« 2009年1月17日 | トップページ | 2009年1月19日 »

2009年1月18日

2009年1月18日 (日)

☆強盗:宅配装う男3人組、女性縛り1000万円奪う 埼玉 (19日)

Logo3_6 18日午後2時ごろ、埼玉県川口市領家2、元会社役員の女性(72)方に3人組の男が押し入り、女性を縛ったうえ金庫などから現金約1000万円を奪い逃走した。県警川口署は強盗容疑で捜査している。同署によると、3人組は宅配便の業者を装って訪問。ドアを開けた女性を玄関で押し倒し、口を粘着テープでふさいでロープで体を何重にも縛った。片言の日本語で「箱どこ」と聞き、2階にあった金庫を壊して現金約500万円を奪い、さらに3階のたんすにあった約500万円を奪って逃げた。女性は自力でロープをほどき、近所の男性に伝えて110番した。女性は夫と2人暮らしだが、事件当時は1人で家にいたという。3人組は覆面をしておらず、言葉遣いなどから県警はアジア系の外国人とみている。【飼手勇介】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090119k0000m040084000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

  首都東京の体感治安(19日)
             (単位・レベル)

  2    天網恢々疎にして漏らさず

【解説】阪神淡路大震災から14年-消防庁の調

べによると、震災当時4割強だった自首防災組織

の組織率が全国で7割になっているという。東海

地震で大きな被害が想定される静岡県が96.8

%で愛知県に次いで2位。この静岡県に通算5年

住んだが、この県の防災に対する意識は凄い。同

県にBye1_2は隅々まで聞こえる「同報無線」というのがあ

る。防災用の一斉広報装置だが、防災だけでなく「老人や子どもの行方不明」などでも一斉に広報されると瞬く間に発見される。まさに地域住民の生活に密着している。この一斉広報無線を他県でも犯罪被害防止に役立ててはどうか。都内でも一部地域で活用されていると聞くが、K市で実行しようとしたら「住民から苦情が出た」と止めてしまった。行政力がないのか住民のエゴイストか? オレオレ詐欺などの振り込め詐欺は、その日によって一定地域で爆発的に発生する。こうした場合、警察から担当部署に情報を提供し、その地域住民に「緊急情報」として広報すれば効果が期待されるのだが…「日本列島 本日の振り込め詐は欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは携帯各社の本人確認の強化。都内では17日夜、八王子市で帰宅途中の女性が、後ろから来た車にひったくりに遭い130㍍も引きづられた。三鷹市では18日夜、10万円を奪われるコンビニ強盗事件が発生するなど治安の悪化を感じるが、中央大学教授殺人事件の早期解決を期待し「レベル2(あお)」とした。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。

「振り込め詐欺機動捜査隊」の設置を
Nisshou4 「振り込め詐欺は進化する」を裏付ける出来事が続いた。警視庁管内では、遺失物センター職員を名乗り「あなたの落とし物が届いており、その中に偽造カードが入っていました。話しを聞きたいのでカードセンターに電話ください」と言葉巧みにもちかけ、「050」で始まるIP電話の番号を指定。電話をかけると「あなたのカードの番号を教えてください」などとカード番号を聞き出す。電話を受けた人は不審に思いカード会社に届けたため実害はなかった。では、その後はどうなるのか。カード番号や生年月日を教えただけでは買い物はできない。となると、この事件の背後には、カード偽造組織が絡んでいると推測される。「オレオレ」は1人でもできるが、カード偽造はアルバイト的な技術ではできないからだ。そして、埼玉県内では、息子を名乗り電話をかけて父親を呼び出し、外出のあいだに泥棒に入るという事件が発生した。まさに「オレオレ」の進化論だ。こうした進化論に対処するためには、警察も進化しないと負けてしまう。「振り込め詐欺機動捜査隊」を設置し、未遂事件からの立ち上がりを実行すべきだ。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆タクシー強盗:車奪い逃走 首切られ運転手重傷 北九州市(18日)

Logo_mainichi1_3 18日午前3時10分ごろ北九州市小倉南区井手浦の市道で、近所の人から「うめき声がする」と110番があった。福岡県警小倉南署員が駆けつけたところ路上に「西南タクシー」(同市小倉北区大手町)運転手、高木裕さん(59)が首から血を流して倒れていた。高木さんは重傷。タクシー車両は奪われ、約12時間後、北西に約14キロ離れた同市八幡西区の路上で見つかった。同署は強盗傷害事件として、乗客を装った男の行方を追っている。調べでは高木さんは同日午前2時半ごろ、同市小倉北区魚町のモノレール「平和通」駅付近で、60歳くらいの男を乗せた。目的地の井手浦で停車し、料金4200円を請求したところ、男はカッターナイフのようなものを見せて「金を出せ」と脅した。高木さんは男ともみ合いとなり、首を切りつけられたという。男が奪ったタクシー内には売上金約3万2000円があったという。車両は通行人の30代男性が八幡西区山寺町の路上で「血のりの付いた車がある」と警察に通報した。車内に売上金はなかった。現場はJR小倉駅の南約10キロの山間部。【長谷川容子】http://mainichi.jp/select/today/news/20090119k0000m040069000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆元派遣社員を強盗殺人で再逮捕「金に困って」…福島・いわき(18日)

