« 2009年2月1日 | トップページ | 2009年2月3日 »

2009年2月2日

2009年2月 2日 (月)

★警視庁管内 体感治安レベル2

       首都東京の体感治安(3日)
             (単位・レベル)

  2     振り込め詐欺団摘発

【解説】全国の警察で振り込め詐欺撲滅月間が

始まった。インターネットの賑やかな事…知恵を

絞った作戦を展開する県警もあれば、マスコミに

取り上げてもらえない県警もある。そんな中で目

立ったのが 北海道警と愛知県警による被害総額

7億2000万円とみられる振り込め詐欺事件の摘

発だ。両県警は2日までに、詐欺容疑で札幌市北

区のBye1_2無職男(31)=詐欺罪で起訴=を再逮捕、新

たに同市南区藤野五条、自営業の男(31)ら3人を逮捕した。被害は11都県で約250件に上るとみてさらに調べている。逮捕者の計が10人となった報道を見ると続報だが、それも広報のテクニックだ。その他で目立ったのが熊本県警。なんと振り込め詐欺の犯行に使われた電話番号に自動で20秒おきに電話をかけつづける警告装置を開発。同装置で犯人に対する警告のメッセージを流すという「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlはこうした情報11件。首都の体感治安は町田市で母親に重傷を負わせて立てこもる事件があったがマスコミの扱いは冷静につき「レベル2(あお)」の現状とする。

ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください

振り込め数え歌
茨城県桜川市の市民劇団「どてかぼちゃ」が制作したビデオです。
地元歌手の丘とみ子さんが唄うオリジナルソングに乗せて繰り広げられる総勢35名による振り込め詐欺撲滅時代劇。「江戸時代に携帯やATMなど無い」なんて野暮なツッコミはご法度ですよ。一度見たら忘れられない作品だからこそ、ふいな詐欺電話を受けたとき必ず思い出す、そんな音楽劇です。http://www.police-ch.jp/video/2/004070.php

 歌詞 

♪1つ ひとりで慌てずに♪2つ 振り込めご用心♪3つ みんなを狙ってますよ♪4つ よくよく声聞けば♪5つ いつもの声じゃない ※オレだよオレだよ私です オレだよオレだよ私です 年金、税金、還付金、架空請求 金送れ 株で大穴 保証人 会社の金を使い込み おじちゃん おばちゃん 父さん 母さん 泣いてる声や焦った声にせかされて ダメ ダメ ATMに行ってはダメですよ♪6つ 息子や孫の名を♪7つ 名乗ってなりすまし♪8つ やめましょ相手に電話 ※オレだよオレだよ私です♪9つ 困った助けてと♪10で 虎の子取りに来る ※オレだよオレだよ私です
 茨城県桜川市の市民劇団「どてかぼちゃ」が制作した「振り込め詐欺」防止を呼びかける「数え唄」です。地元歌手の丘とみ子さんが唄っています。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆62歳女性に「医学部教授」 結婚詐欺容疑で71歳男逮捕(2日)

47newslogo1 大学医学部教授と偽り、結婚話を持ち掛けて女性から現金をだまし取ったとして神奈川県警は2日、詐欺容疑で同県藤沢市大庭、無職後藤寿一容疑者(71)を逮捕した。容疑を認め「現金は(だました)女性へのプレゼント代に使った」と供述しているという。調べでは、後藤容疑者は2005年9月上旬ごろ、同県海老名市の知人の無職女性(62)宅で、女性に「大学の研究費と生活費を出してほしい。いずれ結婚する」と持ちかけ、300万円を詐取した疑い。県警によると、後藤容疑者は03年ごろ、同県大和市内でスナックを経営していたこの女性と知り合った。当時から大学医学部教授と名乗っていたが、実際の職歴は工員や飲食店員などだった。女性は「経営していた店には実際に医者や大学教授が来ることもあり、信じてしまった」と悔やんでいるという。後藤容疑者は既婚。女性から現金を受け取る際、「大学の給料は離婚した妻の口座に振り込まれるので手持ちの金がない」などと話していた。http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009020201000635.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆脅迫:ハドソンにメール送信容疑 香川の29歳逮捕(2日)

