は十数年前から知人らに「元本保証。月2~5%の配当を払う」などと持ちかけて出資者を募り、毎月数%の配当を払う内容の契約を結んでいた。出資者の中には1億円以上預けた人もいたが、昨年秋ごろから配当が滞るようになったという。 岩田容疑者は1月26日ごろ、自宅から姿を消し、親類が家出人捜索願を出していた。出資者3人が今月3日、詐欺と出資法違反容疑で泉佐野署に告訴・告発していた。 出資した大阪府南部の50代女性は「早く出頭してくれたらと思っていたので、ちょっと安心した。自分のやったことを正直に話してほしい」と話した。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090207k0000m040042000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆関西で空き巣200件超「上海グループ」2人を逮捕(6日)

Banner_logo_051_4 サムターン回しの手口で空き巣に入り、現金や貴金属を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗などの疑いで、いずれも中国籍、大阪市浪速区の無職、高偉強(50)と徐岳敏(39)の両被告=窃盗などの罪で起訴=を再逮捕した。両容疑者は関西で空き巣を繰り返す中国人窃盗団「上海グループ」のメンバーで容疑を認めている。同課は別の窃盗事件で逮捕した中国人の男からの情報提供を受け、上海グループを捜査。平成19年7月から、両容疑者を含む男女10人を窃盗などの疑いで逮捕し、空き巣225件(約6870万円相当)の被害を確認している。両容疑者にはほかにも、200件(約5000万円相当)の余罪があるとみて捜査する。調べでは、両容疑者は昨年10月15日ごろ、神戸市に住む飲食店経営の女性(56)のマンションに侵入し、約2万6000円とネックレスなど38点(270万円2000円相当)を盗んだ疑い。同課によると、上海グループには上海出身の50人がいるとみられ、メンバーは3、4人単位で空き巣を行っているという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/219776/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆警察学校で現金盗み停職 姫路署の男性巡査部長(6日)

Banner_logo_051_3 兵庫県警は6日、入校中の近畿管区警察学校(堺市)で他人の財布から現金を盗んだとして、県警姫路署の男性巡査部長(26)を停職6カ月の処分にした。巡査部長は同日付で退職した。大阪府警北堺署は同日、窃盗容疑で巡査部長を書類送検した。県警監察官室によると、巡査部長は昨年12月15日午後9時20分ごろ、学校内の女性用風呂の脱衣場で、大阪府警の女性巡査長(25)の財布から現金約1万4000円を盗んだ疑い。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/219725/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆個室ビデオ店の防火設備違反64% 是正進まず(6日)

Banner_logo_051_2 国土交通省が6日発表した個室ビデオ店の防火設備などの点検結果によると、昨年12月末時点で810店のうち63・6%に当たる515店で非常用の照明や排煙設備などに建築基準法令違反が見つかった。大阪・難波で昨年10月に死者16人を出した個室ビデオ店火災を受けてまとめた。違反の割合は昨年10月末時点に比べて0・5ポイント増加。これまでに違反が確認された549店のうち自治体の指導を受けて是正を済ませたのは6・2%の34店にとどまった。国交省は早期是正に取り組むよう自治体に求める。違反が最も多かったのは非常用照明の未設置や不備で、排煙用の窓や設備がなかったり排煙量が不十分なケースも目立った。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/219782/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆天皇皇后両陛下、神奈川・葉山町の葉山御用邸でご静養 近くの浜辺を散策される(6日)

Logo1 天皇皇后両陛下は5日から、ご静養のため、神奈川・葉山町の葉山御用邸に滞在される。両陛下は5日午後、葉山御用邸に到着され、午後3時半ごろから近くの浜辺を散策された。海岸をゆっくりと歩いた両陛下は、集まった人たち1人ひとりに、「だいぶ温かくなりましたね」などと話しかけ、陛下の健康を気遣う声には、「どうもありがとう」と返された。声をかけられた人は「(犬が)豆まきの時にずいぶんハッスルして、はしゃぎまして、それで『犬のお正月のようなものでした』と話したら、お笑いになられた」と話した。両陛下は、8日まで葉山に滞在されることになっている。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00148872.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆調査捕鯨:シー・シェパードまた妨害…酪酸入り瓶投げる(6日)

