« 2009年2月4日 | トップページ | 2009年2月6日 »

2009年2月5日

2009年2月 5日 (木)

☆東京・銀座宝石店強盗でモンテネグロ国籍の男2人を国際手配(5日)

Logo1_3 2007年、東京・銀座の宝石店から2億円相当のティアラなどが奪われた事件で、警視庁は、モンテネグロ国籍の男2人の逮捕状を取り、国際手配した。
Sn2009020509_531 強盗傷害などの疑いで国際手配されたモンテネグロ国籍のハジアフメトビチ・リファト容疑者(40)と、イェルシッチ・ラドバン容疑者(38)は2007年6月、銀座4丁目の宝石店で、女性店員に催涙スプレーをかけるなどして、2億円相当のティアラなど2億8,400万円相当を奪った疑いが持たれている。2人は、ヨーロッパを中心に活動する国際的窃盗団「ピンクパンサー」のメンバーとみられている。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00148864.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆千葉県内で女性ばかりを狙い約100件のひったくりを繰り返していた会社員の男を逮捕(5日)

Logo1_2 千葉県内で2008年1月から女性ばかりを狙い、あわせておよそ100件のひったくりをはたらいた男が逮捕された。窃盗の疑いで逮捕された市川市の会社員・油谷一成容疑者(28)は2月3日午前10時半ごろ、千葉・船橋市の路上で、女性が乗った自転車のかごから現金およそ2万3,000円が入ったバッグを奪い逃走した疑いが持たれている。警察の調べに対し、油谷容疑者は容疑を認め、船橋市や市川市などで2008年1月ごろから女性ばかりを狙い、およそ100件のひったくりをはたらいたと供述しているという。被害は、現金およそ250万円のほか、バッグや財布など400点、あわせて570万円相当にのぼるということで、生活費や遊興費などに使用したという。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00148873.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

    首都東京の体感治安(6日)
             (単位・レベル)

  2    国民は抑止を求めている

【解説】本日のピックニュースは、警察官を騙り

高齢者から預かったキャッシュカードで、銀行口

座から多額の現金を盗んだとして愛知・福島両

県警が中国人5人を含む11人を逮捕したニュ

ースと神奈川県警でも息子を名のる詐欺で男を

逮捕した。ここでも「中国人に頼まれた」と供述し

ており、中国人の存在が気になる。そして警視庁

Bye1抑止作戦として設置した部隊名は「ステルスチ

ーム」。振り込め詐欺撲滅に向け警視庁は5日、最近の振り 込め詐欺はATMを利用せず、現金を直接受け取る「手渡し」が急増。捜査手法として身代金目的の誘拐事件の際の技術が必要と判断。捜査1課特殊班(SIT)や機動捜査隊など専門家で構成するチームを組んだ。敵(犯人)に決して察知されることのない行動が求められることから、「敵のレーダーにキャッチされることなく接近し攻撃する」ステルス戦闘機をイメージして命名した。警察庁の米田壮刑事局長は「検挙のリスクを感じさせ、詐欺を抑止する。作戦の中核を担う」と評価した。国民がここに来て求めているのは「抑止」であることを肝に銘じてほしい。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-ed50.html#moreは8件。首都の体感治安は「レベル2(あお)」とする。

ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「ハッカー」に逆襲、パスワード盗み返す 中3書類送検(5日)

Logo3_3 インターネットのIDとパスワードを盗もうとした「ハッカー」から逆にパスワードなどを盗み返したとして、愛知県警は5日、兵庫県尼崎市の中学3年の少年(15)を不正アクセス禁止法違反の疑いで書類送検した。調べに対して、少年は「メールを盗み見たりして、困らせてやろうと思った」と話しているという。 生活経済課と西枇杷島署の発表によると、少年は08年7月11~14日、長野県大町市の無職男性(20)=同法違反容疑で書類送検=からポータルサイト「ヤフー」のIDとパスワードを盗み、男性になりすまして計16回、不正にアクセスした疑いがある。 少年と男性はオンラインゲーム仲間。男性が少年に「キャラクターを強くするプログラムをあげる」と偽って、実際にはIDやパスワードなど、パソコンのキー操作の履歴を盗み取るスパイソフト「キーロガー」をネット上から送りつけた。少年はゲームの動きが悪くなったことからキーロガーに気づき、ソフトを解析。盗まれた履歴の送付先になっていた男性のメールアドレスやID、パスワードを割り出したという。男性は、キーロガーを使って別のゲーム仲間のIDとパスワードを盗んだとして08年10月に書類送検された。この捜査の過程で、男性が逆に不正アクセスされていたことがわかった。男性は「自分がハッキングされているとは知らなかった」と驚いていたという。 http://www.asahi.com/national/update/0205/NGY200902050001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆京都でまた仏像泥棒 今度は東寺の不動明王(5日)

