« 2009年1月25日 | トップページ | 2009年1月27日 »

2009年1月26日

2009年1月26日 (月)

★警視庁管内 体感治安レベル2

  首都東京の体感治安(27日)
             (単位・レベル)

  2    天網恢々疎にして漏らさず

【解説】タクシー強盗、コンビニ強盗からホテル

の強盗など今年に入って強盗事件が多すぎる。

ネットに「新聞・雑誌記事横断検索」がある。

朝日、毎日、読売、産経などの全国紙から共同

などの通信社、中日、北海道新聞など地方紙、

農業新聞、経済新聞など94紙とNHKの1月1

日から25日まBye1で扱った強盗事件に関する記事

は実に562 件にも登った。最も多かったのは読売新聞の99件、朝日新聞の80件、毎日新聞67件などと続く。新しいニュースでは23日鹿児島のホテルで発生した強盗事件で、もちろん事件が多く発生すれば対策報道など続報も多い。強盗事件は放火や強姦事件と合わせて凶悪事件に入り、発生すれば数字的治安ばかりか体感治安を悪化させる。特に昨年末からタクシー強盗事件が続発したのに続き、今年に入るとコンビニ強盗など不況を反映した事件が多くなっている。心配の種である。都圏の体感治安は三鷹市で昨年11月に続き1月18日にもコンビニ強盗があったものの「レベル2(あお)」の現状維持とする。栃木県内で「警察官を騙る詐欺」事犯が相次いでいるのが気がかりだ。「日本列島 本日の振り込め詐は欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは3件。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。

147815_c1851_3 警官装い200万円詐取、男の似顔絵を公開 栃木県警

宇都宮市の無職女性(63)が23日、栃木県警の警察官を装った男から電話を受け、自宅を訪れた男にキャッシュカードを渡し現金約200万円を引き出された。宇都宮東署は詐欺事件として、カードを受け取りに来た男の似顔絵を公開した。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆隣人女性殺害 被告に死刑求刑(26日)

News_pic1_2 東京・江東区のマンションで2つ隣の部屋に住む女性を殺害した罪などに問われている男の裁判で、検察は「被害者の人格を踏みにじる過去に例をみない残虐で悪質な犯行で、命で償わせるしかない」として死刑を求刑しました。元プログラマーの星島貴徳被告(34)は去年4月、東京・江東区のマンションで、2つ隣の部屋に住んでいた会社員の東城瑠理香さん(当時23歳)を自分の部屋に連れ込んで殺害し、遺体を切断した罪などに問われています。東京地方裁判所で開かれた裁判で検察は「被害者を殺害しただけでなく、遺体を切断してトイレに流した犯行は、人を人とも思わない被害者の人格を踏みにじるもので、過去に例をみないほど残虐で悪質だ」と厳しく非難しました。そのうえで「見つかった遺体はわずかで遺族の悲しみやつらさは図り知れず、被害者の死を今も受け入れられないでいる。星島被告に更生は期待できず、命で償わせるしかない」として死刑を求刑しました。これに対し弁護士は、当初から殺害まで計画していたわけではなく、深く反省しているとして死刑にはせず、生涯をかけて被害者のめい福を祈らせるべきだと訴えました。最後に、裁判長から言いたいことがないか聞かれた星島被告は「死刑でおわびさせていただくしかないと思います。どうしてこんなひどいことをしたのか一日も早く執行してください」と述べました。法廷での審理は26日で終わり、裁判長は慎重に判断したいという理由から判決を当初の予定より1週間延期して来月18日に指定しました。http://www3.nhk.or.jp/news/t10013774671000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆詐欺:うつ病装い傷病手当金5500万円 3容疑者逮捕(26日)