Logo_mainichi1_2 水産庁に入った連絡によると、5日午前11時ごろ、南極海で目視採集船「勇新丸」(720トン)など調査捕鯨船3隻が反捕鯨団体「シー・シェパード」から妨害を受けた。けが人や船体の損傷はなかった。今冬、調査捕鯨中の妨害は3度目。水産庁によると、団体の船舶「スティーブ・アーウィン号」からゴムボート2隻が降ろされ、酪酸入りの瓶を投げたり、信号弾のようなものを発射するなどの妨害をした。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090206k0000m040141000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆強盗致傷:1500万円奪われる…飲食店店長けが 愛知(6日)

Logo_mainichi1 5日午後2時半ごろ、愛知県安城市朝日町の市道で、道路沿いにある飲食店「MAN GETS」の男性店長(38)が、2人組の男に顔などを殴られ、持っていた現金1500万円入りの手提げカバンを奪われた。男たちは走って逃げ、数十メートル離れた路上に止めてあったシルバーの乗用車で逃走した。店長は顔や両腕などに10日間のけが。 県警安城署は強盗致傷事件として捜査している。同署によると、男は1人が身長約170センチで赤っぽい上着姿、もう1人は約165センチで黒い上着を着ていた。ともに白いマスクをし、外国人風だったという。店はこの日が給料日で、奪われた1500万円は従業員の給料だった。同署は同店の事情を知る者の犯行とみて調べている。現場はJR東海道線安城駅の南東約800メートルに広がる同市中心街の一角。事件当時は車も多く通り、近所の住民も事件を目撃していた。目撃者の女性は「叫び声が聞こえたので外を見ると、男が店長からカバンを奪おうとし、もう1人が店長の顔などを殴っていた。間もなく店長が倒され、男2人がカバンを持って走り去った」と話していた。【安間教雄】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090206k0000m040153000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆暴走族系? ホストクラブ無許可営業容疑で18歳逮捕(6日)

Logo3_2 熊本北署などは5日、熊本市内のホストクラブ支配人の少年(18)を風営適正化法違反(無許可営業)の疑いで現行犯逮捕した。捜査に入った際、私立高校3年の男子生徒(17)がホストとしてカウンターに座っており、同法違反(年少者雇用)の疑いでも調べる。  同署の発表によると、支配人の少年は5日午前5時15分ごろ、県の公安委員会から許可を受けず同市新市街でホストクラブ「不死鳥」を営業していたとの逮捕容疑。当時、店にはホストが6人、女性客が2人いたという。同署は20代の経営者の行方を捜している。 同署によると、支配人と経営者は店と同名の暴走族のメンバーという。昨年11月、「暴走族関係者が無許可でクラブを営業している」との情報が寄せられ、5日朝、同店を捜索した。暴走行為の際に使うと見られる「不死鳥」と書かれた旗やホストクラブの接待マニュアルなど38点を押収した。http://www.asahi.com/national/update/0206/SEB200902060001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆預金100億円「裏金」運用 L&G、破綻隠し出資募る(6日)

