« ☆自殺:留置場トイレで首つり 58歳被告死亡 和歌山(2日) | トップページ | ☆石川・白山市で後片付けをしなかったことに腹を立て父親に暴行を加え死亡させた息子逮捕(2日) »

2009年1月 2日 (金)

☆子どもに野菜送り続けた母 帰省でにぎわった一家 富山県警が現場検証へ(2日)

Msn_s1 息子や娘の家族九人が集まった元旦に火災で亡くなったとみられる富山県南砺市の渡辺花子さん(78)は、一人暮らしで畑作業をしながら作った野菜を子ども4人に送っていた。最近は孫の成長を楽しみにしていたという。「息子の仕事や孫の学校の話を本当にうれしそうにする人。わたしら年取れば、子どもや孫の成長が本当に楽しみだから。(火事は)残念だ」と近所の山崎忠孝さん(78)。渡辺さんは10年以上前に夫を亡くした後も熱心に畑仕事をし、リヤカーを引いている姿が見かけられた。道で会うと孫たちの話で尽きず、年末年始には帰省した孫らでにぎやかだったという。東京都町田市から帰省中だった次男、欣治さん(52)は妻、麻理子さん(52)らと5人家族。近所の主婦(43)は「麻理子さんは明るくて世話好き。実家から野菜が届くと配ってくれたのに」と表情を曇らせた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/090101/dst0901012209010-n1.htm

居間付近を中心に現場検証へ

News_pic1_5 富山県南砺市で、1日、住宅1棟が全焼し6人が死亡した火事で、警察は、亡くなったのはこの家に住む78歳の女性と帰省中だった女性の家族とみて確認を進めるとともに、最も激しく燃えていた1階の居間付近を中心に2日も現場検証をして火事の原因を調べることにしています。この火事は、1日午前5時すぎ、富山県南砺市吉見の無職、渡邉花子さん(78)の木造2階建ての住宅、395平方メートルが全焼したもので、焼け跡から男女6人の遺体が見つかり、ほかの4人が重軽傷を負いました。警察の調べによりますと、渡邉さんは独り暮らしで、正月休みを利用して東京や茨城などから渡邉さんの長女と次男、それに三男の家族あわせて9人が訪れていたということです。火事のあと、渡邉さんのほか、次男の一家4人と三男の妻のあわせて6人と連絡が取れなくなっていることから、警察は、亡くなったのはこの6人とみて引き続き確認を進めています。また、これまでの調べによりますと、住宅の1階の居間付近が最も激しく燃えていて、居間からはファンヒーターと電気カーペット、それにこたつの3つの暖房器具が見つかっているということです。警察は、2日も朝9時半から現場を詳しく検証するとともに、けがをした家族からも話を聞いて火事の原因を調べることにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10013325231000.html

« ☆自殺:留置場トイレで首つり 58歳被告死亡 和歌山(2日) | トップページ | ☆石川・白山市で後片付けをしなかったことに腹を立て父親に暴行を加え死亡させた息子逮捕(2日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆自殺:留置場トイレで首つり 58歳被告死亡 和歌山(2日) | トップページ | ☆石川・白山市で後片付けをしなかったことに腹を立て父親に暴行を加え死亡させた息子逮捕(2日) »