Logo_mainichi1 うつ病を装い健康保険の「傷病手当金」をだまし取ったとして、秋田など5道県警の共同捜査班は26日、札幌市豊平区西岡2の12、貴金属製造販売会社「アクア」代表、佐野剛容疑者(41)ら3人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。捜査班は、佐野容疑者が青森や宮城、東京などに実体のない支店を設け、知人らをアクア社支店長などに任命。うつ病と誤診させるための「マニュアル」を作り、同様の手口で計約5500万円をだまし取ったとみて追及している。他に逮捕されたのは佐野容疑者の知人で札幌市東区北15東14、無職、七尾龍也容疑者(28)と同居する接客業アルバイト、海藤あかね容疑者(25)。逮捕容疑は、3人は共謀して、実態のない秋田支店長として七尾容疑者が働いたように装い、08年5月上旬、秋田社会保険事務所に、うつ病を装って得た医師の診断書などを提出。月給115万円を得ていたなどと虚偽の報告をして、傷病手当金約66万円をだまし取ったとしている。七尾、海藤両容疑者は容疑を認めているが、佐野容疑者は否認している。秋田県警などによると、秋田支店はアパートの一室で人の出入りはなく、七尾容疑者は報酬として十数万円を受け取っていた。さらに、佐野容疑者はうつ病と誤診させて診断書を取るためのマニュアルを作り、七尾、海藤両容疑者に「うつ病とは何か」「うつ病患者に見られるための対応」などを説明していたという。また札幌市に本社を置くア社は、秋田の他に▽青森▽宮城▽福島▽栃木▽東京--に支店があるが、いずれも実体はなかったとみられる。佐野容疑者は知人ら計22人を支店長などに雇用。06年2月から08年10月にかけ、19人がうつ病と診断され、計約5500万円の傷病手当を受け取っていたという。海藤容疑者も福島支店長だった08年にうつ病と診断され、ア社名義の口座に計数百万円が振り込まれていた。傷病手当金は、国民健康保険を除く健康保険の被保険者が病気やけがで連続3日以上会社を休んだ場合、4日目以降について支給される。支給額は日給の3分の2が基本。【坂本太郎、大谷津統一】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090127k0000m040089000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中国人ドロを空き巣に送迎…堺のタクシー運転手を逮捕(26日)

Yomiuri_koudoku1_5 中国人窃盗グループのメンバーらを空き巣狙いの“仕事場”の住宅地まで、タクシーで送迎していたとして、奈良県警生駒署が、堺市のタクシー会社に勤務していた運転手中嶋修(61)、山田博之(65)両容疑者を窃盗ほう助などの疑いで逮捕したことがわかった。2人は「不況で売り上げが少なく、生活が苦しかった。大阪、兵庫、奈良で送り迎えした」などと供述、タクシー料金に報酬を加え、1回あたり数万円を受け取っていたという。窃盗グループが犯行中、見張り役を務めたこともあるといい、同署は約100件の余罪があるとみて追及している。捜査関係者によると、中嶋容疑者らは、昨年10月、中国人窃盗グループ数人をタクシーで送迎、同県生駒市内の女性方から手提げかばんなど(約7万円相当)を盗むのを手助けしたなどの疑いが持たれている。この窃盗事件があった日に、同市内にいた不審な中国人の男1人に同署員が職務質問し、入管難民法違反の疑いで逮捕。その後、窃盗グループのメンバーとわかり、目撃情報などから、タクシーを移動手段としていたことが判明し、2人を逮捕した。2人は窃盗グループから連絡を受けて迎えに行き、盗みに入っている間、犯行現場近くで客待ちを装って待ち、犯行後、再びグループのメンバーを乗せて送っていたという。中嶋容疑者は「待っている間は、車内で家人が帰って来ないか、見張っていた」と話している。2人は「100回くらい送迎したが、不審に思われたことは一度もなかった」などと供述。捜査関係者は「タクシーで移動すれば、職務質問や検問などに引っかかる危険性は少なく、住宅街にタクシーが止まっていても、不審に思われにくい」と話している。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090126-OYT1T00596.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

セルフGS窃盗団 犯行30秒、時速200キロで逃走(26日)