Logo3 健康商品販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」(東京都新宿区、破産手続き中)が疑似通貨「円天」を宣伝材料に多額の資金をだまし取ったとされる事件で、同社が破綻(はたん)状態にあった05年、約130億円の預金のうち約100億円を裏金の形にして運用していたことが捜査関係者などへの取材でわかった。この金を取り崩して会社の運営費に充てたという。  警視庁と宮城、福島両県警の特別捜査本部は、会長の波和二(かずつぎ)容疑者(75)らが破綻状態を隠して会員から出資金を集め続けたとみて、資金の流れの解明を進める。  特捜本部によると、L&Gによる被害は、00年7月以降の約7年間に約3万7千人から集めた約1260億円で、会員に返還されるべき元本は約423億円。破産管財人らによると、配当から新たな契約を結ばせた分を含めた申込総額は約2260億円にのぼるという。 捜査関係者によると、約100億円が裏金化されたのは05年12月。会員からの入金額が配当などの出金額を下回るようになった時期で、経理部が対応を波容疑者に相談し、処理方法が決まったという。当時、同社の口座にあった預金約130億円から、約100億円を通常の経理から切り離して別の勘定にした。残り30億円は会社運営費用として計上したという。複数の同社幹部によると、約100億円は、ほぼ月数億円のペースで取り崩され、運営資金に補充された。現金配当を停止した07年1月の段階で約30億~40億円になり、その後も減り続けて最終的には底をついたという。  同社は全国各地の高級ホテルなどで勧誘を目的とした説明会を頻繁に開催しており、こうした費用も多額にのぼったとみられる。ある同社幹部は「会員拡大のために芸能人や大学教授らを招いて開いた講演会やコンサートの費用だけでも20億~30億円かかった」と話す。 捜査関係者らによると、同社はこうした処理をする中で、経理状況を実際よりも良好に見せかけた偽の決算書類を作成していた。 決算の仮装について、同社の経理部社員らは特捜本部の事情聴取に「銀行から融資を受けたり、信用調査機関を欺いたりするためだった」と説明。裏金化については「株主社員(会員)に知られるのをおそれ、幹部ら以外には伏せられた」と話しているという。 同社では、毎日朝晩、波容疑者の自宅に出資金の出入金記録がファクスで送られていたといい、特捜本部は波容疑者が会社の財務実態を詳細に把握していたとみている。 破産管財人の調査によると、同社は実際は、98年から最後の07年6月期決算まで一貫して赤字状態だった。債務超過額は、出資金集めを本格化させた01年は約11億円だったが、雪だるま式に膨らみ、06年は約460億円、07年は約685億円にのぼった。 http://www.asahi.com/national/update/0206/TKY200902050388.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆仁和寺でも仏像盗被害判明 相次ぐ被害に古都の寺院自衛にやっき (6日)

Msn_s1 寺院の仏像盗難が相次いでいる京都市で、仁和寺(右京区)でも盗難被害があったことが新たにわかった。寺の裏山にある「御室成就山八十八カ所霊場」のほこらの一つに収められていた木製の仏像1体で、京都府警が窃盗事件として捜査している。文化財指定は受けていないが、関係者は「大切な信仰の対象を盗むなんて許せない」と嘆いている。真言宗御室派総本山の仁和寺で盗まれた仏像は、像高約30センチ。裏山にある「御室成就山八十八カ所」の巡礼コースに点在するほこらの一つに収められていたが、昨年夏ごろ、参拝者が「仏像がなくなっている」と同寺に連絡し、同寺が右京署に被害届を提出した。「御室成就山八十八カ所」は文政10(1827)年、当時の仁和寺門跡の本願により寺侍が四国八十八カ所を巡礼し、各霊場の砂を持ち帰って堂に埋めたのが始まりとされ、約3キロの順路に沿って堂が点在。誰でも参拝することができる。京都市内では、昨年9月に等持院(北区)の足利尊氏木像の左手首部分などが盗まれたほか、同10月には門跡寺院の毘沙門堂(山科区)の毘沙門天像、今年1月には建仁寺(東山区)の木造十一面観音座像が相次いで盗まれている。仁和寺では「大変悲しいこと。二度とこんなことが起こってほしくない」としている。