151338_c1851 Banner_logo_051_6           京都市南区の東寺で昨年12月、毘沙門(びしゃもん)堂に安置された不動明王立像が盗まれていたことが5日、分かった。仏像は国宝や重要文化財の指定は受けていない。寺が南署に届け出、同署が窃盗事件として捜査。京都市内では今年1月末に建仁寺で「木造十一面観音座像」の盗難事件があったばかり。盗まれたのは高さ約110センチの木像。平安時代後期の作とされる。毘沙門堂は正面の戸を小さく開けて内部が見えるようにしてあり、参拝客は建物の外から拝観していた。東寺によると、昨年12月7日夕方、見回りの僧侶が仏像がないことに気付き南署に届けた。防犯カメラには同日午後、建物から仏像のようなものを何かにくるんで持ち出す男性とみられる人物が写っていたという。境内では骨董(こっとう)市が開かれてにぎわっていた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/219408/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「フットワーク」が下請法違反 総額5億円超返還勧告(5日)

Banner_logo_051_5 中堅運送会社「フットワークエクスプレス」(大阪市淀川区)が下請け業者に支払う代金を不当に値引きして下請法(下請代金の減額禁止)に違反したとして、公正取引委員会は5日、同社に不当減額分の総額5億1810万円を返還するよう勧告した。返還総額は、勧告対象事業者名の公表を始めた平成16年4月以降で3番目。公取委によると、フットワーク社は19年4月~20年7月までの間、運送の一部を委託していた個人・法人の下請け業者670者に対し、「配送システムの使用料」と称して、システムが稼働していないにもかかわらず下請け代金の2%を事前に値引きさせていた。システムは16年1月に導入、17年1月ごろには運用を断念していたが、一部下請け業者には「請求書などの作製代金」などとも説明していた。ある下請け業者は「取引するためには仕方がない。(契約を)切られるよりはマシ」などとして従っていたという。フットワーク社は「本日勧告を受けたばかりでコメントはない。改めて見解を示したい」と話している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/219416/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ラグビー日本代表のロアマヌから大麻反応(5日)

Banner_logo_051_4 ラグビー、トップリーグの東芝は5日、日本代表のバックス、クリスチャン・ロアマヌ選手(22)が1月のドーピング検査で大麻に含まれる禁止物質に陽性反応を示したと発表した。検査は1月12日に行われ、A検体から大麻に含まれるカンナビノイドが検出された。東芝には日本アンチ・ドーピング機構(JADA)からは3日に通知が届いた。同選手は暫定的に資格停止処分を受け、8日のマイクロソフト杯決勝は出場できない。同選手は事情聴取に対して心当たりがないとしており、B検体による再検査を依頼した。東芝では、再検査の結果も陽性反応を示した場合、日本選手権の出場を辞退するとしている。
 ■東芝ラグビー部コメント
 「暫定とはいえ、資格停止処分を受けたことは、当社としても誠に遺憾であり、ラグビー関係者並びに多くノファンの皆様にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/219352

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆別のタクシー強盗にも関与か 福岡、DNA一致(5日)

Banner_logo_051_3 福岡県北九州市小倉南区で1月、タクシー運転手が男に首を切られ車を奪われた事件で、被害者のDNAと、福岡県警が別のタクシー強盗容疑で逮捕した男の所持品から検出されたDNAの型が一致したことが5日、分かった。県警は2つの事件の関連を慎重に調べ、男の事件当日の足取りなど裏付け捜査を進めている。県警の調べでは、男は住所不定の作業員、尾場三四志容疑者(49)。1月11日深夜に同県古賀市の路上で、乗車していたタクシーの運転手に金属の棒を突きつけて脅し、現金約2万円を奪ったとして強盗容疑で同月20日に逮捕された。北九州市の事件では1月18日未明、同市小倉南区の路上で高木裕さん(59)が客として乗車した男に首を刃物で切られ、タクシーと約2万円を奪われた。高木さんは重傷を負い、県警が犯人の行方を追っていた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/219344

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆千葉市で携帯電話60台盗難(5日)