Yomiuri_koudoku1_4 福島県いわき市平豊間の無職遠藤利吉さん(79)が昨年12月、自宅で遺体で発見される事件があり、いわき中央署は18日、死体遺棄容疑で逮捕した同市出身の元派遣社員、鈴木智勝容疑者(30)を強盗殺人と住居侵入の疑いで再逮捕した。鈴木容疑者は「派遣切りにあって仕事も住む場所もなくなり、金に困ってやった」と供述している。同署の発表によると、鈴木容疑者は先月23日深夜、遠藤さん方に忍び込んで室内を物色中、遠藤さんに見つかってもみ合いとなり、2階廊下で遠藤さんの首を背後から腕で絞めて殺害し、24日早朝に乗用車1台を奪って逃げた疑い。鈴木容疑者は、愛知県岡崎市の自動車部品工場で働いていたが、昨年10月に派遣契約を打ち切られ、社宅を出された。東京都内のホテルなどを転々としながら仕事を探したが見つからず、いわき市に戻って実家近くの遠藤さん方に盗みに入ったという。逮捕当時、鈴木容疑者は金を持っていなかった。同署は先月27日、遠藤さんの乗用車に乗っていた鈴木容疑者を同市内で発見し、死体遺棄容疑で逮捕した。(2009年1月18日19時47分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090118-OYT1T00517.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆小6男児バイク運転、パトカーに追われ逃走、転倒 佐賀(18日)

Logo3_5 18日午前10時半ごろ、佐賀市与賀町の県道で、佐賀県警交通機動隊のパトカーに追跡された原付きバイクが、道路右側の縁石に乗り上げて転倒した。県警によると、運転していたのは市内に住む小学6年の男子児童で、額に軽い切り傷を負ったという。 交通機動隊の説明では、児童は現場から約1キロ離れた同市本庄町本庄の国道208号交差点で二段階右折をせず、警察官からの停止の指示に従わずに逃走したという。ヘルメットをかぶっていたといい、自宅にあったバイクを家族に内緒で運転したらしい。「買い物に出かけるためにバイクに乗った。道を走るのは初めて」と話しているという。隊員が厳重注意して保護者に引き渡した。 交通機動隊の中尾修一副隊長は「20キロ前後の時速で適正な距離を保って追跡しており、問題はなかった。まさか小学生とは思わず、驚いた。保護者は鍵の管理をしっかりして欲しい」と話している。 http://www.asahi.com/national/update/0118/SEB200901180010.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆空き家侵入容疑で男逮捕「派遣切りされ寒さしのごうと」(18日)

Logo3_4 福井県警敦賀署は18日、自称同県あわら市生まれの無職丸岡秀徳容疑者(38)を建造物侵入容疑で現行犯逮捕したと発表した。空き家の玄関の鍵を壊して侵入した疑いが持たれており、風呂場に隠れていたという。調べに対し、「三重県の自動車関連工場で派遣社員として働いていたが、昨年12月末に派遣切りされた」と供述。「寒さをしのぐために入った」と話しているという。 敦賀署によると、敦賀市元町の男性(71)が18日午後3時35分ごろ、「近くの空き家に若い男が入っていった」と110番通報。駆けつけた敦賀署員が丸岡容疑者を見つけた。丸岡容疑者はお金を持っておらず、「岐阜、愛知県を転々とし、職を探して福井に来た」と話しているという。http://www.asahi.com/national/update/0118/OSK200901180038.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女風呂のぞき? 警官に「酔っぱらってわからねえ」と逆ギレ、殴って逮捕 茨城(18日)

Msn_s1_6 茨城県警土浦署は18日、女性風呂をのぞいたとしてトラブルになり、駆けつけた警察官に“逆ギレ”して暴力をふるったとして、公務執行妨害の現行犯で、千葉県印西市木下東、会社員、永瀬雅典容疑者(30)を逮捕した。調べでは、永瀬容疑者は同日午前0時ごろ、土浦市本郷のホテル「いやしの里」で女性風呂の脱衣場をのぞいたとしてホテルの従業員とトラブルに。酒に酔っていため、従業員が警察に通報。約25分後、駆けつけた同署の巡査部長(42)が事情を聴こうとしたところ、永瀬容疑者は突然、「なんだこの野郎。酔っぱらってわからねえんだよ」と叫んで襲いかかり、巡査部長の顔を殴るなどした。永瀬容疑者からは逮捕時、呼気1リットル当たり0・77ミリグラムのアルコールが検出されたという。永瀬容疑者は勤務先の廃棄物処理会社の旅行で同ホテルを訪れており、犯行直前まで宴会場で酒を飲んでいた。同僚らの話によると、永瀬容疑者は日本酒を「相当飲んだ」という。永瀬容疑者は逮捕直後、暴言を吐くなど反抗的だったが、留置場では酔いがまわったのか、ずっと寝ていたという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090118/crm0901181728009-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女子高生、斧で殴られる 殺人未遂で捜査 茨城県警(18日)

Msn_s1_5  18日午前10時半ごろ、茨城県大子町南田気の伐採業の男性(69)方で、この家に住む高校1年の長女(16)が別棟の納屋の2階に行ったところ、突然、男に斧で頭を殴られた。長女は後頭部を切る全治1週間のけがを負った。男は斧を捨てて、そのまま逃走した。大子署で殺人未遂事件として捜査。調べでは、長女を殴ったのは無職の兄(35)とみられ、同署で行方を追っている。長女は納屋に父親の作業服を取りに行った際、いきなり襲われた。父親と娘2人の3人暮らし。兄は別居しており、年に数回帰ってくるぐらいだったという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090118/crm0901181956013-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女子高生、斧で殴られる 殺人未遂で捜査 茨城県警(18日)