◇ 京都の寺院で相次ぐ仏像盗。府警は「極めて悪質」として警戒を強め、自衛策を進める社寺もある。しかし不特定多数が出入りする場所だけに、警備の困難さを指摘する声も上がっている。昨年12月に毘沙門(びしゃもん)堂に安置された不動明王立像が盗まれていた東寺では、これまで昼夜を問わず無施錠だった毘沙門堂について、護摩をたく午前6~7時を除き終日施錠するようにしたほか、警備員による定期巡回の頻度も増やした。足利尊氏木像が被害に遭った臨済宗天龍寺派の等持院でも、事件後の昨年10月、像に手を伸ばすと防犯音が鳴るセンサーや、高さ約50センチのアクリル板を導入。同派の栂(とが)承昭宗務総長は「状況に合う対策を考えたい」と話す。また、昨年6月に境内参道の牛像の頭部が折られた北野天満宮(上京区)では、深夜の警備を強化し、見回りの範囲を拡大。担当者は「参拝者に触れてもらう信仰の対象なので、さくの設置など物々しい雰囲気にすることはできないが、目を行き届かせて事件を未然に防ぎたい」としている。しかし、見回り強化や防犯カメラなどの対策を取っても万全とは言い切れず、「何をやってもいたちごっこ」と指摘する社寺も。寺院関係者の中には「高く売りさばくことも可能な美術品は、不況のときこそ危ない」との不安もあり、ある関係者は「将来的には、手荷物を入り口で預かるような拝観システムを導入をせざるを得なくなるかもしれない」と話した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090206/crm0902060133002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆自民、刑罰に社会奉仕導入を検討 PT発足へ(6日)

Banner_logo_051 自民党は5日、現在の刑罰に「社会奉仕」の新設などを検討するためのワーキングチームを設置する方針を決めた。座長は杉浦正健元法相が就き、近く司法制度調査会(保岡興治会長)を開き正式に発足させる。政府の法制審議会(法相の諮問機関)は、有期の実刑と執行猶予の間の役割として社会奉仕を導入する「保護観察中の社会奉仕活動」と、刑期の期間を実刑と執行猶予に分ける「刑の一部執行猶予」の導入を検討している。法務省は、法制審の結論を受けて、秋に予定される臨時国会にも法案の提出を目指している。社会奉仕を導入すると、犯罪の重さに応じた刑罰の選択肢を広げるメリットがあり、公共施設の清掃や福祉施設での介護補助などが想定されている。刑務所の過剰収容を解消する面でも期待されており、犯罪が増加する中で、かえって刑を軽減させてしまう可能性も指摘されている。このため党では、法制審で検討中の両制度の可否を含めて新たな処遇のあり方を独自にまとめる方針だ。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/219534/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「ブログ炎上」ネット上の悪弊に警鐘 虚偽の中傷も摘発(6日)

Msn_s1_3 インターネット上の「ブログ」に、閲覧者から批判的な意見や中傷が短期間に殺到する現象は“炎上”と呼ばれる。芸能人やスポーツ選手が標的となることが多く、ブログの閉鎖に追い込まれるケースも後を絶たない。警察当局は殺人や爆破予告といった直接的な危害が懸念される書き込みについて脅迫容疑などで積極的に摘発してきた。今回、摘発を虚偽の中傷による“炎上”にまで広げ、名誉棄損容疑で立件に乗り出すことで、匿名性を隠れみのにエスカレートするネット上の暴力を取り締まる。

被害相談ハイペース

 プロゴルファーの上田桃子さん(22)も“炎上”経験者の一人だ。平成19年10月のドキュメンタリー番組で、ほかのスポーツを批判するような発言が放映され、直後から上田さんのブログに中傷の書き込みが殺到、一時的に閉鎖せざるを得なくなった。産経新聞客員編集委員の花岡信昭さんは18年にネット上のコラムで、アイドルグループ「モーニング娘。」の「。」は日本語としておかしいのではないかと記述。人格攻撃も含め、非難の書き込みが2000件近くに達した。「匿名をいいことにネットでは相手の人格を100%否定する攻撃が一方的にされる怖さがよく分かった」と、花岡さんはいう。警察庁によると、ネット上の名誉棄損や中傷などで全国の警察本部に寄せられた19年中の被害相談は、8871件と過去最高を記録。15年(2619件)の3倍にまで増加した。昨年上半期も5482件に上り、19年の相談件数を上回るペースで推移している。名誉棄損容疑での摘発も19年中は79件と過去最高となっている。2009.2.5 22:50