Logo_mainichi1_2 大手ゲームソフトメーカー「ハドソン」(東京都港区)に脅迫メールを送りつけたとして、警視庁赤坂署は2日、香川県坂出市王越町木沢、配送業見習い、池孝雄容疑者(29)を威力業務妨害容疑で逮捕したと発表した。逮捕容疑は、08年10月~09年1月、同社の携帯電話版ゲームサイト「桃太郎電鉄」の「ご意見・ご感想」欄に対し「会社へ爆弾を送りつけて、皆殺しにしてやる」「今すぐ、JR高松駅まで現金80兆円を持参せよ」などとメールを送信し、業務を妨害した疑い。「ゲームに関して意見を書き込んだのに改善してくれなかったので困らせてやろうと思った」と供述しているという。06年2月以降計48回メールを送信していたが、大半が脅迫めいた内容だったという。【神澤龍二】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090203k0000m040051000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★週刊ポストに警察庁が抗議 幹部が女性記者に情報漏洩記事(2日)

Banner_logo_051_10 警察庁のキャリア幹部が女性記者に情報漏洩(ろうえい)し、庁内の調査を受けたなどとする記事を「週刊ポスト」が掲載したことについて、警察庁は2日、「調査が行われたという事実はなく、警察への信頼を損なわせる内容」として同誌の編集長らに抗議したと発表した。警察庁は「週刊ポストの取材には、事実はないと明確に回答しており、看過できない」としている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/218350/

続きを読む "★週刊ポストに警察庁が抗議 幹部が女性記者に情報漏洩記事(2日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆山中を転々…ゴルフ場荒らし 窃盗男を追送検(2日)

Banner_logo_051_9 山間のゴルフ場を転々としながら現金や食料品を繰り返し盗んだとして、広島県警三原署は窃盗の疑いで住所不定、無職、石崎保利被告(49)=窃盗罪で公判中=を追送検した。19府県で216件、計950万円相当の盗みをしたとみて捜査、送検したのはこのうち25件。三原署によると、石崎被告は平成14~20年、ゴルフ場のコース途中にある茶店ばかりを狙い、窓ガラスを割るなどして侵入。冷蔵庫のビールや酒を飲み、焼き飯などを調理し“腹ごしらえ”後に現金を盗んでいた。 「人が来る心配もなく、捕まらないから」と寝袋で野宿し、数日かけて山を移動。冬場は落ち葉を体に掛け、寒さをしのいだという。三原市の会社敷地内で野宿していた20年7月、建造物侵入の現行犯で逮捕された。追送検の容疑は、17年2月3日、山口県岩国市通津のゴルフ場の茶店に侵入、おでん27本など食料品33点(約7500円相当)を盗んだ疑い。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/218376/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆男子中学生が激しく抵抗、警官が威嚇発砲 愛知・豊橋市(2日)

Ngy2009020200051Logo3_2 2日午前2時半ごろ、愛知県豊橋市飯村北3丁目の山中川で、豊橋署の男性巡査長(26)が、職務質問中の中学2年の男子生徒(14)に激しく抵抗され、川の水面に向けて拳銃を2発、威嚇発砲した。同署は、男子生徒を公務執行妨害と傷害の容疑で現行犯逮捕した。 同署の発表によると、巡査長はその直前、男性巡査部長(58)とパトカーで同市中岩田を巡回中に2人乗りのバイク2台を発見。うち1台が停止したため職務質問しようとしたところ、1人はそのままバイクに乗って逃げた。現場に残った男子生徒に職務質問しようとしたところ、突然殴るけるなどの暴行を受けたという。さらに、男子生徒が逃げたため、巡査長が追いかけ、すぐ近くの飯村北3丁目の山中川(深さ約20センチ)=写真=でもみあいになり、左手の指をかまれるなどしたうえ、拳銃を奪われそうになった。このため、警告した後に1発発砲し、それでも男子生徒が抵抗を続けたため、再度警告して発砲したという。巡査長は、左肩関節脱臼などのけがを負った。 発表によると、男子生徒は同市立中に在学中。同日は仲間3人とともに、バイク2台に分かれて2人乗りしていたとみられる。残る3人の行方は捜査中。 現場は住宅街。すぐ近くに中学校がある。 近所の男性(75)は家で寝ていたところ、暴走族のようなバイクが走る大きな音がした。パトカーのサイレンも聞こえたという。しばらくしてボカーンという大きな音が2回聞こえたという。発砲だと後で知り、「こんな静かなところで発砲なんて、驚いている」と話した。 同署の伊藤公一警務課長は「けがをさせられるなど抵抗を受けているうえ、警告した後、危害の加わらないよう方向に配慮して発射していることなどから、現時点では適正な拳銃使用だと判断している」としている。 同市教委は「大変遺憾。詳しい情報を調べて対応を検討する」としている。 http://www.asahi.com/national/update/0202/NGY200902020004.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆2歳女児、虐待で重体 母親逮捕 茨城(2日)