Logo3_3 大阪、京都、奈良の3府県で、未明のセルフ式ガソリンスタンド(GS)の精算機がこじ開けられ、売上金が盗まれる被害が相次いでいる。3府県警によると、年末からの発生は計25件。被害額は判明している分だけで140万円以上にのぼる。大阪府警は複数の店で防犯カメラに映った白い車とよく似た車を大阪府内で押収。乗っていたグループの行方を追うとともに、GSなどに対策を求めているが、安さを売りにしているセルフ式だけに、防犯のためのコスト増に消極的な声もある。2日午前6時39分、大阪府松原市のセルフ式GS。白いスポーツ型セダンが給油機の隣で止まり、助手席側ドアから目出し帽をかぶった男2人が降りた。1人は周囲をうかがっている様子。もう1人はバールのような工具を使い、精算機の売上金が入っている部分をこじ開けた。2人は現金を取り出すと、すぐ車を急発進させた――。  同店の防犯カメラがとらえた犯行の様子だ。犯行時間は2分16秒で、持ち去った現金は約12万7千円。 3府県警によると、GSを狙った同様の事件は、大阪で昨年12月30日~今月6日に計18件▽奈良では12月31日、1月5日に計2件▽京都では5~8日に計5件それぞれ起きた。いずれも客が途絶える未明から早朝に発生。セルフ式GSにはこの時間帯は防火管理者ら従業員がわずかしかいないことを知ったうえで犯行に及んでいると大阪府警はみており、事件後、防犯講習を実施するなどして対策を呼びかけている。大阪府警が調べたところ、複数の店の防犯カメラに白いスポーツ型セダンに乗った3~4人の男らの姿が映っていた。現場周辺で似た車が時速約200キロで走行しているのも確認されたことなどから、同一グループが少なくとも20件前後に関与しているとみられる。大阪府警は1月、カメラに映っていたのとよく似た白い車が大阪府四條畷市で放置されているのを見つけ、押収。盗難届が出ていたという。 犯行時間は30秒~2分余りで、捜査幹部は「徐々に手慣れて短くなっているのではないか」と言う。大阪府警は、セルフ式GSのパトロールを強化するとともに、精算機メーカーにも対策を要請。NECインフロンティア(東京都)は、「鍵を強固にし、こじあけられてもどこに現金があるかわからないよう改良を進めている」という。しかし、あるGS経営者は「経費削減でセルフ式GSが増えているのだから、コストのかかる新機種導入や人員増加は進まないのではないか」と話す。(後藤洋平)http://www.asahi.com/national/update/0126/OSK200901260057_01.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆弾抜くの忘れ…巡査が訓練で実弾誤射(26日)

Banner_logo_051_8 26日午前9時ごろ、千葉県柏市松ケ崎の県警柏署の5階道場で、男性巡査(27)が射撃訓練中に実弾1発を誤射した。弾は約10メートル先の壁に当たった。けが人はなかった。県警によると、巡査は同僚4人と月末に開かれる県警主催の拳銃射撃競技大会に向け、実弾を装填(そうてん)していない状態で的に向けて拳銃の引き金を引く「空撃ち」と呼ばれる訓練をしていた。巡査は同日午後に予定されていた射撃訓練に備え、午前8時ごろ実弾5発を装てんした。だが急遽(きゅうきょ)、署内で「空撃ち」訓練を行うことになり、集合に遅れたため弾を抜くのを忘れたという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/215985/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆歌舞伎町でバカラ賭博、経営者ら16人を逮捕(26日)

Banner_logo_051_7 東京都新宿区歌舞伎町のビルにカジノを開き、客にトランプゲーム「バカラ」をさせていたとして、警視庁保安課などは賭博場開帳図利の現行犯で、歌舞伎町のカジノ「VENETIAN」経営者、福岡直樹容疑者(43)=港区=と同店責任者、福田龍雄容疑者(44)=千葉県松戸市=を逮捕した。また、同幇助(ほうじょ)の現行犯で従業員の男女9人を、賭博の現行犯で客の男女5人を逮捕した。調べでは、福岡容疑者らは24日午後3時ごろ、賭博場を開いて客にバカラをさせ、賭け金の一部を徴収していた。同店は昨年12月に営業を始め、1カ月間で約6000万円の利益を得ていた。看板は出していなかったが、1日25~30人の客が訪れていたという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/216010/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆民家の屋根で警官とにらみ合い 刃物男を逮捕(26日)

Banner_logo_051_6 26日午後1時50分ごろ、札幌市中央区の路上で、刃物を持った男が警察官に取り押さえられた。現場はマンションや雑居ビルが並ぶ一角。男と警察官らがにらみ合いとなり、現場に規制線が張られるなど一時、物々しい雰囲気となった。中央署は住居侵入の現行犯で、自称・札幌市豊平区豊平八条、無職、田村敏秋容疑者(45)を逮捕した。調べでは、同日正午すぎ、警察官が被害届が出ていた盗難車を市内の交差点で発見。追跡後、停車した病院の敷地内で、運転していた田村容疑者を職務質問したところ、田村容疑者は逃走、民家の屋根に上った疑い。その後、自分の首に登山用ナイフを当てて「死ぬぞ」と騒いだが、約1時間20分後、警察官の説得に応じて投降した。中央署は盗難車についても詳しく事情を聴いている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/216017/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「夫婦げんかやめないので」 自宅に放火した息子を逮捕(26日)