News_pic1_2 千葉市の携帯電話販売店からおよそ60台の携帯電話が盗まれ警察は、県内のほかの店でも被害が相次いでいることから関連を捜査しています。4日午前6時過ぎ、千葉市稲毛区山王町の携帯電話販売店「もしもしモンキー いちにの山王町店」で警報機が作動しました。警察官が調べたところ、店の裏口のドアがこじ開けられ陳列棚から携帯電話およそ60台、300万円分が盗まれているのが見つかりました。この販売店では5つの携帯電話会社の携帯電話を取り扱っていますが、盗まれたのはいずれも特定の会社の、比較的新しい機種だったということです。こうした携帯電話が盗まれる事件は千葉県内のほかの店でも去年から相次ぎ、これまでにあわせて1000台あまり、6000万円分が盗まれているということで、警察は関連を捜査しています。http://www.nhk.or.jp/chiba/lnews/07.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆窃盗グループが盗んできた大工道具を買い取ったリサイクルショップ経営者の男逮捕(5日)

Logo1 窃盗グループが盗んできた大工道具を盗品と知りながら買い取ったとして、さいたま市のリサイクルショップの経営者が逮捕された。盗品等有償譲受けの疑いで逮捕された、さいたま市のリサイクルショップ経営・佐藤 伸次郎容疑者(49)は、2008年5月、窃盗グループが盗んできたハンマードリルなど大工道具113点(405万円相当)を盗品と知りながら、61万円で買い取った疑いが持たれている。佐藤容疑者は「怪しいと思ったが、盗品とは知らなかった」と、容疑を否認している。窃盗グループは、2008年2月から6月にかけて32件、大工道具などおよそ540点(2,000万円相当)を盗んでいたが、ほとんどを佐藤容疑者の店で買い取ってもらっていた。佐藤容疑者は、窃盗グループからあわせて540万円で買い取った多くの大工道具を、別のリサイクルショップなどに倍の値段で転売していたという。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00148817.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆強盗致傷:母と息子ら7人逮捕 出会い系で男性狙う 愛知(5日)

Logo_mainichi1 愛知県警半田署は4日、出会い系サイトで知り合った同県刈谷市の男性会社員(26)から金を奪おうと脅し、暴行を加えてけがを負わせたとして、同県半田市の無職の女(37)と息子2人を含む少年少女6人を強盗致傷の疑いで逮捕し、名古屋地検に送検したと発表した。6人は、女の長男で無職の少年(17)と中学2年の次男(14)、半田市内の17歳と19歳の少年2人、同県春日井市の中学3年の女子2人(ともに15歳)。逮捕容疑は08年12月6日午前3時半ごろ、半田市大池町の病院駐車場に止めた男性の乗用車内で、女が「若い子がいるから紹介する」と男性に少女2人を引き合わせた上で、待機していた長男らが「おれの女に何をする。死にたくなければ10万円払え」と男性を脅し、顔などを殴って鼻の骨を折る全治1カ月のけがを負わせたとしている。半田署によると、女は出会い系サイトでこの日初めて男性と知り合い、現場の駐車場で待ち合わせた。女は暴行は認めているが、金を奪う目的だったことは否認しているという。少女2人は友人を介して長男と知り合い、女の家にたむろしていた。【河部修志】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090205k0000m040159000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆芸能人ブログを集中攻撃、「炎上」させる…18人立件へ(5日)

Yomiuri_koudoku1 著名人などのブログに悪意の書き込みが集中して閉鎖に追い込まれたりする問題で、警視庁は、男性タレント(37)のブログを攻撃した17~45歳の男女18人について、名誉棄損容疑で刑事責任を追及することを決めた。「殺人犯」などと事実無根の書き込みが繰り返されたという。警察庁によると、「炎上」と呼ばれる現象を引き起こす集団攻撃の一斉摘発は初めて。匿名を背景にエスカレートするネット世界の“暴力”に歯止めをかける狙いがある。警視庁関係者によると、18人は大阪府高槻市の国立大職員の男(45)、千葉県松戸市の男(35)、札幌市の女子高校生(17)ら。すでに自宅などを捜索してパソコンや携帯電話のデータを押収、近く同容疑で書類送検する。被害に遭ったのは、テレビのお笑い番組などで活躍していた男性で、18人は昨年1~4月、男性が開設したブログ上で、少年4人が殺人罪などで実刑判決を受けた東京・足立区の女子高生コンクリート詰め殺人(1989年)に、男性が関与したといういわれなき中傷をした疑い。「人殺しが何で芸人やるんだ」「死ね、犯人のくせに」「てめえは何をしたと思ってるんだ」――などの書き込みが、この短期間に数百件に上ったという。きっかけは約10年前、所属芸能事務所が「足立区出身の元不良」とのうたい文句で男性を売り出したこと。その後、インターネットの掲示板に、男性を犯人扱いする書き込みが始まった。所属事務所は2002年、ホームページ上で「事件とは全く無関係」と告知したが、効果はなかった。男性のブログは中傷を消しても消しても、後から書き込まれる状態が続き、昨年4月、男性はブログを書き込み禁止にするとともに、「タレントとしての名誉が著しく傷つき、芸能活動に重大な支障が生じた」として、中野署に被害届を提出した。警視庁で通信記録を調べたところ、数十人が書き込みをしており、その中から執拗に悪質な書き込みを繰り返していた18人を特定した。ネット上での中傷被害は年々増加しており、警察庁によると、全国の警察への被害相談件数は07年、過去最高の8871件。08年も上半期だけで5482件に上っている。(