Banner_logo_051_8 2歳の長女の頭を床に打ちつけるなどしてけがを負わせたとして、茨城県警古河署は2日、傷害の疑いで古河市上辺見、飲食店従業員、雨甲斐幸子容疑者(23)を逮捕した。長女は意識不明の重体。調べでは、雨甲斐容疑者は同日午前3時ごろ、自宅の玄関で、長女の両足を持って逆さ吊りにし、体を上下に揺すってコンクリート製の床に頭を数回打ちつけた疑い。約45分後に雨甲斐容疑者が119番通報。救急隊員が「虐待の可能性がある」と同署に通報し、駆けつけた同署員が逮捕した。「泣きやまないのでやった」と容疑を認めているという。 雨甲斐容疑者は内縁の夫(37)と長女の3人暮らし。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/218245/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【浅間山噴火】気象庁「今後も噴火に注意が必要」(2日)

Banner_logo_051_6 気象庁火山課は2日夕、浅間山の火山活動の状況について会見を開いた。小規模噴火の直前に多発した火山性の地震は噴火後に減少し、マグマの上昇を示す動きもなくなっているものの、「今後も噴火が起こる可能性が高い」とし、1日に入山規制の「3」に引き上げた噴火警戒レベルを当面据え置く考えを示した。浅間山の火口では、依然として熱が高く、二酸化硫黄の放出が多い状態が続いているという。同課は「たまったマグマが噴火でどの程度出たのか分からず、中規模な噴火に対する警戒が引き続き必要」と話し、火口から半径4キロ以内の地域の噴石飛散に注意を呼びかけた。同課は、火山の活発な活動が終了する見通しについては不明としているが、平成16年には約3カ月半にわたり、断続的に中規模噴火4回を含む多数の噴火が起きた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/218300/

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆民家全焼、幼児ら家族4人が不明 新潟・五泉(2日)

Banner_logo_051_5 2日午後1時50分ごろ、新潟県五泉市論瀬、建設会社社長、大湊良衛さん(80)方から出火、木造2階建て住宅1棟約200平方メートルが全焼した。焼け跡から4人の遺体が発見された。県警五泉署によると、大湊さんのほか、孫の妻、佳奈さん(25)、佳奈さんの長女、咲良(さら)ちゃん(3)と長男、良空(りく)君(1)の4人が行方不明になっており、遺体は不明の4人とみて確認を急いでいる。調べによると、大湊さん方では子供夫婦、孫夫婦ら4世代10人が暮らしており、出火時は5人いたが、1人は逃げて無事だった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/218285/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆3被告が死刑回避を主張 闇サイト事件結審(2日)