Msn_s1_5  18日午前10時半ごろ、茨城県大子町南田気の伐採業の男性(69)方で、この家に住む高校1年の長女(16)が別棟の納屋の2階に行ったところ、突然、男に斧で頭を殴られた。長女は後頭部を切る全治1週間のけがを負った。男は斧を捨てて、そのまま逃走した。大子署で殺人未遂事件として捜査。調べでは、長女を殴ったのは無職の兄(35)とみられ、同署で行方を追っている。長女は納屋に父親の作業服を取りに行った際、いきなり襲われた。父親と娘2人の3人暮らし。兄は別居しており、年に数回帰ってくるぐらいだったという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090118/crm0901181956013-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(18日)1件

携帯各社 本人確認を強化へ

 

01月18日 16時50分

携帯電話とPHSの各社は、振り込め詐欺などの犯罪に携帯電話が悪用されるケースが増えていることから、来月の新規契約から利用料金の支払いを銀行口座引き落としかクレジットカードに限定し、契約の際の本人確認を強化することになりました。大きな社会問題となっている振り込め詐欺などの犯罪に、名前や住所を偽って不正に契約された携帯電話が悪用されるケースが増えています。このため、携帯電話とPHSの各社は、契約の際の「本人確認」を強化することになり、来月の新規契約分から料金の支払いを「銀行口座の引き落とし」か「クレジットカード」に限定し、さらに契約の際に「カードの現物」を確認します。これによって、新しい契約者はコンビニエンスストアなどで料金の支払いができなくなります。また、1人当たりの契約を最大で5回線に制限する措置について、すでに導入しているソフトバンクモバイルに続き、NTTドコモやKDDIなども順次実施します。さらに、警察からの本人確認の依頼に応じず、利用停止になった契約者の情報を各社で共有する方針で、業界全体として不正契約防止に力を入れたいとしています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10013619101000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆コンビニ強盗:10万円奪い逃走 連続犯か 東京・三鷹(18日)

Logo_mainichi1_2 18日午前2時ごろ、東京都三鷹市新川6のコンビニエンスストア「セブンイレブン三鷹新川6丁目店」で、サングラスをかけた男がカウンター内にいた男性店員(33)にいきなり包丁を突きつけ、「金を出せ」と脅した。男はレジから現金10万円を奪って逃げた。当時、店に客はおらず、店員にけがはなかった。警視庁三鷹署は強盗容疑で調べている。同署は、昨年11月からこの店を含む付近3店のコンビニで強盗事件が発生しており、いずれも男の特徴が似ていることなどから、連続強盗事件の可能性もあるとみて捜査している。同署によると、男は20歳ぐらいで、身長約180センチ。黒いスポーツバッグを持っていたという。【大場弘行】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090118k0000e040020000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆大阪・西成区でアパート全焼、焼け跡から男性の遺体(18日)

Yomiuri_koudoku1_3 18日午後0時15分頃、大阪市西成区山王2のアパート「豊島荘」から出火。木造2階建て延べ約660平方メートルを全焼した。大阪市消防局によると、焼け跡から住人とみられる男性の遺体が見つかったほか、他にも無事が確認できていない住人男性が1人いる。豊島荘は、15世帯が住んでおり、高齢者や寝たきりの人もいるという。 (

2009年1月18日16時15分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090118-OYT1T00392.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆首絞められ? 79歳男性、自宅で殺される 函館(18日)

Logo3_3 18日午前8時ごろ、函館市日吉町2丁目、無職渋谷重男さん(79)方で、渋谷さんが仰向けに倒れて死んでいるのを、訪ねてきた長男(48)が見つけ、110番通報した。首に絞められたような跡があることから、函館中央署は殺人事件として捜査を始めた同居している妻(68)の行方が分からなくなっていたため、同署が捜したところ、同日午前9時50分ごろ、自宅から約8キロ離れた同市大町の路上を歩いているのを見つけた。同署は、妻が何らかの事情を知っているものとみて話を聞いている。同署によると、渋谷さんは発見当時、2階洋室のゆかに普段着で倒れており、首には何かで絞められたような跡が残っていた。前日夜は自宅で酒を飲み、午後9時ごろ1階奥の部屋で寝ていたのを、訪ねてきた長男の妻(45)が確認しているという。渋谷さんは妻と2人暮らし。 http://www.asahi.com/national/update/0118/TKY200901180110.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ひったくり、車に130m引きずられて女性けが 八王子(18日)

Logo3_2 17日午後11時50分ごろ、東京都八王子市子安町3丁目の市道でひったくりに遭った女性が駆け込んで来た、と近くの住人から110番通報があった。女性は同市の会社員(40)で、ひったくり被害の際、車に約130メートル引きずられて両ひざなどに軽傷を負った。八王子署は強盗傷害事件として調べている。同署によると、女性が歩道を歩いていたところ、後ろから走ってきた車の左側の席にいた人物が、女性の右腕から手提げバッグをとろうとした。女性はバッグの取っ手をつかんで抵抗し、取っ手の片方が切れるまで約130メートル引きずられたという。奪われたバッグには現金約2万円やクレジットカードなどが入っていたという。 車の人物は白っぽい上着を着ていたといい、同署が行方を追っている。 http://www.asahi.com/national/update/0118/TKY200901180118.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「うるさい!」と電車に投石 線路歩行中の男、車掌の注意に逆切れ 東京・八王子(18日)

