« ☆差し押さえ“禁制品”ネット売却に「待った」、戸惑う自治体(25日) | トップページ | ☆点滴混入事件、見え隠れする「代理ミュンヒハウゼン症候群」(25日) »

2009年1月25日 (日)

☆汚染米転売:浅井社長を来月にも立件 不正転売の疑い(25日)

Logo_mainichi1 接着剤製造会社「浅井」(名古屋市瑞穂区)の汚染米転売事件で、愛知・三重両県警合同捜査本部は2月上旬にも浅井利憲社長(56)を食品衛生法違反(規格外食品の販売)容疑で立件する方針を固めた。汚染米は浅井から米穀仲介業「ノノガキ穀販」(三重県四日市市)を通じ食用として転売され、この過程で利ざやを得た会社があった疑いもあり、詐欺容疑での立件も視野に全容解明を進める。捜査本部の調べでは浅井社長は07年初めから夏ごろにかけ、有機リン系殺虫剤メタミドホスに汚染された中国産もち米570トンが食用に使われると知りながら、ノノガキ穀販に不正に転売した疑いが持たれている。捜査本部は今月を含めこれまで浅井社長から複数回、任意で事情聴取した。捜査本部によると、浅井社長は「非食用として販売した。食用に使うとは思わなかった」と容疑を否認しているというが、米穀仲介業者に転売していることから食用の認識はあったとみて、立件できると判断した。農林水産省によると、この米は工業用のりの原料に使うことを条件に、浅井社長が06年12月~07年5月、5回に分けて政府から購入。ノノガキ穀販を通じて菓子製造業や米穀卸業など4社に転売され、ノノガキ穀販を含め少なくとも22社と畜産農家などに流通した。【福島祥、岡大介】http://mainichi.jp/select/today/news/20090125k0000m040109000c.html

« ☆差し押さえ“禁制品”ネット売却に「待った」、戸惑う自治体(25日) | トップページ | ☆点滴混入事件、見え隠れする「代理ミュンヒハウゼン症候群」(25日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/43847237

この記事へのトラックバック一覧です: ☆汚染米転売:浅井社長を来月にも立件 不正転売の疑い(25日):

« ☆差し押さえ“禁制品”ネット売却に「待った」、戸惑う自治体(25日) | トップページ | ☆点滴混入事件、見え隠れする「代理ミュンヒハウゼン症候群」(25日) »