Banner_logo_051_4 名古屋市の会社員、磯谷利恵さん=当時(31)=が平成19年8月に拉致、殺害された闇サイト事件で、強盗殺人罪などに問われた元新聞セールススタッフ、神田司(37)、無職、堀慶末(33)、無職、川岸健治(42)の3被告の公判が2日、名古屋地裁(近藤宏子裁判長)であり、いずれの弁護側も事件の計画性を否定、死刑回避を主張して結審した。判決は3月18日。検察側は1月20日の公判で全被告に死刑を求刑している。各被告の弁護側は最終弁論で「インターネットで知り合った他人同士が虚勢を張り合い、各自が思いつくまま行動する中で、殺害は偶発的に起きた」と主張。被害者が1人である点などから「過去の判例に照らしても、死刑を選択すべき場合に該当しない」と述べた。また3被告側はいずれも事件での主導的立場を否定して情状酌量を求め、川岸被告側は自首の成立を主張した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/218306/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆人事:警察庁(2月9日付け)2日

Logo_mainichi1 関東管区警察局長(長官官房審議官)井上美昭▽長官官房審議官(新潟県警本部長)園田一裕▽新潟県警本部長(警察大学校教務部長)干場謹二▽警察大学校教務部長(警察大学校刑事教養部長)篠原寛▽同刑事教養部長(秋田県警本部長)竹内浩司▽秋田県警本部長(薬物銃器対策課長)西川直哉▽薬物銃器対策課長(大阪府警警備部長)大澤裕之▽四国管区警察局長(群馬県警本部長)折田康徳▽群馬県警本部長(科学警察研究所総務部長)大平修▽長官官房付(栃木県警本部長)金山泰介▽栃木県警本部長(警備企画課長)石川正一郎 退職(関東管区警察局長)吉田英法、(四国管区警察局長)山本博司http://mainichi.jp/select/person/news/20090131ddm002060142000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆取調室禁煙にします 警視庁、健康対策で(2日)

Head_logo1 警視庁は2月半ばから試験的に取調室を禁煙にする。役所や企業は禁煙、分煙が一般的だが、取調室はこうした措置が取られておらず、容疑者や取調官が自分で持ち込んだたばこを吸うのは自由だった。禁煙措置は健康対策が目的だが、背景には取調官が容疑者にたばこを渡す便宜供与への懸念もあるようだ。大阪府警など既に取調室を禁煙にしている警察もあるが、全国的には取調室でたばこを吸える警察が多数派という。容疑者が愛煙家の場合、取り調べ途中に別の場所でたばこを吸う休憩時間を設けると、緊張感が途切れる心配があるほか「これまで容疑者や刑事には比較的スモーカーが多かった」(警視庁幹部)との事情もあった。しかし警視庁も執務室は禁煙で、たばこは一部の喫煙スペースで吸えるだけ。受動喫煙防止の観点から取調室の例外扱いをやめることにした。4月から全国の警察で始まる「取り調べ監督制度」では、取調官が自分のたばこを容疑者に渡して吸わせると、便宜供与とみなされる。こうした行為が起きないようにとの狙いもあるという。http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009020201000010.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆千葉・船橋市酒店店主殺害事件 店のレジに現金が残されていたことが判明(2日)

Logo1 千葉・船橋市の酒店で店主の男性が首などを刺され殺害された事件で、店のレジに現金が残されていたことが新たにわかった。この事件は1月30日午後7時すぎ、船橋市咲が丘の酒店で、店主の秋本敏男さん(65)が刃物のようなもので首などを突き刺され、殺害されているのが見つかったもの。秋本さんの手には、争った際にできるような傷があり、店内の数カ所に血痕が残されていて、秋本さんの入れ歯も落ちていたという。また、店内に目立った物色の跡はなく、レジには現金が残されていたことが新たにわかった。警察は2日、司法解剖を行うとともに、犯人に結びつく手がかりを慎重に探している。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00148603.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(2日)11件

“だまされたふりで逮捕を”