Msn_s1_4 18日午前6時10分ごろ、東京都八王子市石川町のJR八高線北八王子-小宮駅間で、線路の敷地内を男が歩いていたため、普通電車が急停車。男は注意した車掌に「うるさい」と言って石を投げ、車両後部のライトのカバーを壊して逃げた。男は酔っぱらっていた様子だったといい、警視庁八王子署は往来妨害の疑いもあるとみて捜査している。JR東日本八王子支社によると、電車はその場に約40分停車、4本が運休するなど約700人に影響が出た。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090118/crm0901181206004-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆元同僚を階段で突き飛ばし死なせる傷害致死容疑で男逮捕 船橋市(18日)

Banner_logo_051_4 千葉県警船橋署は28日、口論の末に元同僚を階段で突き飛ばして死なせたとして、傷害致死容疑で同県柏市旭町のアルバイト、出井博之容疑者(43)を逮捕した。調べによると、出井容疑者は同日午前0時10分ごろ、同県船橋市の雑居ビルの階段で、職業不詳、野口聖さん(53)=千葉市若葉区=を殴った上で突き飛ばし、脳挫傷などで死亡させた疑い。2人は直前までビル内の飲食店で酒を飲んでいたが、代金の支払いをめぐって口論になったという。別の飲食店の店員が「ドスン」という音に気付いて外を見ると、野口さんが倒れていたため119番した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/208571

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【衝撃事件の核心】神隠し事件は“妄想殺人”だった 奇妙な自信と強烈な劣等感に支配された被告(18日)

Banner_logo_051_3 「『性奴隷』にしようと考えた」。東京都江東区のマンションで、2軒隣の東城瑠理香さん=当時(23)=を自室に拉致して殺害、遺体を切断してトイレからしたとして殺人罪などに問われた星島貴徳被告(34)は13、14日の公判でそう供述した。「セックスで快楽を与えれば、100%自分の言うことを聞く女性を作れると思った」。信じがたい“妄想”の末の犯行。その背景には、自身の身体への強烈な劣等感があったことも法廷で明らかにされた。驚くべき犯行描写を繰り返す公判は今週も19、20、22日と東京地裁で続く。■「自分なら性奴隷にできる」自信の不可解   星島被告「自分の部屋に連れてきて、性的快楽を与え続け、自分の思うようにしようとしました。『自分ならできる』と思いました」
 検察官「(被害者を)何にしようと思ったのですか?」 星島被告「『性奴隷』です」検察官「『性奴隷』とは何ですか」 星島被告「私とのセックスに依存し、私を必要に思うような女性です…」 検察官「あなたは、自分の言うことを100%聞いてくれる女性が、いると思っているのですか?」 星島被告「いないので、作ろうと思いました」 初公判が行われた13日の東京地裁。殺人、死体損壊、死体遺棄など5つの罪に問われた星島被告は、青白く生気のない顔で、淡々と、前代未聞の動機を披露した。「セックスの快楽を拉致してきた女性に与え続け、自分とのセックスなしでは我慢できない依存体質にする。そうすれば、何でも言うことを聞くようになる」-というのがその論理で、「警察に訴えられないようセックスで調教しようとした」という供述もあった。これらの妄想を実行に移すことは、マスターベーションをしている最中に思いついたのだという。一方で星島被告は法廷で、34歳の現在まで、1回も女性と交際したことがないことを明かした。「初めての性行為は5年ほど前。東京・鶯谷のデリヘルで」 その供述が本当ならば、20代後半で初体験を済ませたことになる。その後の性体験もすべてお金を払っており、現在の体験人数は計10人程度だと説明した。「女性を性奴隷にする」というのは、アダルトビデオや成人漫画を参考にしていた。自分でも「外道」とするタイトルの同人誌を作り、強姦シーンを掲載していた(法廷での検察官の発言。本人は強姦シーンという解釈を否定)というが、拉致した女性に告訴させないほどとりこにできる、という異常なまでの自信は何を根拠にしたものだったのだろうか。 ■あっさり計画つまずき「証拠消さなくては」  星島被告は、実際は姉と2人で住んでいた東城さんが1人暮らしのOLだと思いこんでおり、金曜日に拉致すれば月曜日の朝まで犯行がばれないと考えた。実際に東城さんの拉致に及んだのも昨年4月18日の金曜日だった。「月曜日の朝まで強姦を続ければ性奴隷にできる」と考えたのだ。午後7時半ごろに東城さんを拉致するが、星島被告の狂気の計画はすぐに破綻(はたん)する。「性奴隷」などと意気込んでいたものの、実際に犯行時は勃起しなかったのだ。 さらに、拉致の際に東城さんが顔にけがをしたのを見て、「瑠理香さんを自分のものにできない。気持ちよくさせることができない」と考えたという。なぜけがをすると「自分のものにできない」のか。その理由は法廷で語られなかった。星島被告は縛った東城さんを床に転がしたまま、部屋でアダルトビデオを見るなどして過ごした。そして午後10時20分ごろ、警察官がドアをノックしたことで「生活と体面を失う」と考え、約20分間のうちに東城さんの殺害を決意。同11時ごろ、首を包丁で刺して失血死させた。遺体を前にした当時の感想を検察官に問われると、こう供述した。 「自分が逮捕される証拠、邪魔な存在、消さなければいけない存在だと思いました」そこには被害者の生命の重さへのおののきはおろか、殺人という罪の重さを認識している様子はなかった。 ■被告の劣等感     女性への妄想のほか、星島被告から感じられるもう1つの妄想は「被害妄想」だ。公判では、自らの体に「悪口を言われたら殺してしまうかもしれない」というほどの強烈なコンプレックスを持っていたことが明かされた。その深層心理は、検察官がぶつけた恋愛に関する意識を問う質問で明らかになった。検察官「現実の女性を毛嫌いしていたのですか」星島被告「そうです。あきらめに近いです。自己嫌悪の裏返しというか…」 女性を毛嫌いしているとしながらも、複雑な感情をにじませる星島被告は、「女性とデートや買い物をしたり、普通の交際をしたいと思っていました」と言葉を続けた。 検察官「あなたにとって、現実の女性の何が気に入らなかったのですか」 星島被告「…私のことを気持ち悪いと思う心だと思います」 「現実の女性と交際するために、何か行動したことがありますか」と聞かれた星島被告は、「していませんし、無駄だと思います」と拒絶し、こう告白したのだ。
 「私の両足にはやけどの跡があります。それが原因です。もし『気持ち悪い』とか『きもい』といわれれば、殺してしまうかもしれません」 やり取りは続く。 検察官「世の中すべての人間が(やけどを)気にすると思っていたのですか」星島被告「ばかにされると思っていました。私もばかにしていましたし」 検察官「傷つけられるのを恐れていたのですね」
 星島被告「はい」 やけどは幼いころの火事で負ったものだという。やり取りでは、「逆に言えば、私の足を好きだと言ってくれれば、何においても、何に代えても大切だと思います」と星島被告が心情を語る場面もあった。 だが、「何に代えても大切」という言葉は、検察官が聞いた別の質問で自ら消し去ってしまう。「あなたは、世の中で何が一番大事だと思っていましたか」という質問だ。 星島被告は、少し考えてこう答えた。 「自分、だと思います」 