韓国では悲劇次々

 整形手術、性転換、同性愛…。ネット先進国の韓国でも、女優やタレントを対象にした中傷がネット上に氾濫(はんらん)し、本人が次々に命を絶っている。昨年10月には、人気女優の崔真実(チェ・ジンシル)さん=当時(39)=がソウル市内の自宅で首をつって自殺した。崔さんをめぐっては「貸金業に手を出し、男性タレントに大金を貸した」とのうわさが拡大。崔さんは自殺直前、家族に「世間はひどすぎる。貸金業なんて関係ないのに、どうして私を苦しめるの」と言い残していた。韓国の警察当局は崔さんの自殺を機に、ネット上で虚偽の事実を流し、悪質な書き込みを行う常習犯の取り締まりを強化。告訴がなくても立件できる「サイバー侮辱罪」の成立に向けた動きも加速している。

ネット社会に警鐘

 「1人、2人が(中傷の)書き込みを始めると、『書いてもいいんだ。私も書いてすっきりしちゃおう』と便乗する人が出る。書き込みが増えると、『皆同じだ』と際限がなくなる。炎上させたことで『自分はすごいんだ』と満足する人間も出る」 インターネット協会の大久保貴世主幹研究員は、炎上の背景をこう話す。ネット問題に詳しい甲南大法科大学院の園田寿教授(刑法)は「今回のケースは『学校裏サイト』などで問題になっているいじめに近い」と指摘した上で、「ブログでは双方のコメントの応酬からエスカレートすることも多く、名誉棄損の線引きをどこでするか難しい問題だ」とした。産経デジタルの総合情報サイト「iza」には、「ネットは仮想世界ではなく、れっきとした現実社会。非常に公共性の高い場所であるということを認識すべきで、使う人のリテラシー(情報識別能力)やモラルにかかっている」との声が寄せられている。書き込む際の“表現”はどこまで許されるのか。捜査当局は今後、ネット上に氾濫する事実無根の安易な批判や中傷に対して厳しい姿勢で臨む方針で、今回の事件はネット社会に警鐘を鳴らしたといえる。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090205/crm0902052258026-n1.htm

| コメント (2) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(6日)3件

「インフルエンザで声変わった」 手口巧妙、新手の振り込め詐欺

だまされた振りして男を逮捕

息子を装った電話をかけて神奈川県鎌倉市の男性からバイク便で現金をだまし取ろうとしたとして男が逮捕されました。男性がだまされた振りをし、バイク便業者になりすました捜査員が指定された場所に行ったところ男が姿を現したということです。逮捕されたのは自称、川崎市多摩区の大学生高橋雅也容疑者(20)で、鎌倉市の67歳の男性から現金150万円をだまし取ろうとしたとして詐欺未遂の疑いが持たれています。警察によりますと男性は4日、息子を名のる男から「携帯電話の番号が変わった」という電話がかかってきたため不審に思って通報し警察からだまされたふりをするよう依頼されたということです。5日、再び息子を装って「会社の金を使い込み現金150万円が必要だ。バイク便に取りに行かせる」という電話があり、まもなくオートバイが来たため警察は、この業者にも協力を求めました。そして東京・渋谷の路上で捜査員がバイク便業者になりすまして指定された近くの公園に行ったところ高橋容疑者が姿を現したため、その場で逮捕しました。警察の調べに対し高橋容疑者は「中国人から3万円を出すので金を取りに行くよう頼まれただけだ」と供述し、容疑を否認しているということで、警察はバイク便を使った詐欺の詳しいいきさつを調べています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014007221000.html

「携帯番号が変わった」…詐欺の可能性も すぐ警察に連絡 警視庁(6日)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月5日 | トップページ | 2009年2月7日 »