K10039078111_011 今月は、警察による振り込め詐欺の取締り強化月間です。神奈川県警察本部は、現金を手渡しでだまし取られる新たな手口に対抗する対策を本格的に進めます。犯人からの電話にだまされたふりをして逮捕を目指すもので、名付けて「だまされたふり作戦」。神奈川県警察本部では、防犯ボランティアの人たちに協力を求める会議が開かれました。会議には、神奈川県内の防犯ボランティアの団体の代表や警察官のOBなど160人が出席しました。警察によりますと、犯人に呼び出されるなどして現金を直接手渡しでだまし取らNews_pic1_2 れる被害が急増し、神奈川県内では、先月は31件と1日1件の頻度で起きています。こうした新たな手口に対抗するのが「だまされたふり作戦」です。犯人から電話があった場合、だまされたふりをして通報してもらい、逮捕を目指します。会議で警察の担当者は、犯人とわかってもすぐに電話を切らないようにと注意点を説明し、今後、息子や孫をかたる犯人には心配そうに声をかけることや、受け渡し場所をしっかりメモすること、それに「すぐには金が用意できない」と言って時間を稼ぐことなどを指導していくことにしています。出席者の1人、防犯ボランティアの男性の自宅には、先月、振り込め詐欺の電話がかかってきたことがあるということです。この男性は「相手を確かめようとしたら電話を切られてしまった。今度、電話があったら、だまされたふり作戦に協力して犯人を逮捕したい」と話していました。神奈川県警察本部の振り込め詐欺撲滅対策推進室の三橋義和室長は「振り込め詐欺は人の心を踏みにじる卑劣な犯罪だ。犯人を逮捕するだけでなく、警戒させて安易に犯行をさせないという被害の抑止にもつなげたい」と話しています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10013907811000.html

振り込め詐欺容疑4人逮捕  北海道警と愛知県警

通帳詐取容疑で39歳男逮捕

振り込め撲滅月間 対策強化へ

News_pic1_2あとを絶たない振り込め詐欺の被害を食い止めるため、警視庁は、今月を、去年10月に続く2度目の「振り込め詐欺撲滅月間」として、2日、金融機関や宅配業者などを集めた会議を開き、対策の強化を申し合わせました。東京・霞が関の警視庁で開かれた会議には、都内の金融機関や宅配業者などあわせて18の業界団体の代表が出席し、植松信一副総監が「振り込め詐欺の撲滅には社会の抵抗力を高め、犯行のリスクを高めていくことが肝要で、皆さんのいっそうの支援が必要です」とあいさつしました。東京都内では、対策が強化された去年10月以降、振り込め詐欺の被害が大幅に減りましたが、その後もあとを絶たず、先月の被害額はおよそ2億5000万円に上っています。特に、警戒が強化されたATMを避けて、宅配便などを装ったり利用したりして直接現金を受け取る「手渡し」の被害が急増していることから、会議では、宅配業者やバイク便業者は不審な依頼は断るなど、業界ごとに対策の強化を申し合わせました。警視庁は、バイク便などを装って犯行グループが現金を直接受け取りにくる場合は、ふだんは身代金目的の誘拐事件や立てこもり事件などの捜査に当たる「SIT」と呼ばれる特殊捜査チームを現場に出して検挙に当たる方針です。また、繁華街にあるATMには引き続き警察官を配置したり巡回させたりして、金融機関と協力して警戒に当たることにしています。警視庁は、取り締まりや対策の強化で、今月の被害を、去年10月の撲滅月間の半分に当たる100件未満に抑え込みたいとしています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10013929031000.html

ATM業者が振込詐欺防止

News_pic1_2振り込め詐欺の被害を防ごうと、ATM・現金自動預け払い機の保守点検業者が点検業務と並行してパトロールを行うことになり山形市で出発式が開かれました。この活動はATMの保守点検を行っている業者が2日から始めたもので、振り込め詐欺の被害を防ぐため、業務を行いながら、利用客が被害に遭っていないか見回ります。山形市内で開かれた出発式では、保守点検の業者を代表して、担当者が「金融機関や警察と連携して振り込め詐欺を防いでいきたいです」と決意表明しました。保守点検の業者は「振り込め詐欺防犯パトロール中」と書かれた腕章を着けて、通常の保守点検作業のほかに、ATMの前で携帯電話で話すなど被害にあっていると思われる人がいないか警戒します。被害にあっていると見られるケースに立ち会った場合は事情を聞いて、必要に応じて警察に通報することにしています。県警察本部によりますと、去年1年間に発生した振り込め詐欺の被害はおととしより47件多い139件で、54パーセントはATMから振り込んだものです。
県警察本部生活安全企画課の井上惠一課長は「利用客と接する機会の多い保守点検業者がパトロールをすることで、振り込め詐欺の被害の抑止効果を期待しています」と話していました。http://www.nhk.or.jp/yamagata/lnews/04.html