続きを読む "☆【衝撃事件の核心】神隠し事件は“妄想殺人”だった 奇妙な自信と強烈な劣等感に支配された被告(18日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆police-chビデオライブラリー 精華大マンガ学部千葉大作さん殺害事件(18日)

Topbanner01logo1  平成19年1月15日・・新年を迎えて間もない真冬の夜に、京都精華大学マンガ学部に通う千葉大作さんは、大学の駐輪場からマウンテンバイクで友人宅へ向かう途中、見知らぬ男に刃物で十数か所刺され死亡しました。犯人は「軽装で自転車に乗っていた」という目撃情報などもあり、毎月15日には下鴨署員らが犯人特定につながる有力情報をもとめる街頭活動を行っています。映像をみて気づいたことはありませんか?また、生前に千葉さんが描いたマンガ作品を御家族よりたくさん送っていただき掲載しています。13分45秒 300kbps  制作・著作:POLICEチャンネル http://www.police-ch.jp/video/16/002777.php

精華大マンガ学部千葉大作さん殺害事件

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆富里市のひき逃げで男逮捕 千葉県警(18日)

News_pic1_2 17日、富里市で原付バイクの男性を乗用車ではねて大けがをさせそのまま逃げたとして57歳の会社員の男がひき逃げなどの疑いで逮捕されました。逮捕されたのは、市原市に住む会社員、伊藤不二夫容疑者(57)です。警察の調べによりますと、伊藤容疑者は17日の午前9時半ごろ、富里市根木名の交差点で、近くに住む食品工場勤務の長谷川聖二さん(36)が運転する原付バイクを乗用車ではねて頭の骨を折る大けがをさせ、そのまま逃げたとしてひき逃げと自動車運転過失傷害の疑いが持たれています。警察の調べに対し、伊藤容疑者は容疑を認め、「バイクをはねたあと、被害者が手を挙げたので大丈夫だと思ってそのまま立ち去った。その後、報道を見て怖くなって出頭した」などと供述しているということです。警察は当時の状況を詳しく調べています。http://www.nhk.or.jp/chiba/lnews/01.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆タクシー強盗 運転手が負傷 北九州市(18日)

News_pic1 18日未明、北九州市でタクシーの運転手が客の男に首を切りつけられてけがをしました。男は売上金とタクシーを奪って逃げ、警察が強盗傷害事件として行方を捜査しています。18日午前3時10分ごろ、北九州市小倉南区井手浦の住民から「叫び声がした」と警察に通報がありました。警察官が駆けつけたところタクシー運転手の高木裕さん(59)がうずくまって首から血を流しているのが見つかりました。高木さんは病院で治療を受けていますが命に別状はないということです。警察によりますと、高木さんは、客の男に「金を出せ」と脅されてもみ合いになり、カッターナイフのような刃物で首を切りつけられ、男は、売上金およそ3万2000円とタクシーを奪って逃げたということです。高木さんは現場から12キロ余り離れた北九州市小倉北区の繁華街で男を乗せたということで、男の年齢は60歳くらいだったということです。警察は強盗傷害事件として男の行方を捜査しています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10013615241000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆病院で101人インフルエンザ感染 3人死亡、国内最大規模(18日)