2009年2月5日03時03分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090205-OYT1T00022.htm?from=top

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆コカイン所持容疑で音楽会社員逮捕 若麒麟容疑者事件で(5日)

Logo3_2 大相撲の元十両、若麒麟(わかきりん)真一(本名・鈴川真一)容疑者(25)の大麻事件に絡み、逮捕現場となった東京・六本木の音楽会社事務所で同社社員から任意提出を受けた粉末について、神奈川県警は4日、コカインと断定し、この社員を麻薬取締法違反(コカイン所持など)容疑で逮捕したと発表した。容疑を認めているという。 逮捕されたのは、CD製作販売会社「D.OFFICE」の実質的経営者、須藤慈容(しげやす)容疑者(30)=東京都足立区宮城1丁目。若麒麟容疑者について「2年前に後輩に紹介された」と話しているという。県警によると、須藤容疑者は1月30日午後1時半ごろ、港区六本木4丁目のD社の事務所で、微量のコカインを所持し、この時までにコカインを使用した疑いがある。 須藤容疑者はヒップホップ系グループのリーダーでもあり、主にこの事務所で寝泊まりしていたという。 http://www.asahi.com/national/update/0204/TKY200902040327.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(5日)8件

「怪しい口座」 行員受け付けず、振り込め詐欺阻止

Logo3 振り込め詐欺とは気づかず、50万円を相手の銀行口座に振り込んでしまった。通常ならこれで、詐欺グループがすぐに金を引き出す。だが、振込先の銀行の行員が「不審口座」と目をつけていた。そのおかげで、実際には振り込まれずに50万円は戻った――。そんな「お手柄」話が3日、あった。愛知県警中川署によると、名古屋市中川区の会社役員の男性(61)のもとに電話が入ったのは3日午前9時半ごろ。「未払い金がありますね。今日中に振り込んでほしい。金利が高くなりますよ」男性は架空請求と気づかずに、近くの第三銀行中川支店へ。指定された大阪府内の京都銀行の支店の口座に、現金自動出入機(ATM)で振り込みできる上限の10万円を5回に分けて送金した。 だが、口座は「疑わしき口座」としてすでに手が打たれていた。 京都銀行によると、この5日前に口座が振り込み詐欺に使われそうになった。過去の入金記録を調べると、入金があった日に引き出される不自然な動きが何度もあり、口座の開設者とは連絡が取れなかった。このため、行員が振り込みを受けつけない状態にしていた。 男性の入金に端末で気づいた行員から連絡を受けた第三銀行中川支店は、ATM利用時に打ち込まれた電話番号にかけて、男性に支店まで戻ってもらったという。(兼田徳幸) http://www.asahi.com/national/update/0204/NGY200902040009.html