振り込め詐欺犯「警告」装置 熊本県警

News_pic1_2振り込め詐欺の被害を防ぐため、熊本県警察本部は、犯行に使われた電話番号に、自動的に電話をかけつづけ、犯人に警告をする装置を全国で初めて導入しました。熊本県警察本部が新たに導入した装置は、振り込め詐欺の犯行に使われた電話番号に、自動で20秒おきに電話をかけつづけ、犯人に対する警告のメッセージを流します。メッセージは、「こちらは熊本県警です。あなたのしている行為は罪です」という内容で、1台の装置で電話番号を200件まで登録することができます。全国の警察では、今月を、振り込め詐欺の取り締まりと被害防止の強化月間として、犯行に使われていることが確認できた電話番号に、警察官が集中的に電話をかけて警告するなどの対策にあたりますが、自動的に電話をかけつづける装置の導入は、全国で初めてだということです。熊本県内で、去年1年間に確認された振り込め詐欺の被害額は、あわせて2億3200万円あまりと、前の年よりおよそ50%増え、依然として被害があとを絶ちません。警察では、振り込め詐欺と思われる電話がかかってきた時には、相手から電話番号を聞き出したり、着信履歴に残った相手の電話番号を書き留めたりしたうえで、できるだけ早く警察に知らせてほしいと呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/kumamoto/lnews/02.html

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(2日)11件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆若麒麟を処分へ 解雇か除名か(2日)

News_pic1 大麻を隠し持っていた疑いで逮捕された大相撲の十両力士若麒麟について、日本相撲協会は、2日、理事会を開きますが、「解雇」か「除名」の厳しい処分となる見通しです。若麒麟については、31日、師匠の尾車親方が引退届けを提出しました。しかし、相撲協会の武蔵川理事長は「扱いについては、理事会に諮る」と述べ、2日、東京・両国の国技館で開かれる理事会で処分が協議されます。相撲協会では協会員の処罰について、除名、解雇、番付降下、出場停止、給与減額、けん責の6種類を定めています。去年の大麻問題の際には、元幕内力士の若ノ鵬など3人は、いずれも解雇処分を受けました。今回の若麒麟については、武蔵川理事長が「厳しい態度で判断を下したい」と述べているうえ、再発防止への取り組みを進めていたさなかでの不祥事ということもあり、「解雇」もしくは「除名」の厳しい処分が出される見通しです。「解雇」は理事会で決めることができる最も重い処分ですが、退職金が支払われることに相撲協会内には疑問の声も上がっています。一方、「除名」は理事会だけで決めることはできず、すべての親方や一部の力士や行司がメンバーの評議員会でメンバー全体の4分の3以上の特別な決議が必要となります。また、師匠の尾車親方も監督責任を問われ現在の「委員」からの降格処分となる見通しです。http://www3.nhk.or.jp/news/t10013911011000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆若麒麟の自室からメモ「大麻でパクられたら、リスク大きい」(2日)

       Yomiuri_koudoku1   大相撲十両力士の若麒麟真一(本名=鈴川真一)容疑者( 25)が大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕された事件で、神奈川県警が尾車部屋の若麒麟容疑者の自室から、「大麻でパクられたら(逮捕されたら)、リスクが大きい」などと書かれたノートを押収していたことが1日、わかった。 このノートの記述は2ページだけで、中に「9月」の文字もあった。若麒麟容疑者は、日本相撲協会が昨年9月に実施した抜き打ち大麻検査で陰性反応がはっきり出ず、2度の追加検査のうえ陰性と判断されており、県警が関連を調べている。県警は逮捕当日の1月30日深夜、東京都江東区にある尾車部屋を捜索した。捜査関係者によると、ノートは若麒麟容疑者の自室本棚にあった。B5判で、最初のページには、単語を羅列したラップの歌詞のような文章がつづられていた。次のページの上部には「ドーピング検査」と書かれ、その下に「大麻でパクられたら、リスクが大きい」などと鉛筆で走り書きされていた。2ページにわたるメモ書きの中に「9月」と記されている部分もあるという。筆跡は、部屋関係者が若麒麟容疑者のものと認めているという。大麻の入手先について、若麒麟容疑者は「六本木の路上で外国人から買った」と供述していることも判明。県警で捜査している。 ◇ 県警は1日午前、若麒麟容疑者と、一緒に逮捕されたミュージシャン平野力容疑者(30)を同容疑で横浜地検川崎支部に送検した。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090202-OYT1T00002.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆築地警察署前で水道管破裂? 道路水浸し(2日)