Msn_s1 東京町田市の鶴川サナトリウム病院(日野研一郎院長)で、インフルエンザが集団発生し、今月3日から17日までに入院患者と職員計101人が院内感染、うち3人の患者が死亡した。都では、病院内におけるインフルエンザの集団発生としては、近年では国内最大規模とみている。同局などによると、感染者の内訳は入院患者77人、職員24人。死亡したのはいずれも入院患者の女性で、認知症で寝たきりの100歳、認知症の85歳、脳梗塞(こうそく)の後遺症などがある77歳。3人は9日に発熱し、タミフル抗生剤の投与を受けたが、効果はみられず、高齢の2人が11日に、77歳の女性が16日に死亡した。患者の感染者のうち約4割が39度以上の高熱を出した。17日午後3時現在で感染者の中で、有熱者は34人(患者32人、職員2人)。うち84歳の男性が肺炎を併発、意識はあるものの重症という。感染した患者77人のうち67人、職員24人のうち21人がインフルエンザのワクチンを接種していた。同病院の入院患者は17日現在で448人で平均年齢は83歳。認知症関連の患者が大多数を占める。インフルエンザが発症したのは、11病棟中7病棟だった。同日夜に記者会見した都幹部らによると、7日に病院から町田保健所に連絡が入り、都や同保健所が13、14の両日立ち入り検査を行った。同保健所の宮本真理子所長は「病院から報告を受ける7日以前に院内で感染の広がりがあったと聞いた」とし、拡大防止を指示したと説明。感染者が多数出たことについては感染者が院内を動き回っていた可能性にも言及した。また、感染ルートについて都幹部は「インフルエンザの感染力の強さから、見舞客や外来患者から入ったことも考えられる」と指摘した。厚生労働省によると、国内では今冬、タミフルが効かなかったりするAソ連型のウイルスが確認されている。病院ではウイルスをA型と確認しているが、A型には「ソ連型」と「香港型」があり、そのどちらかまでを一般医療機関で鑑定することは困難という。都は今後、詳細な感染経緯を調査するを行う。鶴川サナトリウム病院の日野研一郎院長は17日夜、記者会見し「心配とご迷惑をおかけしておわびする」と謝罪した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/090117/dst0901171908017-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆鹿島裏金、本格捜査へ コンサル社長に脱税容疑(18日)

47newslogo1 大手精密機器メーカー「キヤノン」(東京)の関連施設をめぐり、工事を受注した大手ゼネコン「鹿島」(同)から受領した仲介手数料などの一部を税務申告せず、数億円を脱税した疑いが強まったとして、東京地検特捜部は17日までに、法人税法違反などの容疑で近く、大分市内のコンサルタント会社「大光」社長(65)らの本格捜査に乗り出す方針を固めたもようだ。鹿島が支出した金は、同工事の過程で捻出した裏金とみられ、特捜部は隠し所得の使途など不透明な金の流れの解明を進めるとみられる。関係者によると、鹿島はキヤノンから大分市内にある関連機器生産工場の建設工事を請け負ったほか、これに先立つ用地造成工事も大分県土地開発公社から受注。ほかに川崎市のプリンター関連研究施設の工事などもキヤノンから請け負った。大光などは、これらの工事を受注できるよう仲介。鹿島から受け取った手数料などの所得を隠し、脱税した疑いが持たれている。http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009011701000737.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆金賢姫元死刑囚:「同僚工作員の教師はめぐみさん」証言(18日)

Logo_mainichi1 【ソウル西脇真一】87年の大韓航空機爆破事件の実行役である金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚が、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん(行方不明時13歳)について、「同僚の工作員に日本語を教えていた」と証言していることが分かった。帰国した拉致被害者の地村富貴恵さん(53)も同様の証言をしており、北朝鮮が横田さんに工作員教育をさせていたことが確実となった。韓国誌「月刊朝鮮」元編集長の趙甲済(チョガプチェ)氏が金元死刑囚にインタビューし、17日発売の同誌2月号に掲載した。元死刑囚は81年から87年にかけ数回、金淑姫(キムスクヒ)という偽名の女性工作員と招待所に同居し工作員教育を受けた。インタビューで元死刑囚は「横田さんを見たことはないが、淑姫が日本語を習ったそうだ」と述べ、日本語教師役だった横田さんと一緒の写真を見せてもらったことなどを証言した。http://mainichi.jp/select/today/news/20090118k0000m040105000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「西松」幹部にパー券購入依頼、政治家「隠れみの」認識か(18日)

Yomiuri_koudoku1_2 準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)が二つの政治団体を使って企業献金をしていた問題で、政治家側から政治資金パーティー券を購入する際、本社や支店の幹部らが窓口になっていたことが分かった。政治家側はパーティー券に番号をつけて管理しているケースが多く、後で政治団体から購入代金が振り込まれても、同社への販売分だと分かる仕組みになっていたという。政治家側も西松建設が政治団体を隠れみのにしていたことを認識していた可能性が出てきた。西松建設はOBを代表にした政治団体「新政治問題研究会」(1995年設立)と「未来産業研究会」(99年設立)を通じ、解散する2006年までに献金やパーティー券の購入費など総額約4億7800万円を支出。このうち、両団体名義で購入したパーティー券は9000万円前後に上る。複数の同社関係者によると、同社は本社の役員や支店長クラスの幹部らを、国会議員や自治体の首長の窓口にし、パーティー券の購入要請を受けていた。政治家と同郷、同窓の幹部が担当になるケースもあった。元幹部は「自分が担当した政治家の場合、秘書がパーティー券を会社へ郵送したり、自分の所へ直接持ってきたりした」と明かす。政治家側から購入要請を受けた幹部らは、パーティー券の枚数と金額を同社総務部に文書で連絡。最終的に同部が購入する枚数を決め、政治団体の代表である西松OBが代金振り込みの手続きをしていた。一方、政治家側はパーティー券にあらかじめ番号を割り振って管理しており、西松建設の担当者に対して、パーティー券と一緒に、番号を記載した振込用紙を渡すケースが多かった。指定口座に政治団体名義で代金を振り込んでも、振込先にこの番号が伝わるので、政治家側は西松建設に渡したパーティー券の代金とわかるようになっていた。西松建設の元幹部は「ある国会議員の秘書から『新政治問題研究会からの振り込みになっているが、券の番号によると西松建設に配ったものではないか』と尋ねられ、『それはうちだ』と答えた」と証言。また、「担当した政治家の秘書に、『二つの政治団体が振り込んだのは、西松建設の金だ』と説明したこともある」と語った。総務部が購入枚数と金額を決めていたのは、複数の幹部が同じ政治家側から別々にパーティー券購入を依頼された場合、政治資金規正法が定める一つのパーティーあたりの購入限度額(150万円)を超過する恐れがあり、調整する必要があったためだという。04~06年の政治資金収支報告書に、二つの政治団体のいずれかにパーティー券を購入してもらったと記載していた政治家や派閥などの政治団体は少なくとも12あった。読売新聞が西松建設と両団体の関係を知っていたかを取材したところ、「全く知らなかった」「収支報告書に記載した通り」などの回答だった。同法は、他人名義でのパーティー券購入や代金の受け取りを禁止している。 東京地検特捜部もこれまでに、両団体の代表者の自宅を捜索し、西松建設の献金の実態を調べている。(2009年1月18日04時00分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090118-OYT1T00067.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆“虐待”の娘連れ去り手配の母、オランダで親子同居(18日)

