« ☆ATM盗:パトカーに追跡され車衝突、運転の男死亡 茨城(10日) | トップページ | ☆走行中にドア開き緊急停止 東海道新幹線、いたずらか(10日) »

2009年1月10日 (土)

☆偽旅券求めトルコ→ギリシャ→オランダ→スペイン… 4カ国経由で不法入国 覚醒剤密売イラン人「日本はもうかる」(10日)

Msn_s1_3 大阪市内の住宅街で、イラン人の男が大量の覚醒(かくせい)剤などを密売していた事件で、逮捕・起訴されたイラン国籍のアリ・レザ・ジャムシディ被告(31)が、来日するために欧州の複数の国を経由して入国していたことが10日、近畿厚生局麻薬取締部の調べで分かった。日本とイランの間では現在、相互のビザ免除措置が停止中で、正規旅券でも入国審査が厳しく、ジャムシディ被告はビザ免除国の偽造旅券を求め、複雑なルートをたどったとみられる。ジャムシディ被告は「日本に行けば薬物の密売でもうかると聞き、お金を稼ぐために来た」と供述。イランに妻と2歳の子供を残しての密入国で、捜査関係者は「失敗や危険を冒しての入国。日本での密売がいかに魅力的か示している」と警戒を強めている。調べでは、ジャムシディ被告は昨年8月上旬にイランを出国後、トルコ、ギリシャ、オランダ、スペイン、オランダの延べ5カ国を経て9月4日に成田空港に到着。約1週間後には大阪市東成区内で密売を始め、2カ月で約6300万円を売り上げた。供述によると、イランからトルコへは正規旅券で出国。トルコでイラン人旅券ブローカーに正規旅券を預けた後、モーターボートで海上からギリシャへ密入国を図ったという。ギリシャでは国境警備隊に見つかって銃撃を受け、身柄を拘束された。しかし、アフガニスタン人を名乗ったため「難民」として釈放されたという。その後、ギリシャのイラン人ブローカーから写真を張り替えた英国籍の偽造旅券を入手し、日本に密入国していた。ジャムシディ被告は2007年11月ごろにも日本への密入国を試みて、失敗。この時はアイルランド国籍の偽造旅券でマレーシア、中国・マカオを経由する東南アジアルートで入国予定だったが、隠していた正規旅券をマカオの入管当局に見つかり、断念したという。日本とイランの間では1992年4月から相互のビザ免除措置が停止中のため、ビザ発給には時間がかかるといい、ジャムシディ被告が入手した偽造旅券はいずれも日本への短期滞在にビザが免除される国のものだった。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090110/crm0901101339012-n2.htm

« ☆ATM盗:パトカーに追跡され車衝突、運転の男死亡 茨城(10日) | トップページ | ☆走行中にドア開き緊急停止 東海道新幹線、いたずらか(10日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/43696264

この記事へのトラックバック一覧です: ☆偽旅券求めトルコ→ギリシャ→オランダ→スペイン… 4カ国経由で不法入国 覚醒剤密売イラン人「日本はもうかる」(10日):

« ☆ATM盗:パトカーに追跡され車衝突、運転の男死亡 茨城(10日) | トップページ | ☆走行中にドア開き緊急停止 東海道新幹線、いたずらか(10日) »