Banner_logo_051_3 2日午前零時15分ごろ、東京都中央区築地の警視庁築地署前の道路から、突然大量の水が噴き出した。同署や中央区によると、泥水が吹き上げ、水の流出が続いた。同署で土嚢(どのう)を積むなどして水の流入を防ぐ一方、署の前の道路を通行止めにした。水道管が破裂したらしい。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/218085/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆川崎市職員を殺人未遂容疑で逮捕 交際相手の51歳男性刺す(2日)

Banner_logo_051_2 神奈川県警は2日未明、交際相手の男性(51)をナイフで刺したとして、殺人未遂と銃刀法違反容疑で、川崎市の岡本太郎美術館学芸員で市職員の杉田真珠容疑者(43)=川崎市麻生区=を逮捕した。男性は命に別条はないが、重傷という。杉田容疑者は調べに「約4年前から男性と交際していた。刺した瞬間のことは覚えていない」などと供述。県警が詳しい動機や状況について捜査している。調べでは、杉田容疑者は1日午後3時50分ごろ、横浜市青葉区のコンビニの駐車場に止めた男性の軽自動車内で、ナイフで男性の胸などを数回、刺した疑い。杉田容疑者がコンビニの店員に伝え、店員が119番通報した。1日は男性の誕生日で、杉田容疑者が「お祝いをしたい」と言って呼び出し、合流したという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/218086/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆浅間山が噴火 噴煙の高さ300メートル(2日)

Banner_logo_051 気象庁は2日、同日午前1時51分ごろに浅間山群馬・長野県境、2568メートル)が噴火したと発表した。噴煙の高さは約300メートルで、人的な被害は確認されていない。直径50センチを超える噴石が、火口の半径約4キロに飛散する可能性があるという。今後大規模な噴火が連続して起きる可能性は少なく、居住地域には危険は及ばないとみられている。注意が必要とされる対象地域は、群馬県嬬恋村▽長野県小諸市▽同御代田町▽同軽井沢町。気象庁によると、浅間山では今年に入り、火山性地震がやや多い状態が続いていた。2月1日朝になって山頂直下が震源とみられる火山性地震が増えたほか、傾斜計で山がわずかに膨らむ変化が観測され、気象庁が同日、噴火警戒レベルをこれまでの「2」(火口周辺への立ち入り規制)から入山規制の「3」に引き上げていた。浅間山では昨年8月、ごく小規模な噴火が複数回発生。また、平成16年にも9~12月にかけ断続的に噴火して中規模な噴火が計4回観測され、火山灰でふもとの農作物に被害が出たほか、噴石が最長で2・7キロ飛んだとされる。噴火警戒レベルは気象庁が平成19年12月に導入したもので、レベル1の「平常」から5の「避難」までの5段階。浅間山では昨年8月以降、2が出されて登山道の立ち入り禁止措置が取られてきたが、3以上の発令は初めて。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/218111

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆暴力団の資金源封じで成果 大阪府警が排除通報を活用(2日)