Yomiuri_koudoku1 ◆現地裁判所、同居認める◆ 長崎県大村市の児童養護施設に入所していた小学3年女児(9)がオランダに連れ去られた事件で、長崎県警から所在国外移送略取容疑で国際手配されている母親(32)が、オランダの裁判所から女児との同居を認められ、オランダ中部の都市で女児と一緒に暮らしていることが分かった。日本では女児は母親から虐待を受けたとして施設入所の強制措置が取られていた。母親は読売新聞の取材に応じ、女児を連れ去ったことを認めた上で「ずさんな調査で虐待があったとして引き離され、一緒に暮らすには連れ去るしかなかった」と話している。厚生労働省虐待防止対策室によると、施設入所の強制措置を受けた子どもが親から海外に連れ去られたケースについて「聞いたことがなく、どう対応すべきか分からない」としている。母親によると、現在、オランダのIT関連企業に勤務している。昨年10月24日、女児を施設近くで連れ去り、同26日に以前に働いたことがあったオランダに入国。その後、女児は日本側から連絡を受けた警察に一時保護された。母親については、同30日から現地の裁判所で虐待の有無などを調べる審判が行われた。審判の決定書によると、計4回にわたる審理で、「現在、虐待の兆候や心配はない」と判断。社会福祉士や医師らの母子に対する支援態勢が整っていることなどから、12月29日、「子どもの安全を保証することができる」などとして、母親と一緒に暮らすことを認める決定が出された。 ◆母「ずさんな調査で引き離され、連れて行くしかなかった」◆ 母親は「日本では虐待しているとされたが、しつけだった。十分な調査をせず、審判でも訴えを聞き入れてもらえなかったので、一緒に連れて行くしかないと思った」と話した。帰国の意思はないという。虐待を巡る日本の行政の対応については、「親子がどうすれば一緒に暮らしていけるかではなく、親子を引き離すことが目的になっている」などと批判。女児も「お母さんと一緒に暮らした方が楽しい。施設には戻りたくない」と語った。母親は長崎県警から国際刑事警察機構を通じて国際手配されているが、日本とオランダには、国外に逃亡した容疑者を双方の国に引き渡す条約はない。県警捜査1課は「オランダ側の情報もなく、どうすることもできない」としている。 一方、県長崎こども・女性・障害者支援センター(児童相談所)は「虐待の事実は日本の審判で認められており、母親が連れ去ったのは犯罪行為。現在の親子の状態を調査する必要はあるが、対応は決まっていない」という。(川口知也)

 ◆日本の裁判所は「虐待」認定…連れ去りの経緯◆ 女児の母親ら4人が2008年10月24日、女児が入所していた児童養護施設近くで、女児を乗用車に乗せて連れ去ったとされる。長崎県警は同25日、女児の祖父ら3人を逮捕。福岡空港からオランダに渡った母親は国際手配された。女児の児童養護施設入所を巡る審判資料や長崎県警などによると、女児は07年8月、同県大村市内のコンビニ店に1人でいた際、2日前にも店内に長時間いたため不審に思った店長が大村署に通報。県長崎こども・女性・障害者支援センターに保護された。センターは、母親に尻をハンガーでたたかれるなどしているとして、女児の児童養護施設入所を申し立てる審判を長崎家裁大村支部に起こした。同支部は同年12月、「入所させた場合、母親との関係が断絶し、修復困難になる可能性が高く、入所が相当とまでは言えない」とセンターの申し立てを却下。しかし、抗告審の福岡高裁は08年5月、「暴行は相当期間、かなりの頻度で行われていると推認される。しつけの範囲を超え、精神的、身体的成長に深刻な悪影響を及ぼす恐れがある」と申し立てを認め、最高裁は同年10月14日、母親側の特別抗告を棄却した。 ▼所在国外移送略取=刑法226条で規定。日本国外に移送する目的で人を略取した者は、2年以上の有期刑に処するとしている。(2009年1月18日03時14分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090118-OYT1T00084.htm?from=top

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆元高知新聞部長、詐欺容疑で逮捕 購読契約の獲得装う(18日)

