« ☆押収の服、世田谷で捜査員追跡時に酷似 ホームレス襲撃(4日) | トップページ | ☆気象庁、津波注意報を全面解除 磯釣りなどに注意(4日) »

2009年1月 4日 (日)

☆ホームレス襲撃男、供述一転「石田大橋知っている」 血液DNA鑑定へ☆夜になると頻繁に外出(4日)

Banner_logo_051_6 東京都国立市の多摩川河川敷で昨年6月、ホームレスの男性(64)が頭を殴打された殺人未遂事件で、高本孝之容疑者(36)が警視庁府中署捜査本部の調べに対し、「(現場河川敷にかかる)石田大橋は知っている」と供述していることが4日、分かった。周辺の防犯カメラに高本容疑者と似た男が142222_t801 自転車で逃走する姿が映っていたことについては「私が行ったということでしょう」と供述しているという。高本容疑者は当初、「逮捕状に書いてあることはむちゃくちゃだ。石田大橋なんて知らないし、行ったことない」と供述していた。容疑は依然、否認しているという。捜査本部は高本容疑者の自室から微量の血痕が付着したジャンパーやシャツを押収。2日に捜査員が追跡していた際の高本容疑者のジャンパーと酷似しており、世田谷区の東名高速高架下で殺害されたホームレス男性の周りに血痕が飛び散った跡があることから、捜査本部はDNA鑑定を行い、男性の血液との照合を進める。捜査員は男性の遺体を発見する直前、高本容疑者が現場近くの高架沿いに自転車を止め、フェンスに囲まれた高架下に侵入するのを確認。高本容疑者に見つからないよう身を隠したところ、姿を見失ったという。捜査本部は、男性を殺害した凶器が捨てられている可能性もあるとみて、周辺の道路や河川敷を捜索している。高本容疑者が入所する知的障害者施設の関係者によると、高本容疑者は昨年3月、ホームレス襲撃事件が報道されたとき、スタッフに「無宿とはどういうことか」と質問したことがあったが、特に変わった様子はなかった。今月1日には父親と会うために出かけたが、2日に「怒られた」と施設に帰ってきた。午後9時ごろに捜査員が高本容疑者を訪ねてきて、「どこに行っていた」と質問。高本容疑者は「買い物に行った」と答えたが、さらに「他にも行ったよな」と聞かれ、「行ってません」と声を荒らげたという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/209580

頻繁に深夜外出 関連を捜査

News_pic1_4 東京・国立市で路上生活をしていたホームレスの男性が襲われた事件で、逮捕された男は、生活していた施設から深夜に頻繁に外出していたことが警視庁や関係者への取材でわかりました。ホームレスが襲われる事件が相次いだ多摩川周辺に行ったこともあったということで、警視庁は、一連の事件との関連を捜査しています。この事件は去年6月、東京・国立市の多摩川の橋の下で、ホームレスの男性が頭を殴られてけがをしたもので、警視庁は殺人未遂の疑いで逮捕した東京・多摩市の高本孝之容疑者(36)の身柄を4日朝、検察庁に送りました。警視庁によりますと、高本容疑者は、現場の橋の下には「行ったことがある」と供述していますが、容疑は否認しているということです。高本容疑者は、多摩市にある施設で生活していましたが、警視庁によりますと、捜査員が高本容疑者の行動を確認し始めた先月以降、たびたび深夜に1人で自転車に乗って施設から外出していたということです。行った場所の中には、去年3月以降、ホームレスが襲われる事件が相次いだ場所に近い多摩川周辺の高速道路の高架下なども含まれていたということです。高本容疑者が働いていたリサイクルショップの施設長は「彼が自転車で夜にふらっと出かけることは頻繁にあり、やめるよう繰り返し指導していた」と話しています。警視庁は、施設の関係者から事情を聞くなどして一連の襲撃事件前後の高本容疑者の行動を詳しく調べ、事件との関連を調べていますhttp://www3.nhk.or.jp/news/t10013350761000.html

« ☆押収の服、世田谷で捜査員追跡時に酷似 ホームレス襲撃(4日) | トップページ | ☆気象庁、津波注意報を全面解除 磯釣りなどに注意(4日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆押収の服、世田谷で捜査員追跡時に酷似 ホームレス襲撃(4日) | トップページ | ☆気象庁、津波注意報を全面解除 磯釣りなどに注意(4日) »