Banner_logo_051_5 埼玉県警西入間署は26日、現住建造物等放火の現行犯で、鳩山町赤沼の放送大学4年、矢田尚吾容疑者(23)を逮捕した。調べでは、矢田容疑者は26日午後0時10分ごろ、自宅2階の自分の部屋のベッドに灯油をまいて火をつけ、木造2階建て住宅約95平方メートルを半焼させた。矢田容疑者は5人家族。事件当時、4人が家にいたが、外へ逃げて無事だった。矢田容疑者は「両親が夫婦げんかをし仲裁に入ったが、やめなかったので頭にきた」と供述しているという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/216049/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中学教師が買春の疑いで逮捕(26日)

News_pic1 茨城県ひたちなか市にある中学校の教諭の男が、出会い系サイトを通じて知り合った高校1年生の女子生徒に、現金を渡してわいせつな行為をしたとして、警察に逮捕されました。
逮捕されたのは、ひたちなか市の勝田第二中学校の教諭、齋藤広志容疑者(47)です。警察の調べによりますと、齋藤教諭は去年10月、茨城県土浦市のホテルで、携帯電話の出会い系サイトで知り合った高校1年生の15歳の女子生徒に、現金2万円を渡して、わいせつな行為をしたとして、児童買春禁止法違反の疑いが持たれています。警察によりますと、この女子生徒が被害にあった別の事件の捜査の過程で、今回の事件が明らかになったということです。警察によりますと齋藤教諭は、容疑を認めているということです。齋藤教諭が勤めている勝田第二中学校の田所則夫教頭は「保護者との信頼関係を根底から覆すことで大変ショックを受けている。教育委員会と事実を確認し、再発防止に努めたい」と話しています。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/01.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆福島・国見町の住宅で老夫婦が殺されているのが見つかる 51歳長女を殺人の疑いで逮捕(26日)

Logo1 福島・国見町の住宅で、老夫婦が殺されているのが見つかり、警察は25日夜、51歳の長女を殺人の疑いで逮捕した。逮捕されたのは、国見町役場に勤務する武田京子容疑者(51)。調べによると、武田容疑者は24日午前0時半ごろ、国見町高城の実家で、父親の後藤春夫さん(76)と母親のキミさん(75)の首をひものようなもので絞めて、殺害した疑いが持たれている。調べに対し武田容疑者は、「両親の首を絞めて殺した」と容疑を認めているという。国見町によると、武田容疑者は総務課に勤務していたが、体調を崩して2008年5月から職場を休んでいた。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00148183.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆山盛りカートでスーパー出ようと…万引き母娘を逮捕(26日)

Yomiuri_koudoku1_2 山梨県警南甲府署は25日、市川三郷町市川大門、パート従業員杉本由香容疑者(43)と、同居している長女でアルバイトの里奈容疑者(20)を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。発表によると、両容疑者は共謀して、同日正午頃、昭和町西条のショッピングセンター「イトーヨーカドー甲府昭和店」で、菓子や野菜など計87点(計4万4205円相当)を盗んだ疑い。盗んだ商品はチョコレートやすし、大根、白菜、消臭剤などで、食料品や生活雑貨ばかりだった。両容疑者は同店のショッピングカートを使い、カートの上段と下段に盗んだ商品を山盛りに詰め込んでいたという。両容疑者がカートを押して店外に出たところを同店の警備員が見つけ、取り押さえた。犯行当時は約2万円を持っていたが、同署の調べに対し両容疑者は「直前になって代金を支払うのが嫌になった」と供述しているという。同署は常習犯の可能性もあるとみて余罪を調べている。(

2009年1月26日01時01分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090126-OYT1T00012.htm?from=main1

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆押し入れに乳児?4遺体、住人女性は自殺 東京・大田区(26日)

