« ☆40数カ所の傷、妻「思い当たらない」 中大教授刺殺(16日) | トップページ | ☆パナソニック家電工場に爆破予告、従業員250人避難(16日) »

2009年1月16日 (金)

☆西松建設社長を参考人聴取 東京地検特捜部、裏金めぐり(16日)

Logo3_2 準大手ゼネコン「西松建設」(東京)の裏金事件を捜査している東京地検特捜部が15日、同社の国沢幹雄社長(70)を参考人として任意で事情聴取したことが、関係者の話でわかった。同社の裏金は本社の中枢部門の「管理本部」が統括しており、国沢社長も管理本部長経験があることから、特捜部は、裏金作りに関する認識の有無などについて説明を求めた模様だ。 特捜部は14日、海外から06~07年に計7千万円の裏金を税関手続きを経ないまま不正に日本に持ち込んだとして、海外担当だった元副社長の藤巻恵次容疑者(68)ら4人を外国為替及び外国貿易法(外為法)違反容疑で逮捕した。外為法では、従業員に対する会社の監督責任を問う両罰規定があり、その適用を検討する上でも、国沢社長を聴取したものとみられる。関係者によると、同社では過去5年間に下請け業者から工事費の一部を還流させるなどの手法で国内で10億円以上、海外で約10億円の裏金を作っていたとされる。裏金作りは国内分が15年以上前から、海外分が93年以降から始まったとみられている。裏金作りを統括し、その引き出しなどを指示していたのは経理や総務を担当する本社の「管理本部」で、国沢社長は95~03年に同本部長を務めていた。外為法違反容疑で逮捕された藤巻元副社長はその後任だった。国沢社長は61年4月に入社。総務部長、経営企画部長などを経て、99年に副社長、03年6月に社長に就いた。 http://www.asahi.com/national/update/0115/TKY200901150296.html

« ☆40数カ所の傷、妻「思い当たらない」 中大教授刺殺(16日) | トップページ | ☆パナソニック家電工場に爆破予告、従業員250人避難(16日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/43754268

この記事へのトラックバック一覧です: ☆西松建設社長を参考人聴取 東京地検特捜部、裏金めぐり(16日):

« ☆40数カ所の傷、妻「思い当たらない」 中大教授刺殺(16日) | トップページ | ☆パナソニック家電工場に爆破予告、従業員250人避難(16日) »