振込詐欺に注意呼びかけ 山形県警

News_pic1 今月は振り込め詐欺撲滅月間です。上山市と山形市では、お年寄りを狙った振り込め詐欺の被害をなくそうとさまざまな方法で警察が注意を呼びかけました。上山市鶴脛町の集会場ではお年寄りに振り込め詐欺の手口をわかりやすく学んでもらおうと警察官が寸劇で詐欺の手口を紹介し、▼電話を受けてもATMには行かない、▼おかしいと思ったら家族や警察に知らせるなど、注意を呼びかけました。また今後は「定額給付金」の支給を装った振り込め詐欺も出てくると心配されることから、警察官は市役所の職員などを装った不審な電話に対し、個人情報を伝えないよう、注意を呼びかけました。このほか、山形市では食料品の宅配業者が配達先の家庭に振り込め詐欺への注意を呼びかけるチラシを配りました。これは食料品の宅配業者に警察が依頼して4日から始めたものです。宅配業者ではお年寄りを中心に山形市など2市1町の2500軒の顧客がいるということです。宅配業者は夕食の食材といっしょに還付金があるなどの電話があっても送金せずに、誰かに相談するよう書かれたチラシを配り、お年寄りに「振り込め詐欺には注意してください」と声をかけていました。http://www.nhk.or.jp/yamagata/lnews/01.html

振り込め詐欺1億8000万円 福岡県警

News_pic1「民事裁判を起こされているので取り下げ費用が必要だ」とうそのはがきを送りつけて、現金をだまし取る振り込め詐欺をしていたとして、福岡県を拠点にしていた詐欺グループが摘発され、警察は、被害は全国で1億8000万円にのぼるとみて捜査しています。福岡県警察本部に逮捕されたのは、リーダー格の福岡市博多区の無職中辻愛也容疑者(37)ら17歳の少年や暴力団員を含む10人の男です。警察の調べによりますと、中辻容疑者らは去年10月、奈良県内の50代の女性に架空の団体、「財団法人東京管財執行事務局」を名乗って、「民事裁判を起こされているので取り下げ費用が必要だ」とうそのはがきを送りつけ、この女性に現金50万円を振り込ませて、だまし取った詐欺の疑いが持たれています。警察は4日、グループの拠点だった福岡市博多区のマンションの部屋を捜索し、携帯電話などを押収しました。警察によりますと、中辻容疑者らは架空の団体の連絡先を東京にしていたため、福岡であて名を書いたはがきをいったん首都圏に送り、そこから全国に向けて郵送していたということです。これまでの調べで、中辻容疑者らは、去年1月から11月までに同じような手口で犯行を重ね、被害は24の都府県であわせて133件に達し、被害額は1億8300万円にのぼるということです。警察によりますと、10人のうち中辻容疑者を含む9人は、容疑を認めているということで、警察は、それぞれの役割を調べるとともに逃走している1人を指名手配して行方を捜査していますhttp://www.nhk.or.jp/fukuoka/lnews/02.html

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(5日)8件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆L&G役員に報酬4億円、破綻状態以降 逮捕容疑は1億2000万円の詐取(5日)

Msn_s1 全国約5万人から総額1000億円超の資金を集めたとされる健康寝具販売会社「エル・アンド・ジー」(L&G、東京都新宿区、破産手続き中)が実質的に破綻(はたん)状態に陥った平成18年以降、波和二(かずつぎ)会長(75)と役員6人が総額で4億円を超える高額の報酬を受け取っていたことが4日、分かった。L&Gは19年6月期に約685億円の債務超過となったが、役員報酬の総額は前年より1500万円以上増額されていた。また、今回の逮捕容疑の詐取額は約1億2000万円になる見通しであることも判明。警視庁などの特別捜査本部は5日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で波会長やL&G幹部ら22人を一斉に逮捕する。特捜本部は総額約3億円の立件を目指す方針。会長らの高額な役員報酬は破産管財人の調査で判明した。破産管財人は「破綻状態となっている会社の役員が、これほど高額の報酬を受け取ることは考えられない」と指摘している。これまでの調べでは、L&Gは13年ごろから積極的に「協力金」の名目で出資金の募集を始めた。破産管財人が入手した決算書によると、波会長を含めた役員数は13年に10人だったが、15年に9人、16年に8人と徐々に減少。18、19年には7人となっていた。それに対して、役員が受け取った報酬と賞与の支給額総計は、13年は約1億8730万円だったものの、役員数が3人減った18年には約1億9590万円と逆に増加している。破産手続き前の最後の決算となった19年には、約2億1220万円と7年間でもっとも高額の報酬が支給されたことになっていた。L&Gが破綻状態に陥ってからの報酬総額は約4億810万円に上る。被害対策弁護団は同年10月、L&Gと波会長の破産申し立てを東京地裁に行い、認められた。波会長の預金通帳などは警視庁などの特別捜査本部に押収されているが、破産管財人が波会長に確認したところ、「預金残高はない」との返答だったという。波会長らが受け取った多額の報酬の使途は不明で、破産管財人は押収された資料が開示されるのを待って、詳しく分析する。 一方、波会長は破産手続き開始後の生活について、産経新聞の取材に「住んでいたマンションも追い出された。銀行の取引は全部停止され、金はない。パスポートも警察に任意提出したため、どこにも行けない」などと話していた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090205/crm0902050132000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆エレベーター事故で対策委、警察捜査とは別に原因調査 国交省(5日)