Logo3_2 25日午後4時ごろ、東京都大田区池上3丁目のアパートの一室で、住人の女性(51)の親族から、「ポリ袋の中に肉片みたいなものが入っている」と警視庁蒲田署に届け出があり、同署員らが、四つのポリ袋に乳児とみられる4遺体がそれぞれ入っているのを確認した。遺体は腐敗が進んでおり、同署は女性が生んだ後に死亡させた可能性があるとみて、調べている。池上署によると、住人の女性は23日、同区南蒲田1丁目の公園のトイレで、首をつって死亡しているのを清掃員が発見した。自殺を図ったとみられるという。25日昼過ぎ、川崎市に住む女性の妹夫婦が遺品の整理に女性方を訪れ、押し入れの天袋に入っている四つのポリ袋を見つけた。女性は一人暮らしで、死亡した際に「金に困っていた」という内容の書き置きを残していたという。 http://www.asahi.com/national/update/0126/TKY200901250207.html

ビニール袋に乳児の遺体か、自殺女性の部屋で見つかる

Yomiuri_koudoku1_3  25日午後4時頃、東京都大田区池上3のアパートの一室で、「人の遺体のようなものを見つけた」と、住民から警視庁池上署に通報があった。 同署員が駆けつけたところ、ビニール袋に包まれた塊が4個あり、このうち1個から遺体が見つかった。乳児の可能性が高いとみられ、同署は他の三つの袋についても調べる。同署幹部によると、この部屋に住む一人暮らしの女性(51)が、今月23日に同区内で自殺し、親族が部屋の整理に訪れたところ、遺体を見つけたという。(2009年1月26日01時47分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090126-OYT1T00144.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆回収ギョーザ、20社に転売 省当局仲介か 新華社報道(26日)

Logo3 【北京=坂尻顕吾】昨年1月に日本で発覚した中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、製造元の天洋食品(中国河北省石家荘市)が回収したギョーザが昨年4月、河北省内の約20社に売り渡されていたことを新華社通信(英語版)が24日夜、伝えた。 新華社電は、国有企業を監督する同省国有資産管理監督委員会の当局者らの話として、承徳鋼鉄で男性1人が会社から配布された天洋の回収ギョーザを食べ体調不良を訴えたこと、唐山鋼鉄では天洋のギョーザを食べた社員に食中毒がなかったことを明らかにしている。これら鉄鋼メーカー2社はいずれも天洋と同じく省内の国有企業。同委が苦境にある天洋の支援策として回収ギョーザの購入を仲介したものとみられている。 事件をめぐっては昨年7月初旬、中国側が「回収ギョーザを食べた4人が6月中旬、健康被害を起こした」と日本側に通報していたが、関係者によると、この被害は承徳鋼鉄で起きたものだった。 http://www.asahi.com/national/update/0125/TKY200901250189.html

| コメント (2) | トラックバック (0)

☆警官が被害者遺族ののしる 山梨県警(26日)

Banner_logo_051_4 昨年12月、山梨県北杜市の飯田教典さん=当時(61)=が暴行され死亡、男女5人が傷害致死罪で起訴された事件をめぐり、傷害致死罪の適用に納得のいかない飯田さんの長女(31)が、北杜署員から「何が納得できないんだ」などとののしられていたことが25日、分かった。長女は昨年12月に始まった「被害者参加制度」を利用して刑事裁判に出廷し意見陳述する意向を持っており、公判前に事件の説明を受けようとした。長女の兄(34)が県警に抗議。県警は発言の事実を認め、遺族に謝罪した。 長女によると、今月17日に北杜署を訪れ、刑事課の署員に「殺人罪が適用されないことは納得できない」と伝えると、署員は「何が納得できないんだ。殺意がないから殺人じゃない。警察は検事の言う通りに動いているんだ」と強い口調でののしった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/215786/

被害者遺族に警官威圧「検事と刑事の違いもわからないのか」

Yomiuri_koudoku1 山梨県北杜市須玉町大蔵のアパートで2008年12月、近くの飯田教典さん(61)が死亡した事件について、飯田さんの長女が北杜署に問い合わせた際、署員から威圧的な対応をされたとして、遺族が山梨県警に抗議していたことが分かった。県警監察課は25日、遺族感情を傷つけたとして遺族に謝罪した。県警によると、長女は、08年12月に始まった被害者参加制度を利用して、公判へ参加したい意向を示しており、事件の容疑者が殺人罪でなく傷害致死罪で起訴された理由などについて問い合わせるため、17日に同署を訪れた。その際に対応した署員が「検事と刑事の違いもわからないのか」などと威圧的に発言し、長女はショックを受けたという。泣きながら帰ってきた長女から事情を聞いた長男が18日、「もう少し優しく対応できないのか」などとメールで県警に苦情を申し立てた。これを受け、県警監察課は事実関係を確認し、長女と長男に謝罪したという。北杜署の古屋正人次長は、「遺族がショックを受けているのなら、申し訳ない。誤解のないよう遺族感情に配慮していきたい」と話している。(2009年1月26日01時28分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090126-OYT1T00009.htm?from=top