Msn_s1_6 暴力団と密接な関係にある業者を公共工事などから排除するよう警察が自治体に通報する制度が、暴力団の「資金源封じ」の手法として成果をあげている。大阪府警は平成20年以降、立て続けに7件の排除通報を出し、組幹部とゴルフや贈答品をやりとりした業者が契約から締め出された。中には業者とのパイプを断ち切られ、資金源を失った暴力団が解散に追い込まれたケースもある。国内最大の指定暴力団、山口組(神戸市)は傘下組織に関係企業との贈答自粛の通達を出すなど影響が広がっている。暴力団をめぐる法整備や規制が年々厳しくされる中で、暴力団が資金源として一般の企業をターゲットにしているケースがみられることから、大阪府と府警は18年4月、「府暴力団等排除措置要綱」に基づいて通報制度をスタート。府警が「暴力団と関係が深い」と認定した業者を府に通報し、工事や業務委託などの契約から対象業者を締め出す仕組みをつくった。従来、公共工事に限定した排除規定はあったが、大阪のように業務委託を含めた全分野対象の取り組みは当時全国初で、19年以降、府警は大阪市や国土交通省とも連携を始めた。警察庁によると、同様の規定を設けているのは宮城や埼玉、愛知県のほか京都、広島市などに拡大している。府警の通報件数は18年2件、19年1件と思うように増えなかったが、20年は6件と急増。21年もすでに1件を通報し、排除対象は計16社に上った。主な理由は、組長とゴルフ▽組長親族への結婚祝い▽組長と温泉旅行に同行-など。今年1月26日には、組事務所へコメ90キロを送っていた大阪市内の業者が通報された。府警によると、暴力団側への打撃は大きく、昨年10月に通報された和泉市内の建設会社のケースでは、親交のあった暴力団が同年末に解散に追い込まれた。府警は解散理由として、「会社の資金提供がなくなったことが一因」と分析している。また排除通報された業者は他の自治体でも入札の指名業者から外されたり、銀行融資や取引を停止されたりするなど深刻な影響を受けており、複数の業者が倒産したという。資金源の減少に発展する排除通報を山口組も警戒。昨年6月には、暴力団幹部と盆暮れの贈答品をやりとりしていた建設会社が通報を受けたことから、山口組本部から傘下の組に、関係企業との贈答を自粛するよう通達が出されたという。府警幹部は「たとえコメ代でも暴力団に流れることは許さない。暴力団と付き合うだけで会社がつぶれるという流れを徹底していく」と話している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090201/crm0902012205015-n2.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆胸ポケットの携帯爆発! 男性が即死(2日)

Banner_logo_051_6 中国広東省のパソコンショップで1月30日夜、男性店員が胸ポケットに入れていた携帯が突然爆発し、店員は死亡した。同31日付の地元各紙が報じた。爆発の原因は明らかになっていないが、店員は最近、携帯の電池を交換していたという。中国では安価で粗悪な携帯や電池が出回っており、爆発事故が多発。今回のように死亡するケースも相次いでいる。
広州日報など中国の地元各紙によると、広東省の省都、広州市の中心部にあるパソコンショップで1月30日午後7時半ごろ、大きな爆発音がした。店の入り口近くで20歳前後の男性店員が倒れており、首からおびただしい血が流れていた。左胸ポケットに入れていた個人用の携帯電話が勤務中にいきなり爆発し、飛び散った破片が首を直撃。頸動脈を切断したとみられる。即死だった。同僚によると、店員は携帯の電池を最近交換したばかりだった。携帯や電池のメーカーは分かっていない。警察当局が事故原因を調べている。中国国内では2002年から07年にかけて携帯電話の爆発事故が、広州市で起きた07年の2件(ともに重傷)を含め少なくとも8件発生。このうち、07年6月に甘粛省の工場で作業員が上着の胸ポケットにいれていた携帯が爆発、死亡した事故では、海賊版の充電池が爆発の原因だった。この充電池の製造コストはわずか2元(約26円)程度だったという。中国では、正規品の10分の1程度で購入できる粗悪な携帯や電池が大量に流通。こうしたニセ電池に関しては爆発や着火の危険性が高いことが指摘されており、社会問題化している。 当局は基準値以下の製品を販売停止処分にしたりしているが、“いたちごっこ”らしい。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/218017

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月1日 | トップページ | 2009年2月3日 »