Logo3 新聞購読の新規契約を獲得したように偽り、全国紙の新聞販売所から報酬をだまし取ったとして高知署は16日、住所不定、元高知新聞販売局企画管理部長で無職の田辺利幸容疑者(50)を詐欺容疑で逮捕し、発表した。「金がほしかった」と容疑を認めているという。同署によると、田辺容疑者は昨年12月16日、営業員として契約していた新聞販売所に架空の氏名などを記入した新聞購読申込書を提出し、09年3月から1年間の購読契約を結んだと思わせ、報酬として現金6千円をだまし取った疑いがもたれている。同容疑者は昨年5月末から7カ月間、営業に携わり、「他にも数百件の契約書を偽装した」と話しているという。高知新聞によると、田辺容疑者は06年4月~06年9月まで販売局企画管理部長を務め、広告局編成部員だった07年7月31日付で退職した。同社は「自己都合で退社した者なので、退社後については知り得ない」としている。 http://www.asahi.com/national/update/0117/OSK200901170063.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆波形の靴跡、スニーカーか 教授刺殺、凶器は細身の刃物(18日)

Banner_logo_051_2 東京都文京区の中央大学構内で理工学部教授高窪統(はじめ)さん(45)が刺殺された事件で、現場の1号館内に残っていた血の付いた足跡の一部は波形の模様だったことが、足跡を目撃した男子学生(20)の話でわかった。犯人がスニーカーなどを履いていた可能性があり、警視庁は足跡を分析し、製品の特定を進める。 この学生によると、血の付いた足跡の一部は、1号館の4階から3階に行く途中の踊り場と、3階に下りきったところに付着していた。どちらも、2、3本の波形の線の模様だったという。学生が見たのは救急隊や捜査員が到着する前で、犯人が4階トイレで高窪さんを襲った後、逃走する際に残した可能性が高い。 1号館内の足跡を含めた血痕や血液反応などの状況から、犯人はトイレ近くの中央階段を4階から3階に下り、3階廊下を経て西側の非常階段を使って逃げたとみられる。別の学生によると、3階の多くの部屋は実験室で、午前中は実験が行われることはあまりないという。14日午前10時20分前後の事件発生当時も学生や教職員は少なかったとみられる。また、西側階段の1階には警備員がいないという。警視庁は、犯人がこうした内情に詳しかったとみている。 一方、凶器は、高窪さんの傷の形状から、比較的細身で厚さの薄い、鋭利な刃物とみられることが捜査関係者の話でわかった。高窪さんには上半身を中心に四十数カ所の刺し傷や切り傷があったが、太ももにも刺し傷があったことが新たに判明。同庁は、高窪さんがトイレで胸や腹を刺されて床に転倒した後、太ももを刺されたり、うつぶせの状態で背中を繰り返し刺されたりしたとみている。 http://www.asahi.com/national/update/0117/TKY200901170206.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中大事件 手袋着用?トイレドア血痕なし(18日)

Banner_logo_051 東京都文京区の中央大学後楽園キャンパスで同大理工学部教授の高窪統(はじめ)さん(45)が刺殺された事件で、殺害現場の1号館4階男子トイレのスライド式ドアに血痕が付着していないことが17日、警視庁富坂署捜査本部の調べで分かった。洗面所で血を洗い流した形跡もなかった。捜査本部は犯人が手袋をはめるなど、高窪さん襲撃を計画的に進めていたとみて、高窪さん周辺のトラブルを捜査している。調べでは、高窪さんは14日午前10時20分ごろ、トイレでうつぶせに倒れているのが見つかった。背中を中心に多数の刺し傷があり、周囲は血だまりが広がっていた。犯人は相当の返り血を浴びているとみられるが、血を洗い流したり、ふき取ったりした跡は見当たらなかった。血痕はトイレから中央階段にかけて残され、その後、1階の警備員室まで続いているものと、3階の廊下、非常階段に続いているものがあった。不完全な足跡のようなものも見つかったという。捜査本部は現場の状況から、犯人が人目を避けるために3階から非常階段に切り替えた可能性もあるとみて、逃走経路の絞り込みを進める。また、犯行時間帯に現場と同じ4階の複数の学生らが叫び声を聞いていた。男子トイレで高窪さんが倒れているのを発見した男子留学生は「驚いて声が出なかった」と説明している。叫び声は犯人か高窪さんのものとみて、捜査本部で不審な男の目撃情報がないか聞き込みを続けている。学生らの証言によると、高窪さん殺害は、14日午前10時10分ごろ~午前10時20分ごろとみられる。学生らは日ごろ研究室で過ごすことが多く、この時間帯にも複数の学生がいた。捜査本部の事情聴取に「わー」というような叫び声を聞いたと説明したという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/213496

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆夫婦げんか、月1、2回が最多=6割「折れるのは男性」-民間調査(18日)

Jij1 夫婦げんかは月に1、2回が27%で最も多く、6割は夫が折れて仲直り-。民間会社の「結婚情報センター」(東京都)による既婚男女660人への調査で、こんな結果が出た。近畿は数年に1度、甲信越は週1、2回が、それぞれ月1、2回と同率トップ(各23%)となり、地域差も見られた。昨年12月1日から今月5日にインターネットで調査し、全国の男女各330人が回答した。夫婦げんかの頻度は月1、2回が最多で、年1、2回(25%)、数年に1度(19%)、週1、2回(16%)と続いた。「しない」は10%、「毎日」は2%だった。けんかの内容は「態度・価値観」が27%で群を抜き、学校や教育方針など子供関係(15%)、家事関係(14%)の順。全国的には10%で5位だった給料や小遣いなど家計関係が、北海道と沖縄県はそれぞれ15%、16%で、2番目に多かった。仲直りまでの期間は「寝て起きたら」が45%、「すぐ」25%、「2、3日」23%だった。3%は「1週間以上」とした。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090117-00000075-jij-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月17日 | トップページ | 2009年1月19日 »