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ネット預金移し替え 不正アクセス男逮捕 被害者の自宅侵入 パソコンにウイルス(26日)

Banner_logo_051_3 他人の個人情報をもとにインターネットバンキングにアクセスし、預金を移し替えたとして、警視庁築地署が電子計算機使用詐欺と不正アクセス禁止法違反の疑いで、男を逮捕していたことが25日、分かった。男は「被害者の自宅パソコンにウイルスを仕掛け、ネットバンクのパスワードなどを入手した」などと供述。男はカード番号など約20人分の個人情報が記載された手帳を持っており、同署は同様の手口で個人情報を繰り返し盗み取っていたとみて、裏付けを進めている。ウイルスには、パソコンのキーボードの入力履歴を記録するソフト「キーロガー」が組み込まれていた。キーロガーをめぐっては、インターネットカフェで仕掛けられ、ネットバンクやオークションなどにアクセスした利用者の個人情報が大量流出する被害が確認されている。自宅パソコンに仕掛けられた被害が明らかになるのは初めて。
 男は住所不定、無職、近藤隆昌容疑者(37)。同署によると、手帳には約20ページにわたり、カード番号▽暗証番号とみられる4けたの数字▽名前▽住所▽電話番号-など約20人分の個人情報がメモ書きされていた。平成19~20年に自宅から現金などが盗まれた被害者のものも含まれている。個人情報約20人分に対し、窃盗の被害者が数人しかいないことから、同署は近藤容疑者が被害者宅に侵入しながら、金品などを取らず、キーロガーだけを組み込んだケースが大半だったとみている。調べでは、近藤容疑者は昨年1月ごろ、東京都中央区の男性会社員(36)のパスワードで男性名義のネット口座にアクセスし、別の被害者の身分証明書を使ってネットバンクに開設した架空口座に、預金約900万円を移し替えた疑い。その後、預金を複数の架空口座間で移動させて引き出しており、犯行を隠す意図があったとみられる。昨年1月ごろ、男性がクレジットカードを利用し、預金が大幅に減っているのに気付いた。さらに、自宅にあった別のクレジットカードが見当たらないため、警視庁に被害届を提出していた。近藤容疑者は同7月ごろにこのカード番号でホテルを不正に予約したなどとして、詐欺容疑で3回逮捕、起訴されている。近藤容疑者は、逮捕容疑を認めているが、クレジットカードについては「外国人からもらった」などと説明している。
 ■キーロガー パソコンのキーボードで入力した文字や数字の情報を記録するツール。従来はパソコン内に入力情報が蓄積されるだけだったが、ウイルスを仕掛けて、メールなどで外部に自動送信されるように改悪され、個人情報が流出する被害が拡大している。ウイルスには「バッドトランスB」「バグベア」と呼ばれるものがある。具体的には、インターネットバンキングでパスワードを入力したり、ネットショッピングでクレジットカードで決済したりした際、その数字が出し、架空口座の開設や無断でカード決済に使われるケースが目立っている。3、4年前にはネットカフェで仕掛けられる手口が広まり、不特定多数の利用者情報が流出。平成16年には、東京・六本木や吉祥寺のネットカフェにキーロガーを仕掛けた男(43)が、他人名義のネットバンクの口座から約36万円を不正に引き出したとして、警視庁に逮捕された。口座番号など約85件の個人情報を不正に入手し、転売もしていたという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/215831/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆被害者は松山の女性、殺人で捜査(26日)

