« ☆“金正男氏”が訪中「後継者は父が決める」(24日) | トップページ | ☆「オヤジ狩り」高1少年2人逮捕 「数件やった」(24日) »

2009年1月24日 (土)

☆回収ギョーザ、中国で中毒 日本出荷中止で国内配布 (24日)

Head_logo1_2 【北京=平岩勇司】中国製ギョーザ中毒事件で、製造元の「天洋食品」(河北省石家荘市)が倉庫に保管していたギョーザが昨年4月から6月にかけ、河北省唐山市の鉄鋼メーカー「唐山鋼鉄」に配布され、食べた従業員が中毒症状を訴えていたことが分かった。同社関係者が24日、明らかにした。昨年1月に日本で農薬メタミドホスが混入した天洋食品製のギョーザによる食中毒事件が発覚した後、同社が日本に出荷できず、中国国内で回収したギョーザが大量に横流しされたものとみられ、ずさんな管理体制が浮かび上がった。また中国当局は日本側に通報しておらず、解決に向けた協力姿勢が問われそうだ。唐山鋼鉄社員によると、天洋食品製ギョーザは「福利厚生の一環」として、数千人の従業員に無料で配布された。しかし、複数の従業員が下痢など激しい腹痛を訴え、唐山鋼鉄は「ギョーザを食べないように」と社員に通達、商品を回収したという。同社の男性社員(35)は「同僚がギョーザを食べて体調を壊した。社内で問題になった後、日本で事件が起きたギョーザだと知った。そんな商品を配るなんて」と憤った。中国筋によると、中国で昨年6月に起きた別の中毒事件は、河北省承徳市の「承徳鋼鉄」従業員らが被害者と判明。同社は唐山鋼鉄とグループ関係にあり天洋食品製ギョーザが一括して横流しされたようだ。同社工場周辺の住民も「昨年1月以降にギョーザが無料で配られた」と証言している。 食中毒が起きる危険性のある商品が大量に出回った実態に、中国の「食の安全」に対する意識があらためて問題になりそうだ。(中日新聞)http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009012490161246.html

« ☆“金正男氏”が訪中「後継者は父が決める」(24日) | トップページ | ☆「オヤジ狩り」高1少年2人逮捕 「数件やった」(24日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

ご訪問ありがとうございます。「毒入り」は認めていないのですよね。日本に出た同じギョウザを社員に分けてやり、みんながそれを食べたのに問題はなかったと言っているので、ひとつの責任回避ですよ。それでも「大国」ですから…世界は広いですね。いずれまた。

投稿: 危ないデカ | 2009年1月25日 (日) 午後 12時30分

■中国製ギョーザ、省政府が横流し斡旋 新たな中毒も-あきれた管理体制、革命でもおきない限りこの体質は直らない!!
こんにちは。中国の毒ギョーザを巡る一連の動きをみていると、非常に管理体制が杜撰であることがわかります。この様子だと、結局毒ギョーザの件はうやむやにされると思います。しかし、今回の出来事で、中国側で毒が混入されたのは、ほぼ間違いないと思います。しかし、このような事件をみるにつけ、毒ギョーザが問題なのではなく、根本は、現代中国の体制そのものに問題があるのだと思います。それを直さない限り、毒ギョーザのような事件はこれからも起こり続けます。過去の悠久の歴史からみて、中国はこのへんで、中央集権ではなく、いくつかに分裂して、新たな体制を模索した方が、最も良いことなのではないかと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年1月25日 (日) 午前 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆回収ギョーザ、中国で中毒 日本出荷中止で国内配布 (24日):

« ☆“金正男氏”が訪中「後継者は父が決める」(24日) | トップページ | ☆「オヤジ狩り」高1少年2人逮捕 「数件やった」(24日) »