Banner_logo_051 国土交通省は4日、エレベーターやジェットコースターなどで起きた重大事故の原因を、専門に調べる事故対策委員会を6日付で設置すると発表した。発生直後から警察による刑事責任追及とは別に事故機を調査し原因究明、結果を早期に公表して再発防止に役立てるのが狙い。航空機や鉄道の事故で国交省運輸安全委員会が原因を調べるように、刑事責任とは切り離すことで迅速に調査できるようにする。国交省はこれまで警察の捜査に配慮、事故機そのものの調査はせずに再発防止策を検討していた。しかし平成18年6月、東京都港区のマンションで男子高校生がエレベーターに挟まれ死亡した事故では今も原因が明らかになっていないことなどから、本格的な調査体制をつくることになった。国交省の社会資本整備審議会の下部に置く常設組織。調査対象はエレベーターやエスカレーター、ジェットコースター事故など。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/219142/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆16歳教え子にわいせつ行為、名門テニススクール経営者逮捕(5日)

Yomiuri_koudoku1_3 テニススクールの生徒だった当時16歳の女子高生にわいせつ行為を繰り返したとして、大阪府警住之江署は4日、大阪市住之江区御崎6、「大阪テニスアカデミー」経営の釜口明治容疑者(59)を児童福祉法違反の疑いで逮捕した。釜口容疑者は「テニスの指導をしていただけ」と容疑を否認している。発表によると、釜口容疑者は2002年3月~03年4月、女子生徒に対し、自宅の部屋などで服を脱ぐよう命令したり、キスをさせたりするなどした疑い。釜口容疑者は自宅をテニススクールの事務所として兼用。敷地内に全国の優秀な選手を集めた女子寮があり、当時、被害者を含む中高校生十数人が自炊生活をしていた。同アカデミーは、ジュニア選手が高校総体や国体などで優勝した実績を持ち、プロテニスプレーヤーも輩出している西日本屈指の名門。08年度、18歳以下の男女約110人が所属しているという。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090204-OYT1T00809.htm?from=top

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆覚せい剤、水際の摘発53%増 件数過去最高に(5日)

Logo3_5 財務省が4日発表した08年の税関の薬物取り締まり状況によると、関税法違反で摘発した覚せい剤の密輸事件は、前年より53%多い110件だった。比較可能な統計がある1966年以降では、04年の103件を上回り過去最多。一方、大麻の密輸摘発は前年より27%少ない123件で、5年連続で減った。 覚せい剤の密輸事件では、航空機の旅客の持ち込みや国際郵便物を利用した手口が増加。中国発が全体の約半分を占めた。昨年11月には門司港(北九州市)に入港したシエラレオネ船籍の貨物船から約300キロを押収。全体の押収量は過去7番目の408キロにのぼった。財務省は「門司港での大量押収の後、小口で密輸をはかる事案が増え、摘発件数の増加につながった可能性がある」とみている。一方、大麻の押収量は87キロで、大量の押収があった前年の約5分の1にとどまった。 ttp://www.asahi.com/national/update/0204/TKY200902040244.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆57歳無職男、盗んだ仏像や宝物は30体? 長野(5日)

Banner_logo_051_8 長野県警南佐久署は4日、神社から彫像3体を盗んだとして窃盗容疑で逮捕した住所不定、無職、雨宮時男被告(57)=常習累犯窃盗罪で公判中=が群馬、埼玉、山梨、長野の4県で神社や寺院を狙い、計約30体の仏像や宝物など(計約400万円相当)を盗んだ疑いがあると明らかにした。裏付け捜査して追送検する方針。南佐久署によると、雨宮被告は「人がいなくて狙いやすかった。古物商に売って生活費に充てていた」と供述。埼玉県神川町指定の有形文化財の薬師像を含む仏像など25体を古物商などから回収した。 雨宮被告は昨年10月、群馬県南牧村の神社から木製の彫像3体(計約51万円相当)を盗んだとして窃盗容疑で逮捕。常習累犯窃盗罪に切り替えて起訴された。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/219045/

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月4日 | トップページ | 2009年2月6日 »