Banner_logo_051 松山市九川の山中で若い女性の変死体が見つかった事件で、愛媛県警松山東署は25日、遺体は松山市余戸南、無職、西山良枝さん(21)と判明したと発表した。司法解剖の結果、死因は頸部(けいぶ)の圧迫による窒息死で同日、殺人、死体遺棄事件とみて特別捜査本部を設置した。調べでは、死亡推定時刻は23日午後以降で、首に絞められたあとがあった。服装の乱れはなかったが、靴を履いておらず、足の裏に汚れがなかった。また免許証などの所持品なども見つかっていない。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/215787/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ゲリラ豪雨:高性能の新レーダー、大都市圏に設置 国交省(26日)

Logo_mainichi1_3 国土交通省は「ゲリラ豪雨」対策として09年度、従来より最大16倍の精度で雨量を観測できる気象レーダー「10バンドレーダー」を東京や名古屋、大阪の3大都市圏などに配備する。昨年、神戸市の都賀川や東京都豊島区のマンホールなどで、急な増水による水害や水難事故が相次いだため。約10基を設置し、10年夏からの稼働を目指す。同レーダーは、3大都市圏と、昨年7月に豪雨で浅野川がはんらんした金沢市周辺に設置し、整備費は約30億円。半径約60キロの範囲でカバーする。雨粒などに反射して返ってくる電波から、雨の降っている地域や強さを250~500メートル四方ごとに把握し、局地的な大雨や集中豪雨を詳細に監視する。現在、国交省が全国に設置している26基のレーダーでは1キロ四方ごとしかとらえられなかったが、細かく地域をとらえられることになり、精度が4~16倍に向上するという。また、観測データの更新も、これまでの5分間隔から1分間隔に短縮し、インターネットや携帯電話のサイトで公開する。地図上に雨量が色分けして表示され、どの地域が大雨になっているか一目で分かる。国土交通省河川計画課の笠井雅広課長補佐は「河川や下水道工事現場にいる作業員、釣りや水遊びをしている人たちは、携帯などの情報を基に迅速に避難してほしい。自治体にも、避難呼びかけなど防災に役立ててもらう」と話している。一方、気象庁も全国20カ所の気象レーダーの観測間隔をこれまでの10分から5分に短縮し、積乱雲の発生をとらえやすいドップラーレーダーを11基から16基に増やすことにしている。【樋岡徹也】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090125k0000m040112000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆インドでまたテロ計画?パキスタン旅券の男2人射殺(26日)

Yomiuri_koudoku1_6 【ニューデリー=永田和男】インド・ウッタルプラデシュ州警察は25日、首都ニューデリー近郊のノイダで同日未明、パキスタン人テロリストと見られる男2人を発見し、銃撃戦の末、射殺したと発表した。26日に行われる恒例の共和国記念日軍事パレードを狙うテロ計画が背景にあった可能性もあり、首都周辺には厳戒態勢が敷かれている。警察によると、現場はニューデリー中心部から約20キロの幹線道路上。2人は軽自動車でニューデリー方面に向け走行中で、停車を命じた警官に向けて発砲したため、銃撃戦になった。2人ともパキスタンの旅券を所持し、車内からAK47ライフル銃2丁と手投げ弾が発見された。警察はイスラム過激派「ラシュカレ・タイバ」などテロ組織との関連を調べている。携行していた武器の種類など、昨年11月のムンバイ同時テロとの類似点も見られる。ムンバイ事件についてインド政府は、パキスタンに拠点を置くラシュカレ・タイバが実行犯10人をボートで送り込み、駅やホテルを襲撃させたと主張。同組織幹部らの引き渡しと、パキスタン国内のテロ組織拠点破壊を同国政府に要求している。同様のテロ計画があったことが判明すると、印パ間の緊張が高まることも予想される。http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090125-OYT1T00608.htm?from=top

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆農家で夫婦が首締められ死亡、長女から事情を聴く 福島(26日)

Logo3_4 25日午後0時20分ごろ、福島県国見町高城、農業後藤春夫さん(76)方で、春夫さんと妻キミさん(75)が死亡しているのを訪ねてきた義理の息子が見つけ、110番通報した。桑折署の発表では、2人の遺体にはひものような物で首を絞められた跡があったという。同署は殺人事件と見ており、夫婦の長女から任意で事情を聴き始めた。発表によると、2人は1階の寝室で別々の布団に仰向けで倒れ、死亡した状態で発見された。争った跡や、部屋に荒らされた跡はないといい、同署は、夫婦は寝ている間に殺されたとみている。http://www.asahi.com/national/update/0125/TKY200901250106.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月25日 | トップページ | 2009年1月27日 »